Blog MiMi

Android版ファイナルファンタジー6|スクウェアEの最後の良心?

こんばんわ。

ブログMiMiです。

本日の室温ですが、エアコンをしていない部屋の気温は窓を開けている状態でも34度を表示していますので、多分、外でしたら更に凄く暑いのではないでしょうか?

エアコンをつけている部屋の気温は当然28度固定になりますから、それで問題はないのですが、エアコンなしで東京で暮らしていくためには風が全く入ってこない気温34度の室温に耐えないといけない事を理解した上で、エアコンなしの物件を選んだほうが良いですね。

私の地元のような田舎であれば、窓を開けていると必ず風が入ってきますし、そこら中に小川が流れていて、そこから冷たい風も舞い上がってきますから、エアコンなしでも普通に過ごす事は出来るのですが、東京にはそういった環境はなく、周辺は高温になるアスファルトだらけなので、覚悟をしておいがほうが良いです。

実際に、エアコン無しで扇風機のみで都内のアパートで生活をしている学生さんもいらっしゃるのですが、この時期はものすごく暑くてたまらないと毎日おっしゃっています。

できたら、ご両親もエアコンの購入費用位は出してあげると良いのでしょうけど、どこの家庭も生活が苦しくなっているのは間違いないので、ポンと工事費込みで10万円近いお金をお子さんに余裕に出せるような家庭ばかりではないのです。

エアコンの話とは全く関係ないのですが、8月5日のGoogle Adsenseの売り上げが突然先週の60%くらいのダウンになり、AMoadの売り上げも同じくこの日は激減していますので、この日に何か広告オークション全体で単価が暴落するような要因でもあったんでしょうか?

興味がある人がいれば調べてみてください。

 

 

エアコン無しの大学生も都内には多いのです

学生さんがバイトでお金を貯めるにしても、10万円貯めるのであれば、夏場しか使わないエアコンに使うよりも、旅行や趣味に使ったほうが若い人ほど適切ですし、実際に皆さんそのようにされているようなので、卒業して就職し、新しいエアコンのついた部屋に引っ越すまでは我慢で耐えるしかないのかもしれません。

本当、東京オリンピックのような一部の特権階級の利権者の為だけに、多額の税金を使う無駄なことを繰り返すのであれば、もっと国民の為になるような政治や行政をやれば良いのですけど、誰もそんなことはしませんし、出来ないのが今の日本の現状です。

東京オリンピックのロゴの問題で、相変わらずパクリとか盗作とかやっていますけど、あんなくだらないものに一体いくらの税金を使って、今後、どれくらいの税金を投入するのかを公開して欲しいものですし、税金をあげてまで無駄な徹底的に特定の利権者の為にお金を使うのであれば、いい加減で開催を中止して欲しいところです。

そんな感じで、皆さん生活はどんどん苦しくなっているのでしょうけど、世の中には全然逆の立場の人もいて、先日ブログで書いた某高級マンションが即日完売になったようです。

 

 

ザ・ハウス南麻布の低層階メゾネットが即完売?

先日ブログに書いたばかりの、これはいいなと思ったザ・ハウス南麻布の低層階メゾネットのお部屋がどうやら速攻で売れてしまっているようです・・・。

正直って都内広しといえども殆ど文句の付け所がない位の環境設備ですし、立地に関しても港区麻布ですからどこに行くにも便利な高額低層マンションのメゾネット部屋なので、多分すぐに売れるだろうなとは思っていたのですが、想像以上に早く売れてしまっているので驚きです。

低層マンションの一階部分、二階部分のメゾネットのお部屋であり、間取りも良くて立地も良くて、建物も本格的ですし、資産としてみても中古で売却した場合に購入時と殆ど同じか、それよりも金額が上がるような類のレア物件ですから、余裕があればとりあえず購入でも良いでしょうからね。

メゾネットというのは、都内の高額なマンションに多いのですが、下の階と上の階が同じ部屋になっていて、階段で上下に移動できる一軒家のようなデザインのお部屋のことです。

ザ・ハウス南麻布のメゾネット部屋の販売価格はトータルで3億円以上ですから、おいそれ誰でも簡単に購入できる物件で無いですし、管理費や駐車場代、固定資産税を合わせると余裕でそれだけでも毎月20万円を超える金額なので、正直言って庶民の資金力ではその辺のタワーマンションを管理費以下の20万前後の金額で借りたほうがはるかに現実的です。

皆さんも、東京オリンピックまでには、欲しいものがあれば3億円であっても、ポンと笑顔の現ナマで出せるように、今後の仕事を頑張ってみると良いかもしれませんね。

今の時代は、本当に何が当たるか分からない時代ですので、何もしないではなくて、目的を持って何かをしておいた方が絶対に良いかと思われます。

そんな感じで、いいなーと思った手が出せない3億円の物件があっさりと売れてしまっている現実を目の当たりにすると、もう少しまともに利益優先型の業務をしてくるんだったかな?と後悔しそうになったりするのですが、どうなんでしょうね。

本日は、昨日の続きといいますか、半額の900円でセールされていたAndroid版ファイナルファンタジー6を購入した感想を書いてみたいと思います。

単なるゲームの感想ではなくて、プラスアルファで今後にメリットが出るような価値観でいつも書いていますので、ゲームに関心が無い方でも問題無いと思われます。

 

 

スクウェア・エニックスでもまともな作品を作れることに驚き

ここ最近、スクウェア・エニックスと聞けばロクな話題も出てきませんし、実際に経営者が何をしたいのか意味不明な会社になっているのですが、一応は有名なゲーム会社です。

リメイク作品として、過去の資産をそのままユーザーを無視したベタ移植で制作して高額で売りつけるといった、お世辞にも良い印象が無い商売ばかりやっているようですが、実際にファイナルファンタジーシリーズに関しては10以降は駄作のオンパレードであり、ロクな作品がありません。

その証拠にプレイステーション4用の目玉として、過去の作品であるファイナルファンタジー7のリメイク作品を大々的に持ってくる始末です・・・。

プレイステーション4の看板ソフトですから、新しい作品では話題性が及ばずコケるとか、作りたくても売れるものが作れないから、ワザワザ過去の絶大な人気を誇る7のリメイク作品を用意する訳ですから、かつての有能な人材はもう社内には居ないんでしょうかね?

