Blog MiMi

ラトゥール汐留の最上階に空き部屋が出ています

こんばんわ。

ブログMiMiです。

本日は確定申告最終日でした。

皆さんは申告にいかれましたか?今年は税務署にあまり人がいませんでしたので、いまいち盛り上がりに欠ける最終日でした。

かつての東京屈指の高級マンションでありながた、今後は廃墟になりそうなツインタワーマンションである、東京ツインパークスの直ぐ目の前、港区海岸地区のタワーマンション、ラトゥール汐留で、久々に最上階のお部屋に空きが出ています。

こちらの最上階は56階になりますので、東京都内でもかなりの高さを誇る高層マンションになります。一番高さが高いマンションは中央区の東京タワーズだったと記憶しています。

浜離宮側のお部屋であれば、ラトゥール汐留のベランダから東京タワーズは確認できますので直ぐに分ると思います。煙突の横で目立っている独特のデザインをしているツインタワーの巨大なマンションが海辺に建っています。この物件が東京タワーズです。

東京タワーズについては、正直言って場所が全く良くありませんので立地条件は最悪のマンションです。この物件は、勝どき駅大江戸線が最寄り駅になるのですが、信号もあり距離もありますから相当歩きますし、このあたりは風が強いため、天候が悪い時は最悪です。

そもそも、大江戸線しかない勝どき駅そのものが、あまり使い道がありませんし、ここのところ大江戸線を使う大型マンションが軒並み建設されており、大変込み合っていますので、今後は通勤主体の方にとってはお勧めできる駅ではないと思います。

更に、東京タワーズの致命的な問題は、駐車場が全く足りていない点です。あの偏狭な場所ですから車が無ければ、歩いて勝どき駅まで移動しないといけませんので、どうしても車は必要になると思います。

タクシーの移動が好きな方であれば別かもしれませんが、私はタクシーは大嫌いなので使いません。

価格も安くありませんし、でかいだけのあまりお勧めできない物件が東京タワーズになります。このマンションはお金のない人が長期の住宅ローンを組んで購入するタイプの物件ではないと思います。

お金のある人が、特定の条件の部屋をセカンドハウスとして購入するタイプの物件です。その他の人は、そういったお金持ちだけでは維持が出来ない巨大なマンションを維持する為だけに存在しているといっても過言ではありません。

ただし、向きによっては東京湾の花火大会が目の前で見れますので、別荘代わりのセカンドハウスとしては良い物件かもしれません。一階には結構大きいマルエツが入っていますから、主婦の方も食料品の購入には困らないと思います。

マルエツはここの店舗もお惣菜が死ぬほどおいしくありませんので、原材料だけそろえばよくて、料理をご自身で作る方でなければ、マルエツは殆ど意味が無いスーパーです。

マルエツのお惣菜の不味さは折り紙つきです。少しでも料理に自信のある方であれば、一口食べると、地面に投げつけて激怒するのがマルエツクオリティです。信じられない方は一度食べてみる事をお勧めいたします。

から揚げや鳥の照り焼きも、大きく見えても実は殆どがコロモであり、肉は薄くて少ない。当然おいしくありません。おすしも小僧寿し以下の、いかがわしい存在ですし、揚げ物もおいしくありませんので全く駄目です。

味覚障害でなければ、マルエツのお惣菜を毎日食べる事は不可能です。

外食をするにも、東京タワーズの近辺はお勧めできる店舗は近くに殆どありません。月島まで行けばもんじゃがありますが、もんじゃはおいしくない店舗ばかりです。

もんじゃはドリンクで利益を出すタイプのビジネスモデルなのですが、月島のもんじゃはどの店舗もおいしくなくて、ドリンクも味が薄い割りにかなりの値段が付いていますから、一度行ったら殆ど行かないのではないでしょうか?

私も友人も、再度また来ようとおもったもんじゃのお店は今まで全くありませんので、興味のある方がいらっしゃいましたら、月島のもんじゃに行ってみてください。

有名人が来ました!といった感じの写真を貼っている店舗程、まずい店になります。ほんとに沢山芸能人などの写真を貼っている店舗が未だにあるんですね。

本当に味で勝負しているような店舗は、タレントの写真を貼ったりして当店は有名店ですなどと集客など行ないませんので、経営者のレベルとお客様に対するふざけた態度が見て取れると思います。

月島もんじゃ通りにも、一部本当においしい店舗も若干ありますが、教えてしまうと人が増えすぎて私が利用できなくなったら困りますので、ここではあえて書きません。

ですから、東京タワーズで食事をしようと思ったら、1階のマルエツで食材を買って、ご自分で料理を作るのが一番です。この近辺では外食に期待してはいけません。

このマルエツの小さい店舗がラトゥール汐留の1階部分にも入っています。1階はURのアクティ汐留になると言った方が正解かもしれません。

ここのマルエツは、ないよりかはましといった程度ですが、何しろ汐留(港区海岸地区)は外食前提のゴードンラムゼイ及びコンラッドは近くにあっても、一般的なスーパーが他に殆どありません。コンビニは沢山あります。

カレッタ汐留はおいしい店舗はありませんので、外食の際にはコンラッドをお勧めします。

肉のハナマサでしたら、銀座方面まで歩けばあるのですが、相当な信号待ちもありますし、徒歩ですと結構時間も掛かりますので、マルエツがあるだけでもありがたいとおもっています。

ですから、マンションの1階部分に貴重なスーパーがある、ラトゥール汐留は雨に濡れずにスーパーで買い物が出来る物件になります。ただ、マルエツですのでお惣菜はおいしくありませんが、汐留の場合は外食できる場所が近くに沢山ありますので、東京タワーズとは環境がかなり違いますね。

エンゲル係数の高い方にはお勧めできない物件であることには間違いありません。

このラトゥール汐留ですが、少し前には最上階の4LDKのお部屋が長期間空きになっていたのですが、誰も借り手が付かないので、家賃が値下げになったり、一ヶ月間無料になってしていました。

私も気になっていつも見ていたのですが、現在、4LDKのお部屋は既に埋まってしまっています。

今回募集している間取りは3LDKになりますが、200平米を超えていますから、一般的な日本人の感覚からするとかなり広い間取りです。その辺のアパートの3LDKとは訳が違います。

今回募集している部屋は5604号室ですから、浜離宮やレインボーブリッジが見えない方角のお部屋です。

この物件を借りようと思った方には、残念なお知らせになるのですが、このお部屋の家賃は130万円を超えていますので、正直言って一般的ではありません。

これは年間の家賃ではなく、一ヶ月の家賃になりますので、ご注意ください。

普通のサラリーマンが賃貸で借りれるタイプの物件ではありませんが、ご興味のある方がいらっしゃいましたら、借りてみると良いと思います。

ただ、家賃で130万以上出せるのであれば、他にも気になる物件が沢山出てきますから、ラトゥール汐留は検討から外れる可能性が大変高くなります。

なにしろ、56階といった高さ以外は、それほどメリットが無い物件ですし、実は3階~44階までのお部屋はURが管理しいているまったく別のマンションであり、家賃は15万円から39万円ですから平均して25万円程度の物件です。

家賃25万円と家賃130万円の人が同じマンションに住むと生活レベルが違いすぎて全く話が合わないだけではなく、さまざまな問題が発生します。

エントランス部分はさすがにラトゥール汐留は別になっていて、アクティ汐留の人たちは入れないようになっていますが、最初のエントランスは共用になっていますから、100万円以上の家賃を払っている方であれば、当然あまり気持ちのよい物件ではないと思います。

ですから、130万円以上の家賃であれば、六本木ヒルズレジデンスCや東京ミッドタウンの中レベル程度のお部屋や、元麻布ヒルズの一般的なお部屋も借りる事が出来ますし、あの531万円の家賃を誇る、ラトゥール代官山であっても、最も安い部屋であれば、こちらも借りれます。

ラトゥール汐留が建造された当時は話題性もありましたし、他に代替のマンションも無かったのですが、現在は都内に高額なマンションが沢山建造されていますので、ラトゥール汐留をあえて選択する人はいないかもしれませんね。

都内の気になる不動産についても、ブログで書いてみようと思います。

ちなみに、私は仕事柄、都内の不動産については大変詳しいですから、誤って本来の目的と違うような物件を借りてしまう方、購入してしまう方が一人でも少なくなればよいと思っています。

物件だけでなく、地域の利便性や、職業や勤務先による利便性、住民の民度の問題などもとりいれてお役に立てればと思っています。

よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。