Blog MiMi

2018年6月6日
から admin
くらこん塩こんぶが想定外に美味しいのでキャベツ丼物にお薦め はコメントを受け付けていません。

くらこん塩こんぶが想定外に美味しいのでキャベツ丼物にお薦め

こんばんわ。

ブログMiMiです。

 

先日から仮想通貨のチャートがどちらに行くのかよく分からない相場になっているようで、とりあえず、仮想通貨リップルはサポートの70円で購入していれば、ほぼ確実に利益が出るって状態になっているので、サポートが硬いトレンドの時は、こういった方法で素人でもラクラクに資産を増やす方法があるのだな?とつくづく感心してしまいましたがトレード面白いですね。

ちょっと、これから仮想通貨ビットコインが100万円まで暴騰するのか?、その反対で65万円まで暴落するのか?、どちらに行くのかまだまだ余談を許さない状況なのですが、そういった時はおいしい食事でもして様子を見守ったほうが良いのでは?って感じになりますが、友人からちょっと変わったくらこん塩こんぶってふりかけ?のようなものを差し入れでいただきました。

くらこん塩こんぶってのは、厚切りの昆布を乾燥させて塩味で味付けした乾燥物のふりかけのことで、以前からスーパーで見かけたことはあったんですけど、なんか毛虫を乾燥させた感じの見た目的にあまり美味しくなさそうなイメージしかなかったので敬遠していたのですが、友人がキャベツにかけて食べたら美味しいとか、丼モノに最適なので食べてみてとのことでした。

 

 

くらこん塩こんぶが想定外に美味しいのでキャベツ丼物にお薦め

くらこん塩こんぶの食べ方は極めてシンプルで、なんでも良いので、ふりかけて食べてればOKってシンプルさなのですが、キャベツとか鶏肉とか豚肉を使った丼物の隠し味のような扱いになるようで、最初はこんな毛虫を乾燥させたふりかけなんかキャベツや鶏肉にふりかけて大丈夫なのか?って思っていたんですけど、それがどうして、普通にかなり美味しくなるようです。

昆布の持っている本来の味と、強めの塩味で味付けをした塩こんぶは、温かいご飯にかけると昆布や塩がとろけるように白米に馴染んで美味しくいただけますし、キャベツサラダにシーチキンやコーンをまぶしてマヨネーズを適当にかけて塩こんぶを上からふりかけるだけで、ご飯が何杯でも食べれるくらいの不思議な味付けになるのですが、これも食べてみないとわかりません。

色々と試しているんですけど、くらこん塩こんぶはジャンルに関係なくあらゆる丼物にマッチするようで、OKストアのカツ丼弁当とか、焼き鳥弁当にふりかけても美味しくいただけましたし、ピザとかトースト、おにぎりとか人によって好みはあるようですけど、ジャンルを問わず、不思議とワンランク美味しいと感じる味付けにしてくれるのが塩こんぶってイメージです。

 

 

昆布は健康に良くてハゲも治るって言われているくらいの栄養価?

昆布ってあらゆる食品の中でも特に栄養価が高いと言われていますし、迷信なのか本当なのか分かりませんが、髪の毛に特に良い食品って言われているので、ハゲが治るとか薄毛が改善するって話を聞いて、必死になって昆布系の食品を食べまくっている人も男性には多いのではないか?と思いますけど、その効果の程は分かりませんが、健康に悪いことはないと思います。

スポンサードリンク




若干、塩こんぶは味付けが濃い目で、塩味がピリッって来る感じですから、食べ過ぎは塩分濃度のとりすぎになるので注意が必要なのかもしれませんけど、変なコンビニの弁当とかを買うよりも自分で簡単な丼モノを作って塩こんぶをふりかけて食べれば健康的だと思いますし、食費も安くなりそうなので、今後は塩こんぶを積極的に購入していくのも良さそうですね。

色々と、適当に作ってみたんですけど、白いご飯にキャベツのみじん切りを大盛りに乗せて、その上にテリヤキチキン、照り焼き豚肉などを乗せて、マヨネーズ等を更に適当にまぶして、最後に塩こんぶを大量にまぶして食べると、かなり味がまとまった丼になりますし、健康的にも良さそうなのと、更には調理も短時間で行えることから、忙しい人にも最適なふりかけです。

