Blog MiMi

2018年4月18日
から admin
Stermで50%割引2100円で販売されているスカイリムを買うべき? はコメントを受け付けていません。

Stermで50%割引2100円で販売されているスカイリムを買うべき?

こんばんわ。

ブログMiMiです。

 

急ぎでやっていた仕事が今週末くらいで落ち着くので、ちょっと気分転換的にStermのサイトを見てみるとなんでも発売が7ヶ月位延期になっていたPC版のイース8が発売されていたので、遂に発売されたのか?と思ってみてみると、バグだらけでGTX1080Tiでもまともに動作しないとか非常に悪いって評価ばかりになっていたので、未完成のままリリースしたんでしょうね。

もう、開発元のニーサって会社も、内部だけではバグが拾えない状態なので資金的にも問題が出るので、一旦未完成のままアーリーアクセスに近い状態でリリースした上で、ある程度の資金回収をしながら、バグや不具合のチェックを購入したユーザーに肩代わりしたいただこうって感じで、あまり良くない状態になっているので、イース8の今後が心配になってきます。

ちなみにイース8というのは、日本ファルコムが確かPSVITA用に開発をしていた有名なアクションRPGのことで、私も初代イースをPC88SRでやっていたのが懐かしいのですけど、日本ファルコムのイースシリーズはシナリオやグラフィックだけではなくて、BGMもゲームの領域を超えている品質で有名で、それで今ではナンバリングがイース8まで進んでいるって状態です。

ただし、現在の日本ファルコムの開発能力では、海外のゲームスタジオが開発したウィッチャー3並の超高画質で大作RPGを制作するのはリソース的にも不可能なので、グラフィックはウィッチャー3と比較するとチープで安っぽくなっていますが、BGMやシナリオ、日本人が好みそうなキャラクターのデザインはイース8でも健在で、普通に完成度が高いRPGになっています。

 

 

Stermで50%割引の2100円で販売されているスカイリムを買うべきか?

それで、個人的にはかなりの関心があるイース8は事実上のアーリーアクセス状態なので今手を出すのはちょっと危険かな?って感じだったので、他を見ていると、スカイリムSEがStermの売上上位にきていたのですが、このスカイリムSEってのはスカイリムLEって元々2011年に発売されていたRPGを64ビットに対応させたリマスター版の事で、内容は全く同じです。

スカイリムは世界でも2000万本以上のセールを誇っている大変有名なRPGであり、2011年に発売されて今の2018年現在でも売上がStermの上位に来るくらいですから、ゲームとしては相当なロングセールを誇っている訳ですし、これってオンラインゲームではなくて、オフラインで完全に一人用のゲームですから、それで2000万本以上のセールスは驚異的なゲームになります。

RPGのゲームで7年以上に渡ってセールが継続しているゲームって他に例がありませんし、アメリカではスカイリムを販売したことにより多くのゲーム廃人が誕生してしまい、若者が就職もせず大学にもいかず、部屋にこもって1000時間単位でスカイリムをやるものですから、本格的な社会問題になったってニュースもありましたので、相当凄いゲームだと思う人も多いでしょう。

なので、現在のパソコンの仕様に合わせた64ビット版である、スカイリムSEが半額セールで2100円で売られている状況を見ると、購入してみるべきか?と悩むことも多いのですが、以前、限定で無料でスカイリムをインストールできる期間に試しにやってみた感じでは、何これ?猿の惑星?ってあまりに酷いキャラクターデザインぶりにすぐにアンインストールしました。

 

 

スカイリムはデフォルトのバニラではなくてMOD前提で遊ぶものらしい

スカイリムをインストールしてスタートすると、いきなり猿の惑星のような不細工なキャラクターたちと一緒に、馬車の荷台に乗せられて、処刑場に連れて行かれることになるのですが、そこで順番に名前を呼ばれて首を切り落とされていく状態になり、その時に自分のキャラクターを制作する訳ですが、どうやっても猿の惑星としか思えないキャラクターしか作れません。

