Blog MiMi

バイオハザード・アンバサダー募集|だがちょっと待って欲しい

こんばんわ。

ブログMiMiです。

 

今年、東京都内で最初のセミの鳴き声が聞こえてきているのですが、どうやら今年はクマゼミが一番最初に地上に出てきたみたいです。

あのジー・・・という独特の鳴き声で、白い羽に緑と黒のボディはクマゼミしかいませんから、今年もそろそろセミの時期がやってくるのでしょうけど、朝から晩まで一斉にセミが鳴き始めると夏の風物詩を超えて騒音以外の何者でもないのは日本の良いところです。

東京都内で初めてのセミと言っても、私の環境で初めて聞いただけの話なので、例え都内であっても他の場所であればもっと早くセミの鳴き声を聞いた人もいるかもしれませんし、クマゼミではなくてミンミンゼミが最初の人もいるかもしれませんので悪しからず・・・。

ただ、毎年の事なんですけど、最初に地上に出てきて鳴き始めたセミというのは、毎回鳴き声が不協和音のようになっているといいますから、あまりうまく鳴けないようなので、この辺、セミの世界でも他のセミの鳴き声を聞きながらもっといい鳴き声を出すような仕組みになっているんでしょうか?

よく分からないですけど、東京ではセミが沢山いるのに網を持って捕まえている子供が全くいないのがちょっと不思議な光景ですね。

スポンサードリンク



そんな感じで、ネットのニュースを見ていたら、バングラデシュのニュースの続きが目に入ってきました。

 

 

イスラム教は平和の宗教って・・・?

ネットのニュースを見ていると、先日の日本人も犠牲になったバングラデシュの襲撃事件について、バングラデシュ政府は加害者とイスラム国は全く関係ないと主張していたり、イスラム国は平和の宗教とか言っているようなのですが、正直言って意味がわかりません・・・。

加害者とされる男性がイスラム国の旗の前で笑顔で銃を持って写真に写っている時点で、イスラム国が全く関係ないといった主張はどう考えてもおかしいでしょう?といった話です。

別にどのような宗教をやろうと他人のことなので関係ないのですけど、イスラム教って私が生まれる前からずっと戦争をしていますし、民族どうして宗教が異なるだけで殺し合いをしていたり、イスラム教素人の私から見ても、どうみても平和とは一番無縁の宗教にしか思えないのですね。

イスラム国の件を無しにしても、スンニ派とかシーア派などで、平気で平和とは異なることをずっとやってきている訳ですし、イスラム国が世界的に有名になってからは、更にイスラム教自体に不安感を持っている人は世界的に多くなっていることはあっても少なくなっている事はないと思います。

政府のトップがそんな世間の常識とは異なる主張をしている時点で、バングラデシュ国内内部では表に出ない宗教弾圧とか、特定の階級層への言論や自由の弾圧などが日常化していて、それに不満を持った若い世代の人たちが反旗を翻しているのではないか?と余計な想像をしてしまいそうです。

平和の宗教であるなら同じ宗教同士で話し合って、他の関係ない人たちに危害を加えないようにして欲しいものです。

 

 

バイオハザード・アンバサダー募集はいいけど

バングラデシュの事件のニュースを見ていると加害者側もそうですけど、現地の政府関係者の話もおかしなことだらけなので、これ以上見てもしょうがないと思って他のニュースを見ていたのですが、カプコンがバイオハザード・アンバサダーに参加する人を募集しているようです。

http://www.capcom.co.jp/ambassador/re_bh/jp/

バイオハザード・アンバサダーというのは、カプコンの有名なゲーム作品であるバイオハザードをブログやツイッターなどで盛り上げてくれる人を募集するといった趣旨のものであり、年齢が17歳以上の人なら誰でも参加できるらしいので、私はブログもやっているし年齢も問題ありません。

よって、私の場合、バイオハザード・アンバサダーの登録資格が十分ある訳なのですが、参加するとバイオハザードのイベントや記念品などが頂ける?会員制のようなものであり、住所や年齢などを事前にカプコンに登録してからアンバサダーに参加するプログラムになっています。

 

 

天声人語と「だがちょっと待って欲しい」

ここで、朝日新聞さんの天声人語でネタになっているクダリが登場します・・・それが、「だがちょっと待って欲しい・・・」

「だがちょっと待って欲しい」というのは、朝日新聞さんの天声人語というコラム?があり、それが今の若い人たちの間ではネタ扱いになっていて、頭のネジがなくなっているような人がコラムを書いているのか、自動AIがコラムを書いているのか?といった笑いのネタになっている状態にあります。

実際に、適当に「誰が」、「何を」、「どうしたいの?」等の言葉を入力すると、天声人語風のコラムを自動で書いてくれるスクリプトというものがフリーであるのですが、本当に笑えますので興味があればネットですぐに出てきますから検索してみてください

その中でも特に有名な言葉が天声人語を揶揄している事がすぐに分かる「だがちょっと待って欲しい」なのですね。

朝日新聞さんの場合、動物や生き物などの自然の記事を書いている人はとても良い記事を書いている事が多くて、写真も素晴らしい出来のものが多いのですけど、天声人語であるとか社会、政治関係があまりに偏見や一部の団体の機関紙的な内容ですから、若い世代からは信用が全くないのです。

スポンサードリンク



もう少し、大手メディアとして責任を持ったコンテンツを形成していけば、今の若い人たちからも受け入れられるのでしょうけど、それができない場合は、益々新品未使用の状態の朝日新聞がゴミ捨て場に投機されている現場をみる事になりそうです。

 

 

 

バイオハザードの情報発信をすると批判的な内容になります

ここ最近のカプコンのゲーム作品を見る限りで言えば、バイオハザードやカプコンの事を自分の視点にてブログで書く場合、かなりカプコンよりの視点で書いたとしても、どう考えても批判的な内容しか書く事ができないという切実とも言える現実があります。

別にカプコンが嫌いとかアンチカプコンとか、そういった訳でもありませんし、私の中では日本の大手ゲーム会社の中では最もマトモで信用が出来るといったイメージが長年あったのがカプコンなんですけど、それが最近では全くなくなってしまっている状態です。

その理由というのが、最近カプコンが発売するゲーム作品があまりに酷すぎるものばかりであり、とてもではないですけどタダでも要らないですし、それを他人に勧める事など考える事もできないといった状態ですから、そんなものをブログで書いても否定的な内容以外はかけない訳です。

唯一、数年前のバイオハザードリベレーションズUEという、バイオハザードの外伝的な作品でしたら、難易度も初心者お断りな雰囲気であり、その完成度も大変高いですから、これだけなら良い感じのブログのコンテンツが書けるのですが、既に何度も書いていますので今後特に書く事はありません。

バイオハザードリベレーションズUEも新規でDLC等が発売されればよいのですが、もはやそれは絶望的な状態ですから、現状、これ以上ブログで書く事もありませんし、それ以外のカプコンの作品は正直言って、詐欺まがいの商法に該当しているとか、クソゲー以外の何者でもありません。

ゲーム作品自体、個人的な主観が入る要素が大きいため、人によっては面白い、人によっては面白くないといった判断がされる事が普通ですが、カプコンの最近のゲーム作品については、ほぼ100%の人がゲーム以前の問題であるとの判断をしていたり、クソゲー以外にありえないの判断をしています。

この状況で、バイオハザードの新しい良質な作品が出てこない時点で、ブログで情報発信をするにしても、良い事が書ける理由が全くありません。

 

 

バイオハザード7の体験版が話題になるのは当たり前

先日、プレイステーションVRの発表があり、その体験会でバイオハザード7を使ったVR体験が出来るイベントがあり、こちらは私はやっていないのですけど、かなり評判が良かったらしく、これだけ見たらバイオハザード7は大変期待が持てる作品であるのでは?と思えるかもしれません。

しかしですね。プレイステーションVRは最新の3Dを使った仮想空間であり、VRの場合はどのような作品であっても面白いとか新鮮味を感じるのが当たり前の話であり、これは別にバイオハザード7でなくても、どのようなゲーム作品であろうがつまらないと感じる事はまずありません。

早い話が、バイオハザード7が良い訳ではなくて、インフラ的なソニーの高い技術力が凄く良いだけの話ですから、バイオハザード7のVR体験版がものすごく良かったといった話にはならないですし、それだけでブログを断続して書くのは不可能ですし、危険ですね。

現時点でカプコン及びバイオハザードの事をブログで公平に書くとすれば、カプコンのゲーム作品はPC版をStermで購入すれば2時間以内だと返品できるので、PC版以外は購入してはいけませんとか、どうせ未完成品を高額で売りつけているから半額以下になるのを待ちましょうくらいしかかけません。

 

 

ファミ通のような嘘を書くことはできませんからね

悪名高いファミ通のように、バイオハザード・アンブレアコアの評価を9999にして、プラチナ殿堂入りの凄まじく面白い作品であるような、詐欺まがいのコンテンツを自分のブログで書いてしまうと信用的な問題もありますし、そんな事を書く必要も全くない訳ですね。

今時、ファミ通の記事とかゲーム作品の評価を間に受けている人はいないとは思いますが、どう考えても担当者がゲーム会社から接待してもらっているとか、リベートをもらっていて、それでやってもいないし確認もしていないのに最高評価の点数をつけているとしか思えない話ですからね。

私も、バイオハザードが嫌いとかアンチカプコンではありませんし、実際にバイオハザードシリーズも自分で購入してクリアしてから、面白くない、人に勧める事ができない、2時間以内に返金するしかないと判断していますから、もう少しアンバサダーに登録したいと思えるような環境をカプコンには作って欲しいものです。

まあ、某大手広告代理店が震災のたびに使っている言葉を流用して、「頑張ろうカプコン」といった感じでしょうか?

個人的はバイオハザードリベレーションズUEの完成度で新しいバイオハザードシリーズを販売していただければ、是非ともアンバサダーに登録して、ブログでそれを発信ていきたいのですが、現状では、え?、カプコンの新作?、絶対買わないほうがいいですよ!しか言えないのが辛いところです。

よろしくお願いします。


誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。