Blog MiMi

メルカリで現金を販売していた素人闇金が逮捕された事件とリボ

こんばんわ。

ブログMiMiです。

 

本日、いつも通りにヤフーのトップページを見ていたら、メルカリって個人売買が主体のフリーマーケットアプリを使って現金を出品していた輩が一斉に警察に逮捕されたってニュースがあったんですけど、現金10万円を12万円でメルカリ上で販売していたらしく、出資法違反で警察に捕まったって話が一連の流れになるわけですが、この人達って相当頭悪いですよね。

現金10万円を12万円で販売したら、相当な高金利でお金を貸し付けている闇金と同じ扱いになりますから、出資法違反で摘発される事くらい一般常識があるならわかると思うんですけど、それが分からないようなユーザー層がメルカリを使っているかどうか分かりませんが、頭がよかったら10%も手数料を取られるメルカリを使ってものを売るって発想は持たないと思います。

また、質が悪いユーザー同士で金銭やモノの販売を行うと、個人情報を伝えては行けないような相手に渡すことになりますので、そのリスクを考えると逆に手数料を頂いてメルカリを使うくらいの気持ちでないと、どのようなトラブルに巻き込まれるかも分かりませんから、まあ、まともな人はこの類のアプリは使わないか、マーケットのデータ取りに使うくらいなんでしょうね。

 

 

メルカリで現金を販売していた素人闇金が逮捕された事件とリボ

いやー、私はメルカリってのは胡散臭いというか、使うメリットが全くありませんので、興味もないしそのようなアプリがある位しか知らないんですけど、堂々と闇金業をサポートしているようなシステムであるなら、早々にクローズさせたほうが良いと思いますし、管理側が現金や麻薬、盗難品の出品などをチェックしていないのか?、そのあたりも気になりますね。

現金10万円を12万円で購入する人がいるって仕組みが理解できない人がいるかもしれませんから、そちらについてもご説明しますが、仮に現金10万円を12万円で買う人がいるとわかって現金を売買した場合、普通に個人の金融業を営んでいる状態になりますし、あまり暴利な金利になりますから、普通に考えれば出資法違反になることくらいは小学生でも分かります。

スポンサードリンク



通常、闇金はこっそりと営業するものであり、ネットを使うにしても自分たちのシステムを使って行うとかが基本で、第三者が提供しているシステムを使って闇金を営業している時点でちょっとおかしい人以外の何物でもありませんから、そのような程度の人たちが主体になって利用しているんだったら、ヤフーオークションを使ったほうがよさそうですね。

 

 

現金10万円を12万円で購入する人がいる理由と仕組み

ここで、ある疑問が出てくるかと思いますが、現金10万円を12万円で購入するってどういうこと??、先ずこの部分が理解できないと、今回の間抜けな闇金摘発の事件の意味が分からないと思いますので、そちらについて知っておいて欲しいのですが、このような現金10万円を12万円で購入する人というのは、クレジットカードを使って自転車操業をしている破産予備軍です。

クレジットカードを持っている時点で、自己破産まではいっていませんが、恐らく近い将来そのままでは自己破産をする可能性が大変高い人ですから、お近くにそれに該当する人がいれば、声をかけて早めに生活レベルを適切な状態に落とすか、まともな仕事をする用に転職を促すなどをしておかないと、自転車操業ができなくなった瞬間破産をしてしまう人です。

それで、何故?10万円を12万円で購入するような意味不明な取引が発生するのかと言えば、クレジットカードのキャッシング枠を限界まで使って借金をしているケツに火がついている人は、もうお金を借りる先がありませんので、クレジットカードのショッピング枠が残っている事に目をつけて、そのショッピング枠で現金10万円を12万円で購入している状態なります。

 

 

クレジットカードには2つの限度額の枠があります

クレジットカードをお持ちの方ならご存知だと思いますが、クレジットカード会社から高金利で現金を借り受ける借金のがキャッシング枠であり、クレジットカードでの借金は相当金利が高いことを知らない人がこのキャッシング枠を使ってクレジットカード会社からお金を借りるんですけど、これをやっている人は大抵リボ払いで毎月金利のみを払っているような状態です。

スポンサードリンク




たらば蟹が3000円引き!特割裏情報


リボ払いというのは、100万円の買い物をクレジットカードで行っても、毎月の支払いは2万円で良いですって支払い方法のことであり、一見して便利そうに見えるかもしれませんが、100万円の買い物をして毎月2万円ずつ払っていくと・・・、クレジットカードの金利が18%であるとすれば、毎月のリボ払いで金利のみを永遠に支払っていく状態になっているのです。

このキャッシング枠を使っている日本人は殆どおらず、日本人が好んで使っているのはショッピング枠であり、こちらはクレジットカードを使って借金をして買い物をする事に違いはないのですが、一括払いなら金利は全くつかずに、現金も必要ないですから、使い方によっては大変便利に使うことが出来るのですが、クレジットカード会社は全然儲かりません・・・。

 

 

メルカリがクレジットカード決済をNGにするだけ

クレジットカードのショッピング枠を現金化するってのはかなり古典的に行われていて、カードでお金とかってチラシや立て看板を見たことのある人も多いと思いますけど、あれはクレジットカードのキャッシング枠が限度額まで一杯になっている人が、残っているショッピング枠を使ってブランドバックや新幹線の回数券を購入して、それを買取業者に売却する方法です。

ちなみに、これをやった時点で詐欺に該当する可能性がありますので、絶対にやってはいけないんですけど、クレジットカードで何かのモノとかサービスを購入した場合、クレジットカード会社への支払いが完了するまでは基本的にそれらの所有権をクレジットカードが主張することも出来るわけですから、転売目的でクレジットカードで買い物をしてはいけません。

ですから、今回のメルカリで現金10万円を12万円で購入していた人がいるのであれば、クレジットカードのショッピング枠を使って今直ぐにでも現金を入手しないと支払いが出来なくなるような状態の人であり、完全な自転車操業なんですけど、支払いはリボ払いにしているでしょうから、金利だけを払えば良いと言った、ミナミの帝王出て借金をしているような人なのです。

この場合も、決済のシステムを提供しているメルカリがクレジットカードでの決済をNGにするか、利用できる制限などをつければよいだけであり、よく商品券とかJCBのギフトカードをクレジットカードで購入しようとすれば、現金でしか購入できませんって制限をしている理由も、ショッピング枠を使って現金化させないようにきちんと管理されているからなのです。

 

 

自転車操業の人が破産しない理由は恐怖のリボ払い

大変金利が高くて15%から18%位の金利が当たり前であるクレジットカードのキャッシング枠を限界まで使っている時点で、もう生活レベルが破綻してしまっている人になる訳ですが、そう言って人でもショッピング枠は余っていることが多い、というよりもショッピング枠はお金に余裕がない人は殆ど使っていない人が多いので、それを使って現金化するって手法です。

何しろ現金10万円を12万円で購入している訳ですから、普通の状態ではないことくらいはすぐに分かりますし、そのようなことをしていればすぐにでも破産するってイメージがあるかもしれませんけど、こういった人は大抵は普通の人は絶対に利用しないリボ払いって支払い方法でクレジットカード会社に借金の返済をしていることが多いので、破産までは幾分余裕があります。

リボ払いをすると100万円、200万円の借り入れをして、毎月2万円の返済だけで住む状態になりますから、大した借金はしていないって錯覚に陥ることになる訳ですが、その時にはもう普通の方法では借金を返済できない状態になっているにも関わらず、目先の生活資金と返済資金を得るために、10万円を12万円でクレジットカード払いで支払って現金を入手している感じです。

当日2割って金利は、ミナミの帝王の10日で1割のトイチの金利が可愛く見える位のすさまじい暴利ですから、メルカリは黙っていても警察が黙っているはずはありませんよね・・・。

10万円を12万で売ったら儲かるって安易に考えて、メルカリで堂々と闇金業を営んでいた輩が一斉に摘発されたようですけど、その発想自体が闇金と全く同じことをやっているって気がつかないといけませんし、2万円の金利を請求して10万円を貸すってのは相当暴利な金利なので警察も黙っていなかったのでしょうけど、これでメルカリが利益を上げているなら相当アレですね。

よろしくお願いいたします。


お勧めおせちの予約→村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。