そこでキャラクターを作ると自分が首を切り落とされる順番になるんですけど、その時にいきなり大きなドラゴンがやってきて、処刑場のある村を焼き払う状態になり、ドサクサに紛れて処刑場から脱走するって流れになるのですけど、ここまでやってみて全く面白くなくて、兎に角キャラクターが猿の惑星ですし、グラフィックも汚すぎて速攻でアンインストールをしました。

スポンサードリンク




何しろ、スカイリムを無料でインストールする前にはウィッチャー3をクリアしている状態ですから、ウィッチャー3のグラフィックや完成度がデフォルトになってしまっていると、スカイリムは猿の惑星に出てくるキャラクターしかいない世界で、2011年のお世辞にも綺麗とは言えない状態ですから、なんでこれが売れているのか?疑問だったんですけど、MOD全体のようですね。

MODというのは、元々あるバニラ状態(ノーマル)のゲームに対して、開発元が非公式な改造を行い、グラフィックやインターフェース、世界観やキャラクター等を大幅に変更をするツールのことで、単純に改造ツールのことなんですけど、スカイリムってこのMODを利用するのが前提になっていて、猿の惑星的なキャラクターや汚い背景も綺麗に変更できるようですね。

 

 

スカイリムの楽しさはキャラクターメイクとMODで独自の世界観を作る事?

ウィッチャー3は既に完成した完成度が高いRPGであることが有名ですが、スカイリムはウィッチャー3とは方向性が違っていて、決められた主人公のストーリーを進めて行くのではなくて、MODを使い自分で好きなキャラクターを制作して、グラフィックや世界観等も全てMODを使って自分好みの世界観にして、その中で好きなことを楽しむオープンワールドRPGらしい。

2011年の古いゲームなので、当時と現在ではビデオカードの性能が天と地ほどの差がありますから、スカイリムSEもバニラ状態では汚いグラフィックなんですけど、MODを適用することにより、ウィッチャー3のような深みのある背景には出来ないっぽいんですけど、かなり綺麗な状態に出来るとのことで、猿の惑星的なキャラクターも全てMODで変更が可能らしいですね。

マインクラフトの様に自分で独自の世界観を作って、その中でスカイリムの世界でやりたい事をやるって感じですから、ウィッチャー3とは全然方向性が違いますから、好き嫌いが分かれそうですけど、YoutubeでスカイリムにMODを入れて配信している人の動画を見てみると、確かにこれはバニラ状態とは別モノになっているので、ハマる人ならハマる要素はあると思いました。

 

 

2100円ならクソゲーでも何とか我慢できる範囲なので購入するべきか?

2100円ならクソゲーでも何とか我慢できるレベルですし、以前に無料期間中に試しにスカイリムSEをやってみ感じでは、猿の惑星的なキャラクターしか出てこないクソゲーって印象だったんですけど、MODで改造をしたスカイリムの動画を配信している人の解説を見ていると、せっかくGTX1080Tiを持っているので、スカイリム買ってみようかな?って思い始めています。

Youtubeの画像と実際にPCで表示するMODを入れたスカイリムの画像は異なると思いますけど、2011年のゲームとは思えない綺麗なグラフィックになっていて、猿の惑星的な主人公も可愛い女の子キャラにMODで変更していて、スカイリムの中で好きなことをやっている人の動画を見てみると、ちょっと今回2100円でスカイリムを購入するか検討をしている所です。

ただ、ウィッチャー3が余りに完成度が高すぎて、RPGの世界最高峰なのは間違いないのですが、特にDLCのワインのシナリオのグラフィックは本当に綺麗で、GTX1080TiでMODを入れてフル稼働させるとバニラ状態とは別物のゲームになっていたので、それと比較してMODで改造をしたスカイリムがどうなるのかは分かりませんが、今回のセールで買うか迷っています。

ウィッチャー3は主人公のゲラルトや準主役のシリを変更することは不可能ですから、キャラメイクなどはMODでも一切できませんが、スカイリムはそれが前提になるのが違いですね。

よろしくお願いします。

 

2018年4月17日
から admin
連日の徹夜作業で疲れたらIKEAのソファーで寝ると不思議な夢を見る はコメントを受け付けていません。

連日の徹夜作業で疲れたらIKEAのソファーで寝ると不思議な夢を見る

こんばんわ。

ブログMiMiです。

 

最近、仕事の都合でかなり忙しくなっているので、連日の徹夜作業で仕事をしていて、全然休む日間もなく、食事も自分で作る余裕が無いのでスーパーの半額ばかりを食べているのですが、2週間位で一気に相当太ってしまったような状態になっているので、運動を全くしない状態でデスクワークばかりを長時間していると、不健康極まりないってのがよく分かりますね。

まあ、裁判所に書類の提出が終わりましたので、そろそろ今週末には落ち着くでしょうから、もうちょっとの頑張りなんですけど、流石に10代の時のように連日の徹夜でも全然疲れないって状態にはならないので、歳をとってしまったな?、流石に若いときほどの体力はもうないかな?って感じなのですが、徹夜と言ってもある程度の仮眠を取らないと人間は死んでしまいます。

そこで、不定期でソファーの上で寝っ転がって休憩をしていると、いつの間にかそこで熟睡をしてしまう訳なんですけど、その際に毎回不思議な夢を見ることに気がついたので、布団で寝るよりもソファーで寝た方が確実に夢を見ることが出来るのでは?と勝手に思い込み始めているのですが、単に疲れているからかもしれませんけど、結構癖になりそうな程よい感じです。

 

 

連日の徹夜作業で疲れたらIKEAのソファーで寝ると不思議な夢を見る

最近では、IKEA等でもソファーベッドと言って、ソファーとベッドを同時に機能するタイプのソファーも人気になっていますので、このタイプのソファーベッドはワンルームの部屋に住んでいる人に人気がある感じで、3LDKとかの広い部屋でお金が有り余っている人には全く無用の長物になるのかもしれませんが、日本の狭い住宅事情にはマッチしている優れた商品です。

私はソファーベッドは持っていないのですが、大人が一人寝転べるくらいのソファーを持っていますので、疲れた時にはそのソファーでゴロゴロとしていると、いつの間にか眠ってしまいますので、ソファーの近くに軽めの掛け布団は必須になるんですけど、何故か?、ソファーで寝ていると毎回不思議な夢を見ますし、自分にとってメリットがある夢ばかりなのが不思議ですね。

ソファー以外で寝ている場合は、夢を全く見ないとか変な悪夢のような夢ばかりを見ることが多いのですが、連日の徹夜作業が原因なのか、ソファーが原因なのか?、ソファーで寝ていると心地よい夢を見ているようなので、それにより疲れてしまった体と精神に対してリラクゼーション効果があるのかな?って感じなので、連日の仕事で疲れた人はソファーが結構お薦め?

 

 

東京の友人がお薦めのソファーを販売しているお店に行ってみると

私が最初にソファーを探してた時は、東京で価格が安くてそれなりのデザインのソファーを売っているお店を全く知らなかったので、東京出身の友人に相談をしてみたんですが、確かにデザインは良いのですが価格が50万円とか100万円位の、私の感覚から言えばちょっと高すぎるのでは?ってソファーばかりを紹介されたので、流石に東京の人は違うな?と感じましたね。

流石に50万円のソファーを買うのはちょっとありえないので、自分でも中古のリサイクルショップ等を車に乗ってあちこち探してみたりしてみたんですけど、都内のリサイクルショップは殆ど回ったような記憶があるんすが、どれもちょっと駄目だな?ってソファーばかりだったのでほとほと困っていたところ、神奈川県茅ヶ崎出身の友人が一言、IKEA行ってみればって話です。

当時、IKEAがまだ千葉県船橋市にオープンしたばかりのときで、もう10年以上前の話になると思うんですが、今でこそIKEAは大変有名ですけど、IKEAって当時は殆ど知る人もおらず、船橋市も未開の地って感じで、iPhoneなどもなくてGoogleMapやヤフーカーナビの様に便利に車で移動を出来るツールもなかったので、IKEAに移動する事自体が大変だったのが懐かしい。

 

 

ソファーと言えばIKEAが安くてデザインそこそこなのでお薦め

なんとかIKEA船橋店まで車で到着をすると、それはもう相当大きな店舗でこれまで日本ではあり得なかったような店内で大量の家具を陳列する手法で家具を販売していたので驚いたのですが、何よりもそれなりにデザインが良くて、価格が安いことからこんな家具屋があったんだって感じで驚いたものだったのですが、そこでソファーなどを一式購入した訳なのです。

当時は今よりもIKEAの家具全般的に価格が高く設定されていたのですけど、それでも10万円以下でソファー等が一式揃うし、デザインや色も納得できる商品が沢山ありましたので、IKEAに行って良かったな?って感じで、当時IKEAの事を教えてくれた神奈川県茅ヶ崎出身の友人には大変お礼をしたのを記憶しているのですが、今だとニトリなども良いソファーありますね。

予算が10万円以下、5万円以下、3万円以下でもソファーを一式購入することが出来るのがIKEAの最大の特徴なんですけど、見た目は結構いいデザインでも、作りは???って感じの家具も多く、見えないところでコストカットをしているのがIKEAの戦略なんでしょうけど、ソファーなんて高すぎて買えないとか置く場所がないって人はIKEAに行ってみるのがお薦めですね。

それで、IKEAで大人が一人寝っ転がることが出来るソファーを買っておけば、5年、10年と使うことが出来る家具ですし、若干スプリングやスポンジがへたってきたり、変形したりしているので、買い替えの時期が来ているのかもしれませんが、IKEAのソファーはソファーカバーが別売りになっている物が多くて、カバーだけを交換すれば見た目は新品同様になります。

 

 

今後は精神的や肉体的に疲れた場合はIKEAのソファーで寝ていい夢を見ます

今回、とにかく納期に遅れると大変になるので、連日の徹夜作業でなんとか納期に間に合って納品することが出来て、残りの仕事ももうすぐ目処が付きそうなので、なんとか無事に一件落着をして、早ければ週末の土日位にはまったりと休めそうな雰囲気なのですが、IKEAのソファーで寝っ転がって寝ると、不思議と良い夢を見て安眠できるようなので結構癖になりそうです。

50万円とか300万円とかの高額なソファーで寝れば、更に良い夢を見ることが出来るのかもしれませんが、そんな高額なソファーには興味がありませんので、庶民の味方であるIKEAの5万円から10万円くらいのソファーなら、頑張れば誰でもなんとか購入することが出来ますので、参考になるかどうか分かりませんが、IKEAのソファーを室内に置いておくと安心ですね。

兎に角ですね、最近の連日の徹夜作業で納品を間に合わすために頑張っていたのですが、先が見えそうになるとぐっと疲れが出てきそうな感じで、自炊を止めてスーパーの惣菜をまとめ買いして、それを0度の氷冷保存をして空いた時間に食べていたので、運動も2週間ほど全くしておらず、高カロリーな弁当を食べて夜更かしをしていた都合上、急激に太ってしまいました。

とりあえず、IKEAのソファーで寝れば、疲れていても良い夢を見てリラクゼーション出来ますので、今の仕事が落ち着いたら、来週くらいから運動をして体を締めていきたいと思います。

よろしくお願いします。


仮想通貨を始めるなら→簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク







2018年4月15日
から admin
映画オデッセイは最初と最後をカットして見ればリアルな優良作品 はコメントを受け付けていません。

映画オデッセイは最初と最後をカットして見ればリアルな優良作品

こんばんわ。

ブログMiMiです。

 

本日、休日の日曜日なんですけど、最近やたら忙しくて全然休む日間もなく、毎日ように徹夜作業で書類を制作していますから、とても疲れてしまって居るんですが、ちょっと休憩を入れて気分転換をしようと思って、GooglePlayで100円セール中だった映画、オデッセイ、ワイルドスピード、ゼロ・グラビティ、スティーブ・ジョブズの4本をとりあえず購入しておきました。

GooglePlayで購入したレンタル映画については、一度購入しておけば30日間はキープすることが出来て、更には再生を開始した時間から48時間は何回でも見ることが出来ますので、これで映画が1本100でしたら、かなりお得な買い物になるのでは?って思うんですが、最近ではAmazonがプライムで映画を無料で見放題のサービスを開始したので競争が激化していますね。

インターネットとAmazonやGoogleのおかげ生活がどんどん便利になっていくんですけど、その反対にイノベーションを実現できない日本の企業は淘汰されていっていますから、これから益々才能がある人が市場を支配する時代になるのでしょうけど、レンタルが100円で30日間キープできて48時間は何回でも見ることが出来るってのは本当に忙しい人には便利なサービスです。

 

 

GooglePlayで100円購入したオデッセイを見た感想はイマイチ

今回、ちょっと仕事の合間に休憩を兼ねて、先日レンタル購入しておいた映画のどれかを見ようかな?と思って、その中から火星探査を主体にしたオデッセイって映画を見てみることにしたのですが、最初っから合成がイマイチで日本映画みたいに安っぽくなっていますし、なぜか?この映画もグランド・イリュージョンの続編と同じく中国が関わってきているので意味不明。

最近、ハリウッド映画ってやたら中国が絡んできているって印象ですし、最近の映画は全然面白くないって映画が多くなってきているので、ハリウッドもそろそろネタ切れなのでは?って感じで、オデッセイを見た感想ですが、何これ?って感じで、正直全然おもしろくないんですけど、これの映画は何がしたいのか?、だったら何なの?って感じで、イマイチでした。

スポンサードリンク



火星探査を舞台にしていて、火星にコロニーを作って調査をしていた宇宙飛行士たちが、火星の突然の嵐に巻き込まれてしまい、一人が行方不明になるってところから始まるんですが、余りにそこから強引すぎますし、火星の嵐は地球の比ではないってのは知っているのですけど、ちょっと無理やりすぎるのと、そこで行方不明になっていた宇宙飛行士が生きていた訳です。

火星の移住とか火星探査には個人的に興味がありますので、かなり期待してレンタル購入して見たんですけど、話もちょっと安いっぽいし、映像の質感も安っぽくて日本映画みたいな合成に感じましたので、これからオデッセイをレンタルしようと思っている人がいるのであれば、好みの問題もあるかもしれませんが、あまりお薦めは出来ない映画になる感じですね。

 

 

一日中オデッセイをループ再生させて何度も見ましたけど面白くない

1回だけちょこっと観ただけでは、映画の良さって分からない事もありますから、常に観ているわけではありませんが、一日中オデッセイの映画を再生させてみて、他の作業などをしながら何度も他の作業をしながら繰り返し観てみたのですが、やはり、グランド・イリュージョンの続編と同じく、何でもかんでも無理やり中国を絡めた映画って似たような作品になりますね。

そもそもですけど、オデッセイって中国が出てくる意味って全く無いですし、観ていて違和感しかないのですけど、それ以前に話があまり面白くないってのと、合成処理が安っぽいってのもイマイチん感想の原因なのかもしれませんけど、宇宙飛行士って相当なリスクを覚悟で宇宙に行くわけですから、一人を助けるために一体幾らの予算を使ってやるのって印象でした。

ただ、オデッセイの全てがつまらないとかって訳ではなくて、火星で突然発生した砂嵐に巻き込まれて一人だけ火星に取り残された宇宙飛行士は、コロニーのアンテナが壊れてしまって地球とは交信が出来ないけど、コロニーに残っていた6人分位の食料を上手く使ってなんとか火星で生存していき、マーズ・パスファインダーを発掘して地球を交信をするってのは良い話です。

あと、大変危険なので宇宙探査機の原子力電池を火星の砂に埋めていたのを掘り起こして、それを暖房代わりに使用するってのも面白かったですから、全体としてはあまり面白くない映画なんですけど、局地的に観たら実際の火星探査でNASAが使っていた火星探査が出てきて、それを使ってどうすれば地球と交信ができるか?、このあたりの話はよくできていると思いました。

 

 

オデッセイよりも以前見たアポロって映画のほうが面白かったです

似たような宇宙関係のトラブルから宇宙飛行士が生還するって映画なら、アポロ13号って奴だったかな?、かなり古い映画だったと思うんですけど、そっち方が面白かったと思いますし、船長が無理やり女性になってしまっていますし、最近お決まりの中国が無理やり意味もなく絡んできているので、話がわけが分からなくなってしまうだけですから、止めてほしいですね。

最近、ハリウッド映画って女性が目立つキャラで中国が無理やり絡んでくるってのが流行っているのか?、よく分かりませんけど、オデッセイをレンタルするくらいならアポロ13号の映画を観たほうが良いと思いますので、まあ、個人の好みの問題もあると思いますけど、全てがつまらないって訳ではなくて、局地的には面白いですからどう判断するかになりますね。

火星に移住をするとか、火星に有人探査をするって話が実際に出てきていて、私が生きている間に人類が火星に行くって話が現実的になって来ているので、大変夢がある話ですし、オデッセイみたいなトラブルが発生する可能性もある訳ですが、最後の火星からの脱出シーンなんかはあまりにも強引すぎて、ちょっとおかしいだろうって無理矢理感を感じてがっかりしました。

 

 

映画オデッセイは最初と最後をカットして見ればリアルな優良作品

実際に、オデッセイで最後に火星から脱出した方法が実現可能か?といえば、どう見てもあれはSFの話だろうって感じなので、せっかく、マーズ・パスファインダーを掘り起こすって展開に持っていったのですから、最初の火星の砂嵐自体が余りに強引すぎて、その中間はリアルな展開で、最後は超強引な終わり方なので、もうちょっとリアルな展開だったら良かったですね。

簡単に言えば、最初と最後のあまりに無理がある強引なシーンはカットして、中間の火星に取り残された宇宙飛行士が生死をかけてサバイバルをするシーンだけを観るのであればオデッセイは良作な映画だと思いますので、余計なシーンがありすぎてそれで時間が長くなってしまっていますし、無駄に話を引っ張るってのが映画をつまらなくするんだなって実感した映画でした。

とにかく、最初のシーンと最後のシーンが映画全体を駄目にしているとしか思えませんが、中間の火星での宇宙飛行士のサバイバルのシーンだけ見たらオデッセイは本当に面白い映画に早変わりしますので火星に移住をしたい人や火星移住に興味がある人、宇宙探査に興味がある人でしたら、お薦めできる映画ですからそれを考えると100円なら観る価値は全然あると思いました。

火星の移住に大変興味があり、それ系の本を片っ端から図書館で借りて読んでいて、火星の移住に対する知識はありますので、火星でサバイバルをする生活もしてみたいと思いながら、マーズ・パスファインダーを発掘して地球のNASAと交信をする方法を考え出したり、食料のじゃがいもを火星で栽培するとか、コロニーで生活をするシーンは本当によく出来てます。

よろしくお願いします。