Blog MiMi

60代から始めるインターネットとタブレット|ボケ防止とお金

こんばんわ。

ブログMiMiです。

 

そろそろ8月もラストスパート状態ですから蝉もあまり鳴かなくなってきている感じですね。

既に、夏の終わりが近づいて来ているからなのでしょうけど、そう言えば全国の小学生の夏休みもそろそろ危険な状態になっていて、この時期になるとまとめて宿題をヒイヒイ言いながらやっているお子さんを抱えているご両親も大変多いのではないでしょうか?

夏休みの宿題といえば、私が小学生の頃でも日記を書くような宿題が出ていた事もあるのですけど、普段は全然宿題をしていなくて、最後の一週間でまとめて必死になっていた子供達が沢山いたのを思い出してしまうのですが、それに関しては今でもあまり変わっていないようです。

しかし、現在はインターネットがありますので、何か分からない事があればネットで調べればすぐに分かりますし、あまりよくないのですけど、自分でやるのが面倒であれば、ネットに掲載されている内容をそのままパクって自分の夏休みの宿題に無断転用すれば相当なコストの削減は可能です。

ただし、この方法は本当にお勧めできませんし、子供の頃からこんな考えではロクな大人になりませんね。

スポンサードリンク



 

 

中学生以上になるとネット活用は当然?

まあ、小学生の頃からそんな事を必死になってやっているのであれば、将来はろくな大人にならないでしょうから、よくはないのですけど、中学生や高校生になるとそのようにネットで情報を収集して、あたかも自分が宿題を終わらせたの如く処理をしている人ってどれ位いらっしゃるんでしょうかね?

そんな訳で、若い人からご年配の方まで、最近ではインターネット、スマートフォン、タブレットなどを活用して、色々と便利に生活に役立てている方も増えてきているんですけど、そんな時代に生きる今は年老いてしまった母親についてのお話になります。

 

 

かつては若かった母親も既に60代です

もうかなり前の話になるのですが、昭和の時代末期頃に私と当時は小さな弟を色々な場所に連れて行ってくれていた20代だった母親も、既に60代になっていて、おばあちゃんと小学生の孫に呼ばれるようになってしまっているので、時間が経過するのはとても早いな・・・と思いますね。

何と言っても、私から見れば普通に母親でも、小学生の孫から見れば普通におばあちゃんですからね・・・。

それで、以前、同じく60代になってしまった父親にタブレット端末を渡した事がありまして、最初はこんな面倒なものは要らないと突っぱねていたのですけど、父親が好きな山の登りのGPSアイテムとして使える件、株式の情報がどこにいても見れる件を説明すると、大変気に入ってくれていました。

その後や、山に行くたびにタブレットを持って行き、GPSで自分が移動したルートなどを記録したり、写真を撮ったり、地図を見たり、色々と便利な使い方を覚えていき、あれだけ拒否していたタブレットについて、色々と自分から質問をしてくれるようになってくれました。

 

 

母親にはボケ防止も兼ねたタブレット

父親があれだけ熱心になるのを見ていると大変嬉しいことだったのですが、この間、母親については全くタブレットなどを渡しておらず、インターネットについてもパソコンについても良く分からない状態が続いていましたので、今後のボケ防止も含めて、母親にもタブレットを進めてみることにしました。

どうやら、母親も父親がいつも触っているタブレットに関心はあったようなのですが、何だか良く分からないものだったので、特に気にとめることもなかったのですけど、タブレットを使って色々なことが出来るのを目のまえで説明すると、自分もやってみたいと思うようになったようです。

今では当たり前のインターネットに関しても、今まで全く使った事が無い人でしたら、本当に未知の世界の話になりますからね。

 

 

触ってない人は本当に分からないのが当たり前

私もインターネットが一般に普及し始めた時代から色々と関わってきていますが、当時であればインターネットは高額なパソコンを使用して面倒な設定を行って利用するものであり、一部のマニアや専門家位しか利用していかなった時代ですし、ネットスケープが世に出るもっと前の時代です。