塩こんぶでハゲ治るのかどうか?についてはよく分かりませんけど、ハゲは遺伝ですから昆布で改善は難しいかもしれませんが、昆布を食べることにより、ハゲの予防が出来ているとか、ハゲが治っている?って精神論的に感じるのは、精神的にも落ち着くでしょうから、ハゲの実際の改善にかかわらず、昆布を食べると精神的な安定をもたらす効果はそれなりにありそうです。

 

 

くらこん塩こんぶは賞味期限が切れても全然普通に食べれる耐久性

通常、食品には賞味期限ってのがあって、その期限を若干超えても問題はなく、少しだけ味が落ちる程度なんですけど、それでも大幅に賞味期限切れになった食品を食べると食中毒を起こしたり、体調不良になったりするものですが、塩こんぶの場合は違っていて、今年の2月に賞味期限切れになっている開封済みの塩こんぶを食べてみても全く関係ないこの安定感は素晴らしい。

昆布ってもともと賞味期限って半分あってないようなものなのかもしれませんが、更に塩味がバリバリに聞いているので、殆ど無限に賞味期限があるのでは?って感じの安心感で、塩こんぶは食べることが出来るので、賞味期限切れとは無縁の食品で保存性もよく、乾物ですから重量も軽いので、保存食や登山の際の携帯食にも使えそうな雰囲気なのでちょっと研究してみます。

スーパーに行けば、塩こんぶはふりかけコーナーに必ず売られていますし、アマゾンでもくらこん塩こんぶの業務用500グラムが1400円位で売られているので、今後はスーパーで購入するか?、アマゾンで購入するか?、ちょっと何処で購入するかは未定ですけど、これだけ気軽に購入できてキャベツや丼などが美味しくなるふりかけは一度試しておいても損はないです。

これまで、塩こんぶは毛虫を乾燥させた不味そうなふりかけ?ってイメージが合ったのですが、親切な友人がご飯やキャベツが美味しくなるし、健康にも良いので食べてみたら?ってくらこん塩こんぶを差し入れてくれたのがキッカケで、今回の塩こんぶについての誤解を解くことが出来ましたので、くらこん塩こんぶを知らない人はかなりいけるので是非、試してみて下さい。

よろしくお願いいたします。

2018年6月5日
から admin
公道レースを自宅で楽しめるTheCrew2のベータ版をやってみた はコメントを受け付けていません。

公道レースを自宅で楽しめるTheCrew2のベータ版をやってみた

こんばんわ。

ブログMiMiです。

 

仮想通貨ビットコインが81万でリップルが70円のサポートラインがかなり強力なのか、先日からこのラインで何度も弾かれていて、這い上がってはまたこのラインまで落ちるってのを繰り返しているのですが、ちょっとどちらに行くのかまだまだ勉強中の私では判断が難しいところはあるんですけど、リップルだったら70円でロングのポジションを取れば楽勝できる相場ですね。

どちらに行くのか?、私では判断が難しいのですが、出来ればこのまま一気に底を割ってビットコイン50万円、リップル30円まで行って欲しいんですけど、このまま相場上昇しても個人的には嬉しくないので、何とか暴落をしてほしいのですが、本当、今回のサポートラインは相当強力なようなので、しばらくサポートラインでポジション取って売るのが良いかもしれません。

そんな訳で、そろそろ6月になっているので、UBIから今月末くらいに新しく発売されるオープンワールドレースゲームの続編であるTheCrew2のベータ版が配布されていて、UBIからダウンロードして遊んでくださいってメールが来ていたので、早速ダウンロードしてみたのですが、ファイルサイズは25GB位なので最近のゲームとしてはかなり軽いほうだと思いました。

 

 

公道レースを自宅で楽しめるTheCrew2のベータ版をやってみた

最近は、私も公道でレースをすることもなくなりましたので、最近の状況は分からないのですが、私が若い頃にはナンバー無しの改造車等が普通に峠で違法なレースをやっているのも普通でしたし、友人でもパトカー5台から追いかけられながらフェアレディZやR32GT-R等で逃げ回っていた時代だったので、正直なんでもありな時代だったんですけど、結構死んだ人もいました。

公道レース自体が違法なのと、兎に角、車の改造にお金がかかること、最近の新しいスポーツカーはそれなりの改造をするには1000万円以上の費用が必要になることから、若い人はもう公道レースなんかやっている人っていないのでは?って思ったりもしていますが、プロショップの社長さんに聞くと、サーキット走行を楽しむ人も相当減っているようで、売上激減らしいです。

