Blog MiMi

2019年5月20日
から admin
Googleの2019年検索アップデートの影響は大きい! はコメントを受け付けていません。

Googleの2019年検索アップデートの影響は大きい!

スポンサードリンク



これまで、Googleでは何度も検索アップデートが行われてきていて、その度に、ブログが飛ばされてしまったとか、アクセスがなくなり困っているって人たちをネット上で見てきていたんですが、私のこのブログも2018年のアップデートから次第にアクセスが少なくなってきてしまい、2019年のアップデートで大打撃を食らった感じで、アクセス数は20分の1前後になりました。

それで、状況を確認したいので、暫く放置して様子を見ていたんでうが、一向に改善する様子はなく、日に日にアクセスが少なくなってきていて、以前は大量にアクセスがあったり、検索したらトップ表示されていたブログのページが見当たらなくなってしまっていて、これがGoogleのアップデートの影響なのか?、とついつい関心しまっている今日この頃なのですね。

基本的に、手動アップデートと呼ばれている、Googleの社員が直接目視で除外をするアップデートを受けた場合、Googleが提供しているSearch Consoleで調べればそれが分かるので一応確認してみたんですけど、特にそのような警告は表示されておらず、完全に検索アップデートの影響でアクセス数が激減してしまったのが確認できましたし、放置で回復することもない感じ。

 

 

Googleの2019年検索アップデートの影響は大きい!

2019年5月時点で、Googleの検索アップデートで検索結果から除外されてしまったブログの管理者を調べてみると、健康系ブログ、金融系ブログばかりで、他のジャンルは問題ないようですし、私が管理しているブログでも、健康系のブログは壊滅状態になっていたので、このブログのアクセスが激減したのも、好き勝手書いている過去の健康系のコンテンツが多分、原因。

特にブラックと呼ばれる、検索エンジンのモラルに引っかかるような行為は行っておらず、単純に自分が好き勝手に書いているだけのブログですから、過去の健康系のコンテンツを修正するか、非公開にしていけば、次第にアクセスが回復してくるのかもしれませんし、後は金融系のコンテンツに関しても、修正や削除をすれば、本来のアクセスに戻るのかもしれません。

これ、本業でアフィリエイトをやっている人のメインのブログだった場合、生活ができなくなるレベルの影響ですので、以前からGoogleの検索アップデートの度に、サイトやブログが飛ばされてもう引退するしか無いって人たちを見ていましたが、確かにこれ以上の損害というか、完全に検索から除外されてしまったようなブログであれば、死にそうになる気持ちも分かります。

 

 

健康と金融関係の過去コンテンツを修正するべきか?

アクセスが激減した原因はわかっているのと、いきなり急激にアクセスが減るのではなく、2018年頃から、検索アップデートが行われる度に、このブログだけがアクセスが減っていたので、そのうち激減するのはわかっていましたし、健康系のコンテンツに対して、かなり厳しい検索アップデートが行われているのも知っていたのですが、特に気にすることなく放置してました。

というか、既にアクセスが増えそうなコンテンツというかジャンルは、このブログから独立させて更新をするようにしていたので、このブログのアクセスが0になったとしても、Adsense等の売上に関しても全く影響がない訳ではありませんが、他のブログのコンテンツを更に充実させれば問題がない状態になっていますから、このブログの修正をするべきかどうかですね。

既にメインブログやサイトが検索アップデートで被弾してしまって、生活の危機すらあるって人たちは、毎日必死になって対策をしているようで、ブログやサイトもオリジナルコンテンツで地道に更新をしている状態で、特に何ら問題もない人たちでも、今回の2019年初頭の検索アップデートで殆ど検索から除外されてしまったようで、本当に死ぬ気で対策を行っているようです。

 

 

健康系や金融系は2017年までは確実も儲かるジャンルだった。

現在は、大変悲惨な状態になっていますが、2017年までといえば、健康系のブログやサイトは花形産業といっても過言ではないくらいで、月100万円単位で売り上げている人たちが沢山いたんですけど、似たようなサイトやブログが乱立してしまい、パクリや信憑性がない情報、出鱈目なランキングでアフィリエイト商品を売りつける人たちが増えすぎたのが今の結果になります。

