Blog MiMi

超大型台風が飛来してくる場合のタワーマンションの安全対策方法

こんばんわ。

ブログMiMiです。

 

今日は朝から雨が降ってきていたので、そろそろ台風が日本列島を横断して来るのかお昼くらいからポロポロと雨が降りはじめてきて、夕方位から結構大ぶりの雨が降ってきたのと、台風に注意してくださいってアナウンスをしている車が走っていましたし、マンションのエントランスに大型台風の対策をしてくださいの張り紙がありました。

察するにして今回の台風は相当大きな台風なのかも知れませんが、どんなに大きな台風でも都内のタワーマンションの中にいれば何があっても問題がありませんので、事前にスーパーなどで食料品とかミネラルウォーターなどを買い込んでおき、最悪は一歩も建物から出ないようにしておけば命の問題はありませんので一安心です。

毎回、大型台風が発生すると、田んぼを見に行くといって行方不明になってしまう人が必ず出てきますけど、いい加減で台風の時には田んぼを見に行くなどは止めておいたほうが良いのですが、ビニールハウスが吹き飛ぶくらいの強風大雨の状態でしたら、折角育てた作物が大丈夫なのかを確認しに行くのは農家の人なら仕方がありませんね。

 

 

連休中に超大型台風が飛来してくるらしいので食料とベランダ対策

なんでも、今回の台風は350ミリの大雨で大変強力な台風らしいのですが、移動速度が遅いのか現時点では東京ではポロポロと雨が降り続けている状態なんですけど、これってまだ九州辺りに台風が移動している状態で既に雨が降っているんでしたら、こんな台風が東京の上空を直撃したら多分、相当な強風と大雨になりそうです。

先月からアメリカでは歴史的にも超巨大なハリケーンが発生していて、相当な水害が発生してしまいって軍隊が出動する状態になっていますので、それを見ると万が一にもどのような台風の被害が発生するか分かりませんので、事前に安全な建物の中で過ごせるようにスーパーで水と食料を買い込んでもしもの時の対策をしておきます。

スポンサードリンク



別に何も無ければそれで良いだけですし、万が一伊勢湾台風クラスの台風の場合は、ほぼ間違いなく外に出ることは出来ませんというよりも、タワーマンションの場合は玄関から出た瞬間傘が壊れて全身ずぶ濡れになりますから、目の前にあるコンビニにすら行きたくない気持ちになりますから、最初から出ないほうが良い訳ですね。

 

 

大型台風が来る前に万が一のベランダの安全点検をしておきます

一般的な台風なら別に良いのですが、これまでの経験上、超大型台風の場合はベランダの事前点検をしておかないと、台風で強風大雨状態になるとタワーマンションの場合は気圧の問題なのかベランダの窓が開けれなくなりますから、それでバケツや植木鉢などがドカンドカン凄い騒音を出してご近所さんに大迷惑をかけてしまいます。

ベランダに置いているバケツや植木鉢、プランター等はタワーマンションの跳ね返りの強風の影響もあるのか、ベランダの中で壁などに何度もぶつかって凄い騒音を発生させてしまい、特に深夜にその状態になった場合は、ガタンガタンとあまりに騒音で目をさましてしまうことも多く、窓は開けれず、ガラスが割れそうな雰囲気になります。

タワーマンションに住んでいる方はご存知だと思いますが、おもいっきり力を入れれば、超大型台風の強風時にでもベランダの窓を開けれるのかもしれませんが、窓ガラスが割れてしまいそうな位の状況ですし、大雨で外に出たくもありませんので、最初からベランダの確認をしておき強風で吹き飛ばされてしまいそうなものは撤去します。

これ、私も過去に何度もやってしまっていて、深夜に強風で雨や風の騒音も煩いんですが、それ以上にベランダにそのまま放置して置いていたプランターやバケツなどがベランダの中で強風でガタンガタンと洗濯機の中で脱水しているようにかき回されてしまって、凄まじい騒音が何度も深夜に発生してしまった事が過去に何度もありました。

スポンサードリンク



 

 

エアコンからカポカポ音が止まらなくなることがある場合の対策

多分、タワーマンションで最も多いのが大型台風の際にエアコンからカポカポ音が発生して煩くて眠れないと言った症状であり、窓を締め切っている状態でエアコンに逆流防止弁を取り付けていないタワーマンションの場合、エアコンからカポカポ音が発生することがありますので、事前に確認をしておくとトラブルになりません。

大型台風が全開で上空に飛来している際には、もはやホームセンターにエアコンの逆流防止弁を購入しに行く事ことは出来ませんし、室内ではエアコンからカポカポ音が24時間止まらない状態で煩くて仕方ない状態になりますから、念のため、エアコンに逆流防止弁が付けられているかどうかを確認しておき、カポカポ音対策をします。

逆流防止弁がない場合は、100円でホームセンターで売られている石油用のポンプを購入して、それを改造してエアコンの水が流れるホースの先端の取り付ければ、カポカポ音はしませんし、それが面倒ならエアコンを使わないことを前提に濡らしたティッシュをホースの先端に詰めておき、台風が過ぎ去ったらティッシュを除去します。

 

 

超大型台風の場合は下水道が逆流して異臭する場合があります

これも台風の度に発生するんですけど、トイレや風呂場の下水道の水が逆流することが多くて、悪臭が室内に発生する場合があるんですが、これの事前対策については対応する事ができないので、トイレや風呂場から悪臭が発生していればガンガン水を流して対策をするしかないので、お客さんが来る前にチェックしておくのが良いですね。

そのまま放置しておくと、室内で悪臭が発生するだけではなくて、他の部屋から下水管を通して変な小さなハエのような害虫が特に風呂場に発生することもありますので、下水道が逆流していて悪臭が発生している場合は兎に角換気扇を全開で回しながらガンガン水を流しておいたほうが良いので、遠慮なく水を流しておきましょう。

タワーマンションは気密性が高くて、気圧の問題で状況により下水道が逆流するらしいんですが、その時には換気扇も風が逆流して独特の騒音が発生していますので、換気扇から風が逆流する騒音が発生していれば、トイレや風呂場などを確認してみて変な匂いがしていれば下水道が逆流しているので念のため注意しておきましょう。

 

 

タワーマンションは多分どのような災害時でも最も安全です

最近流行りのタワーマンションの場合は、建物自体は大変頑丈に作られていますので、地震が発生しても免震なら大揺れはしても建物内の家具などは大丈夫ですし、建物自体が倒れることは多分ないと思いますし、床下浸水や床上浸水の被害に遭うこともありませんから、建物の中にいれば何があっても安心なので結構安心感があります。

まあ、東京の場合は超大型台風の場合でも、普通の木造アパートですら水害の被害に遭うことはないのですし、建物が吹き飛ばされたって話も聞いたことがないので、取りあえず、事前に水や食料などを2日分位買い込んでおき、万が一外に出れない場合は一歩も外に出ない状態でその間は引きこもりサバイバルをする感じで良いと思います。

今日の晩から明日明後日にかけて、東京でも超大型台風の影響があるらしいですから、できるだけ余計な外出は控えておき、二日間くらい何があっても室内で生活が出来る食料や水などを購入しておき、現代の時代に生まれたことに感謝しながら、平安時代なら多分命がけの台風対策になるだろうな?と思いつつ念のための準備がお勧めです。

今日の晩型から、エントランスでは大量の食料品を買い込んでいる人たちが沢山出入りしているので、皆さんもしもの時の対策はしているようですね。

よろしくお願いします。


誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。