Blog MiMi

1PassWord6|Windows版のキーが使えない理由と対策方法

こんばんわ。

ブログMiMiです。

以前から不具合だらけだったWindows10の問題が現時点ではほぼ全て解決しまして、現在は安定して通常通りに動作する様になっている為、もう面倒な再インストールを何度もしないといけない状態になることはないだろうと判断して、必要なソフトウェアのインストールを開始しました。

こちらのWindows10の不具合については、Bluetoothマウスがペアレントされているのに動かない、突然WiFiの速度が遅くなるか接続が切断される、自動スリープにならない、突然メニューが破壊されて復帰不可能になる、殆どどれも致命的なトラブルばかりだったのですが、全て改善しました。

現在は、あれだけ不安定だったWindows10も恐ろしいほどかなり安定して動作していますし、事前に設定した待機時間になればスリープモードになる様になっていますし、WiFiの速度も安定していて、突然ブルーバックの画面に切り替わり回復不能なエラーになる事も無くなりました。

まあ、この状態が当然といえば当然なのですが、本当に酷くて使い物にならなかったのです。

 

 

Windows10の不具合の原因は全てASU・・・

事前にスリープで設定した時間がきたら、ディスプレイはオフになるものの、肝心の自動的にWindows10が省電力に切り替わるスリープモードにならない問題は本当に困っていたので、これの原因と対策方法が分かってからは本当に快適になったの一言ですが・・・。

スポンサードリンク



その意味不明な原因は全てASU・・・・の所為だったのですが、本当このメーカーはハードウェアは品質の良い製品を作ってくれるのにソフトウェアは毎回ダメなんですよね・・・、スマートフォンも無駄で意味のない消せないアプリがてんこ盛りですし、何とか改善してほしいものです。

それで、Windows10がWindows7並の安定度になりましたので、今後必須になるであろうソフトウェアのインストールを行うことにしました。

 

 

誰にでも大変お勧めで出来る1PassWord

その必須になるであろうソフトウェアの中に、最近ではMac版が7800円に大幅に値上げされてしまった「1PassWord」というその名の通り、あらゆるパスワードを一元管理するソフトウェアがあり、このソフトウェアがあるとないとでは本当に違ってきますからお勧めできるソフトウェアの一つです。

個人的な主観ですが、現在は色々なパスワードを管理しないといけなくなっていますから、現在存在しているパソコン、スマートフォン、タブレット等があれば、どの様な環境でも大抵は利用できる様になっていますので、1PassWordの購入を強くお勧めいたします。

 

 

以前はそれほど高いソフトウェアではありませんでした

私が1PassWordを購入したのはまだバージョン4の頃だったのですが、当時にMac版、Windows版、iOS版をまとめて購入していたので、どの様な環境でもこちらの1PassWordを利用できる環境を作っていましたけど、Mac版とWindows版に関しては1セットのラインセンスになっていました。

確か割引価格の3600円くらいでMac版、Windows版の正規ライセンスが登録できていた訳なので、現在のMAC版が7800円というのは大変高額ですから、正直言って凄まじい値上げが行われてしまったのか・・・と言った感じです。

私の場合は3600円位でもこれを購入しても良いのかと相当迷った記憶があるのですけど、流石にパスワードを管理するだけのソフトウェアが7800円だとかなり高額に感じますので、正直言ってこの価格でためらいなく購入する人っているのかな?と思います。

iOS版が確か600円位だったかな?、半額セールか何かの時に購入した記憶があるのですけど、こちらも正確なことは曖昧になっています。

こちらの1PassWordを購入する前は、大量のパスワードの管理が大変面倒であり、うっかりサーバにログインできなくなるとか、色々なトラブルがあったものなんですけど、本当にこちらのソフトウェアのおかげでどこに行ってもパスワードで困ることが無くなりました。

 

 

MAC版は自動的に最新の1PassWord6にアップデート

こちら、元々MAC版をメインに使っているのですけど、最初に購入した1PassWord4から自動的に無料で現在に至るまでアップデートが行われていて、現在は1PassWord6になっているのですけど、Windows版に関しては購入した際の1PassWord4の状態でずっとアップデートはされていませんでした。

MAC版は結構使いやすくて日本語表示されているのですけど、Windows版は日本語設定にしても殆どのメニューが英語表示されていて、使い勝手もイマイチだったのですけど、DropBoxを経由して全ての端末でデータの共有が行える様になっていますので、MACで登録管理をして、その他の端末では閲覧するだけの使い方です。

多分、MAC版以外の1PassWordの使い勝手はお世辞にも良いとは言えませんので、同じ様な使い方の人って多いのではないでしょうか?

スポンサードリンク



 

 

公式サイトからWindows版をダウンロードしたら・・・

そんな訳で、自動的にアップデートがされているMAC版はさておき、今回やっと安定して動作する様になったWindows10に1PassWordのWindows版をインストールすることになった訳ですが、ソフトは公式サイトからダウンロードした方が早いと思い、早速ダウンロードを行ったのですが・・・。

なんか訳のわからないトラブルが発生してしまいましたので、そちらについて書いてきたいと思います。

 

 

Windows版のキーワードが全く使えない原因

それで、公式サイトから1PassWordのWindows版をダウンロードしてインストールを試みたのですが、どうやらWindows版もバージョンが6にアップデートされているらしくて、しばらく使っていない間に勝手にアップデートされたのかと思っていたのですが、何回やってもシリアルキーが通りません。

別に正規ユーザーなので不正コピーをしている訳でもありませんから、単なる打ち間違いかと思ったのですが、それでも何度打ち込んでもシリアルナンバーが違うとエラーが表示されている為、一体どうしたことなのかと思って英語で書かれている公式サイトを確認してみると・・・。

どうやら、いつの間にやら1PassWordが仕様変更されているらしくて、Windows版のバージョン6からはオンラインで月単位の課金契約をしないと使えない様になっているらしくて、更に公式サイトにてマスターパスワードも登録しないといけない仕組みになっています。

これらは全て公式サイト上で英語で書かれているのですけど、それほど難しい内容ではありませんから、見れば中学生以上の方であれば誰でも何となく分かりますが、私は単純に1PassWordのWindows版をダウンロードしたかっただけなので、この辺りは全く見ていなかったのですね。

 

 

買い切りから月単位の課金ソフトに変更されている?

まさか、ローカルでパスワードを管理するはずの買い切りのソフトウェアが完全なオンラインログイン仕様に変わっていて、既存のソフトウェア購入者であっても月単位の課金契約に変更されているとは思いませんでした。

正直って公式サイトでオンラインでログインしてパスワードを登録閲覧したり、これがあれば全てのパスワードが見れてしまうマスターパスワードすら公式サイトに登録するのは不安でしかありませんし、ローカルで使いたいのは当然ですからね。

更に、オンラインで登録をすると180日くらいは無料で全ての機能が使える様になっているのですが、どうやらクレジットカードを登録しないと、その期間が切れてしまうと使えなくなってしまう様なので、こんなものは私にとっては必要ありません。

 

 

Windows版はバージョン4をダウンロードしましょう

Windows版の1PassWord6をダウンロードした後、インストールする際に必ず公式サイトでマスターパスワードを含む、本名でユーザー登録をしないといけなくなっているので、ついついそれをやってしまいがちですが、別にそれが必要ない人はこのバージョンは使わない方が良いですね。

事前にその様になっていることを知っていれば、こんな無駄な時間を使って公式サイトでマスターパスワードの登録や本名の登録などしなかったのですが、しばらくWindows版は使っていなかったので、MAC版と同じくバージョン6に自動アップデートされていると思っていると痛い目にあいます。

Windows版をインストールする場合、公式サイトでグレーの文字で小さくスタンドアロンバージョンのダウンロードとリンクがありますから、そこをクリックしてバージョン4をダウンロードすれば、以前購入したWindows版のシリアルナンバーを普通に使うことができます。

https://1password.com/downloads/

 

 

マスターパスワードの登録は流石に避けたいでしょう

毎月課金をしても問題がない人であれば、クレジットカードを登録して毎月課金すれば、全ての端末で1PassWordが使えるらしいのですが、既存のユーザーであればその様なサービスは必要ありませんし、マスターパスワードをネットで登録するなどは出来れば控えたいものです。

単純に、Windowsの再設定などで、直接公式サイトからWindows版の1PassWordインストーラーをダウンロードした人であれば、まさか買い切りから月単位の課金に変わっているなど知る由もありませんので、バージョン6をダウンロードしない様にご注意ください。

私の場合は、最初にバージョン6をインストールして、何度やってもシリアルナンバー通らなくて無駄に時間を使ってしまったのですけど、バージョン4と月単位の課金の事実を知ったのち、速攻でオンライン課金んバージョン6はアンインストールしておきました。

よろしくお願いします。


誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。