Blog MiMi

ハルシオンの購入方法と違法ドラッグと不眠症の解決方法

こんばんわ。

ブログMiMiです。

 

睡眠薬のハルシオンについて、最近、検索が大変多くなっているので、今回はハルシオンの購入方法等についてご説明してます。

重度の不眠症の為、睡眠薬のハルシオンはどこで購入できますか?と良く聞かれるのですが、普通に薬局でハルシオンを購入することは出来ません。

そもそも、即効性の高い睡眠薬であるハルシオンは病院で内科の医師から診察を受けて処方箋を発行してもらわないと、入手が出来ない睡眠薬になります。

そのへんで見かける風邪薬を売っているマツモトキヨシなどの薬局で手軽に購入できるタイプの薬ではありませんので、先ずはこちらをご理解ください。

それに、ハルシオンの場合、病院で医師から正式に処方箋を発行して頂き、薬局で処方箋を提示して入手する以外での入手方法は全て違法です。

スポンサードリンク



六本木等で怪しい相手から購入するなどの違法な方法で入手をした場合は警察に逮捕される事になりますので、それも理解しておいてください。

本当に極度に寝付きが悪くて、強力な睡眠薬であるハルシオンを処方しないといけないような不眠症と診察されるくらいの症状の人であれば、病院に行けばほぼ間違いなく症状にあった適切な睡眠薬を医師が処方してくれるか、最初はもっと控え目の安定剤等を処方してくれますので先ずは病院に行きましょう。

ネットで検索をするとよく売買等を見かけるかもしれませんが、ハルシオンを違法に売買したり、違法な手段で入手した後に、警察に逮捕されてしまった場合ですが、知らなかったは一切通用しませんし、準麻薬を取り扱っている状態に該当するような扱いを警察から受けることになる場合もあります。

また、販売目的でハルシオンを所有していたり、実際に販売していると更に罪が重くなりますので、笑い事ではありませんので駄目絶対です!。

 

 

ハルシオンが必要な場合は内科に相談に行きましょう

ハルシオンは病院以外で入手してもいけませんし、ご自分が正規のルートで入手していても、他人に譲渡したり販売してはいけないと言う事ですからどうしても不眠症で困っているのであれば、お近くの内科か心療内科に不眠症の相談に行き、そこで専門家である医師の判断をしてもらって下さい。

では、違法でもいいから、ハルシオンを他の手段で購入できる方法は無いのですか?と聞かれると、すべて違法ですが普通に販売している変な人も実際に見かけますけど、そう言ったいかがわしいものには手を出さずに、普通に何処にでもある内科に相談に行けばよいだけなので、憶えておくと便利ですね。

日本ではアメリカなどで大変厳しい扱いをされている、ロヒプノールやハルシオンに対する認識が大変甘い為、内科や心療内科に行けば、比較的簡単に入手する事が出来ますし、あまり良くない病院に通院した場合は、いきなり銀ハルと呼ばれるハルシオン0.25mgを2週間単位で処方する場合もあります。

一応、海外に行く予定のある方でしたら憶えておいてほしいんですが、日本で生活をしているような感覚で、特にアメリカのように睡眠薬の扱いの大変厳しい国にハルシオンやロヒプノールを持ち込む際には、医師の処方箋や証明書が入管や空港で必要になることが殆どなので、海外に行く方は要注意です。

万が一、医師の正式な処方箋や証明書を持たずに、ハルシオンを所持してアメリカなどの睡眠薬の所持に大変厳しい国を主体にして、海外の特定の国に入国しようとした場合、言葉の通じない警察から徹底的な取り調べを受けたり、最悪の場合は入国拒否などをされる場合もあります。

スポンサードリンク



 

 

本当に睡眠薬のハルシオンが必要なのでしょうか?

生活保護者は病院代が完全無償ですから、生活保護者に直ぐに睡眠薬を処方する病院に行って、何度でもハルシオンを大量に入手してから、それを平気で転売している人がいるのも事実であり、診察を受けて自分で利用せずに転売をしている人もいて、それが市場に違法ドラッグとして流れている噂があります。

噂があるというよりも、以前テレビの報道番組で普通に特集されていましたから、間違いのない話なんでしょうし、当然ですが、全ての生活保護者の方がそのような行為をしている人に該当しているわけではありませんけど、この類のニュースや報道特集は結構定期的に報道されていますね。

買う人が居るから、このような犯罪行為が堂々と税金を使って行われている訳ですけど、極度の不眠症に陥ってしまって、どうしても睡眠薬としてのハルシオンがどうしても必要な場合は、内科か心療内科に通院し、医師に処方箋を発行してもらってから、適量を薬局で購入して入手してください。

どうしても今すぐにハルシオンがが欲しいって気持も分からないではないのですが、ルールはルールですし、それだけ扱いが難しい薬になるから医師の処方箋が必要になっていることを考えると、服用後の副作用やトラブルのことも懸念される以上、プロである医師に判断して頂くのが一番になります。

 

 

ハルシオン以外の方法で不眠症を改善してみることも検討

そもそも、なぜそこまでしてハルシオンを入手したい人がこの日本にはこれほど多いのでしょうか?

女性と男性で、ハルシオンを使用した場合の意味合いが全く異なるケースが多いようですけど、本来は重度の不眠症の人を救済するための睡眠薬として開発された薬である事を理解して、本当に深夜徘徊しそうなくらいの不眠症でどうしようもない場合のみ、病院で処方してもらうようにしましょう。

病院で医師に不眠症の相談すれば、大抵は不眠症の改善について詳しく説明してくれますが、服用し続けると内臓に負担をかけるハルシオンは副作用も沢山ありますから使わないほうが良いのは当然ですし、まともな病院の医師はそう簡単には初診の人にハルシオンを大量に処方したりしないものです。

睡眠薬が必要なほどの不眠症の人の場合、何か精神的な負担が発生している可能性が高いので、薬に頼る安眠よりも他の方法を検討してみるのがお勧めですし、一度信頼できる内科や心療内科のドクターに相談をして診察を受けておいたほうが適切な判断で改善することが出来ますがヤブ医者は駄目です。

医師の処方箋が必要になる強力な睡眠薬であるハルシオンを使わずに、リラックスをして日々の安眠できるようにしていけば、体に掛かる負担も少なくすみますので、リラクゼーション出来るヨガやマッサージなどもお勧めですし、鉄板は毎日温泉に入ってポカポカ温まることでしょうか?

ただ、そのような時間の余裕もお金の余裕もない人は、もっと安全に安眠できるサプリメント等を利用するのも良い判断ですのでお試しください。

一度、軽めの安眠できそうな効果があるサプリメントを試してから、それでも不眠症が改善しない場合は心療内科に抵抗があるのであれば、普通に内科に行けば不眠症のを相談と診察を医師が行ってくれて、必要であると判断をすればハルシオンを処方してくれるので、少しずつ不眠を解消していきましょう。

よろしくお願いいたします。

 

睡眠サポートサプリ【爽眠α】機能性表示食品

 


誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。