Blog MiMi

2018年11月16日
から admin
ツタヤでは店員から個人情報と性癖をネットに公開すると脅される? はコメントを受け付けていません。

ツタヤでは店員から個人情報と性癖をネットに公開すると脅される?

スポンサードリンク



本日、ネットのニュースを見ていたら、なんでもレンタルビデオチェーン店のツタヤの店員から、お客さんが脅されていたらしくて、個人情報とか性癖をネットに公開してやるとのことだったらしいのですが、これ、完全に脅迫に該当するというか、絶対にやっていはいけない行為だと思うんですが、ツタヤにはもう二度と行くことはないので、私には関係ない話ですね。

ツタヤって今はどうなのか知りませんが、私がかつて利用していた10年以上前の話で言えば、レジの近くの一番人目につく場所に韓国ブースってのを作っていて、韓国ドラマばかりを大量に陳列して日本人に大人気の韓国ドラマって無理やり売り込んでいたのですが、レンタルがされているのを私は見たことがないので、こんな邪魔な韓国ドラマは退けて欲しいと思ってました。

今回の事件の店舗は名古屋らしいんですけど、なんでもお客さんがツタヤ店内で例の韓国の原爆少年団についての意見を友人か何かと話していたらしく、多分、ツタヤ店内に陳列しているであろう原爆少年団のポスターとかポップを見て感じたことを友人と話しただけだと思うんですが、それを聞いたツタヤの店員が、個人情報や性癖をネットに公開すると脅したらしいです。

 

 

ツタヤでは店員から個人情報と性癖をネットに公開すると脅される?

これ、企業として終わっているというか、やってること暴力団と何ら変わりが無いと思うんですが、店員がお客さんの個人情報とかこれまでのレンタルの履歴を全て簡単に閲覧とかプリントアウト出来るシステムになっているのかどうか分かりませんけど、今回の被害者のお客さんは男性で、アダルトビデオをかりていた履歴と個人情報公開で脅された感じのようですね。

詳細については、ネットのニュースを見ただけなのでニュースの記事が正しくない場合もありますから、なんとも言えないんですけど、ツタヤの店員がお客さんに対して個人情報と性癖をネットに公開するとかって脅してくるなんか、普通の企業してはありえない話ですし、こんな脅しをされるのであれば、もうツタヤを利用するって思う人っていなくなるような気がしますね。

私もツタヤを全く利用しなくなってもう10年以上経ちますが、ツタヤを利用しなくなった理由はネットで全て見れるっていうか、映画とかアニメが見たくなったら、Googleプレイでレンタルをするとか、Amazonでレンタル購入をしたらその場で見れることや、わざわざ返却に車で出かけなくても良いですから、ツタヤを利用する理由自体が全くなくなったからなのですね。

 

 

ツタヤも韓国系に拘っていたらお客さん来なくなりそうですね。

ツタヤって韓国系企業なのか知りませんし、興味もありませんが、以前、ツタヤに通っていた時には、韓国系ドラマのレンタルとか購入を必要以上に店内で煽っていて、それを見る度にこの店来るのやめよーかな?って思っていましたし、誰もレンタルしていないのに大人気とか、訳のわからないステルスマーケティングをやっていたので、韓国からお金貰ってそうです。

今回のツタヤの店員がお客さんを脅した件ですが、多分、原爆少年団のポスターとかポップで執拗に煽っていたのを見て、不快に感じたお客さんが友人たちとボソッと話したのかもしれませんけど、何も店内に原爆少年団に関わるチラシやポップがない場合、わざわざツタヤの店内で原爆少年団について友人と話す必要性もないと思いますから、店内にも問題はありそうですね。

私の地元では、地元のレンタルビデオショップがいくつか営業していたんですが、全てツタヤに潰されて吸収合併されてしまい、もはやレンタルビデオショップはツタヤオンリーになってしまいましたけど、結局、レンタルビデオショップ自体が負の遺産になっていて、実家の父親でさえ、もうツタヤに行かなくなってしまったので、今回の店員の脅迫でどうなるかだと思います。

ツタヤで原爆少年団の話を友人としただけで、それを聞いていた店員から個人情報やお前の性癖をネットで公開するぞ!って脅されたら、普通だったら警察に通報すると思いますし、こんな店員がいるようなレンタルビデオショップで何かを借りようって人はいないでしょうから、益々AmazonのやGoogleのネット経由のビデオレンタルがシェアを広げそうなのが気がかりですね。

よろしくお願いいたします。

2018年11月15日
から admin
久々にチャートを見たら仮想通貨ビットコインにボラが戻った! はコメントを受け付けていません。

久々にチャートを見たら仮想通貨ビットコインにボラが戻った!

