Blog MiMi

2024年6月20日
から admin
時給1875円でも人が来ない?ヤマト運輸の求人!経験者の話 はコメントを受け付けていません

時給1875円でも人が来ない?ヤマト運輸の求人!経験者の話

いつもヤマト運輸の配達をしてくれている社員の方と雑談で話す機会があったのですが、最近、運動不足気味で体がたるんで困っているんですよ?って私が話していたら、ヤマト運輸の配達員の方が、だったらウチでバイトしたら良いですよ!って普通に笑顔で話してきたので、どんな仕事なんですか?って聞くと、ヤマト運輸のセンター内で荷物の仕訳などをする仕事らしいです。

配達をしているドライバーは正社員?が、やっているみたいですけど、都内にある巨大なヤマト運輸のセンター内では、荷物を仕分けする仕事が別にあるらしく、そちらについてはバイトOKで、いつでも人を募集しているって話でした。いつも人を募集しているって?、相当なブラック企業の予感しかしませんが、相当な運動になるらしく、たるんだ体も引き締まりますって話。

自分で運動を行うと、どうしても疲れるとやめてしまったりするものですが、強制的に何処かの会社で肉体労働をした場合、勝手に休むことも出来ないので、確かに良い運動になるとは思います。ヤマト運輸の配達員の方は、ウチで働きたかったらいつでも連絡下さいってそのまま笑顔で帰っていきましたが、どうなんでしょうね?、ヤマト運輸の求人をネットで調べてみました。

 

 

時給1875円でも人が来ない?ヤマト運輸の求人!経験者の話。

ネットでヤマト運輸の求人を調べたら、夜勤勤務が時給1875円で募集しているようです。深夜時間帯が1875円で、日勤時間は1500円ですね。IT系だと時給4000円位で、コンサル系は時給20000円前後ですけど、これが肉体労働系の相場なんでしょうかね?、アメリカの寿司屋のバイトが時給8000円ってのが、日本の感覚だといかにもぶっ飛んでいるってのがよく分かります。

ヤマト運輸で求人を調べたら、いつもどこかのセンターが募集をしているようですけど、常に募集って感じではないようです。ただ、政府が社会保険加入についての大幅な変更を予定していますし、ヤマト運輸で1週間5日で働くと、確実に社会保険加入の対象になってしまいますね。よくある、週払いとか日払いにして、社会保険から逃げるって方法も1活払いで使えないみたい。

私としては、運動をしてお金をもらえるなら、気が向いた時だけ夜勤でバイトをするってのもありかな?と思ったんですけど、好きな時だけってのは駄目みたいで、事前にスケジュールを組んで、週2回以上は必ず仕事をしないといけないようです。これはちょっと、実際にヤマト運輸のセンターで働いたことがある人を探して話を聞いてみようと思って、色々と声をかけました。

 

 

20代の人はヤマト運輸は1日でバックレたって話でした。

最初に捕まえたのが、20代の男性の方です。ヤマト運輸のセンターで実際に働いたことがあるそうなので、話を聞いてみたら、出勤1日目でバックレましたよ!って話でした。ええ?、体験談を聞こうと思ったんですけど、速攻で会話が終わってしまいました。しかも、1日目の休憩時間でバックレましたって話です。終日すら持たなかったようですけど、一体何があったのかな?

なんで、1日、しかも休憩時間の後にバックレたのか?、聞いてみたんですけど、職場の環境があまりに酷くて我慢できなかったそうです。なんでも、安全靴って靴を履かないといけないのと、更にはヘルメットもしないと駄目なようで、そんな格好で暑い中、空調もないのに説明もなしで働けって現場で言われたそうで、多分、そこの現場の管理者に問題があったのでしょうね。

created by Rinker
ノーブランド品
¥13,480 (2024/06/22 16:49:16時点 Amazon調べ-詳細)

この20代の男性の話では、ヤマト運輸でのバイトは絶対にやめたほうが良いって話でした。運動目当てなら、普通に運動をしたほうが良いですよって話です。こちらの方は他にはヨドバシカメラの倉庫で仕事をしていた事があるらしいのですが、そちらは時給もよく、環境も良かったものの、残業をするのが当たり前の環境だったので、やめてしまったとのことでした。あらら?

 

 

50代の人に聞いたらヤマト運輸はやめとけって話でした。

ヤマト運輸のドライバーではなく、センターで実際に働いたことがある人を探してみたけど、なかなかいないんですよね。次に見つけたのが50代の男性の方でした。こちらの方はある程度、ヤマト運輸で働いていたらしいのですが、やはり、安全靴とヘルメットの着用が義務付けられているらしく、夏場とかは髪の毛がむせるというか?、ヤマトの夏は地獄ですよって話でしたね。

ある程度の期間、ヤマトのセンターで仕事をしていたそうですけど、やはり空調などがなく、肉体労働で健康に良いというよりも、寿命を縮めるような労働になるので、運動目的ではお勧めできないそうです。余程生活に困っているとか、他に仕事がないとか?、そういった事情の人が集まっている職場らしく、外国人も多くて、ワキガ等の匂いもひどく、短期でもきついとか?

安全靴については、求人では軽作業って募集ですけど、実際には20キロを超える重たい荷物もあるそうなので、それを落としたら危ないですからこちらについては分かります。しかし、ヘルメットについては、理解できないですね。工事現場みたいに上から荷物が落ちてくるとか?、荷物の仕訳になんの関係があるのか?、何か事故があってヘルメットの強制着用になったのかな?

結局、実際にヤマト運輸のセンターで働いたことがある人の話を聞いてみると・・・、と言っても2名だけですけどね。共通して運動目当てでは止めたほうが良いって話です。それに安全靴とヘルメットの強制着用って?、冬場ならまだしも、夏場でヘルメットってのは相当にきつそうですし、ハゲる人とかも出てきそうですね。素直に夜間に運動をした方が良いかもですね。

強制的に肉体労働の現場で運動をしないといけない環境であれば、効率よく体がしまって健康になるかな?、と思っていたけど、甘い考えだったようですね。

よろしくお願いいたします。

2024年6月19日
から admin
港区内を歩いたけど暑い!レインボーブリッジ補修中? はコメントを受け付けていません

港区内を歩いたけど暑い!レインボーブリッジ補修中?

本日は、用事があって港区、中央区を移動していました。天気も良いし、これだけ風も心地よいと、電車で移動するのもあれなので、基本的に歩いて移動をしてみたんですけど、日陰にいるときは風が涼しかったんですけど、歩き出すと物凄く暑いです。しかし、この暑い中でもスーツ着用でカバンを背負っている会社員の人が沢山いるので驚きました。マジで暑くないんだろうか?

そんな訳で、中央区から港区間をぐるっと移動してみた訳ですが、遠くから見たらかっこよく見えるレインボーブリッジも実はボロボロです。歩道はタイルが破損して盛り上がっているし、あちこち亀裂が入っているし、塗装も剥げてサビだらけ?、近くから見たら、廃墟みたいなレインボーブリッジだった訳ですけど、最近では大規模な補修工事が行われているっぽいですね。

 

 

港区の芝浦にある、ぐるっと360度回る道路が特徴のレインボーブリッジの橋桁付近から上を見上げてみると、補修中のレインボーブリッジと補修されていないレインボーブリッジの道路がぜんぜん違うのに気が付きました。綺麗に補修されているのが首都高速道路で、ボロボロな方が一般道です。レインボーブリッジは上が首都高速、下側が一般道で構成されている橋になります。

首都高速側のレインボーブリッジは本当に綺麗に補修工事が行われていて、現在、大規模な補修工事みたいです。一般道側とか、橋桁は塗装を剥げしているところなので、今後かな?

 

 

港区内を歩いたけど暑い!レインボーブリッジ補修中?

そして、芝浦を離れて田町方面に移動しました。この場所は懐かしいですね。とても小さな神社があります。これ、田舎の商店街に見えるかもしれませんけど、東京のど真ん中の風景です。田町駅を降りて、ドコモショップ方面に真っすぐ歩いていくと、田町の下町通りみたいな古くて狭い路地があります。この場所は将来的に再開発をせずに、このまま残して欲しいと思います。

ただ、この通りにパチンコ店があるので、とっとと潰して欲しいですね。パチンコ店を無くして、古い感じの飲食店だけにすればこの通りも盛り上がりそうな気がするんですけど、最近では外国人が経営しているような怪しい店も増えてきていて、古くから営業している飲食店が減ってきている気がします。森ビルよりも、こういう、下町みたいな古い東京ガ個人的には好きですね。

 

 

そして、田町の下町通りの近くにある、ロケットみたいなビルがNECの本社ビルです。特徴的なデザインが目につきますが、森ビルの六本木ヒルズとか、麻布台ヒルズ等の高層ビルを見ていると、流石に昭和の時代を感じる古臭い感じがしますね。このビルは中が吹き抜けになっているのですが、ここで友人が働いていた時に、社員さんが飛び降り自殺をして問題になりました。

その現場にいた友人は、目撃者になった訳ですが、その光景を見てしまって、体調が悪化してしまった訳です。その後は、何度転職をしても、体調が悪化してしまう為、IT系の仕事はできなくなってしまったので、大学でサイエンスや情報処理を勉強して能力も高く、人柄も良かったものの、東京でIT系の仕事が出来なくなって、実家に帰って療養することになってしまいました。

 

 

現在、どうしているんだろうか?、最後にあってから、結構な年数が経過していますので、このビルをみる度に、友人のことが気になりますね。自殺した社員さんですが、当時のNECでは大規模なリストラを計画していたようで、それで勤務中に飛び降りて自殺したって言われています。リストラされたら、他の会社で働くか起業をすればよいのに、日本の悪い風習ですかね?

 

 

分譲価格が300億円の麻布台ヒルズ?クレーンの謎。

田町から港区の東京タワーの方向に移動していると、新しいビルの建設が行われていました。かなり大きなビルになるんでしょか?、建設中のビルを見ると、ボロボロに錆びた鉄の柱を組んでいき、なんか頼りなさそうな印象ですが、これが完成すると綺麗なビルになるのが不思議ですよね?。このビルの工事現場では大きなクレーンが2台フル稼働していました。竹中工務店?

これ、毎回疑問に思うんですけど、高層ビルのクレーンって遠隔操作ではなくて、クレーンの中に人が入って操作している筈です。クレーンを高く積み上げていくのはわかるんですけど、クレーンの中にいる人は、どうやってクレーンの中に移動しているのか?。クレーンの足場の中に階段があって、そこを登り降りして移動しているのかな?。高さ300メートルでも歩いて移動?

 

 

更に、作業員が1日8時間位?、仕事中にクレーンの中にいる間、トイレとか食事、休憩とかどうやっているんだろう?って疑問です。中にトイレとか休憩所とか、電力は下から足場経由で電線を引き、クレーンの中にはエアコン等もあるんでしょうかね?、これ、立っているだけでも暑いのに、クレーンの中にエアコンがなかったら死ぬと思います。高所恐怖症の私には無理です。

クレーンの中に簡易トイレのようなものがあり、空調とか冷蔵庫もあって、作業員が仕事の際には足場の中にある階段?、はしごを登って、クレーンの中に入る。その後はそこで8時間作業をして、トイレも空調も冷蔵庫もクレーンの中にあり、作業中はクレーンからは出れない。仕事が終わったら、ゴミなどを持って、はしご、階段を使って下に降りるって流れなのかな?

この建設中のビルの反対方向には公園があり、芝公園だったかな?、東京タワーが見えました。ただ・・・、以前は東京タワーしか見えなかったスグ後ろに、邪魔なんですけど、巨大なビルが建設されています。これが、例の麻布台ヒルズって日本一高額な分譲マンションですね。最上階のペントハウスは200億円とか300億円で分譲販売されているって報道がされています。

 

 

購入したのは日本人だとか?、まあ、本当に200億、300億円の分譲価格で販売されているのか?、それが本当なら固定資産税はいくらなの?って気になりますね。管理費とかもすごい金額なると思います。何しろ管理しているのがアマンレジデンスって会社になるので、管理費、修繕費だけでも毎月100万円は普通に超えてそうですし、電気代も数百万円になるのでは?って感じ。

まあ、こういう超高級マンションを購入する人って、何もしなくても毎日数億円とかのお金が入ってくる人でしょうから、そういうのは気にしないとは思うんですけど、景観的にこういう大きなビルを建設しまくるってのはどうかと思いますね。月島の下町だったところも、再開発でタワーマンションが次々と建設されているし、開発する土地が残っていない東京はどうなるのか?

しかし、都内を歩いて移動していると、暑くて倒れそうになります。予備のタオルと着替えは必須になってます。

よろしくお願いいたします。

 

2024年6月18日
から admin
86億円のタワマン「スタンウェイ・タワー」最上階が怖い! はコメントを受け付けていません

86億円のタワマン「スタンウェイ・タワー」最上階が怖い!

ネットで不動産の物件を調べていたんですけど、最近ではニューヨークの家賃が高騰していて、庶民向けでも毎月70万円以上だとか?、流石はアメリカでも最高の富裕層が集まるニューヨークですので、とんでもないレベルに到達しています。アメリカでは寿司屋のバイトが時給8000円って言われてますけど、最低レベルの生活しか出来ないので、日本の貧困化がよく分かる。

それで、ニューヨークでは、やたら細くて高いタワーマンションが次々と建設されていて、その高さが435メートルで84階建ての超高級タワーマンション「スタンウェイ・タワー」の紹介の動画を見つけました。白人のおっさんが、この超高級タワーマンションの紹介をしている動画なんですけど、セントラルパークの目の前の超一等地に建設されているのが分かりますね。

 

 

驚いたのは、その細い構造だけではなく、分譲価格が86億円という、ぶっ飛んだ価格設定になっている点です。メゾネット形式のお部屋で2つのフロアが階段で繋がっている特別な仕様になっている、いわゆるペントハウスです。しかし、おっさんの動画のサムネイルを見ても、周囲のマンションやビルと比較して、その異常な高さがひと目で分かりますね。細すぎるけど大丈夫?

※この白人のおっさんがYoutubeでスタンウェイ・タワーのペントハウスを紹介している動画の画像を引用させて頂いています。

 

 

86億円のタワマン「スタンウェイ・タワー」最上階が怖い!

このおっさんはYoutubeで高級マンションや僻地のマンションを紹介している人みたいですね。本当、スタンウェイ・タワーの高さが目立ちます。セントラルパークの周辺に建設されているビルとかマンションって結構な高さがあるはずなんですけど、それと比較しても際立って高さが高いですし、やたら細くて、日本でこんなタワーマンションを建設したら地震で倒れそうです。

ニューヨークは地盤が固くて地震が殆ない地形なので、こういうタワーマンションが建設できるんでしょうかね?、最近では、ニューヨークにビルやマンションを建設し過ぎで、毎年、地盤沈下が発生していて、将来的には海に沈んでしまうって話も出てきているらしいのですが、コンクリートを10万トン以上も使う、こんなタワーマンションが建設されたらそりゃそうなるか?

ちなみに、スタンウェイって有名なピアノメーカーの事です。ピアノを習っていたことがあれば、スタンウェイを知らない人はいないくらいに有名ですね。このタワーマンションのスタンウェイの敷地内に建設されていて、限られたスペースの中で最大限の活用をする目的でこういうタワーマンションになっているそうです。これ、将来解体するときってどうするんでしょうね?

 

 

こういう、異常に高いタワーマンションって、ベランダがないとか、窓があかない構造になっているのか?と思ったら、普通にベランダがあって、外に出ることも可能なようです。最上階のペントハウスなので、高さは400メートル超えていると思うんですが、驚いたのは、ベランダの手すりの高さが1メートルしかないんですよね。これ?、転落事故とか想定していないのかな?

おっさんがベランダに出て、ポーズを取っていますけど、ベランダのガラス張りの手すりの高さはおヘソの位置くらいまでしか無く、強風でも吹いたら普通に、そのまま転落してしまいそうなくらいです。このタワーマンションって殆がガラス張りになっています。ちなみにニューヨークの建築物は空気の入れ替えが出来るように、法律で窓の開閉が義務つけられているそうです。

ですから、ニューヨークでは、高さが400メートルをこえていても、日本みたいに窓が完全にあかない構造のタワーマンションの建設は出来ないってことになりますね。

 

 

 

 

ベランダからの眺望映像を見ただけで体調不良になりそうです。

おっさんがベランダから下方向を撮影した映像も公開されているんですけど、これを見ただけで体調不良になりそうなくらいに物凄い視界が確認できます。他のビルとかマンションが遥か下の方に見えますし、道路を歩いている人とか車が確認できない位の高さになってます。高所恐怖症の私からすれば、このマンションに無料で住んでくれと言われても、絶対に無理な高さです。

酔っ払って、ここから転落してしまったら、助かる確率は0%というか、ベランダの広さ分、上の階が細くなっていく構造なので、転落した際はスグ下の階のベランダに激突して大変な状態になりそうですね。こういうタワーマンションの形状が変わっている理由としては、風の巻き込みによる破損や揺れを押させるために、ちょっと変わったデザインにしないと駄目みたいです。

 

 

おっさんが嬉しそうにベランダを歩いていますけど、本当に壁がなくて、柱以外は全面ガラス張りの構造になっていますね。日本ではこんなマンションは見たことがないです。異常に細くて高さがありますので、台風の際の揺れも心配ですし、東日本大震災クラスの地震とか来たら、そのままポッキリ折れそうな構造をしています。高所恐怖症には、これは絶対に無理な奴です。

 

 

 

セントラルパークの全貌を確認できるだけではなく、ハドソン川までくっきりと見えるのが、スタンウェイ・タワーの眺望のウリらしいのです。基本的にタワーマンションの眺望って何が良いのかさっぱり分かりませんが、あまりに高さがある事や、全面が色のついたガラス張りなので、外から部屋の中が見られないってのはプライバシーを気にする人なら確かに凄いと思います。

ただし、近くにセントラルパーク。タワーってこれよりも高い470メートル位のとんでもないタワーマンションも建設されています。ちょうど、ベランダでポーズを取っているおっさんの後方に見える、やたら高いタワーマンションがそれですね。その方向からは丸見えかもしれませんが、他の建物、地上からはこのタワーマンション内部を見るのは不可能ってのは利点ですけどね。

このベランダの手すりの高さだと、なにかベランダに物をおいているとか、自分で、足台になるものを持っていき、幼稚園以下の子供が落下してもおかしくないですよね。日本だと、稀にタワーマンションのベランダから子供が落下したって事件がありますけど、ニューヨークの超高級タワーマンションのベランダから子供が落下したって事件は聞いたことがないですね。どうだろ?

 

 

 

低層階は超優良物件だと思うけど既に完売しているんでしょうね。

流石に86億円の分譲価格ですから、部屋の内装は高級仕様なのは当然なので、興味がある人はおっさんのYoutube動画を見て下さい。しかし、エレベーターが2機しか無く、しかもワンフロアが1世帯って構造になっている為、壁の問題は全く無いのですけど、エレベーターを出たらスグに自宅の部屋って構造は面白いかもしれませんね。飛行機が激突したらどうするんだろうね?

友人がタワーマンションの56階に住んでいるんですけど、それでも部屋に行って外を見たら、その眺望を見て体調不良になり、そのままベランダから落ちそうになった経験があります。窓があかないとか、ベランダに高いガラスの壁があるなどでしたらよいのでしょうけど、ベランダの手すりが1メートルしかない、430メートルのタワーマンションは私には絶対に無理ですね。

created by Rinker
集英社
¥880 (2024/06/22 14:46:47時点 Amazon調べ-詳細)

個人的には低層階でしたら、ワンフロアが1世帯で壁の問題もないですし、ニューヨークの超一等地の立地で、エレベーターを出たら自分の部屋である構造ですから、この物件は最高だと思います。最上階のペントハウスは・・・、眺望自体が私には無理ですし、ここで寝泊まりして生活をするだけでも、恐怖心でメンタル的に不安になり、うつ病になるんじゃないでしょうか?

最上階のペントハウスは86億円で売りに出ていますけど、買う人いるんだろうか?、小室圭が秋篠宮家からの資金でこの86億円のペントハウスを購入したら笑えるんですけどね。低層階は比較的価格も抑えめとはいえ10億円以上はすると思いますけど、低層階でしたら、このタワーマンションは超優良物件だと思います。まあ、とっくに完売しているとは思いますし、それが答え?

 

よろしくお願いいたします。