Blog MiMi

野生の鹿と遭遇した際の注意点と知らない人も多い15000円の尻尾

こんばんわ。

ブログMiMiです。

 

今日の夕方ころに父親から緊急の電話があって対応をしてみると、何でも実家の近くに鹿が出没して大騒ぎになっているらしく、あちこちに猛スピードで突撃しながら最終的に鹿が川に飛び込んで、そこでじっとしたまま動かなくなり、震えながら顔を人がいる方向に向けて、目線をそらさずその場で動かない状態だそうです。

その騒ぎを聞きつけて、次第に多くの人が集まってきていて、子供たちは震えている鹿を見ながら可哀想って感じで話しているようですが、プロのハンターの人がやって来ると、どうやらこの鹿の状態は大変危険な状態のようで、絶対に近寄らないようにって注意の人たちに説明していたのを動画で見ていると流石プロは違いますね。

最近は大変便利な時代になっていて、60代の実家の父親や母親も普通にタブレットや超望遠のデジタルカメラを使って、鹿やその騒ぎになっている様子を記録しながらネットで私宛にリアルタイムで連絡をしてくるので、現地で何がどうなっているのかがよくわかりますし、川に飛び込んだ鹿が震えている姿もよくわかりました。

 

 

実家の近くに鹿が出没して大騒ぎになった際の注意点

今回、田舎で過疎化しているとは言え、鹿が出没して夕方頃に大騒ぎになっていると、ご近所さんなどが沢山集まってきているようで、川に飛び込んで震えている鹿を見て可哀想だって言っている人も多かったんですが、プロのハンターの人は違っていて、大変危険な状態なので近寄らないように注意を促していたのが凄いですね。

何故危険なのかと言えば、民家に出没して畑などを荒らしていた鹿が人に見つかって大急ぎで逃げながらクルマにぶつかったり壁にぶつかったりしながら、最終的に川に飛び込んだ訳なんですが、しかもその時点で覚悟を決めているらしくて、怖がるように震えながら可愛いクリっとした瞳で人の方をじっと見ているからだそうです。

スポンサードリンク



この時点で、鹿は最終的に人に対して角を向けて突撃をしてくる可能性が高いらしくて、鹿に突撃されたら人間は大怪我をする可能性もあり、特に子供や女性でしたら大怪我ではすまないこともありますから、プロのハンターの人は他に人に近寄らないように指示を出しながら、どうやって仕留めるかを検討しているようでした。

 

 

住宅街ではライフルが使えないので捕獲が難しいらしい

まあ、当然かもしれませんが、住宅街ではライフルやショットガン(散弾銃)等を使うことが出来ないらしくて、プロのハンターさんの話を聞いていると、槍のようなもので刺すって感じの話をしていたのですが、その間も鹿は全くその場を動かず、逃げれば良いものを川の中でじっと震えながら人の方を見つめています。

何だか、可愛い目をして怯えたように震えている鹿を見ていると、可哀想に感じるかもしれませんが、散々畑や花壇などを荒らしてきていて迷惑をしている人も多いですし、ここで逃してしまうと鹿は慣れてしまって、何をやっても許されると認識するらしく、とどめを刺さないと今後仲間を連れてきて深刻な状態になるそうですね。

スポンサードリンク



鹿って、追い込まれたら、こんなにブルブル震えて怯えたような状態なるってのは初めて動画で見ましたし、逃げればよいのに全く逃げずにじっとしているのを見ていると、覚悟を決めて震えながらも頭を人の方に向けつつ、何かあれば最後の神風特攻をしてくる位の勢いであり、プロのハンターさんじゃないと対応は難しそうです。

 

 

市街地に出没して怯えている鹿を見ても近寄らない事です

公園に行けば野良猫がいて、それを見て可哀想だと感じて餌やりをしている人もいるようですが、今回のような鹿を見て可哀想なので殺さないで!って感じで勝手に鹿に近寄ってしまうと、鹿に角で体当たりをされて大怪我をして他人に迷惑をかける恐れがりますので、野生の動物のパワーと攻撃性を甘く見ないほうが良いですね。

プロのハンターさんが、ブルブル震えている鹿を見えて、これは危険だって他の人を遠ざけている訳ですから、偽善者のように動物の命は大切だって人は私の地元にはいないとは思いますが、似たような状況になったら絶対に子供は近づけない事と、専門家のハンターさんに全てお願いしておいたほうがスムーズに話が進みます。

ここ最近、日本では鹿の数が20倍位に増えているんでしたっけ?、日本政府の統計発表では鹿が日本の山で大発生しているらしく、成長した鹿に天敵は殆どいませんので、山の植物や木などを荒らしまくって山が崩壊するとか、それでも餌が足りないので畑などを荒らして億単位の損害が出ていますので、可哀想ではないわけですね。

 

 

鹿を捕獲して尻尾を役所に持っていくと15000円の報酬?

何でも、私の地元では鹿を捕獲して尻尾を役所に持っていくと15000円位の報酬が支給されるらしくて、それで他の田舎よりも鹿の問題が少なくて山もそれほど荒らされていないような気がするんですが、鹿は解体すれば肉にもなりますので、1匹仕留めるごとに15000円位なら20匹仕留めたら30万円ですから結構いい稼ぎですね。

また、鹿肉もきちんとした処理をすれば、獣の匂いなども無いことは、これまで何度も鹿肉を調理してきているので私も知っていますし、専門店に下ろせば結構な金額で売れることや、鹿肉は冷凍保存ができますから、何かと役立つそうで、これなら山でも鹿の被害が他の田舎よりも少なくなっているのもなんとなく分かりますね。

興味がある人がいれば、鹿を捕まえたら地元の人から感謝されますし、子供からは可哀想って言われるかもしれませんが、1匹に付き15000円も役所からもらえるのでしたら、それで結構な副業にもなりますので興味があれば、狩猟免許を取得して、罠とかライフル等で田舎の鹿をハンティングしてみるのも良いかもしれませんね。

ただ、ライフルは簡単には持てない決まりになっているようで、確か10年だったかな?、狩猟免許を取得して銃を所持していないとライフルだけは簡単には持てない決まりになっていて、空気銃とか罠とかならそうでもないようですから、10年間は修行をするつもりで早めにプロのハンターになる準備をしておいたほうが良いですね。

よろしくお願いいたします。


誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。