最近、仮想通貨のチャートを見ていなかったのですが、少し前まではビットコインも70万のサポートで耐えていて、長期間に渡ってこの辺りのレンジになっていたんですけど、久々にビットバンクにログインしてみると、ビットバンクが10万円幅くらいで大きく動いていて、他のリップルとか、モナコイン、ビットコインキャッシュも本来のボラが戻ってきていたので残念です。

今年はビットコインの場合、現物が70万円を割ったら全力で購入しておけば、必ず上昇をして大きな利益を出せていいたので、今回の70万円割れもその予定で全力でビットコインをフルレバロングでポジションを持っていた人も沢山いると思うんですが、これだけ急激な10万円幅で上下していたら、大炎上をしてしまって一発退場してしまった人も多いのではないでしょうか?

ビットコインは70万円を割ってしまうと、暫くは暗黒の時代になるって言っている人もいますが、既にビットバンクの現物が62万円位になっていますので、このまま30万円位まで一気にセリクラでも発生してくれれば、ビットバンクで現物を購入して暫く放置しているだけで、2倍位にはなってくれそうなんですけど、セリクラまではいかないチャートでしょうかね?

 

 

久々にチャートを見たら仮想通貨ビットコインにボラが戻った!

これ、退場した人とボロ儲けした人、私のように暫くチャートを見ていなくて何もしていない人に分かれそうですけど、退場していない人でしたら、今回の暴落と強烈なレバに乗れなかった人でも、多分、これから仮想通貨の相場は大荒れしそうな雰囲気ですから、終わってしまったタラレバではなくて、これからどのように動くかを考えて、ポジションを持てば儲かりそうです。

スポンサードリンク




なので、折角の機会ですから、仮想通貨のポジションを持ってみようと思っては見たものの、ビットバンクとあの曰く付きのZaifしか口座を解説していないので、落ちるのが分かっていてもショートのポジションを持つことが出来ない、ZaifならビットコインAirFXがあるとは言え、異常な値動きをすることが多いので、国内でレバかけるならビットフライヤー位ですかね?

そんな訳なので、今週末から仮想通貨の相場が大荒れになり、現物しか購入できない人でも、きっちりと底でビットコインとかアルトコインを購入しておけば、結構な利益を出せるチャンスがありますし、現物の場合、FXのように瞬間でロスカットされて退場するってこともありませんから、時間があるようでしたら、久々にビットコインやアルトコインを購入予定です。

 

 

ビットバンクのモナコインの出来高が20倍以上になってます

モナコインも色々と曰くがついてしまっていますが、最近は激しいボラが発生しているコインになっていて、Zaifのモナコインが死亡したのが原因なのか?、ビットバンクのモナコインの出来高が以前の20倍以上になっていますから、ビットコインよりもチャートの値動きがわかりやすい大口さんがマーケットを運用しているモナコインに手を出しても良いかもしれませんね。

本当、これ、今月仮想通貨のチャートに張り付いている人でしたら、凄まじい利益を上げている人も多いと思いますので、やっと仮想通貨らしい相場が戻ってきた感じですし、去年の年末のように20倍とか40倍っとかにリップルとかモナコインが暴騰するって予測している人もいるかも知れませんが、チャートをよく見て自分で判断して取引をしたほうが良さそうです。

よろしくお願いいたします。

2018年11月14日
から admin
東京湾でアジやママカリが入れ食い状態なので捌くのが大変 はコメントを受け付けていません。

東京湾でアジやママカリが入れ食い状態なので捌くのが大変

最近、東京都内の気温も深夜から早朝にかけて、かなり冷え込んでいるようで半袖短パンだと寒いと感じるくらいになっていますけど、それもあるのか、東京湾では防波堤から大型のアジやママカリが入れ食い状態になっているので、釣り竿を持ってそのへんにでかけて釣りをすると、一時間で大量にアジやママカリが釣れまくって本当に面白い状態になっています。

アジも結構大型で15cmから20cm位になりますから、そのへんでドボンで釣り上げるアジでしたらこれくらいは大型に入りますし、これ以上の30cm前後の尺アジを狙う場合、普通は船で沖合まで移動しないといけませんので、現在、都内で漁船とかプレジャーボートを所有していない私としては、近場で簡単にアジやママカリが釣れる現状は大歓迎と言ったところです。

これ、私の地元とあまり変わらないくらいの釣日和になっていて、サビキをおろしたら、そこに付く前に最初にママカリが大量にやってきて、次にアジがやってくる感じで、入れ食い状態なので、東京に引っ越してきて、このような状態になったの初めてですから、嬉しいやら地元で釣りをしていたことを思い出して懐かしいやらで、久々に釣りにハマりたい気分になってます。

 

 

東京湾でアジやママカリが入れ食い状態なので捌くのが大変。

東京湾って、確か下水処理をした後に除去ができないリンが大量に流れ出ている状態で、海中の栄養価が極端に高くなっていて、それでプランクトンが大量に発生しているって聞いたことがありますので、それでアジやママカリ等が大量に発生していて、そこら中で入れ食い状態になっているのかもしれませんが、とにかく釣れすぎるので、持って帰って捌くのが大変です。

ママカリって聞くと、メルカリ?ってなんの話をしているのか意味がわからない人もいるかも知れませんが、ママカリというのは魚の名称のことでサッパって魚のことを関西ではママカリっていいますので、東京で言えば、サッパって魚がアジと同様に入れ食い状態になっていて、大量に釣れているので、それを持って帰って捌くのが大変なんですよーって話ですね。

