Blog MiMi

2017年8月23日
から admin
0件のコメント

トイレの水が流れない問題解決|INAXフロートゴム玉PK-TF-10R-S

こんばんわ。

ブログMiMiです。

 

今日の午前中の話、水槽の水換えをしていて水槽から吸い出した水をバケツに入れていつもトイレから下水に流して処分しているんですが、いつも通りに水槽の水と一緒にトイレの水を流そうとしてレバーを引いた所、スルッとレバーが回って水が全く流れない状態なったので、これはレバー周辺が壊れたなと気がつくことになりました。

トイレの水を流すレバーを引いて全く反応しない場合は、大抵がタンクの中に設置されているフロートと呼ばれている風呂の栓のようなゴム球か、それをレバーから接続してる鎖が破損している状態ですから、これを交換すれば元通りにトイレのレバーが使えるようになりますので、最初にやるべき事はトイレのタンクの中を確認します。

最近は高級マンションなどではタンクレスのトイレも出てきているようですが、私の部屋にあるトイレは普通のタンク付きの奴なので、早速タンクの上にあるパーツを取り外してから中身を見ると水を流すレバーとフロートゴム球を接続している鎖が外れていて、どうやらゴム玉の部分が経年劣化をして破損しているのようですね。

日本のタワーマンションでは普通は汲み取り式のトイレはないと思いますので、殆ど100%が水洗トイレだと思いますから、トイレのレバーをひねっても水が全く出ない状態で、レバーがとても軽く動く場合は先ず、フロートゴム玉と鎖が外れてしまっていて、交換しないといけない状態になっていると思ったほうが良いかと思われます。

 

 

管理事務所に電話をして無料で修理可能か相談してみた

それで、流石にトイレの水が流せない状態はかなり困りますので、早速管理事務所に電話をしてみたら、受付のおばちゃんが対応してくれましたので、状況を説明して私の不注意で破損させたわけではなくて、経年劣化による自然破損なので、今回のトイレの水が流れない問題は無料で修理してくれないか?と相談してみることにしました。

おばちゃんが話すには、基本的には入居者様の自己負担で修理対応になるので専門業者に確認するらしいのですが、本部の上司に確認を取り管理会社側で費用負担できるかどうかを念のため確認していただくことにしたのですが、しばらくして管理事務所から連絡があり、やはり修理代は入居者様のご負担になりますとのことでした。

一応、結構家賃も払ってきて普通のその辺のマンションが購入できるくらいの家賃をこれまで払ってきているので、自然劣化な破損ついて別に入居者負担ではなくて管理会社側の負担でも良いのではないでしょうか?と確認をしてみるとおばちゃんが再度上司に確認しますと本部に相談をしてくれたのですが、結局は入居者負担らしいです。

 

 

入居者様が修理をしても問題ないのでお願いします

私の経験上、トイレの水回りの修理についてはとんでもないボッタクリ業者がいるのを知っていますし、部品代が1000円位の簡単な修理交換をするのに専門御者を呼んで数万円の修理代金を支払うのももったいないですから、自己負担で修理するしかないのでしたら部品だけでも原価で購入できませんか?と相談するとあっさり無理とのこと。

ただ、入居者様がご自分で修理部品を購入して修理するのは問題ありませんし、退去時にも特に何もしなくても良いので、ご自分でメーカーや型番等を調べてから修理部品を購入して修理をお願いしますと言われましたので、おばちゃんには悪いんですが、これだったら最初から自分で修理をしておいたほうが良かったかな?と感じました。

早速トイレのタンクの中にあるフロートゴム玉を自分で修理できるかと思ったんですが、鎖と結合されている部分が完全に壊れているので、これを再度鎖と結びつけるのは難しいでしょうから、部品ごとアッセンブリーで交換をすることになるのですが、果たしてこの部品は何処で探せばよいのか?、Amazonで探してみることにしました。

 

 

INAXとTOTOのフロートゴムは構造が違うらしい

日本の大手のトイレメーカーと言えばTOTOとINAXですが、Amazonで色々と調べてみるとどうやらINAXとTOTOのフロートゴムは全く構造が違うらしくて、多分特許何かの関係で同じ構造のタンクが作れないので、オリジナルの面倒な構造になっているのではないかと思いますけど、私のトイレのタンクはINAXと書いていたのを確認。

それで、INAXのフロートゴムをAmazonで調べてみると、どうやら55ミリと65ミリの2種類があるらしく、この大きさを間違えると使えないらしいのですが、トイレのタンクの型番を調べても全く同じ型番が資料に書かれていないのですが、こういった場合に自分の型番を探す時は最初の英語と数字の型番のみで調べるのが基本になります。

具体的にはDA−840FD-Aって型番だったとすると、マンションがまとめてロット買いする時に特殊な番号を振っている事も少なくないので、この型番全てで完全一致でINAXの適合タンクの型番を調べても利用できるフロートゴムがわからないのですが、この場合はDA-840の部分のみで検索をすると案外すぐに利用できる型番が分かります。

スポンサードリンク



 

 

Amazonで購入すると今日は届かないのでビバホーム

私のトイレのタンクの型番の最初の英字と数字だけで調べてみると、どうやらフロートゴムは55ミリのバージョンが適合するらしく、Amazonで調べてみるとLIXIL(リクシル) INAX 取替用フロートゴム玉(小) 55mm TF-10R-Sって870円位の交換パーツがそれに該当するようなので購入しようか迷ったんですが、2000以上送料無料です。

また、今日すぐに欲しいんですが、Amazonプライムに入らないと当日配達はしてくれないようなので、困った時のビバホームという訳で、近所のビバホームに電話をしてみると、対象のフロートゴムの交換部品は若干在庫がございますとのことでしたので、その場で取り置きをして頂き、今日中に引き取りに行くことになりました。

流石にトイレの水が週末まで流れない状況は大変困りますので、こういった時に室内にトイレが複数あるマンションが便利だな?と思ったりもしたんですが、10年間に1回あるかないかのトラブルですから、そこまで心配する必要性もないのでしょうけど、ビバホームに行けば今日中に交換パーツを購入して修理ができるので一安心ですね。

 

 

INAX 取替用フロートゴム玉(小) 55mm TF-10R-Sを購入

ビバホームに行ってみると、店員さんが交換用のパーツを取り置きしてくれていたので、それを引き取り購入することになったんですが、価格が1200円くらいだったのでAmazonで購入するよりもかなり高い金額になっているのは仕方がないとして、Amazonの販売価格が異常に安くて日本の小売業を圧迫しているのがよく分かります。

ビバホームの店舗でフロートゴム玉の55ミリと65ミリを一応手にとって調べてみると、大変良く似ているんですが、鎖の部分のデザインが若干違うのと、下から見た時にゴムの大きさが全然違うデザインになっていますので、どちらを購入するかわからない時は下側の部分を写真に取ってからホームセンターに行くと直ぐに分かります。

早速、購入して持ち帰りトイレのフロートゴムの交換をしようとしたんですが、トイレのタンクに水を供給するノズルのノッチをマイナスドライバーでひねって水が入っていかないようにするのは分かるんですが、あまりに長期間触っていないので、完全に固着してしまって家庭用のマイナスドライバーでは回せない状況になっていました。

 

 

水の流れを停止できない状態でフロートゴムを交換する方法

トイレのタンクに水を供給するノズルのノッチを回して水の供給を停止出来ない状態ですので、これでは破損したフロートゴムを引っこ抜いた瞬間、永年に水がトイレのタンクに入ってくる状態になりますから、フロートのプラスチックを紐でくくって動かないように固定してみると、タンクの中に水がはいってこないことが確認できました。

後は手を突っ込んで壊れたゴムのフロート玉を引っ張り出して、新しいパーツに交換するだけなんですが、INAXのフロート玉の交換はゴムの先端から白いプラスチックの棒が10㎝ほど伸びていて、これをトイレのタンクの穴に突き刺す構造になっていて、壊れたゴム玉を抜くのは何とか出来るんですが、新品を差し込むが結構面倒でした。

こういった部品の交換は力任せにやってしまうと完全にトイレのタンク一式を破壊します恐れがありますので、上手く交換部品が穴に入らなくても焦らずに根気よく優しく交換作業をしていくとその内スルッとはいっていきますから、作業自体は簡単なんですが、上手く行かない時は一旦落ち着いてコーヒーでも飲んでから作業をしましょう。

 

 

滅多にないけど壊れるとたいへん困るのがトイレのタンク

トイレのタンクのフロートゴム玉が破損することは滅多になくて、なんでも耐用年数は10年位持つらしいんですけど、稀に突然壊れるとトレイの水が流れない状態になりますから大変困ると思いますし、お客さんがトイレを使っていて突然壊れるとかなり嫌な思いをさせることになりますので、出来れば事前に交換修理をするのが最適です。

多分、女性の方がトイレを使っていて、突然水が流れなくなると困るどころではなくなるでしょうから、フロートゴム玉が破損する寸前にどのような症状が出ていたかをご説明したいんですが、稀にトイレの水がちょっとずつ自然に勝手に流れるような状態になっていたので、そのような症状が見られたら事前交換がお勧めになります。

修理自体はとても簡単なんですが、部品の入手ができないと簡単には修理ができないこともありますし、これって修理業者に依頼をすると数万円位の費用を請求させることになりますから、そんな無駄なお金を使うくらいなら、1000円位の部品を自分で交換すれば5分もあれば全て完了するのでDIYで修理交換をして幸せになりましょう。

トイレの水が突然流れなくなったら相当焦ると思いますので、事前にいつもと違う点があれば、タンクの中の点検をしてみるのも良い方法です。

よろしくお願いいたします。