スポンサードリンク




その頃にインターネットの事を話しても、世間では何のことやら全く理解できな人が殆どだった訳なのですが、現在の母親もそんな感じで、一度も自分で触った事が無いから全く分からないけど、ネットやタブレットは何だか面白そうなのでやってみたいといった感じのようです。

基本的に、タブレットの操作というのは慣れている人であればとても簡単なのですが、何も知らない高齢者から見れば大変難しい仕組みそのものですし、それをある程度理解して、毎日使い込んでいき、長期的な視野で見ればボケ防止にもつながる素晴らしい発明品になります。

そんな訳で、父親からかなり遅れることになったのですが、母親にもAndroidOSを搭載した、Nexus7を渡して実際に使って頂くことにしました。

 

 

理解した後は思いっきりハマってしまった母親

タブレットについては、最初は起動する方法すら分からなかった母親だったのですが、とにかく使わないと始まらないので、好きなように使って頂いているうちに、ある程度の操作方法を覚えてきて、色々な場所に出かけるときも常にタブレットを手に持って行くようになっていきました。

そうなってくると、父親よりもいつの間にやらタブレットに強い関心を持ってしまった母親ですから、結果的に一日中タブレットの電源を入れたまま利用することになっていったのですけど、SIMフリー端末ですから、どれくらいの通信量を使っているのか、こちらでリモートで分かるようになっています。

それで、父親も母親が毎日タブレットを使っているけど、あれはやりすぎじゃないのか?、と話してくるようになりましたので、ついつい気になって母親が使っているタブレットの1日のデータの通信量を確認したところ、何と1GBを超えるデータを送受信していた事がわかりました。

流石に毎日1GB以上のデータをタブレットで送受信しているのですから、周囲の家族から見ればあれはちょっとやりすぎだろう?、と思われても仕方がない使い方をしていることになりますので、本当に一日中何かしらの場面でタブレットを使っているようです。

 

 

60代を過ぎても全然難しくないので安心

現在、ご自分は60代を過ぎていて、機械ものは良く分からないし、教えてくれる人もいないので、興味があるけど手にとって利用する事が出来ない人も沢山いるかとは思いますが、正直言って基本さえ理解すれば後はとても簡単ですから、60代を過ぎているのだからこそやってみるべきだと思います。

この年齢になると、早い人は既にボケが始まったり、寝たきりになったりしてしまう人もいるのでしょうけど、新しいことに興味を持って、それを覚えて頭を使って、毎日試行錯誤をすることにより、実際にそれをしていない人よりもボケてしまう確率は低くなるのでは無いでしょうか?

また、タブレットの基本的な操作や仕組みを理解できるようになると、今度は自分でインターネットのコンテンツの制作をする事に興味を持つ人も出てくる訳で、そうなってくると年金以上のお金が断続して入ってくる仕組みを利用すれば、少ない年金に頼らない生活をする事が出来るかもしれません。

 

 

高齢者は詐欺の被害に遭う可能性が大変高い

そんな事は若い専門知識のある人しか出来ない・・・、と思ってしまうかもしれませんけど、実際にやることと言えば、単純に文字を打つだけであり、極論で言えば文章さえ書ければ、若いと言ってもDQNですら使えているくらい、後はどうにでもなるのがインターネットコンテンツの世界です。

60代を過ぎてからボケの防止になり、更には60代以降の新たな収入になるのであれば、そのきっかけになるインターネットとタブレットに触れておくのは大変良い事であり、デメリットは全く無いのですが、あえて言えば、そうのような高齢者を狙っている詐欺や詐欺紛いの悪質業者が既に沢山あるということです。

電気屋に行って詐害紛いの契約をさせられて、高額なお金を請求されたり、違約金を請求されたりする事件がつい最近も発覚したばかりなのですが、その都度判断ができれば、別にそれほどの脅威では無いのですけど、何でも人任せにしてしまうと、思わぬところで足を救われますので注意が必要です。

その辺りは、長年生きてきたカンであるとか、経験を生かして如何わしい輩を排除するような気持ちでいくと良いかと思います。

よろしくお願いします。


仮想通貨を始めるなら→簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。