検索エンジンの仕組みをある程度知っていて、サイトやブログが作れる人なら、商標ワードを取り、そこでアフィリエイトを貼り付けて、出鱈目なランキングで煽りまくれば儲かったのは2017年までで、そこから先はそういったブログやサイトは真っ先に、検索エンジンから除外されていき、今では検索をしても見る影もなく、サイトのオーナーのブログも404になっていますね。

私の場合、儲けるとかそういった目的ではなく、自分が好き勝手に書いているこのブログにAdsenseを貼り付けたら、想像以上の売上になったので驚いたタイプの人であり、アクセスが多かった頃にデータを分析して、これはいけると感じたジャンルは独立させて新規ブログとして別管理していますので、まあ、こちらが被弾をしてもダメージが無いわけではありませんが・・・。

別に、他のブログが全く問題がないどころか、アクセスが日に日に増えているので、そちらを充実させれば構わないスタンスなので、もう暫く様子を見てみる予定です。

よろしくお願いいたします。

2019年5月19日
から admin
ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期はクソゲー? はコメントを受け付けていません。

ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期はクソゲー?

先月の4月末のGWに突入した際に、Stermにてスパイク・チュンソフトが販売しているゲームが一斉にセール販売されていたので、ダンガンロンパシリーズを全て購入したんですが、既に持っているダンガンロンパがあれば、その分は除外されて割引で購入できるのがStermの素晴らしいところで、他のアマゾン等で購入する場合は、このようなお得な方法では購入ができません。

購入したのは(1)ダンガンロンパ1、(2)ダンガンロンパ2、(3)ニューダンガンロンパV3(いわゆる最新作)、(4)絶対絶望少女ダンガンロンパAnotherEpisodeのダンガンロンパフルセットと、(5)482封鎖された渋谷でになり、他のシュタインズ・ゲートエリートのセットに関しては、別に時間があればアニメで見れば良いかな?といった感じでスルーしておきました。

ダンガンロンパについては、1、2は過去にPSPでクリアしていたものの、相当前の話なので黒幕や裏切り者については、覚えていても詳しい内容については忘れていたので、殆どゼロから初めた感じだったんですけど、PSPの画質からHD画質にアップグレードがされていて、高速なPCの大画面でやると、PSPと比較して大変快適だったので、とても良い作品だと思いました。

しかしながら、つい先日、やっとこさでダンガンロンパV3 をクリアしたんですが、V3に関しては、何処を見ても評価が相当悪くなっていて、なんでダンガンロンパの新作がこんなに評価が悪いのか?、よく分からなかったのと、詳細を調べるとネタバレになる書き込みが絶対にあるでしょうから、詳細は全く調べずに初めたんですが、クリアしたら意味が分かりました。

 

 

ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期はクソゲー?

あちこちで、クソゲーの評価が相当数目立つダンガンロンパV3なんですが、グラフィックもPSP全体であった前2作と比較すると相当綺麗なグラフィックになっていて、HD化された前2作と比較するとフォントもかなり綺麗になっていて、登場するキャラクターも個性的なデザインなんですが、序盤からモノクマの声優が大山のぶ代さんではなくなっているんですよね・・・。

モノクマの声優はあのドラえもんで有名な大山のぶ代さんが担当していて、モノクマのキャラのイメージと大山のぶ代さんの声がもう切り離せない位の完成度になっていたので、今回のモノクマの声優さんはちびまる子ちゃんなんですけど、無理をしてモノクマっぽく喋っている声質、どう聞いてもちびまる子ちゃんの声そのものの声質が混ざっていて、いまいちでしたね。

後、変なモノクマの子供みたいなのが5匹いて、これがウザい位登場してくるのと、シリーズ初の女性キャラである赤松楓がどうなるのかな?と思っていたら、いきなり初回で処刑されてしまって、主役が変な超高校級の探偵に切り替わってしまうので、この件で怒っている人が沢山いるだろうと予想はできたんですが、やはり問題は最後の6章の後半のオチになるると思います。

結論から言えば、ゲームとしてはやってはいけないことをやってしまっていること、購入したユーザーを不快にさせるようなコメントを過去作品のダンガンロンパのキャラクターを使って、延々と長時間罵声を浴びせること、既にゲーム性がまったくなく、ゲームと呼べない状態になってしまって終了してしまうので、まあ、どっちかと言えばクソゲーと呼ばれても仕方ない。

スポンサードリンク




 

 

赤松楓の冤罪事件について知りたいのに全く触れずに終了

ダンガンロンパの特徴といえば、コロシアイを共用しているモノクマ及び黒幕に関しては、あくまで公正なジャッジを行うという大前提があったんですが、今回のだダンガンロンパV3では、実は最初の段階で処刑されてしまった、主人公のはずだった赤松楓について、実は冤罪だったことが判明して、一章の殺人を行ったのは黒幕であると言うことが確定していきます。

それを、黒幕が隠していて、赤松楓が殺人者として処刑してしまうんですが、この時点で既にダンガンロンパのゲーム内容が破綻してしまっていて、多分、多くの購入者はそれについて最後どのような展開を見せるのか?と強い関心を持っていた人が大半だと思いますけど、第6章で黒幕の正体が判明した時点で、まさかの「フィクション」なのでどうでも良い展開になります。

そして、普通の人が受け付けない2チャンネル用語が沢山出てきて、過去のダンガンロンパのキャラクターが次々と出てきて、プレイヤーに罵声を浴びせる状態になり、フィクションなんだから、キャラ設定も全て架空のものであるとか、赤松楓の冤罪事件についての話は全く触れなくなり、制作会社であるチームダンガンロンパがどうのこうのと意味不明の展開になります。

結局、それで黒幕が処刑されて終わり、エピローグで何処までがフィクションなのか、分からないって展開で終わるんですけど、赤松楓の冤罪事件はどうでも良いって感じになっていて、これでは購入した人の大半が納得せずに、アマゾンでも最低評価をつけまくるのは当然といえば当然ですし、ラスボスについても、逆転裁判5のパクリのよなありきたりの展開で終わりました。

 

 

テーマが嘘でも流石にこれは不味いし次回作はどうなるのやら

PC版でもダンガンロンパV3は2年ほど前に体験版がStermで配布されていて、初の女性主人公キャラって大々的に宣伝をしていたのは覚えているんですが、まさかの主人公キャラが初回で死んでしまって、男性キャラに切り替わるってのは、展開的には良いとは思うんですけど、広告や体験版をやって定価でダンガンロンパV3を購入した人なら激怒しても仕方ないと思います。

ダンガンロンパについては、V3をクリアした感じでは、次回作はもう作らないのでは?といった感じの終わり方ですが、ダンガンロンパについてはキャラクターデザインとかシナリオを他のゲームで活かせるとは思えないので、結局、ダンガンロンパの新作を作りますって感じになった場合、テーマが嘘だったので、黒幕の存在自体嘘でしたって居直りまた炎上しそうですね。

今回のダンガンロンパV3で気になったのは、シナリオ担当者が変わったのか?、トリックがあまりに不自然で適当なシーンが多く、6章のフィクションですってオチよりも、そちらの方が問題だと思うんですが、シーソー殺人とか、流石に無理がありすぎますし、ピラニア殺人に関しても、いくら無理やり展開のダンガンロンパでも、ちょっと???って感じでクリアしました。

BGMは相変わらず素晴らしく、これまでの強引だったトリックが更に強引かつ不自然になっていますが、元々、ダンガンロンパ自体が特徴的なBGMを聞きながらノリで勧めていく、ちょっとありえないゲームですので、フィクションでしたオチをあまり気にせずに、セール時に2000円位で購入するんでしたら、全然ありだと思うので、購入しても損はしないとは思います。

よろしくお願いいたします。

2019年4月27日
から admin
Sterm史上最悪のクソゲーはストリートファイター5 はコメントを受け付けていません。

Sterm史上最悪のクソゲーはストリートファイター5

暦通りなら今日からGWの大型連休になっているので、色々とセール販売がネット上でも始まっていますが、久々にStermを見てみるとカプコンのパブリッシャーセールが開催されていて、ストリートファイター5とかバイオハザード2のリメイクなどがセール販売されているようで、セールの中でもストリートファイター5は期限付きで連休中は無料で楽しめるようですね。

ストリートファイター5といえば、発売日に定価で購入したい人の殆どがマジギレして激怒していた位の未完成品のゲームであり、カプコンいわく、カプコンやその利害関係にある企業が行っている宣伝目的のプロのゲーム大会に基準を合わせているためで、一般のユーザーは定価で購入して黙ってデバッグをやってなさい的な姿勢だったので、相当な批判を受けたのが3年前。

その後、アップデートでrootkitと呼ばれている、このプログラムインストールされたパソコンを外部から遠隔操作できる類のマルウェアをカプコンが勝手に購入者のパソコンにインストールしたのがバレてしまって大問題になったりと、3年前の発売日から延々と購入者をバカにしたような運営を行ってきていたんですが、それが今回は連休中は無料なのでインストールしました。

 

 

Sterm史上最悪のクソゲーはストリートファイター5

結論から言えば、今回無料でインストールしたストリートファイター5なんですけど、控えめに言ってもSterm史上最悪のクソゲーとしか評価できない駄作であり、よくこんなクソゲーを堂々と販売してプロの大会などを煽っているな?と不思議で仕方ないんですけど、60%割引で1196円で購入できるんですが、こんなクソゲーを購入するのは止めたほうが良いと思いますね。

クソゲーの定義については個人差がありますが、ストリートファイター5をStermからダウンロードすると分かるんですが、インストールが完了して最初に起動した際に、契約書がひょうじされて、契約に同意するのボタンを押さないと次に進めなくなっていて、契約内容を確認してみたら、パソコン内の個人のデータを採取しますけど文句は言わないでね的な内容の羅列です。

こんな契約書が出てくるゲームはStermで相当な本数を購入していますが、ストリートファイター5だけであり、内容も曖昧表記と取れるような箇所が多数あり、何があってもカプコンに対して訴訟を起こしてはいけませんとも受け取れる内容とか、この時点で普通の人なら購入したことを後悔するでしょうから、ストリートファイター5の購入はやめたほうが無難です。

契約書するボタンを押さないと次に進めないので仕方なく押して見ると、今度はプライバシーポリシーに同意するボタンを押さないと次に進めなくなっていて、なんか、悪徳商法の営業から勧誘されているような気分になり、この時点でアンイストールしようかとも思ったんですが、とりあえず次に進むことにしたものの、これ相変わらず強制オンライン専用なんですね。

 

 

起動時に毎回強制でポップアップが表示される!

強制オンラインではなく、オンライン対戦なんかに興味がない人向けに、オフラインでも起動できるようにしてくれると良心的だったんでしょうけど、カプコン的にはオンラインで運営側が全て管理したいらしく、オフライン機能はつける意思すらないようですから、この時点でも終わっていますが、更に起動時には毎回ポップアップでマンスリー等の宣伝が強制表示されます。

これ、基本無料のカプコンが運営しているモンスターハンターエクスプロア等のソーシャルゲームだったら、まだ分かるんですけど、売り切りの有料ゲームで、その日のノルマなどが表示される強制ポップアップを消す設定ができない状態ですし、ボタン連打でも飛ばすことが出来ず、ポップアップの中に表示されている告知や広告を全て見ないと次に進めないトンデモ仕様です。

本当、カプコンって購入者を自分たちの信者かかにかと勘違いしているのでは?としか思えないですし、オンライン対戦には全く興味が無いので、なんとかゲームを一人用のアーケードモードで開始すると、今度はユニクロの広告がバンバン強制表示される状態になっていて、これがイライラさせる為にやっているとしか思えないですし、基本無料のゲームでもここまでしません。

 

 

ユニクロの全面広告が毎回表示されるのでイライラ

ユニクロの広告は試合が始まる前にかならず全面広告で表示されるんですが、画面がユニクロの広告に切り替わるため、気分がイライラしますし、ゲーム中もユニクロの広告だらけで、ソーシャルゲームの基本無料のゲームでもここまでひどい広告強制表示は見たことがないんですが、このユニクロの広告については、設定画面で表示しないように出来たのでまだマシですね。

ただし、ストリートファイター5を起動した際に毎回強制表示される、ポップアップ広告については、表示させない設定が見当たらなかったので、毎回こんなイライラするポップアップの宣伝やマンスリーノルマ等を強制に閲覧しないといけない時点で、もはやゲームとしては終わってますし、強制オンラインにしているのも、これがしたいからこんな仕様にしてるのでしょう。

Stermのゲームでもここまでひどい強制広告は見たことがありませんし、オンライン強制にするのも広告を表示させたり、どうみても過疎化して人がいなくなっているのでしょうけど、オンラインでこれだけ接続者がいるので、ストリートファイター5は盛り上がっているぞーって感じの、捏造データを公開して、殆どの人が興味がないプロのゲーム大会で利用したいのでしょう。

 

 

ゲームそのものは普通に完成度が高いので本当に残念

散々、今回インストールしたストリートファイター5について、批判的な感想を書いてきましたが、これを批判ではなく好意的に捉える人なんかまず、カプコンの関係者、利害関係者以外まず存在しないと思いますし、ゲーム以外のシステム的な部分が、一般人の常識や有料で売り切りのゲームであることを完全に無視した状態ですから、よい箇所が全く無いので仕方がない。

しかしですね、肝心のゲーム自体は完成度が高くなっていて、ストリートファイター2モードってのがあって、懐かしいストリートファイター2のリメイク的な感じでアーケードモードが楽しめるんですが、懐かしの私がいつも使っていた春麗を選択してやってみた所、これは普通に面白かったので、ストリートファイター5のゲームの部分だけなら普通に高評価になりますね。

春麗がやたら筋肉質になっていましたが、操作も簡単で、ストリートファイター2のラスボスであるベガまでスイスイ進むことが出来て、技も出しやすくなって画面もきれいで見やすいですし、ストリートファイター2のBGMは良い曲が多いんですが、それらも丁寧なアレンジがされていて、正直ストリートファイター2モードだけだったら有料で購入しても損はしないです。

アーケードのストリートファイター2モードを春麗でクリアしたので、こんなふざけたゲームは速攻でシャットダウンして、直ぐにパソコンからアンイストールしたんですけど、ゲーム自体はほんとによく出来ていて、なんでこんなふざけた仕様にしたのか、本当に理解が出来ませんけど、もう起動することは無いでしょうから、速攻アンイストールで気分爽快になりました。

 

 

今後は過疎で基本無料になると思うので購入は駄目

別にオフラインでも楽しめる格闘ゲームなのに、カプコンの都合で強制オンライン、更には強制ポップアップ広告、強制的な契約書、強制されるプライバシーポリシーへの同意、これらが全てを駄目にしてしまっていますので、基本無料にでもならない限り、90%割引でも購入するのは全くおすすめ出来ませんが、ゲーム部分だけオフラインで別販売してくれると嬉しいですね。

今回はStermにてカプコンのパブリッシャーセールで60%割引の1196円でストリートファイター5がセール販売されていて、更にゴールデンウィーク中は無料で楽しめるので、興味を持つ人もいるかも知れませんが、こんな顧客をバカにしたふざけたシステムの格闘ゲームですから、普通の人はまず相手にしなくなり、今後、過疎化が更に進んで人がいなくなると思われます。

なので、今回は期間限定の無料ですが、最終的には基本料金無料で課金性のゲームに変わっていくのでは?と思いますから、興味があればその時に無料で入手すればよいですし、今のふざけたシステムで管理されているストリートファイター5を購入してもイライラするだけなので、余程熱狂的なカプコンの信者の人以外、ストリートファイター5の購入は全くお勧め出来ません。

よろしくおねがいします。


誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク