Blog MiMi

2019年7月19日
から admin
京都アニメーションの爆破事件で理解するガソリンの怖さ はコメントを受け付けていません。

京都アニメーションの爆破事件で理解するガソリンの怖さ

スポンサードリンク



ちょうど、昨日、どうみても頭のおかしい人でしょうけど、身勝手な犯人による京都アニメーション爆破テロ事件が発生して一日経過しましたが、そのあまりの悲惨な状況から、今でもショックを受けている人も多いと思いますし、世界でもトップクラスのアニメクリエイターの人材が一瞬で30人以上も失われてしまっているので、人類的に見ても相当な損害が発生しています。

京都アニメーションの第一スタジオの鎮火は完全に終了したようで、京都府警が今日から捜査本部を立ち上げて、本格的な捜査を行うらしいんですけど、この事件を日本のメディアの多くが火災として報道しているからなのか?、一般的な火災と勘違いしている人も多いようで、建物の螺旋階段が悪いとか、京都アニメーションの管理が悪いとか、避難経路とかってなってました。

普通の火災ではなく、どう見ても40リットルのガソリンを使った凶悪な爆破テロ事件なので、そのように報道した方がわかりやすいのではないか?と思うんですが、何故か火災として報道されているので、避難経路があれば助かったとか、屋上のドアが空いていれば助かったとか、そういった意見も多いんですけど、ガソリンを室内で爆破させた時点で、殆ど意味がありません。

ガソリンを扱ったことがある人ならご存知でしょうけど、揮発したガソリンは少しの火花でも引火すると大爆発を起こしてしまい、殆ど爆弾と同じような扱いになってしまいますので、相当厳重な管理の元使うのが常識になっていて、車のエンジンオーバーホールの際は大量のガソリンを使って洗浄を行いますので、それを何度も見ている私としてはいつも震えていました。

 

 

京都アニメーションの爆破事件で理解するガソリンの怖さ

避難訓練とか、避難経路があればとか、避難はしごがあれば、といった意見も沢山出ていますけど、密閉した建物の中で40リットルのガソリンを撒き散らして火をつけると、車のエンジン内部のような気化爆発状態になり、大爆発を起こしますから、その時点で衝撃波、熱風、有害な煙などが発生し、割れた窓から酸素を取り入れつつ、それらが凄い勢いで広がっていきます。

何かの訓練をしている人なら別でしょうけど、デスクの前に座ってクリエイティブな仕事をしている人であれば、何が起こっているのかすらわからないまま、凄い勢いで真っ黒な煙が室内をい一斉に覆いつつ、熱風や衝撃波が室内で発生して、可燃性のものを一気に燃やしながら火災が発生するので、普通の火災とは異なり、完全に爆破テロの被害にあっているので無理なのです。

唯一、助かった方法としては、窓ガラスをぶち割って、骨折覚悟で2階、3階から飛び降りていれば、なんとか助かったのかもしれませんし、避難はしごがあったとしても、建物内の火の回り、煙の回りの速度は凄まじく早いので、みなさんが並んで避難はしごを出して準備している際に、煙にやられてしまってそのまま倒れてしまいかねませんので、火災とテロは全然違います。

実際に私は室内でガソリンが爆発して、それに巻き込まれた経験はありませんが、エンジンオーバーホールを行う際には、洗浄で使う大量のガソリンが引火したらどうなるのか?、その注意点や危険度を専門家の人から何度もご教授頂いているので、建物内で意図的に40リットルのガソリンを爆発させたら、もう普通の避難とかそういったレベルの対応では難しいと認識してます。

 

 

殆どの日本人はガソリンの爆発の怖さを知らないのか?

今回の京都アニメーションの火災ではなく、映像を何度見ても海外ではよく行われている爆破テロとしか言えない、事件を見て思ったのが、ヤフーのサイトのコメント欄を見ても、ガソリンの危険性とか爆発する性質を全く知らない人が日本人には圧倒的に多いのでは?としか思えなかったのですが、平和ボケしてどこでも入手できるガソリンですから、仕方ないかもしれません。

これに関しては、ガソリンが爆発したら怖いと言っても、火をつけたら灯油や食用油のように燃えるだけでしょう?って勘違いしている人も多く、普段、車の燃料として使うのであれば、ガソリンスタンドでタバコを吹かしながら給油する人はいないでしょうし、普通に使うのなら全く危険性はありませんから、仕事でガソリンを使う人以外への理解は難しと思いました。