ちなみに、釣り上げたママカリは鮮度が良い状態なら寿司ネタとか刺し身としても大変美味しいらしいのですが、とりあえず、今回のママカリは全て南蛮漬けにして唐辛子とOKストアで一袋150円で購入した北海道産の玉ねぎセット(30個位の大袋)で一気に仕上げようと思っていて、アジは刺身にしてみましたけど、脂も乗っていて大変美味しく刺し身で頂きました。

ママカリは鮮度が良い状態で、鱗を落として頭とお腹部分を包丁で落とし、後はそのまま小麦粉を付けて油であげてから、南蛮漬けにして暫く冷蔵庫で寝かせて食べると、普通にアジと変わらないくらいの大変美味しい魚ですが、結構鱗がたくさんあるのと、とにかく小骨が多い魚ですから、下処理をする際に間違えて怪我をしないように注意しておいた方がよい魚です。

 

 

東京湾で爆釣り出来るアジは脂がのっていて結構美味。

東京湾の魚って、相当危険そうな汚染された魚ってイメージを持っている人もいるかも知れませんが、東京都の検査では放射能汚染等も問題がないようですし、普通に寿司ネタとして以前から市場に出回っていることや、穴子等は東京湾の穴子は栄養価の高い餌を食べまくっているらしく、大変美味しいとのことで、市場でも人気があると聞いていますし、普通に釣れるそうです。

あまりに簡単に大型のアジがガンガン釣れるものですから、持ち帰った後の下ごしらえが本当に大変で、サッパはまだ処理が楽なんですけど、アジは下ごしらえが結構面倒なので、手がつかれるというか、アジフライを自分で作ってみれば分かりますが、こんなに手間ひまがかかるアジフライを作って、1枚100円で売っても割に合わないなってのがよく分かる感じですね。

東京湾で釣りをしていると、その辺で釣りをしている人からよく声を掛けられるんですけど、私が釣っているポイントで穴子とかチヌも釣れるそうで、まあ、こんだけサッパやアジが大量に湧いていたら、そりゃフィッシュイーター的なスズキ、チヌ、穴子、ヒラメなども集まってくるでしょうから、ちょっと仕掛けを変えて夜間にでかけて、アナゴをアジで狙いたい所です。

 

 

倉庫から本格的な釣り道具を取り出して準備中です。

実は私、かなりの釣りが好きな人で、子供の頃から優しかった祖父が所有していた船に乗って、プロに混じって釣りをしていましたし、幼稚園の頃は超大型の魚を釣ってしまって海に引っ張り込まれそうになったことも何度もあるくらいなことや、私の地元が桟橋からカツオが釣れるとか、サビキでサンマが釣れるって釣り好きな人からすれば天国のような場所なわけですね。

それにより、本格的な釣り道具を沢山持っていて、東京に持ってきていたのですが、東京に引っ越してきてからは釣り道具も使うこと無く倉庫にしまっていたので、今回の東京湾の防波堤から大型のアジとかママカリが入れ食い状態で、下ごしらえに困るほど大量に釣れているのを見て、倉庫にしまっている伝家の宝刀的釣り道具一式を引っ張り出してきて準備中です。

一応、最大では2メートルクラスのサメも釣ったことがありますけど、マグロ用のロッドが一瞬で折れてしまったのと、サメの引きが凄まじすぎてこれは命の危険があると感じたことも懐かしいですし、メダカをススキの竿で釣ったこともありますので、今回の東京湾でアジが爆釣り状態を体験したら、このまま次はアナゴ、東京湾にいるのか?タチウオを狙いたいですね。

 

 

ハゲの刺し身に肝をつけて食べるのが激ウマなんですよ。

気になったのは、私の地元では必ず外道魚として大量に釣れる、ベラとかハゲが東京には全くいないっていうか、ベラやハゲを釣っている人を見たことがないので、これらの魚が東京にはいないのかな?って思っているんですけど、ベラは不味くて地元では誰も食べませんけど、ハゲも30cmクラスになると刺し身で肝をつけて食べると激ウマなので、ハゲも釣りたいですね。

ちなみにハゲって言うのは、人間の剥げている人のことではなくて、カワハギとかウマズラって魚の事を、私の地元ではハゲっていってますし、ヤハンゲとかって魚もいますが、魚は地方によって同じ魚でも名前が全然違っていて、東京でカサゴって言う魚は、私の地元ではホゴとかメバルも含めていることもありますので、魚の名称で出身地が分かってしまうのが面白い。

ハゲの刺し身にハゲの肝を混ぜて、醤油と山葵につけて食べると本当に美味しいのですが、これは釣ったばかりの鮮度が極端によいハゲでしか食べれない方法になりますので、なんとしても東京湾で30cmクラスのハゲを釣ってみたいんですけど、私の地元なら桟橋ドボンで釣れるハゲが全く釣れないってのが、東京の七不思議っていうか、良くわからない感じですね。

よろしくお願いいたします。


誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク