Blog MiMi

2019年1月11日
から admin
仮想通貨ビットコインキャッシュやっと13500円割れるか? はコメントを受け付けていません。

仮想通貨ビットコインキャッシュやっと13500円割れるか?

スポンサードリンク



昨日の夜間くらいに仮想通貨ビットコインが暴落を初めて、鉄壁だった41万円を割って39万円まで落ちてしまっていますが、それに連動してアルトコインのビットコインキャッシュも17000円を割らなかったのにいきなり14000円割れまで落ちているので、そろそろ昨年12月20日から落ちてくるのを待っていた13500円割れまで落ちてきそうな雰囲気になっているようですね。

昨日の17000円から一気に14000円割れまで落ちていったのを見ていると、大口の無理感がやたら強かったんですが、一度14000円を割ったものの、サポートで跳ね返って14000円代に戻ってヨコヨコをしているのですけど、これで昨年12月20日以降に現物を飼っている人、ロングのポジションを持っている人は全員が含み損になっているので、大口の計画通りなんでしょうね。

昨年の12月18日位から9000円から30000円まで一気にブチ上げて、その後は一度15000円まで落ちていったものの、強烈な買いが入って結局は持ち直してしまい、昨日の暴落まではチャートメイカーの大口がなんとしてもビットコインキャッシュが17000円を割れないように、現在のチャートを描くように調整していったのかと思うと、大口心理の予測が良さそうです。

 

 

仮想通貨ビットコインキャッシュやっと13500円割れるか?

既にビットコインキャッシュは14000円を一度割っていて、現在跳ね返っている所なのですが、ちょっとチャートの形状が怪しいって感じですから、ここが割れて落ちるようなことがあれば、予定していた13500円どころか、10000円割れを目指して暴落をしそうなので、正念場って雰囲気なので、大口がどうしたいのか?を考えると現物ホルダーの狼狽をさせたいのかなと?

ただ、現在の暴落では現物を購入している人は手放さないでしょうから、もっと一気に落とすってことを考えると、ここから一旦上に上げて、そこから一気に叩き落とすのか?、それともここから更に無理やり落としていくのか?、これから大きなリバが発生しそうなので、現物を買っていれば先月のように瞬間的に資産を2倍、3倍にできそうなチャンスがやってきそうな予感。

なので、ビットコインキャッシュが14000円をやっと割れてきたのと、大口が仕掛けてきた訳ですから、これから大きく仮想通貨の相場が動くのはほぼ間違いないので、14000円を底にしてこのまま上げていくのか、更に底まで落とすのか?、せっかくのチャンスなので、週末は仮想通貨のチャートを出来るだけ見ていきたいですし、待ちに待ったチャンス到来ですからね。

 

 

仮想通貨のチャートを見ていると金融トレードの勉強になる

仮想通貨って儲かったら税金が高いですし、儲からなかったら損益として計上できないですし、金融商品としてみた場合、まだまだ色々と問題がある訳ですが、24時間場が開いている事、ボラがかなり広いので、チャートの値動きを見ていると相場をメイクしているチャートメイカーの手法などがよくわかりますし、今回のビットコインキャッシュのチャートも分かりやすい。

初心者の勉強中ですが、特に印象的だったのが、2018年の12月28日にビットコインキャッシュが一度15000円割れまで落ちたときのことで、ここで凄まじいリバが発生して一気に相場が回復していき、何が何でも15000円を割らせないって値動きをしていましたし、これって去年セリクラが起きた際のリップルが50円割れをした時の値動きに大変良く似ている気がします。

なので、大口が相場をメイクしているのであれば、それまで現物やロングで大量のビットコインキャッシュを一般投機家に買わせておき、そこから大口が成り行きで売りを入れて23000円から15000円割れまで一気に落とし、それにつられてロスカットや狼狽売りをした一般投機家に損をさせて、自分たちが設定していた底15000円割れで一気に買い戻すって感じでしょうか?

 

 

大口が底と天井をどこに設定しているかを今後は見る予定

この時に私はビットコインキャッシュは13500円まで落ちると思って、そこに指値を入れて待機した訳ですが、結局、大口がそこまで落とさないように15000円割れで全力で買い戻すって戦略であったのであれば、もっと柔軟にこの時のリバを見て、さっさと15000円が底でペナントが始まるって見立てを立てていれば・・・と思うと、やはり経験は重要になりそうですね。

なんでも、金融トレードってのは、必ずその市場に存在している大口、チャートメイカーがどのような思考で相場を動かしているのか?を知るのが一番重要で、大口に逆らったトレードをすると100%の確率で焼き殺されてしまいますので、大口心理をいち早く分析して、カモになる一般投資家のイナゴではなく、常に大口の思考を意識しろって話は多分本当だと思いました。