別にリメイクでも、完全作り直しくらいの気合が入った作品ならそれはそれで良いのでしょうけど、10以降のあまりの陥落ぶりを見ていると、もはや新しい作品を制作する能力そのものが無いのではないか?と思ってしまいそうな感じですね。

駄作の代表格でもある、ファイナルファンタジー10-2は本当にひどくて、10が面白かったので発売後にすぐに購入したら、同じキャラクターを使いまわして魔法少女変身ゲームになっていたのと、あまりにストーリーが面白くないことが早期にわかり、直ぐに止めてしまいました。

プレイステーション4でファイナルファンタジー7のリメイク作品が発売された後はネタ切れになり、そのうちパチンコファイナルファンタジーリメイクとか、スロットドラゴンクエストリメイクのような感じで、完全なギャンブル系に走りそうなのでそちらが心配になりそうです。

出来れば、かつてのような良い作品を作って欲しいものですね。

 

 

Android版ファイナルファンタジー6の完成度は高いのでお勧め

そこで、今回半額の900円で購入した、Android版ファイナルファンタジー6をNexus7 2013にて早速やってみたのですが、昨日も色々と最初の感想を書きましたが、900円でこの品質のアプリであれば、恐らく誰が購入しても後悔することはないと思われます。

特に私のように単純にタブレットでゲームをするだけではなくて、自分が10代の頃にやっていた記憶を発掘することも兼ねているような人であれば、尚更良い感じです。

結構、自分でもかつての記憶は忘れている部分があったりしていて、その中には重要な記憶も入っているかもしれませんから、それを引っ張り出すきっかけを作りつつ、Nexus7で余っている時間を有効に使うのは結構お得と言えます。

おかげさまですっかり忘れていたかつての友人の顔とか、当時話していた会話なども思い出してきています。

最初はベタ移植かと思っていたグラフィックも結構書き直している部分が多いこともわかりましたし、一部のグラフィックやサウンドは恐らくスーパーファミコン版のものを使っているのでしょうけど、それを見たり聞いたりしただけで、当時のスーパーファミコン版のファイナルファンタジー6の完成度が如何に高いものであったのかもよく分かります。

一応・・・、私が認識していたAndroid版ファイナルファンタジー6のインターフェース画面と、今回購入したファイナルファンタジー6のインターフェース画面が全然違っているのですが、これってあまりに操作性が酷い事から、相当な苦情が殺到したため、仕様変更した認識で良いのでしょうか?

かつての大ヒットした作品をAndroid用にリメイク作品にしたとはいえ、スクウェア・エニックスでもこのようなまともな作品が作れることに驚くのですが、今回のリメイクは多分下請けに投げているでしょうけど、スーパーファミコンのオリジナルを本当にスクウェア・エニックスが作った作品なのかと疑ってしまいそうになる位です。

Android版のファイナルファンタジー4の続編などは、本当に酷い作品で、意味もなく大人数のキャラクターが出ていて、意味もなくひたすら地下深く潜っていって、ミジンコのようなボスを倒す駄作だったのですが、これは結構最近に制作された作品らしいので、品質が悪いのも納得できました。

ただし、システム自体は良く出来ている為、戦闘シーンの自動2倍速モードだけは快適ですが、これってどう解釈しても同人レベルの作品ですよね?

現在は、オペラハウスの有名なシーンが終わって帝国に侵入するところまで話が進んでいるのですが、本当にこの頃の作品はシナリオもよくできていて、沢山キャラクターも登場してくるのですが、ファイナルファンタジー4の続編のような無駄なキャラはありませんから、やっぱり全体的に品質が良いのでしょうね・・・。

オペラハウスの曲に関しては、当時スーパーファミコン版をやっていた際に、スーパーファミコンの限界を超えているような品質だったので大変驚いた記憶があるのですが、そういった記憶を取り戻しつつ、今聞いても良い曲ですし、ストーリーも良く出来ているので、やはり完成度が高いとしか言えません。

とりあえず、いつまで半額セールなのか分かりませんが、興味がありましたら、Android版ファイナルファンタジー6はお勧めできます。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.square_enix.android_googleplay.FFVI&hl=ja

10代の頃の忘れていた記憶を思い出しながら、Nexus7を持って布団の中でもゴソゴソ出来ますので、寝つきが悪い際などの気分転換や暇つぶしなどにも有効ですが、唯一操作性に難がありますから、それだけなれるかイライラしないようにしておかないと、Nexus7をベランダから放り投げる事になるかもしれません。

本日は、他の事を書く予定だったのですが、Android版ファイナルファンタジー6の完成度が高くて驚いたので、お勧めできるアプリとして今回も書いてみました。

スクウェア・エニックスには、今後はかつてのように、日本の子供たちが夢中になる位の品質の良い作品を作っていただけるようにお願いしたいところですが、あまり過去に戻りすぎると元々はエロゲーメーカーだったので、それが今の状態に近いのが皮肉です。

よろしくお願いします。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。