なので、違法性があるってのもあるんですが、命の危険性や、数千万円単位のお金を用意できないと車を維持できなくなるって問題を解決したまま、自宅で公道レースが楽しめる、更にはアメリカ全土を舞台にしたオープンワールドゲームなので、好きな場所に好きな車で移動をすることが出来るってのが売りになっているのがTheCrew2って今回のレースゲームになります。

早速、UBIの公式サーバからダウンロードをしてみて起動したんですけど、前作のTheCrewと比較してかなりグラフィックが綺麗になっていることと、今回は車だけではなくて、航空機とかレース用のボート等も操作できるようで、早速チュートリアルが始まって気がついたのは完全に北米(主にアメリカ)をターゲットにしているゲームだなってのが最初の印象ですね。

 

 

前作ではGTX1080Tiでも発生したカクつきが無くなっています

私は前作のTheCrewは正規品を所有しているんですけど、GTX1080Tiを使っていても、どのように設定を変えてもこのゲームだけはカクつきが発生してしまい、イライラして仕方がなかったのですが、今回からはカクつきが無くなっていて大変スムーズに画面が切り替わるので、この点は改良されていると分かりましたけど、GTX1080Tiでカクつく時点で完全に間違ってますよね。

また、グラフィックも背景や車等は大変綺麗にアップデートされており、臨場感もあるのですが、人間のモデリングやテクスチャー、動き方に違和感がかなりある状態になっているので、ベータ版ですから製品版では改良されるのかもしれませんが、同じUBIのウォッチドッグス2と比較しても最高画質にして確認をすれば分かりますけど、人間に関しては違和感しかありません。

グラフィックは人間以外は大変良いと思うのですが、肝心のレースゲーム部分がマリオカート系の非現実レースになっているようで、ゲームスタート時にはポルシェのGT3RSって車を運転して公道レースをすることになるんですけど、GT3の挙動がかなりおかしいですし、マリオカートみたいなジャンプ台で10m位の高低差をジャンプする時点でもう非現実マリオカートレースです。

例えて言えば、マリオカートのカートをリアルな車に変更をして、背景もリアル系に書き換えたレースゲームのようなもので、グラフィックだけは実写的なんですけど、肝心の中身が実際のレースとはかけ離れた内容になっていて、ジャンプ台をポンポンジャンプするスーパーファミコンのFZeroみたいな感じだったので、この時点でもうクソゲーじゃないのか?と感じました。

 

 

前作のTheCrewはCPUがチートを使ってくるクソゲー仕様でしたが?

今回、UBIからメールが来たのでTheCrew2のベータ版をダウンロードしてみて、最初の部分をやってみたら、GT3の挙動もおかしくて、この車はこんな動きはしないし高低差10メートルのジャンプ台をジャンプしていたらサスペンションはその場で壊れますし、車もバンパーやアームが破損をしてその場でクラッシュするんですけど、マリオカートみたいにポンポン跳ねます。

なので、リアル系なレースゲームではなくて、あくまでマリオカート系のファンタジー系のレースゲームってのは別に良いのですけど、前作のTheCrewではCPUがチートを使ってくるのが日常になっていて、反則行為的なゲームシステムだったので、途中で止めてしまったんですけど、CPUがチートを使ってこなくてカクつきがなければ、最高のレースゲームだったのに残念です。

TheCrewでCPUが使ってくるチートというのは、コーナリング時に意図的にCPUの車体にぶつけて場外でスピンをさせて停車をさせるんですが、その後に速度を落とすことなくミスもなく運転していても、すぐにCPUの車が後方にベッタリとついてきていて、こちらが少しでもミスをするとあっという間に抜き去っていくってチートでありあまりに酷いので直ぐに止めました。

CPUのブースト機能っていうのか?、こちが一回でもコーナーでスピンをして速度が落ちてしまうと、その後はどれだけミスもなく最速の運転をしても殆ど追いつけない使用になっているんですけど、CPUの車は何度クラッシュしても、直ぐに後方にベッタリとついてきていてる状態で、ありえない追い上げばかりの連続だったのでインチキなレースゲームは要らないですからね。

 

 

マイクロソフトのレースゲームの方が現実的で良さそうですけどね

正直、TheCrew2のベータ版は最初のポルシェGT3RSの操作をした時点で、非リアル系のマリオカート系レースゲームって感じましたので、それ以上はやってないんですけど、これだったらマイクロソフトが販売しているレースゲームの方が良いのでは?って感じましたが、全然方向性が違うのかもしれまんから、免許を持っていない人向けのダマシ的なゲームならありですね。

ただ、TheCrewではマルチの対戦モードってのがあって、それが結構面白かったので、今回も似たようなのがあるのだとは思いますので、実際にポルシェGT3RSを運転したことがある人なら、こんな挙動するわけ無いとか、何?このありえないジャンプ台は??ってはあ?ってなるでしょうけど、そこは非リアル系のオープンワールドレースゲームだと割り切れば良いですね。

兎に角、CPUがチート行為を使ってくるってのだけは許せないので、前作のTheCrewのようなシステムであれば購入はお勧めできませんが、公道レースのゲームを雰囲気で楽しみたいし、リアル系の挙動にはこだわってなくて、グラフィックが綺麗なレースゲームでアメリカ大陸を横断して遊べば満足って人であれば、ドンピシャでハマる要素はあるレースゲームだとは思います。

車や背景のグラフィックは大変綺麗にアップデートされており、前作のGTX1080Tiでも発生していたカクつきも無くなっていますが、やはり人間のモデリングやテクスチャー、モーションに違和感があるのと、今回はキャラクターを最初に選べるのですが、全く魅力的なキャラクターがいないので、前作の主人公は固定の男性って方が良かったような気はしています。

よろしくお願いいたします。


仮想通貨を始めるなら→簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク







2018年6月4日
から admin
仮想通貨リップルで5000円儲かったけどチャートが分ければ楽勝? はコメントを受け付けていません。

仮想通貨リップルで5000円儲かったけどチャートが分ければ楽勝?

こんばんわ。

ブログMiMiです。

 

最近、またアレルギーの症状が出てしまっていて、目がおかしいし、喉はおかしいし、花はムズムズして具合が悪いですし、やたら眠くなってしまう症状も出ているので、何とかならないかな?と思いつつ、一度空気が綺麗な場所に引っ越しをするか、何処にいても出来るような仕事をメインに切り替えて今後の人生プランを考えたほうが良いかもしれないと思ってます。

それで、何処にいても出来る仕事の代表的な職業がFX、株式、不動産、仮想通貨等の投機投資業務、後はアフィリエイト業務等になるんですけど、アフィリエイトの方は少しずつですが順調に数字が伸びてきていて、不労所得もある程度の金額になってきているので、最近ではトレードの勉強を始めているんですけど、早速仮想通貨リップルで5000円が簡単に儲かりました。

投機金額は50000円で決して大きい金額では無いのですが、それの10%の5000円があっさり儲かって利益確定していますので、チャートがある程度分かる状態でしたら、仮想通貨って案外簡単に儲かるんじゃないか?って思い始めていますし、まだ上昇する際のチャートの判断は出来ないのですが、落ちる際のチャートはある程度分かるようになって来たのでいい感じです。

 

 

仮想通貨リップルで5000円儲かったけどチャートが分ければ楽勝?

昨年の2017円に仮想通貨を購入していた人は10万円が1億円になったとか、テレビやネットのニュースで散々煽りまくっていたので、大口やメディアがつるんで一般の人から資産を巻き上げる準備をしているんだな?って思っていたのですが、今年の1月からは仮想通貨が大暴落をしてしまい、それで大損をした人も沢山いると思いますが、投機の世界は自己責任になりますね。

ただ、仮想通貨で大損をした人って、殆どが購入しているだけでお金が増えていくってメディアとかネットの情報を真に受けてしまい、トレードでの常識であるチャートを分析するって事ができない人ばかりであり、プロのトレーダーとは逆に素人の自称投資家が大損をしていく際に、一斉に空売りをしてボロ儲け状態だったのも予想できますから、全て計画通りなのでしょうね。

スポンサードリンク



私も今年の1月に試しに10万円分のリップルを購入して、ネットで仮想通貨はガチホだって叫んでいる人が多かったので、本当なのか?と思って損切りもせずにずっと放置していたら25000円まで暴落してしまって大損をしてしまい、そこでどのような理由であっても投機で損をしている以上摂取されている側の人間になる事が分かりましたので、そこで勉強を始めた訳です。

まだプロのトレーダーのように完璧にチャートがわかるわけではありませんし、落ちる際のチャートしかわからないって状況なんですけど、それでもチャートがある程度読める状態になったことにより、仮想通貨リップルで試しにチャートを見て購入して、落ちそうだって寸前に売却をして利益確定をしたら、5万円が55000円になりましたので、結構いい感じだと思います。

 

 

ネットや新聞やテレビの情報は嘘が多いのでチャート分析が基本かな?

トレードの勉強を始める前から知っていたんですけど、株式や先物などの投資に関しては、マーケットを動かしている大口や機関投資家等とテレビや新聞、雑誌等がグルになっていて、自分たちが都合が良い情報を洗脳的に継続して流すって仕組みになっていて、最近ではツイッターなどでも嘘の情報を流しまくって素人を損させて自分たちは儲けようて人が沢山いる状態です。

ですから、仮想通貨に関してもネットやテレビ、新聞などが儲かるとか価値が上がるって情報を流した時は、略間違いなく暴落をするって思っておいたほうが良くて、その逆に仮想通貨が終了するとかこのままでは大損をするって情報を流してきた場合は、逆に上る可能性があるって見ておいたほうが良いのですが、いずれの場合であってもチャートを見ておいた方が良いですね。

独学でトレードの勉強を初めてから分かったんですけど、チャートってのは嘘が付きにくい実際の売買データをそのまま視覚化したものなので、それと世間で流れているメディアの情報が異なる場合、逆に一致する場合なども含めて、上がるのか下がるのか?この判断をする際に一番重要だと思いますし、チャートが理解できればある程度簡単に利益を出すことが出来る感じです。

投資とか投機の世界で、本当に儲かっている人で新聞やテレビ、週刊誌などの情報を真に受けている人はいないと思いますし、逆に投資や投機で大損をしている人は自分で考えるとか分析するって行動を取らずに、メディアの情報を真に受けてしまって、そのままお金を使って損をするって人が大半だと思いますから、自分でやってみれば分かりますけど、チャート分析第一です。

 

 

もう少し少額で練習をしてから仮想通貨に100万円位突っ込もうかなと?

ああ、これは確実に下がるなってチャートが殆どわかるようになって来たので、それで今回仮想通貨リップルを購入してみて、短期間で10%の利益を出すことができたんですけど、現物購入でレバレッジはなしのロングで10%ですから、レバレッジをかけて空売りショートをしたらもっと利益を出すことも出来ると思いますが、先ずは焦らずにロングの練習からする予定です。

仮想通貨で利益を出している人は最初は5万円、10万円から初めた人も多いって聞いていますので、別に5万、10万円を倍々ゲームで少しずつ増やしていって、最終的にはそれなりの金額にしていくって方法もありますけど、面倒だったら最初から100万円位突っ込んで、それを2倍にして、次は200万円を400万円にするってやり方のほうが、スムーズな投機はできそうですね。

それで、最初に突っ込んだ資金が倍になったら、一旦そのお金を抜いて、損をしない状態で投機をすれば仮想通貨も十分な副業になりそうな気もしますが、最近は騙しが多くなっているって聞くこともありますので、油断をせずに確実にポジションをとっていい場所を見極めて、下がりそうなチャートならその前に全売却をして利益を出すって方法で運用していくのが良さそうです。

 

 

ビットコインが60万割れでリップルが50円割れなら全力買いでしょうね

投資や投機って最初に大損をしないと勉強をしないっていいますけど、まさにそのとおりだと思いますし、チャートがある程度読めるようになってくると、ロングのポジションをとってはいけないタイミングってのも分かってくるようになるので、普段はノーポジションで余裕を持って確実に勝ちに行くって手法で利益を出していければ良いかな?って感じになりますね。

現在、仮想通貨全体に暴落しそうなチャートなんですけど、一時間足で見た感じでは、もしかしたら上がるかもしれないって可能性もありますので、まだまだ最終判断は出来ませんが、仮想通貨ビットコインが60万円割れ、仮想通貨リップルが50円割れで30円まで暴落をしたら、確実に全力購入のタイミングなので、その時なら100万円単位で突っ込んでも良さそうな気はします。

ただ、仮想通貨は儲かったお金の余剰資金を使って更に資金を増やす投機、ギャンブル、ねずみ講だと思っていますので、出来れば少額を増やして大きくしていくほうがあってそうですし、ある程度ロングで結果を出したら空売りショートもやる予定なのですけど、暴落する際のチャートの落ち方は尋常ではない速度なので空売りショートの方がより儲かりそうなのが仮想通貨。

リップルも現在攻防中の70円のサポートをガンガン割ってくれると嬉しいんですけど、ビットコインの80万サポートが割れるかどうかなので、大口さんにはガンガン割ってほしいです。

よろしくお願いいたします。