ビットコインキャッシュは扱う金額が大きくなると、板が薄すぎて色々と問題が出そうですけど、100万円以下の投機の場合、は特に問題がない市場規模になっていますし、暴騰暴落をする際には出来高が瞬間的に大きく増大しますので、指値を入れておけば秒速で売り逃げすることもできますから、最初はビットコインよりもビットコインキャッシュの方が良さそうです。

よろしくお願いいたします。

2019年1月9日
から admin
ビットコインキャッシュの年末年始のチャートは結局ペナントだった はコメントを受け付けていません。

ビットコインキャッシュの年末年始のチャートは結局ペナントだった

年末のブチ上げの際に資産が3倍になったのでいい感じのビットコインキャッシュだったんですけど、その後は13500円まで落ちてくるって予定で指値を入れて全力待機していたので、あと500円落ちていればある程度は拾えたのになって感じで、結局の所、分かってみれば2018年12月20日のブチ上げの後は、ゆっくりと三角ペナントを作るチャートを大口が作っていたようです。

まあ、後付の話なんですけど、去年の段階で三角ペナントになるのがわかっていれば、15000円から17000円を背にして、現物を全力で購入していれば余裕で、更に資産は2倍位になっていたのでしょうけど、実際にチャートが乱高下している時には、逆ヘッドアンドショルダーなのか?、そのまま奈落のそこに落ちて10000円割れをするのか分からないので難しいところですね。

この辺りは経験則による判断が大きいと思うので、次回以降に似たようなチャートの書き方を見れば注意しておけばよいだけで、結局の所、全く仮想通貨には触れていないので、損をしてはいない訳ですから、今後に役立てればよいわけで、去年の12月25日頃には、てっきり逆ヘッドアンドショルダーを作りにいっているのか?、もしくはセリクラか?って思ってましたからね。

 

 

ビットコインキャッシュの年末年始のチャートは結局ペナントだった

本日、ビットバンクの管理画面にログインをしてみると、ビットコインキャッシュのチャートはペナント最先端位まで到達していて、全くボラが無い状況になっていますし、板が薄すぎてこれではまともなトレードが出来ませんので、何もすることはなさそうなのですが、そろそろ上下に激しく動きそうっていうか、このタイミングで大口が仕掛けてくる予感しかありません。

基軸のビットコインのチャートをみてみれば、日足では逆ヘッドアンドショルダーを作りそうなチャートになっていて、4時間足では今にも空売りで暴落しそうなチャートになっているので、正直、勉強中で金融素人の私では、何方に動くのか確実な方向性はまだまだわからないのですが、ビットコインでは大量のロングが3800ドル付近に大量に積まれているのが気になります。

これ、大口が仕込んだロングの場合、先月もあったんですけど、無理やり予定の金額まで買いまくって上げてくる可能性もあり、逆にさらなる大口がこのロングを焼き尽くしながら暴落をさせてくる可能性もありますので、一体何方に動くのか?、ネットで見てみたらセリクラとか落ちるって予想が多いのですが、日足の逆ヘッドアンドショルダー完成が気になるところですね。

スポンサードリンク




 

 

セリクラをさせるならここから一度7万円位まで上げてきそう?

去年の1月16日頃だったかな?、初めて仮想通貨リップルを250円で10万円分購入してみたら、翌日から暴落が始まりセリクラってのをいきなり体験することになったんですが、あの時の凄まじい暴落は今でも鮮明に覚えていて、なにこれ?って感じで、数日前に購入した10万円の資産が25000円になってしまっていたので、これは・・・って感じでチャートを見ていました。

個人的にはビットコインキャッシュのチャートを見ていると、一旦最高で7万円位までブチ上げながら、一気に売りを入れて落としていくと綺麗に落ちるのでは?と思ってますし、今の17000円位から大量に3900ドル付近に溜まっているビットコインのロングろ焼き尽くしながら、無理やり落とそうとしても、パワー不足でダラダラした下落になるのでは?とも思ってます。

仮想通貨について調べてみたところ、去年の私が仮想通貨を初めたときのように、毎年1月中頃から、仮想通貨全体で一気にセリクラのような暴落が毎回発生しているようで、今年もこれまでと同様に今のかなり落ちている金額からさらなる暴落が発生する可能性もありますので、その辺りに注意しておけば、今月も大きく資産を増やせるチャンスがやってくるのでは?

 

 

毎年1月中旬に仮想通貨は大暴落をしているので期待しています

ビットバンクでは現物しか購入できませんが、セリクラ前の無理矢理の上げ相場にのって、現物で一気に資産を増やして大口が落とす前に利確、更にその後に暴落していく中、リバ取りをしていき、最後の底まで落ちた時に全力で現物を買えば、最も利益が出るトレードが出来るのですが、実際にやった場合は、かなり難しい部分が多いのですけど、面白そうな感じになります。

まあ、まだまだ金融トレードは勉強中なので、どうなるかは正直わからないのですが、大きく上下何方かに動きそうなペナントの先端に来ていることから、先月と同様に短期間で資産を2倍、3倍に出来るチャンスが来そうな雰囲気なのも事実なので、時間があれば、ビットバンクの管理画面にログインして、リップルとかビットコインキャッシュで資産を増やしたいところ。

ただですね、ビットバンクの管理画面にログインしてみたところ、今月から売買手数料を請求するように仕様が変わってしまったとのことで、去年のように好きな時に現物を購入して損得0円で売り逃げるって事が若干難しくなっているような感じですから、ビットバンクの手数料無料キャンペーンを再度延長して欲しいところなのですが、やっぱりビットメックスですかね?

よろしくお願いいたします。

2019年1月4日
から admin
ビットコインキャッシュの17000円サポートが不自然に硬い はコメントを受け付けていません。

ビットコインキャッシュの17000円サポートが不自然に硬い

年末年始にかけて、体調不良になってしまって暫く安静にしていたので、仮想通貨の管理画面にも暫くログインしていなかったのですが、結局の所、ビットコインキャッシュは15000円が底になっていて、そこから跳ね返ってしまい17000円辺りが強力なサポートラインになっているようで、ここから不自然に落ちないし上がらない、大口が仕込んでいるような動きになってます。

上がろうとしても何故か猛烈な売りが入ってしまって上がらないし、落ちそうなのに底で強力な買いが入って落ちないので、結局上に行ったり下に行ったりしながら、方向性が良くわからない感じでチャートが動いているのですが、これが怪しさ満点の動きとしか思えないので、17000円で現物やロングポジションを素人に仕込ませて一気に落とす絵図って感じる今日この頃です。

今年の年末から年始にかけて、普通に管理画面に張り付いてトレードをしていたら、ビットコインキャッシュだけでも資産10倍位にはなっていたって感じの強烈なチャートになっていますし、私も一日だけで突っ込んでいた資産が12月20日だけで3倍になっていて、そこから後は13500円まで落ちてこなかったので、トレードはやっていませんが、普通にいい感じでした。

 

 

ビットコインキャッシュの17000円サポートが不自然に硬い

これって、去年のビットコインの底が70万円で強烈に強いとか、超大口が取引所の外で70万円で大量にビットコインを仕込んでいるので、絶対に70万円は割らないといった情報をネット等で大量に流して、それを多くの人に信じ込ませた後、一気に70万円を割る暴落が起きてしまい、結果的にビットコインは35万円位まで落ちていき、ビットコインキャッシュは・・・。

ビットコインキャッシュは7万円が9000円位まで暴落をしたので、ここで大損をした人も沢山いそうですけど、ビットコインキャッシュは当時は5万円のサポートが強力で絶対に割れないって雰囲気になっていましたし、暴落寸前に7万円まで一気に上昇していったので、現物やロングを5万円から7万円で仕込んでいた人はロスカットや含み損で、多分今頃死亡寸前の筈です。

こんな感じで、仮想通貨でトレードの勉強をしていると、マーケットメイカーである大口の思考とか、どのようにして一般投資家とか投機家を騙して市場からお金を巻き上げるか?、ビットコインは昨年は10ヶ月位に渡って壮大に70万円を割らないって刷り込みを行い、最後に一気に暴落をさせて儲けるって流れだったので、その思考がちらほらと頭に浮かんでくる感じです。

 

 

なんかイーサリアムも不自然に買われまくっているのが怪しい

今年に入ってから、一番怪しい動きをしている仮想通貨がイーサリアムなんですけど、不自然に無理やり買われているようなチャートになっていて、何故かイーサリアムだけが異常に相場が上昇しているのですが、出来高がちょっとチャートと合わない部分も多く、これも大口が仕込んでいてイーサリアムが上昇しているから、仮想通貨のトレンドが変わったって思わせる?

そんな感じで、久々に仮想通貨の管理画面にログインした感じ、ビットコインキャッシュのチャートが可笑しいとか、ビットコインのチャートが去年の70万円ラインを想定させるような値動きをしているとか、正直一気にセリクラのような暴落が来そうな雰囲気なんですけど、日足で逆ヘッドアンドショルダーが完成しそうなチャートになっているのでどうなるか難しいです。

体調が幾分良くなってきていて、椅子になんとか座ったり、歩けるようになったので、暫く休んでいた仮想通貨のトレードをやってみようかな?と思ってログインしてみたら、異常に底が固くなっていて不自然にビットコインやビットコインキャッシュ、イーサリアムが買われているような雰囲気なので、ついにセリクラが来るか?って感じで、暴落に期待している所です。

何方位に行くか、素人の私では分からない部分が多いのですが、多分、これ現在3800ドル付近に沢山溜まっているロングをロスカットさせながら、一気に下にすごい勢いで落としたいのが大口の思考で、それが出来ないと判断できた場合は、逆に打ちあげるのでは?って勝手に予想していますが、強力な底があると思わせて暴落の手口は去年の暴落で勉強させて頂きました。

よろしくお願いいたします。


誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク