Blog MiMi

1980円で購入したファークライ4|Core i7-6700で動く?

こんばんわ。

ブログMiMiです。

 

先日のバングラディシュのレストラン銃撃事件は記憶に新しい人も多いでしょうけど、今度はアメリカで黒人の男性を白人の警官が射殺した事を発端にしてアメリカのダラスで抗議デモが行われていたところ、今度は警官が5人死亡、多数の負傷者が発生する事件が起こってしまいました。

アメリカが銃社会とは言っても、警官が10人以上も速攻で銃撃されて負傷していて、更には5人も死亡しているのは流石に異常事態なんでしょうけど、その結果、地元の警察はロボットを使って犯人を爆死させたらしいので、如何にもアメリカらしいダイナミックな解決方法です。

日本だと考えられないですし、日本の警察が犯人をロボットを使って爆死させたら、訳の分からない日本の国益を考えない政治家や特定の団体が大騒ぎになりそうなのですけど、10人以上の警官が銃撃されてしまっている現状では、それ以外の方法がないとのアメリカの警察の見解のようです。

 

 

警察の動きが素人にしか見えないくらいの犯人とは?

犯人とされる男性は手に負えないから警察のロボットを使ってその場で爆死させられたようなんですけど・・・。

アメリカのテレビ番組では当たり前なんでしょうけど、実際の銃撃映像を海外のメディアで見てみると、それは凄いプロ並みの銃の撃ち方とか間合いの取り方をしていて、それを取り囲んでいる多数の警官の動きの方が素人に見えるくらいですから、どんな人かと思ったら・・・。

スポンサードリンク



元軍人、いわゆるアメリカ軍に所属していた?、プロの軍人上がりの方で、銃撃に関する特別な訓練も受けていたとかの報道が海外のメディアでありましたから、プロはやっぱり全然違うんですね・・・。こんな人たちが銃を持ってテロを一斉に起こしたら警察では手に負えないでしょうね。

そんな訳で、銃撃をしたくなったらゲームでやれば誰も困らないし、ゲーム会社や販売店は儲かる社会でお金は巡回してして良い事ばかりですから、銃撃がしたくなったり、イライラしたらゲームの中だけで好きなだけ銃を乱射すれば良いですし、警官も射殺すれば良いといったお話です。

 

 

先日のセールにて1980円で購入したファークライ4

現在はもう終了していますが、先日の7月5日まで、Stermという海外のサイトで何とか?セールをやっていまして、その際には多くのゲーム作品が半額以下で売られていたので色々調べて見てみると、ファークライ4が半額の1980円になっていた為、速攻で購入しておきました。

ファークライ4が発売されたのは2015年ですから、ちょうど1年前に発売されたゲーム作品であり、この頃の作品になるとある程度最新型のビデオカードでないと、まともに動作しないとか、起動しないといった状態になる事が普通です。

VRAM2GB以上は当たり前の世界になっていて、最近、最新のPCパーツを購入して組み立てたWindows10パソコンのテストに使えると思ったのです。

ただ、Stermの評価で言えば、ファークライ4は特に日本人の評価はあまり良くないものが多かったのですが、その多くは発売日が遅れたトラブル、日本語版だけ初回に色々と問題があったようで、大抵は初回に購入した人たちからの苦情のような評価が沢山つけられていた感じです。

ちなみに、ファークライ4というのは、以前のブログでも書いたファークライ3の続編であり、ヒマラヤ山脈の架空の国を舞台にして、現行の独裁政権と戦うようなストーリーになっていますので、前作の南の島で誘拐されて兄弟が殺されて友人が拐われて・・・といった話ではありません。

 

 

ファークライ4でIntelのCore i7-6700をテスト

今回、ファークライ4を使ってIntelのCore i7-6700の動作テストをしてみましたので、そちらについて書いてみます。

IntelのCore i7-6700というのは、今回。私が購入したCPUの事であり、高性能ながら消費電力が低く抑えられているという業務で使うには大変有用的なCPUであり、Core i7-6700Kとどちらを購入するか迷ったんですけど、消費電力の高さから6700Kはスルーすることにしました。

たいして性能も変わりませんし、必要になれば両方購入すれば良いだけの話なのですが、正直言って6700無印しか使わない可能性が高いのです。

CPUの初期不良のテストと、不具合のテスト、動作テストを兼ねて、2015年に発売された比較的動作が重いゲーム作品であるファークライ4を動かしてテストをしていくことになるのですが、今回はビデオカードは全くない状態で行っています。

 

 

Core i7-6700だけでビデオカードはいらない?

ここで、CPUだけでビデオカードがない状態で、そもそもパソコンが起動するの?と疑問にもつ方もいるかもしれませんが、最近のCPUはビデオカードの機能がCPUの内部に組み込まれている為、ビデオカードがなくてもディスプレイに出力する事が可能です。

私が今回合わせて購入したマザーボードでは、Core i7-6700をマザーボードに取り付けた場合、フルHD(1920×1080ピクセル)の2画面までCPUだけで出力出来ますので、デュアルディスプレイ環境でしたらビデオカードがなくても問題なく画面を表示させられるのです。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


多分、古いCPUの仕様しか知らない人だと、CPU内部にビデオカードがはいってるの?、と驚くかもしれませんが、最近では当たり前の話になっていますから、時代の進歩はとどまるところを知りません。

だったら、ビデオカード何ていらないのでは?、と思われるかもしれませんが、CPU内部に実装されたビデオ機能だけでは当然ながら、2D表示は問題なくても、最近VRなどでやたら話題になっている3D機能はとてもではないですけど正しく表示できません。

ですから、GTX1080のような日本では10万円以上するようなビデオカードが発売日に売り切れるような状態になっているとか、安い廉価版のGTX960であっても、20000円以上もするビデオカードをワザワザ購入している人がいる訳なのですね。

 

 

IntelHD530グラフィックとCore i7-6700

Core i7-6700に内蔵されているグラフィック機能はIntelHD530と呼ばれている最新のグラフィック機能であり、従来のCPUの内蔵GPUよりも大幅に性能が向上しているとのことなのですが、果たしてファークライ4は動作するのでしょうか?

実際にStermで1980円で購入して、Windows10にインストールしてみたところ、普通に起動させることは出来ましたし、動きも快適に動いているようなのですが、実際にゲーム中のグラフィックで確認しないと何とも言えませんので、先に進めていきます。

いきなり冒頭で主人公が乗っているバスが最終ボスのような人物と軍隊に襲撃されてしまい、誘拐されて食事をするシーンから始まり、同時に捕まった男性はフォークで背中を刺されて窓から突き落とされそうになっていますし、何だかよく分からない展開ですね。

肝心の動作に関しては、デフォルトではフルHDになっていますので、この時点で紙芝居のように秒間4コマ位で動作していますから、とてもではないのでこれでは快適どころか、普通にゲームをすることすら出来ませんから、Core i7-6700単独じゃダメか?とため息がでます。

インテル最新のCPUであり、インテル曰く3D性能が大きく向上したとは言っても、2015年に発売されたVRAM2GB以上が事実上必須になるであろう、ファークライ4を動かすには少々荷が重い事がわかりましたし、最初からわかっていた話ですから仕方ありません。

 

 

Core i7-6700でファークライ4は動くのか?

秒間4コマ位の紙芝居状態になるけど一応起動は問題ないことが分かりましたので、後は快適に動作ができるのか?、普通にゲームをする事が出来るのか?といった話になるのですが、当然フルHD(1920×1080ピクセル)では無理なので、解像度と品質を下げることにしました。

それで最低解像度である800×600ピクセルにして、品質を中に設定してみると、普通に25から40フレームくらいで動作しているようなので、これ位なら何とかゲームもできる感じですし、重いシーンでは15フレーム位になりますけど、まあ何とかなる感じです。

結論から言えば、Core i7-6700単独でビデオカードがない状態でも、解像度と品質を下げて、30フレーム以下になる場合があることに我慢できるのであれば、何とかゲームとして最低限楽しめる条件を満たしているようなので、Core i7-6700だけでもファークライ4は動きます。

そんな訳で、Core i7-6700だけでビデオカードなしでもファークライ4が何とか動作する事がわかりましたので、よく分からないストーリー展開に疑問を抱きつつも話を進めていくことにしたのですが、やっぱりファークライシリーズの完成度は高いですね。

 

 

ヒマラヤで戦う意味がよく分からない謎

前作では若い男女が南の島で遊んでいるとテロリストのような海賊に誘拐されたり、殺害されたり、殺害されそうになったりして、その中で主人公のジェイソンが銃を持ち海賊組織と戦っていく内容だったのですけど、今回はヒマラヤの架空の国に母親の遺灰を埋めにきた主人公になります。

初回でいきなりラスボスみたいなパガン・ミンという怪しげな皇帝陛下?(声優はクレヨンしんちゃんのパパ:ヒロシ)が出てきて、主人公が誘拐されて食事をするところから始まるのですけど、そのパガン・ミンに対抗している反政府ゲリラのメンバーになって領土を取り返すのですが・・・。

うーん、イマイチ戦う理由がよく分からないですし、これならヒマラヤ山脈で登山をしていたメンバーがテロリストに拉致されるベタなストーリーの方がまだ戦う意味があるのでは?、と言った感じですけど、作品そのものは良い出来なので、あまり気にしないことにします。

あまりに面白いので、いつの間にか時間を忘れてやってしまいまして、その間特にCore i7-6700のトラブルも全くありませんので、解像度が低くて画質も低いこと以外は、何も気にする必要はない感じですし、暫くやっているとこの画質でも普通に慣れてきますので大丈夫です。

画質はともかく、CPU単独で2015年のゲーム作品すら動作している訳なので、恐るべしCore i7-6700といった感じでしょうか?

ファークライ4ですけど、Core i7-6700の800×600ピクセルでも結構綺麗な画質ですから、現状最強のビデオカードであるGTX1080を取り付けた上で、全てを最高設定にした場合は、相当綺麗なグラフィックなんでしょうね・・・。

よろしくお願いします。


お勧めおせちの予約→村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。