Blog MiMi

ハルシオンの購入方法と違法ドラッグと不眠症の解決方法

こんばんわ。

ブログMiMiです。

 

ハルシオンについて、検索が大変多くなっているのと、ご質問も頂いているので、今回は、ハルシオンの購入方法についてご説明してます。

重度の不眠症の為、ハルシオンはどこで購入できますか?と良く聞かれるのですが、普通に購入は出来ません。

そもそも、即効性の高い睡眠薬であるハルシオンは病院で医師から診察を受けて処方箋を発行してもらわないと、入手が出来ない睡眠薬になります。

マツモトキヨシなどの薬局で手軽に購入できるタイプの薬ではありませんので、先ずはこちらをご理解ください。

それに、病院で医師から正式に処方箋を発行して頂き、薬局で入手する以外での入手は全て違法です。

違法な入手をした場合は警察に逮捕される事になりますので、それも理解しておいてください。

ハルシオンを違法に売買したり、入手した後に、警察に逮捕されてしまった場合ですが、知らなかったは一切通用しませんし、準麻薬に該当するような扱いを警察から受けることになる場合もあります。

また、販売目的でハルシオンを所有していたり、実際に販売していると更に罪が重くなりますので、笑い事ではありませんね。

ハルシオンは病院以外で入手してもいけませんし、ご自分が正規のルートで入手していても、他人に譲渡したり販売してはいけないと言う事です。

では、違法でもいいから、ハルシオンを他の手段で購入できる方法は無いのですか?と聞かれると、すべて違法ですが普通に沢山あります。

残念ながら、これが日本の現状ですので、警察に頑張って頂くしかありません。

日本ではアメリカなどで大変厳しい扱いをされている、ロヒプノールやハルシオンに対する認識が大変甘い為、内科や心療内科に行けば、比較的簡単に入手する事が出来ますし、あまり良くない病院に通院した場合は、いきなり銀ハルと呼ばれるハルシオン0.25mgを2週間単位で処方する場合もあります。

アメリカ等の扱いの厳しい国にハルシオンやロヒプノールを持ち込む際には、医師の処方箋が空港で必要になることが殆どなので、海外に行く方は要注意です。

万が一、医師の正式な処方箋や証明書を持たずに、ハルシオンを所持して海外に入国しようとすると徹底的な取り調べを受けたり、入国拒否などをされる場合もあります。

 

生活保護者の方は病院代が完全無償ですから、生活保護者に直ぐに睡眠薬を処方する病院に行って、何度でもハルシオンを大量に入手してから、それを平気で転売している人がいるのも事実であり、通常の診察を受けて自分で利用せずに転売をしている人もいて、それが市場に違法ドラッグとして流れている訳です。

当然ですけど、全ての生活保護者の方がそれに該当しているわけではありませんが、この類のニュースは結構定期的に報道されていますね。

買う人が居るから、このような犯罪行為が堂々と、税金を使って行われている訳ですけど、極度の不眠症に陥ってしまって、どうしても睡眠薬としてのハルシオンがどうしても必要な場合は、内科か心療内科に通院し、医師に処方箋を発行してもらってから、適量を薬局で購入して入手してください。

 

 

ハルシオンの購入方法は、基本的は病院のみになります。

それ以外の方は、全て違法ですから、それを覚悟で、警察に逮捕される事が前提で購入されると良いでしょうし、警察に相談に行ったほうが早いかもしれません。

そもそも、なぜそこまでしてハルシオンを入手したい人が多いのでしょうか?

 

女性と男性で、ハルシオンを使用した場合の意味合いが全く異なるケースが多いようですけど、本来は重度の不眠症の人を救済するための睡眠薬として開発された薬である事を理解して、本当に深夜徘徊しそうなくらいの不眠症でどうしようもない場合のみ、病院で処方してもらうようにしましょう。

病院で医師に相談すれば大抵は詳しく説明してくれますが、服用し続けると内臓に負担をかけるハルシオンは副作用も沢山ありますから使わないほうが良いのは当然ですし、まともな病院の医師はそう簡単には初診の人にハルシオンを大量に処方したりしないものです。

睡眠薬が必要なほどの不眠症の人の場合、何か精神的な負担が発生している可能性が高いので、薬に頼る安眠よりも他の方法を検討してみるのがお勧めです。

ハルシオンや違法ドラッグを使わずに、リラックスをして安眠できるようにしていけば、体に掛かる負担も少なくすみますので、リラクゼーション出来るヨガやマッサージなどもお勧めですし、鉄板は温泉に入ってポカポカ温まることでしょうか?

 

不眠でお困りの場合、薬に頼らずにお悩み相談→【電話占いヴェルニ】会員&募集

よろしくお願いいたします。

コメントは受け付けていません。