ただ、今回の京都アニメーションの第1スタジオ爆破テロですけど、この事件により、ガソリンに火をつけたらTNT爆弾と同様の効果が発揮できると、多くの人に認識されてしまったので、これを悪用して、頭のおかしい人が似たような爆破テロ事件を起こすとか、山手線の中で自爆テロでもやられたら、電車が吹き飛んでそれは凄まじい被害になるので、心配になりますね。

そういった事情もあり、爆破テロって言葉をメディアが使わず、火災って言葉を使っているのかもしれませんが、映像には記録されていませんが、最初にガソリンに火をつけた際に、大爆発が発生して、第1スタジオのガラスは吹き飛んでいるはずのですし、そこから煙や熱風、炎が一斉に建物内で広まって大火災になっているのでしょうから、どう見ても爆破テロですよね。

 

 

3階から屋上への階段で19人の人がお亡くなりになった理由

ヤフーのサイトを見ていると、1階では2名、2階では11名、3階では19名の社員の方がお亡くなりになっていたとのことですが、上の階に行くほど犠牲者が増えていて、更には階段で多くの人が倒れていたらしいんですけど、この類の爆破テロによる火災の場合、階段は使ってはいけないってのは常識的な話なんですけど、普通の人はそんな事は知らないので上に逃げますね。

何故、階段が駄目かといえば、1階で40リットルのガソリンを爆破させた場合、煙、熱風、炎等が大量に移動できる階段から一気に上昇しながら移動することが殆どなので、この類の爆発の場合は、下に逃げるのが生き残る基本なんですけど、こんな話は実際に爆発物を使う仕事をしている人でもない限り、普通はしならないので、テロ被害の対策は殆ど不可能なのです。

普通の人であれば、火災なので屋上に避難すれば、けがをすることなく煙や炎から逃げれると思うのは当たり前ですから、階段を登って上に避難しようとするんですが、それ以上に煙の移動速度は速く、これは普通の煙ではなく、有害物質を大量に含んだ黒い煙なので、視界もなくなり呼吸もできなくなり、この煙を吸い込むとあっという間に人間はその場に倒れてしまいます。

結局、骨折覚悟で窓ガラスをぶち割って急いで建物内から出るって分かっていても、普通の人はそんな事は簡単には出来ませんし、既に建物内は一階ではガソリンを体に撒かれて犯人に火をつけられたひとの凄まじい悲鳴、爆発音等聞こえていて、パニック状態になっていたでしょうから、これで避難経路とか、スプリンクラーとか消化器とかってなっても、全く意味がない訳です。

 

 

今回のような爆破テロを防ぐにはどうすればよいの?

今回のような悪質な爆破テロについては、犯人を近寄らせない、テロ実行をする前に無効化する以外の方法はなく、防火扉があっても、スプリンクラーがあっても、それを使う前に爆発による煙や炎が室内を一斉に駆け巡りますので、有効な対策というものはなく、それで海外でも空港などでは軍隊を動員して、未然にテロ行為を防いでいるので、それしかないと思います。

一度でも、爆破テロを実行されてしまうと、もう爆発しているガソリンが完全に消滅するまで、更にはその影響で燃えている建物内の可燃物が灰になるまで、普通の人には逃げる以外の方法はありませんので、階段は絶対に使わず、窓ガラスをぶち破って外に飛び降りないと、そのまま室内にいても周囲がパニックになってどうにもならないし、身動きが取れなくなりますね。

いつもなら、第1スタジオは一般的な日本企業が行っている電子ロックを採用していて、専用のIDキーが無いと建物内に入れない仕組みになっていたらしいのですが、本当かどうかわかりませんが、NHKの取材があるとかで、この日は電子ロックのシステムを完全に停止していたらしく、それで犯人がハンマーでドアを壊すことなく、建物内に侵入できたと報道されていました。

これが本当なら、電子ロックシステム自体に意味がなく、普通の会社はゲスト用のIDキーを訪問者に貸し与えて、それで特定の電子ロックを解除させるような仕組みをとっているので、会社側の電子ロックの運用に重大な問題があった可能性も無いとは言えなくなりますし、もし電子ロックがあり犯人がドアを壊していれば、その間に避難出来ていたかもしれないと思うと残念です。

