Blog MiMi

2018年11月19日
から admin
暴落がチャートで分かっていてもショートできない仮想通貨! はコメントを受け付けていません。

暴落がチャートで分かっていてもショートできない仮想通貨!

スポンサードリンク



先週から、ビットコインを始めとする仮想通貨全体が暴落をしていて、プチセリクラみたいになっていますし、一部の詐欺まがいに草コインは風の谷のナウシカの巨神兵が薙ぎ払った後の平原のように黒焦げになっているので、絶対に儲かるのでガチホって感じの怪しげな人物が発信しているネット情報を真に受けてしまい、財産の殆どをなくした人もいるのではないでしょうか?

私も久々にビットバンクのサイトにログインをしてみたら、一気に仮想通貨全体が暴落をしていて、ICO詐欺を推進させたと言われているイーサリアムなか1万円台まで暴落をしていますし、ビットコインも現物が60万円を割るか割らないかで、ここのサポートを割ってしまったら大暴落が確定って状態ですから、空売りの人は爆益、ロングは退場か良くて大損でしょうかね。

その中でも、モナコインとかリップルとかは素人の私でもチャートである程度判断できる状態になっているので、これらのアルトコインが落ちる前にショートを仕込んでおきたいところなのですが、ザイフはモナコインの取扱を中止してしまいましたし、ザイフの仮想通貨FXはシステム的な欠陥があることから使いたくないし、ビットバンクはそもそも現物購入オンリーです。

 

 

暴落がチャートで分かっていてもショートできない仮想通貨!

特にビットバンクで扱っているリップルなんですけど、このアルトコインって暴騰暴落をする前のチャートが結構分かりやすくなっているので、今回の騙し上げ?になるのかどうか、素人の私では判断できませんが、昨日から如何にも上げそうな感じで相場が上がって行った際に、途中でこれ落ちるなって分かっていたのに、ショートの空売りが出来ない今日この頃になります。

とりあえず、これだけ値動きが激しくなると、大きな暴落が来た際にはある程度までは爆上げする訳ですから、おとなしくビットバンクで現物でも購入して、年明けまでホールドしていても面白いかな?とは思っているんですが、リップルって他の通貨よりもチャートが分かりやすいってパターンが定期的に発生しますから、市場規模も多いしモナコインよりもいいかもです。

モナコインは市場規模が極端に小さく、ホルダーが日本人ばかりで、仮想通貨で儲かるって話を聞いた無知な日本人の高値で掴ませて、ネットなどでモナコインはもっと上がるとか煽りに煽りまくり、とっとと底値で仕込んでいた人が売り逃げる為の通貨というか、電子データなので、プロのトレーダーは相手にしないことから、こちらもビットコインより全然分かりやすいです。

 

 

今年の8月頃にモナコインで大損をした経験を次に活かす?

確か、今年の8月頃だったと思うんですが、モナコインが200円を割った際に20万円分購入していて、それから暫くの間、忙しくて仮想通貨のチャートを見れなかったときがあったんですが、その後にチャートを確認すると、ビットコインは大暴落でそれに大きく比例してモナコインは100円まで暴落をしていて、いつの間にか投機資産が半分になっていたことがありました。

まあ、その後にモナコインが瞬間的にブチ上げしていき、200円をつけた際に売り払ったので、プラスマイナスゼロになっていて、実質モナコインでは損はしていないし、特もしていないのですけど、仮想通貨の場合、毎日というか出来れば常時チャートを見れる状態でなければ、ポジションは持たないほうが良いってこのときの失敗で学んだので、その後は損はしてません。

現在、仮想通貨は完全のノーポジションですし、ショートのポジションを持つことが出来ない都合上、さらなるセリクラなる暴落を期待しているのですが、チャートの形状でみても、素人の私から見ても年末までにさらなるセリクラを起こすパワーはないのでは?って感じていますから、リップルがほぼ確実に上がるってときに全力で仕込んでもいいかな?と思ってる感じ?

 

 

個人的にはリップルは長期保有ではなく短期決戦用って認識です

今年のビットコインは、現物が70万円を割ったら全力購入しておけば、その後は確実に値上がりをしていたので、多分、全力ロングとかフルレバロングをしていた人も多いと思いますけど、先週末からの10万幅の乱高下により、資産の大半をなくして新小岩への遠足を検討している人、退場して戦意喪失な人が沢山いるでしょうから、相場ってプロが常に儲かる訳なんですね。

リップルのチャートは本当に分かりやすいので、昇竜拳的なブチアゲをする予兆があれば、ビットコインよりもリップル全力のほうが良さそうですが、リップルは落ちる時も凄まじく早く、爆上げしてもチャートに張り付いているか、事前に売値を決めて設定しておかないと、あっという間に元の相場まで暴落してしまいますから、短期決戦用の銘柄って感じでしょうか?

リップルも昨年末の爆上げまでは、長期保有でよかったのでしょうけど、あのブルジュ・ハリファのような暴騰暴落のチャート、所謂ゴールド等でも過去に発生している定番のチャートの山を見る限り、今後は長期保有をすると大変なリスクがある以上、リップルは短期決戦用の局地戦闘機震電のような扱いで、ガチホってやっていると破産すると思って取引した方がよさそう。

2018年11月16日
から admin
ツタヤでは店員から個人情報と性癖をネットに公開すると脅される? はコメントを受け付けていません。

ツタヤでは店員から個人情報と性癖をネットに公開すると脅される?

本日、ネットのニュースを見ていたら、なんでもレンタルビデオチェーン店のツタヤの店員から、お客さんが脅されていたらしくて、個人情報とか性癖をネットに公開してやるとのことだったらしいのですが、これ、完全に脅迫に該当するというか、絶対にやっていはいけない行為だと思うんですが、ツタヤにはもう二度と行くことはないので、私には関係ない話ですね。

ツタヤって今はどうなのか知りませんが、私がかつて利用していた10年以上前の話で言えば、レジの近くの一番人目につく場所に韓国ブースってのを作っていて、韓国ドラマばかりを大量に陳列して日本人に大人気の韓国ドラマって無理やり売り込んでいたのですが、レンタルがされているのを私は見たことがないので、こんな邪魔な韓国ドラマは退けて欲しいと思ってました。

今回の事件の店舗は名古屋らしいんですけど、なんでもお客さんがツタヤ店内で例の韓国の原爆少年団についての意見を友人か何かと話していたらしく、多分、ツタヤ店内に陳列しているであろう原爆少年団のポスターとかポップを見て感じたことを友人と話しただけだと思うんですが、それを聞いたツタヤの店員が、個人情報や性癖をネットに公開すると脅したらしいです。

 

 

ツタヤでは店員から個人情報と性癖をネットに公開すると脅される?

これ、企業として終わっているというか、やってること暴力団と何ら変わりが無いと思うんですが、店員がお客さんの個人情報とかこれまでのレンタルの履歴を全て簡単に閲覧とかプリントアウト出来るシステムになっているのかどうか分かりませんけど、今回の被害者のお客さんは男性で、アダルトビデオをかりていた履歴と個人情報公開で脅された感じのようですね。

詳細については、ネットのニュースを見ただけなのでニュースの記事が正しくない場合もありますから、なんとも言えないんですけど、ツタヤの店員がお客さんに対して個人情報と性癖をネットに公開するとかって脅してくるなんか、普通の企業してはありえない話ですし、こんな脅しをされるのであれば、もうツタヤを利用するって思う人っていなくなるような気がしますね。

スポンサードリンク




私もツタヤを全く利用しなくなってもう10年以上経ちますが、ツタヤを利用しなくなった理由はネットで全て見れるっていうか、映画とかアニメが見たくなったら、Googleプレイでレンタルをするとか、Amazonでレンタル購入をしたらその場で見れることや、わざわざ返却に車で出かけなくても良いですから、ツタヤを利用する理由自体が全くなくなったからなのですね。

 

 

ツタヤも韓国系に拘っていたらお客さん来なくなりそうですね。

ツタヤって韓国系企業なのか知りませんし、興味もありませんが、以前、ツタヤに通っていた時には、韓国系ドラマのレンタルとか購入を必要以上に店内で煽っていて、それを見る度にこの店来るのやめよーかな?って思っていましたし、誰もレンタルしていないのに大人気とか、訳のわからないステルスマーケティングをやっていたので、韓国からお金貰ってそうです。

今回のツタヤの店員がお客さんを脅した件ですが、多分、原爆少年団のポスターとかポップで執拗に煽っていたのを見て、不快に感じたお客さんが友人たちとボソッと話したのかもしれませんけど、何も店内に原爆少年団に関わるチラシやポップがない場合、わざわざツタヤの店内で原爆少年団について友人と話す必要性もないと思いますから、店内にも問題はありそうですね。

私の地元では、地元のレンタルビデオショップがいくつか営業していたんですが、全てツタヤに潰されて吸収合併されてしまい、もはやレンタルビデオショップはツタヤオンリーになってしまいましたけど、結局、レンタルビデオショップ自体が負の遺産になっていて、実家の父親でさえ、もうツタヤに行かなくなってしまったので、今回の店員の脅迫でどうなるかだと思います。

ツタヤで原爆少年団の話を友人としただけで、それを聞いていた店員から個人情報やお前の性癖をネットで公開するぞ!って脅されたら、普通だったら警察に通報すると思いますし、こんな店員がいるようなレンタルビデオショップで何かを借りようって人はいないでしょうから、益々AmazonのやGoogleのネット経由のビデオレンタルがシェアを広げそうなのが気がかりですね。

よろしくお願いいたします。

2018年11月15日
から admin
久々にチャートを見たら仮想通貨ビットコインにボラが戻った! はコメントを受け付けていません。

久々にチャートを見たら仮想通貨ビットコインにボラが戻った!

最近、仮想通貨のチャートを見ていなかったのですが、少し前まではビットコインも70万のサポートで耐えていて、長期間に渡ってこの辺りのレンジになっていたんですけど、久々にビットバンクにログインしてみると、ビットバンクが10万円幅くらいで大きく動いていて、他のリップルとか、モナコイン、ビットコインキャッシュも本来のボラが戻ってきていたので残念です。

今年はビットコインの場合、現物が70万円を割ったら全力で購入しておけば、必ず上昇をして大きな利益を出せていいたので、今回の70万円割れもその予定で全力でビットコインをフルレバロングでポジションを持っていた人も沢山いると思うんですが、これだけ急激な10万円幅で上下していたら、大炎上をしてしまって一発退場してしまった人も多いのではないでしょうか?

ビットコインは70万円を割ってしまうと、暫くは暗黒の時代になるって言っている人もいますが、既にビットバンクの現物が62万円位になっていますので、このまま30万円位まで一気にセリクラでも発生してくれれば、ビットバンクで現物を購入して暫く放置しているだけで、2倍位にはなってくれそうなんですけど、セリクラまではいかないチャートでしょうかね?

 

 

久々にチャートを見たら仮想通貨ビットコインにボラが戻った!

これ、退場した人とボロ儲けした人、私のように暫くチャートを見ていなくて何もしていない人に分かれそうですけど、退場していない人でしたら、今回の暴落と強烈なレバに乗れなかった人でも、多分、これから仮想通貨の相場は大荒れしそうな雰囲気ですから、終わってしまったタラレバではなくて、これからどのように動くかを考えて、ポジションを持てば儲かりそうです。

なので、折角の機会ですから、仮想通貨のポジションを持ってみようと思っては見たものの、ビットバンクとあの曰く付きのZaifしか口座を解説していないので、落ちるのが分かっていてもショートのポジションを持つことが出来ない、ZaifならビットコインAirFXがあるとは言え、異常な値動きをすることが多いので、国内でレバかけるならビットフライヤー位ですかね?

そんな訳なので、今週末から仮想通貨の相場が大荒れになり、現物しか購入できない人でも、きっちりと底でビットコインとかアルトコインを購入しておけば、結構な利益を出せるチャンスがありますし、現物の場合、FXのように瞬間でロスカットされて退場するってこともありませんから、時間があるようでしたら、久々にビットコインやアルトコインを購入予定です。

 

 

ビットバンクのモナコインの出来高が20倍以上になってます

モナコインも色々と曰くがついてしまっていますが、最近は激しいボラが発生しているコインになっていて、Zaifのモナコインが死亡したのが原因なのか?、ビットバンクのモナコインの出来高が以前の20倍以上になっていますから、ビットコインよりもチャートの値動きがわかりやすい大口さんがマーケットを運用しているモナコインに手を出しても良いかもしれませんね。

本当、これ、今月仮想通貨のチャートに張り付いている人でしたら、凄まじい利益を上げている人も多いと思いますので、やっと仮想通貨らしい相場が戻ってきた感じですし、去年の年末のように20倍とか40倍っとかにリップルとかモナコインが暴騰するって予測している人もいるかも知れませんが、チャートをよく見て自分で判断して取引をしたほうが良さそうです。

よろしくお願いいたします。


誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク