Blog MiMi

難しい問題解決 ブログミミ

2016年12月7日
から shimakawa
まとめサイトのシステムと暴力団の共通点|無能な人 はコメントを受け付けていません。

まとめサイトのシステムと暴力団の共通点|無能な人

こんばんわ。

ブログMiMiです。

本日も、朝からとても天気が良いので大変気分も高まるのですが、先日母親から頂いた手製のお手玉のような健康器具を使って肩こりや疲労感、目の疲れが速やかに取れるようになりましたので、このまま目の不具合も無事に回復してくれると良いのですが、世の中には便利な道具があるものですね。

そんな訳で、以前よりもリラクゼーションを簡単に高めることができるようになりましたので、気分良くネットでサイトを閲覧していたところ、まとめサイトの各種犯罪行為がここにきて取り上げられているようで、著作権法違反を堂々と行って荒稼ぎをしている企業倫理が問われる感じでしょうか?

 

まとめサイトの無法状態はあまりに酷い

ここ最近、ネットで検索をすると、やたらまとめサイトに該当するコンテンツがヒットされるようになってきているようで、色々な関連する情報を一まとめにしていますから、利用者からすれば他を探す手間が省けた状態になっているのかもしれませんが、これらは大抵無断で複製されたコンテンツである事が殆どです。

運営会社はまとめサイトのシステムだけを用意しておき、そこにネットの広告を貼り付けることでまとめサイトに投稿をしたユーザーに対して、アクセス数に対して現金で報酬を支払うような仕組みになっているため、そのお金を目当てにして沢山の人たちが集まります。

その結果として、法律や企業倫理等を全く理解していない状態で、大量のまとめコンテンツを製造しているのが現状ではないかと思いますし、これらのまとめサイトのシステムを運用している企業に倫理を求めても、日本の法律があまりに時代遅れな現状もあり、あまり意味がないのが現状だと思います。

 

素人が簡単にお金を稼ごうとするとどうなる?

当然ながら、何の知識もない教育も受けていない素人が集まると、法律を無視した違法なコンテンツが大量に生み出されることになり、多くのコンテンツをシステム的用意できるドメインの効果も発揮しながら、他人のコンテンツを無断で転用したコピーコンテンツを作ってお金を稼ごうとする人がでてくる訳なのです。

実際それで、相当な迷惑をしているオリジナルのコンテンツの著作権者も沢山いるでしょうし、まとめサイトの運営会社からのアクセス数に対する報酬を目当てにしている安易な気持ちでお金を稼ごうとしている加害者側の人たちは更に多く存在していると思われます。

基本的に、加害者側は無断転用ではなくて、大抵は引用として他人の文章や写真を利用しているだけだと主張することが多いのですが、誰がどう見ても引用の範囲を大幅に超えているような状況ばかりですし、オリジナルの権利者が見てまとめサイトに無断で使われた自分のコンテンツを引用と認めることはまずありません。

 

暴力団のシステムとよく似ているまとめサイト

そういった人たちは、まとめサイトのシステムを使わずに、自分たちのブログでコピーコンテンツを作ればよいのでは?と思う人もいるかとは思いますが、実際に既にそういった違法なサイトやブログを運営している輩も沢山いるのが現実ですし、いまだに量産している間抜けな輩も沢山います。

しかし、大抵はそれらのサイトやブログは権利者に見つかって直ぐに潰されてしまいますし、加害者側が無視をしていても今ではGoogleに苦情を入れると、検索圏外に放り出されるので、大資本の大手まとめサイト運営会社がケツ持ちをしている、各種まとめサイトを利用する流れになる感じでしょうか?

スポンサードリンク




個人でやると潰されてしまうような如何わしい商いであっても、バックに暴力団がついていれば、上納金を収めることを条件に傀儡政権のごとくその如何わしい商売を続けることができて、ケツ持ちの暴力団に上前をはねられながらも才能がない人でも稼ぐことができるのがまとめサイトの仕組みそのものかな?

結局はまとめサイトを運営している企業が厳密に法律を厳守した運営をしていき、お金目当てに集まってくる利用ユーザーに一定の教育を施していけば、今のような無法地帯にはならなかったのでしょうけど、そんなことをしたら利益になるどころか赤字になるでしょうから、まず現実にはやらないのでしょうけどね。

 

まとめサイトの仕組みと暴力団の共通点

既に書きましたけど、よくあるまとめサイトの仕組みと暴力団の仕組みには良く似た共通点があり、それはある分野で資金や力のある組織がバックにつくことで、個人では出来ないとか簡単に潰されてしまう、社会的にもよろしくない商いをグレーゾーンを謳ってすれすれの所で実現させてお金を稼ぐところにあります。

更に両者の共通点は、資金や力のある組織はシステムを用意したり、何かトラブルが発生した際にケツ持ちとして対応する位であり、お金を稼ぎたい能力が低い人たちをより多く使って、違法なことや違法と取れるような事を行わせて、延々と一人入れ替えたりしてお金を稼ぐシステムを作っている点になるでしょうか?

普通に考えて、常識や才能ある人たちがまとめサイトに投稿したり、まとめサイトを運営したりすることはありませんので、結果的にそうなるだけの話です。

もし、法律や常識を一番理解してあるであろう、法律事務所がまとめサイトに他人のコンテンツをパクって無断転用を行い、そこで法律上問題がないので自分たちは間違っていないと堂々とお金を稼いでいるのでしたら、そんな事もないのかもしれませんが、まずそんなことはありない話になります。

 

結局は胴元が儲かるシステムの転用

基本的な話として、まとめサイトも暴力団も、その胴元が儲かるようになっていて、胴元のお金の流れを全く理解していない無能な人たちが自分たちでも楽に稼げると錯覚して次から次から用意されたシステム内で違法な事をやってお金を循環させているのがこの類のシステムになります。

何かトラブルがあれば、手下が無能だから勝手にやっただけと主張して、その手下をかばうことなくバッサリと切り捨てるのもよく似ていますね。

そこで出てくる反論が、別に誰も損をしていないのだから、それくらいいいだろうとか、無断転用ではなくて引用の範囲内だからいいだろうと言った勝手な加害者側の主張が多くあるとは思うんですが、大量にまとめサイトが無断転用をすることにより、オリジナルの権利者には機会損失が発生しています。

これについてどうなのかと問えば、具体的に回答できる加害者は大抵いませんので、結局は、法律を守って真面目にコンテンツを用意している人に損をさせて、その利益を自分たちが堂々と違法に集約して、その一部を無知な手下どもに分け与えるシステムの根本を潰さないとどうにもならない感じでしょうか?

ただ、今は異常ですけど、今後はどうなるか分かりませんし、環境が変われば巨額の損害賠償が請求される事態に発展する可能性もない訳ではありませんので、ネットでお金を稼ぎたいのであれば、オリジナルで自分の文章を書いたり、オリジナルのイラストや写真を評価できる能力を身につけておいたほうが良いですね。

よろしくお願いします。