TNT爆弾などの爆発物やガソリンを40リットル持ちこんで、建物内で爆発させようと思っても、エントランスのドアが電子ロックで開かない場合は、犯人は持参していたハンマーで叩き壊すしかなく、その間に不審に感じた社員の人は警察に通報したり、避難勧告を全社員に伝えて、爆発前に屋上に逃げるとか、裏口から避難するなどの方法が取れたかと思うと苦しくなります。

京都アニメーションの作品はクオリティーは世界でもトップクラスで、ストーリー、キャラクターの表情等も素晴らしい作品が多く、私も殆どを見てきました。

報道では、多分犯人に直接ガソリンを撒かれた社員の人だと思いますが、性別すらわからない被害者もいるらしく、恐らくは炭化してしまうくらい悲惨な死に方をしたと思うと言葉も出ないんですが、システムを完全に停止させるという行為は、通常はやってはいけない行為になるので、誰か一言、事前にこれを会社側に助言できる人がいたらと、胸を痛めて妄想しています。

現在も大やけどで大変危険な状態の人も多いと報道されていますので、なんとか回復して頂けるとよいのですが、病状が回復しても、大やけどの傷跡、後遺症等は凄まじいと聞いていますし、背中に大やけどをおった友人はそれに苦しんでいたようでしたが、それ以上に多くの同僚がお亡くなりになっており、今後のPTSD等、相当なケアも必要になるので、言葉が出ません。

2019年7月18日
から admin
京都アニメーションでテロ事件|死者30人以上で酷すぎる はコメントを受け付けていません。

京都アニメーションでテロ事件|死者30人以上で酷すぎる

今月も、Googleの検索アップデートが行われていて、今回は特に金融系の記事が対象になって、ブログやサイトが圏外に飛ばされたって人が沢山いるようですが、暫くブログは放置してアクセス数がどうなるのか?のデータを採取しようと思っていたんですが、本日、京都アニメーションで爆破テロがあり、死者30人以上で、多分これから更に増えそうな位の事件が発生しました。

それで、ブログの更新の再開をしようかな?と思ったんですが、京都アニメーションといえば、世界でも屈指のアニメ制作会社の事で、その品質の高さ、コダワリの高さから日本だけではなく世界的に名前が知られていて、アニメに興味がなくても、涼宮ハルヒとからき☆すたとか、氷菓とか、クレヨンしんちゃんとか、多分、どれかは知っているのでは?というくらい有名です。

クレヨンしんちゃんとかドラえもん等は、自社制作ではなく外注の下請けとして制作しているアニメですけど、最近では京都アニメーションしか作れないと言われている、自社制作で高品質のアニメーションが涼宮ハルヒの憂鬱以降、連発していて、たまこまーけっとはちょっと疑問があるかもしれませんが、京都アニメーションなら間違いないって言われるくらいでしたね。

今回の京都アニメーションのテロ事件ですが、最初は火事とか放火とかって報道がされていて、死者も1名だったんですけど、連絡が取れない行方不明者が30人位いるとか、助かった人も軽傷や重症ではなく、報道機関では極めて危険な状態を示す「重体」の用語が使われていたのと、第1スタジオが爆発した動画をネットで見たら、これはもう即死に近いのだと感じました。

 

 

京都アニメーションでテロ事件|死者30人以上で酷すぎる

これ、報道では火災とか放火って表現を使っていますが、気化したら爆弾並みの破壊力があるガソリンを40リットルも使用しているらしく、それを京都アニメーションの第1スタジオの床にバラまいて、チャッカマンで火を放っている訳ですから、普通に考えたら大爆発を起こすのは普通の教育を受けた日本人ならすぐに分かるんですけど、犯人はわからなかったんでしょうね。

それで、包丁も5本くらいカバンに入れて、京都アニメーションの第1スタジオの廊下に火をつけて、玄関を塞いでから社員が逃げれないようにして、刃物でめった刺しにする予定だったのでしょうけど、ガソリンの爆発の破壊力を知らなかったので、犯人は自分まで全身大やけどをおってしまい、それで現場から逃走をしたのはよいけど、付近の民家の前で倒れたらしいです。

もう、この犯人は頭が悪すぎるとしか言いようがないんですけど、恐らく、自分が想定していない大爆発が発生し、凄まじい熱波と煙が3階建ての建物全体にすごい速度で広まっていき、アニメの制作スタジオですから燃えやすい可燃性のものに次から次から引火してしまい、社員の方は何がおこっているのか分からないままお亡くなりになってしまった人が沢山いる状態です。

以前、アフリカかどっかで、ガソリンを満載したタンクローリーが横転した際に、周囲の住民たちがガソリンを集団で盗んでいたところ、気化したガソリンが爆発してしまい、周辺一帯が火の海になって大爆発でガソリンを盗んでいた相当な数の人がお亡くなりになりましたが、これは気化したガソリンの恐ろしさを全く知らないからこのような死亡事故になってしまいます。

スポンサードリンク




 

 

スプリンクラーや防火対策をしても無理なのを知らない?

