Blog MiMi

年明けにGoogleから連絡が来た|アダルトコンテンツは駄目

こんばんわ。

ブログMiMiです。

 

年末年始に沢山頂いた豪華な差し入れを毎日食べていたら、異常に体が重くなってしまって困っている今日頃なんですけど、たかが2週間くらいで10キロ前後体重が増加するのは普通ではありませんので、これから毎日適度に運動をして元の体型に戻していくしかないんですけど、寒い時に汗だくになると着替えとかが大変なんですよね。

若い頃には1ヶ月で20キロの減量をしたこともあるんですけど、それは20歳位だからできることであり、今そんなことをやったらそのまま地球上からアンインストールされてしまいかねませんので、あまり無理なことができなくなって来ている年齢なんですけど、35歳になるとフルマラソンのゼッケンの色が変わるのはいつも笑えています。

本格的なランニングウェアとか登山用の本気の衣装を着用すれば、寒い時に汗をかいてもすぐに対応できるとか、そのまま洗濯も行えて着替えや管理も楽なんですけど、いかにも運動をやってます的な服装で外を移動しまくるのは個人的に恥ずかしいので、いつも普通の服装なんですけど、気温が5度前後の時に汗をかくとその後が大変になります。

何しろ、半袖短パンで外に出るとかなりの強風が吹いている上に風も冷たい風がビュンビュン体に突き刺さってきますから、その格好で2時間ほど外で運動をするのは急激に体力を消耗して風邪を引く恐れがあるのでもうしばらくは出来ませんし、何より周囲の目線がありますから、本気の運動着よりも厳しい感じでしょうか?

 

 

結局は本格的な服装でないと駄目みたい?

結局、冬用のパーカーなどを羽織って2時間ほど10キロくらいのウェイトを担いで夜間に動き回っているんですけど、最初はちょっと寒く感じるくらいであっても、直ぐに暑くて汗が沢山出てきて上半身が汗でびしょ濡れになりますし、冷たい風が吹いているのでパーカーを脱ぐわけにもいかないので、やはり本気の運動着か登山ウェアでしょうかね。

スポンサードリンク



そんな訳で、そろそろ落ち着いてきて年も明けてきたんですけど、都内では未だに大型連休を取っている人が多いのか、いつもの時間に外をうろついていても車も人もかなり少ない感じですから、今回の3連休が終わった週明けくらいに普段の東京が帰ってくる感じで、もう少しばかり気楽に過ごそうと思ってたらGoogleからメールが来ていました。

何でもGoogleはアメリカの外資系企業ですから、お休みなどもアメリカ基準になりますので、休み時にはきっちりと休むのはとても良いことですから、日本企業も社員の休みなどはしっかりと確保して欲しいところなんですけど、そういえばあの事務系は除き倉庫担当の人の労働問題で色々と話題に出ているアマゾンも一応外資系なんですよね・・・。

 

 

Googleからの回答はアダルトコンテンツは駄目

昨年末にGoogleから警告の連絡が来ていて、何でも私のブログがプライバシーポリシーか何かに違反しているとの事で、それを至急指示通りに訂正してくださいとのことだったんですけど、このような警告が来たのは初めてだったことと、その指示内容が良く分からない内容だった為、具体的にGoogle宛に確認の連絡をさせていただいていました。

ただし、本当に大晦日前の年末の時期だったものですから、Googleはご存知の通り長期連休のホリデーイベントの時期ですから、それで連絡が遅れますとの自動返信メールが来ていたので、しばらく時間がかかるだろうと思っていたら、予想通りに年明けに来ていた感じですが、普段は速攻で返信や回答が来ますので、とても対応は良い企業です。

Googleから来たメールを見ると、どうやら私のブログがアダルトコンテンツに該当する状態だったらしくて、それで今回の警告が届いた訳なんですけど、その対応方法については私が行った文言の修正と、特定のページからAdsenseを撤去する習性を行った件については、それで問題ないので今後にご注意してくださいとのことでした。

スポンサードリンク



後は特に問題がないようで、このような警告が来た場合は、それに該当しているページからAdsenseユニットをすべて撤去する対応と、必要に合わせて文言の修正を行う対応をしておけば問題なく処理が進むようですから、別に広告配信が止まる訳でもないので、焦らずに適切な対応をしておけば良い感じですが、アダルトコンテンツ扱いとは・・・。

 

 

露骨なテキストの判断基準ついて

私の場合、別に意図的にアダルトコンテンツを書いている訳ではなくて、Adsenseに申請する前のブログでは、裁判とか浮気絡みの内容をそのまま書いていたりした為、その中の特定のコンテンツの文字列がアダルトコンテンツに該当する、所謂露骨なテキストになっていたようなのですが、今に見れば本当にちょっと酷いないようですね・・・。

過去のブログについては、初期の頃と現在の文章の書き方を見ても、全然、全体の流れが違ってきたりしていますし、もう少し見る人の事を考えて言葉を選んで書いたほうが良いのではないかと思うんですけど、まあ、世の中古いものが新しいものよりも優れていればそちらの方が問題ですから仕方がないのかもしれません。

露骨なテキストの判断基準については、あくまでGoogle側の判断になりますし、公式サイトのプライバシーポリシーにも詳しく書いていますし、それでも分からなければGoogleに直接連絡をすれば詳しく説明してくれますので、そちらで理解すれば良いのでしょうけど、ブログを書く際には直接的な表現はやめておいたほうが良いようです。

当然、Adsenseを切り離せば法律に違反している内容でなければ、何を書いても良いのでしょうけど、既にAdsenseから得る対価が無視できない状態になっている現状では、Googleからの連絡を素直に受け入れて、問題があれば即座に訂正しておいたほうが無難だと言えますし、Googleから警告が来る内容は正直自分が見ても問題がありました。

 

 

普段からメールは見ておいたほうが良いです

私の場合、メールに関しては一切見なくなる事もありますので、それに合わせて連絡が来ても全く把握できない事もあるんですけど、年末にたまたまメールを見ていたら、Googleからの警告メールが届いていて、何でも違反があるので3日以内に対応しないと、Adsenseの広告配信を止めると書かれていたので、無視をしていたら大変ですね。

まあ、3日間もあれば大抵の修正は行えるでしょうけど、そのメールを見たのが期限の数時間前でしたら対応も難しいかと思いますので、やはり普段からメールは毎日確実に見ておいたほうが良いかと思いますので、これからAdsenseを始める方でしたら、必ず毎日メールを見ておくようにしておいたほうがより安全かと思います。

ただ、警告が来ても広告配信そのものは停止されないようで、管理画面にログインをしたら赤字で違反の文字が常に表示されるようになるくらいですから、それで致命的な問題が発生する訳でもないとは思うんですけど、ブログの規模やAdsenseの売り上げ結果でもその対応は変わってくるかもしれませんから、この辺りは個人差が出る部分でしょうか?

故意的な露骨な文章でなくても、ほんの些細な会話の内容をもじったブログの表現、裁判でのやり取りをそのままわかりやすく書いたブログの表現等、その背景や状況に関係なくGoogleからアダルトコンテンツと認識された場合は、警告が届くようですから、一応、普段からそのような内容を書く際には特に注意しておいたほうが良いかと思います。

そういえば、以前私のコンテンツをパクって私の事を好き勝手に誹謗中傷していた頭の悪いDQNがいましたが、その事実を確認後に直ぐに警察に被害届を出して、サービス提供元のFC2も警察に届け出をした趣旨の連絡をした事件があったんですけど、あの際のDQNな加害者のAdsenseアカウントは速攻で停止されたのかが少し気になる感じでしょうか?

よろしくお願いします。


お悩み相談はこちらからどうぞ→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。