ネットでヤフーを見てみると、京都アニメーションのテロ事件がトップで表示されていて、相当な人がコメントを書いていましたが、スプリンクラーを取り付けるのを義務付けるとか、防火対策を徹底するとか、そんな感想を書いていましたけど、それらは通常の失火対策であり、テロに該当する爆発物を使用した火災には全く意味がないので、対策方法には該当しません。

ガソリン40リットルも付近にバラまいて、それが気化した状態で火をつけるとどうなるのか?、本当、爆弾が爆発したのと変わらないくらいの衝撃波、熱風、有害な煙等が発生して、天に上るように火災が発生していきますし、建物のガラスは全て瞬間的に吹き飛ばされてから、あっという間に高温の熱風が広がり、付近にいるだけで人は焼け死んでしますので防げませんね。

通常の火事ではなく、イスラム国がやっているような、爆破テロに該当する犯罪行為ですから、対策方法は安倍晋三さんを護衛しているSPのように、爆発物や不審者を制圧する専門技術を持っているプロフェッショナルな警備員で、建物内に近寄らせない方法しかなく、万が一爆発をした場合でも、普通の一般人であれば、気がつく前に煙や熱風で死んでしまうので無意味です。

この京都アニメーションに対する爆破テロですけど、あまりに悲惨で、現時点で死者が33名、死亡の恐れがある重体を含めた被害者が17名ですから、もし、大やけどから回復できない社員の人がいれば、いつどうなるか分からないので、なんとか回復していただきたいところなんですけど、皆さん、好き勝手にいってますが、今回のテロ事件を防ぐのは不可能だったと思います。

 

 

イスラム国の自爆テロみたいなものなので防ぐには無理

イスラム国の構成員が、爆弾テロをよくやっていますが、それと同じで民間企業で完全に防ぐのは不可能ですし、海外では軍人が警備している空港ですら自爆テロで吹き飛ばされている位ですから、今回の悲惨な事件は防ぐのは難しかったのかもしれませんが、京都アニメーションは地方にある地元密着の会社なので、地元の人が気がついてくれると良かったかなと思います。

なんでも、地元の人が不審な赤い服を着た男を数日前から見ているって話しているらしく、京都アニメーションの社長さんも、最近は殺人予告が頻繁に届いていたってメディアに話していたので、危機管理に詳しい人が社内にいれば、唯一、なんとかなったのかもしれないかな?と思うと、今回の悲惨な事件はやるせないものがあるんですけど、本当に余りに酷すぎる事件です。

京都アニメーションの作品は殆ど見ていますけど、どれも大変素晴らしく、神と呼ばれるくらいの作画技術、キャラクターの表情、キャラクターの動き、演出の素晴らしさ、どれをとっても日本だけではなく、世界でもトップクラスの技術とセンスを持つアニメ制作会社になりますので、今回の悲惨な事件で潰れてしまうのではなく、なんとか未来につなげて欲しいですね。

涼宮ハルヒの憂鬱から始まり、氷菓、中二病でも恋がしたい!、その他書こうとすると、京都アニメーションの自社制作作品全てを書かないといけなくなるので、この辺にしておきますが、他では作ることが出来ない素晴らしい作品を京都アニメーションが今後も制作してくれること、お亡くなりになった方に対してはご冥福をお祈りしつつ、今後を見守っていきたい所です。

2019年7月1日
から admin
2019年3月の検索アップデート後にブログを放置した結果 はコメントを受け付けていません。

2019年3月の検索アップデート後にブログを放置した結果

今年の2019年3月に大きな検索アップデートがGoogleにて行われ、その後の4月にも同様の大型アップデートが行われた際に、私が好き勝手書いているこのブログもかなりの影響を受けてしまい、アクセス数が激減して20分の1くらいまで、落ち込んでしまった訳ですが、理由は簡単で、健康や病気などに関わる記事コンテンツが沢山あると、検索エンジンから駆除されてます。

個人的に、健康についても病気についても、アフィリエイトで何かを売りたいとかではなく、自分の経験談を書いているだけなのですが、そのような事情など関係ないらしく、実際に本物の医師や看護師、医療関係者であっても、個人的なブログで健康、健康食品、病気等について書いていたブログについても、一斉に排除されてしまったようで、皆さん大変なようですね。

健康ジャンルと言えば、2017年までは超がつく花形ジャンルになっていて、ブログを初めて一年で200万円売り上げましたとか、そんな感じのブログを沢山見かけたものですが、今だと、更新が2017年で止まっていたり、ブログ自体が完全になくなっていたり、健康ジャンルに全リソースを注いで居た人たちは、2018年以降、まあ、営業できなくなってしまった状態のようです。

 

 

2019年3月の検索アップデート後にブログを放置した結果

私のブログのアクセスログを分析してみると、この好きなことを書いているブログと健康ジャンル特化型ブログだけが、健康アップデートの対象になってしまったようで、それ以外のブログについては、これまでのGoogleのアップデートでも、全く影響がない状態になっていますので、明らかに健康系の記事コンテンツがあるブログだけが対象になっているがよく分かります。

2019年3月、4月で健康系ジャンルのブログやサイトは致命的なダメージを受けてしまい、検索圏外まで飛ばされてしまったと聞いていますが、私のブログのデータを見る限り、少しずつ、数年に渡って、Googleがアップデートをする度に、特定のページが検索エンジンから除外されてしまっているのが分かるので、いきなり2019年3月でダメージを受けた訳ではありません。

少しずつ、アフィリエイト目的でデタラメな記事を書き、高額なアフィリエイト商品を売りつけようとしたり、他人の記事をパクッてボロ儲けするなど、問題だらけだった健康系のジャンルから、そういった如何わしいブログやサイトを駆除する訳ですから、それに巻き添えになるのは仕方がないことでしょうけど、事前に対策方法はあった訳ですから、まあ、自己責任ですね。

 

 

2019年4月以降のアクセス数と昨年から減少した売上

それから、このブログの更新はあえてしないようにして、アクセス数の変化を調べていたんですが、4月、5月、6月と、更新を放置していても、3月4月に激減したアクセス数をそれ以上に下回ることはないようなので、そろそろ、健康アップデートの対象になっているであろう、健康ジャンルに該当する記事コンテンツを削除するか、修正したほうが良いのかな?と思ってます。

元々、このブログはアフィリエイト目的ではなく、自分が好きなことを書いていただけなのですが、とある理由でAdSenseを貼り付けてみた所、想像以上の売上になっていたので、それからはAdSenseも貴重な収入源の一つと識別できるようになり、結構いい感じだったんですけど、このブログのAdSenseの売上は激減してしまい、95%以下になってしまったような気がします。

放置していても、AdSenseの売上はアクセス数に連動している為、回復することもなさそうですし、回復しないと結構な損害になっているので、他のブログの更新でその穴埋めもそれなりに実現しているものの、数字は正直ですから、せめて以前のアクセス数迄回復させて、それでAdSenseも少しずつ回復させていきたい所なんですけど、それをするには健康ジャンルを排除です。

 

 

そういや仮想通貨とか金融系もアップデートの対象?

2017年までは花形だった健康ジャンルについては、既に壊滅的な状態になってしまっているので、正式な医師のブログでさえ個人ブログであれば排除される状況ですし、2017年まではニキビとか脱毛とか、検索エンジンの仕組みさえ知って入れば、想像以上の売上を出すことができましたけど、今後、新規の人が入って来れるような状況ではないので、もう終わったジャンル?

別にアフィリエイト目的とか、売上目的ではなく、個人で好きなブログを書けば良いって人もいるかも知れませんが、そもそも、医療法人や企業のサイトでもない限り、健康ジャンルの内容の記事があれば、検索エンジンから排除されてしまって、誰も見てくれないプライベートブログになってしまいますので、それだったらブログを書く意味すらなくなってしまうのが現実。

医療系以外でも、仮想通貨とか株とか、金融系が主体のブログやサイトも健康アップデートと同様に、検索エンジンからの除外対象になっているらしいのと、今後本格的にこのジャンルもアップデート対象になるとの声が大きいですから、それらもまとめて修正しないと意味がなさそうなので、時間をかけてゆっくりと過去のコンテンツを修正していくことになりそうです。

まあ、検索エンジンからのアクセス流入に関しては、完全にGoogleに依存しているので、検索アップデートに関しては、何がおこっても仕方がないですね。

よろしくお願い致します。


誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク