Blog MiMi

リボルビング払いをクレジットカード会社が異常に推薦してくる理由

こんばんわ。

ブログMiMiです。

 

最近、銀行の即日カードローンがやたら問題になってきているようで、カードローンに関わっていたアフィリエイトサイトなどが軒並み大暴落状態になっていて面白い状態になっているようですが、銀行のカードローンの宣伝広告なども即日融資とか、お金に相当困っている人たちを煽りまくる宣伝広告などもこれまで色々と問題になっていました。

こちら、サラ金業界において、借り過ぎで問題がある人が多いって政府の教科書的な対応により、年収の借り入れ規制が数年前に始まってから、特に生活に困っている潜在的な破産予備軍である家庭の主婦がお金のやりくりに困ってしまって、余計に闇金が儲かるって状態になってしまって、その市場に銀行がカードローンを持ち込んだ訳です。

その結果、銀行のカードローンは総量規制の対象外だったこともあり、即日融資等を謳って多くのお金の困っている人たちを集めることになったのですが、今度はこれが問題になってしまっていて、政府が広告の表記や文言の問題などを槍玉に挙げるようになり、立ち入り調査などで一斉に銀行のカードローンが終わりになりそうな状態です。

 

 

リボルビング払いをクレジットカード会社が異常に推薦してくる理由

銀行のカードローン問題については、日本は既に貧困国になりつつあり、表向きはそれなりの生活をしているように見えても実際には生活苦で借金で生活を維持している家庭も多くて、サラ金の締め付けや銀行のカードローンの締め付け等を行うと、生活レベルを思いっきり落とす選択ができない人たちは必ず闇金に流れるしかないのですけどね。

それで、最近やたら銀行のカードローンの事を問題にしているニュースがヤフーのトップページにも掲載されていますが、個人的には銀行のカードローンよりも銀行が関わっているクレジットカードにおいて、リボルビング払いの事をよく分かっていない人に対してやたらお得感がある支払い方法として宣伝している方が問題だと思います。

スポンサードリンク



特に新社会人などは銀行でクレジットカードの制作を強要されることも多く、私も20代の時に良く分からない状態で無理やりVISAカードを作らされた経験があるんですが、その際にリボルビング払いで支払ったら毎月5000円とか10000円の支払いで済むので、生活が楽になってより大きな買い物が出来ますって勧誘を受けた記憶もあります。

 

 

クレジットカードのリボルビング払いは選択してはいけない支払い方法

また、リボルビング払いをするとクレジットカードの年会費がとても安くなるとか、生活が良くなるとか、良いことばかりが宣伝されていて、何も知らない人ならリボルビング払いを優先して選択してしまうのではないかと思うんですが、リボルビング払いを選択してしまうと地獄への片道キップを購入するようなものなので止めておきましょう。

リボルビング払いは毎月5000円とか10000円の支払金額で済みますので、50万円とか100万円の買い物をしても余裕で生活が出来るようなイメージが有るんですが、世の中そのようなうまい話はなくて、特にお金が関わる話でクレジットカードで買い物をすれば必ずその代金は支払わないといけませんから、リボルビング払いは危険すぎるのです。

感の良い人ならもうわかると思いますけど、リボルビング払いで支払いをした場合、クレジットカードで代行してクレジットカード会社に支払ってもらっている金額が一定金額よりも大きくなると、元本は全く減らない状態で金利のみを永遠に支払い続ける事になりますので、これがどれだけ危険な支払い方法であるかは考えればよく分かります。

 

 

リボルビング払いを特典をつけてやたらお勧めする理由は儲からです

クレジットカード会社がやたらリボルビング払いを何度も勧めてくる理由はとても簡単で、それは儲かるからであり、一括払いで常にクレジットカードを使われると、商品やサービスを販売した店舗側が支払う2%〜10%位の手数料のみの収益になりますが、リボルビング払いを選択させると更にカード会員からも永遠に利益を出すことが出来ます。

スポンサードリンク



通常、ある程度の算数が出来る人ならリボルビング払いを選択する人はいませんので、リボルビング払いを選択する人は金利の仕組みやローンの仕組みが分かっておらず、自分がどれ位の金額を借り入れしているのかも分からない位の感覚でお金を借りている人たちですから、元本の返済をギリギリでナシにして金利だけを吸い上げると儲かります。

その為、年齢が若い社会経験がない人たちにクレジットカードを強制的に作らせて、リボルビング払いは素晴らしいって感じで、労働から開放されて自由な生活をする方法を教えますって感じの詐欺紛いの情報商材のようなイメージを与える広告を何度も送りつけて、リボルビング払いを素晴らしいと錯覚させて金脈を作ろうとしているのですね。

 

 

銀行やクレジットカード会社の広告には必ず裏があると思いましょう

慣れていない人は銀行や銀行系のクレジットカードは信用が出来ると思っているかもしれませんが、百戦錬磨の叩き上げの経営者の人は全く別の考えを持っている人が多くて、銀行は儲かっている時には勝手に融資をするくらいなのに、少しでも会社が傾き始めたらいきなり全額回収をしてくるろくでもない詐欺集団だと思う人も多いのです。

別に銀行系やクレジットカード系だけの話ではありませんが、世間的な信用や良いイメージがある企業の宣伝広告には必ず隠れている意図がありますので、宣伝広告のみを鵜呑みにしてしまって、銀行系のクレジットカード会社が宣伝しているからリボルビング払いで、自由な人生を送るぜヒャッハーってなる人は朝日新聞を購読していそうですね。

カードローンなどもそうなんですが、金融が絡む事案というのは人類史上最大の発明と言われている複利で如何にしてお金を効率良く稼ぐかって世界ですので、銀行やクレジットカード会社もその常識をそのまま継承していますから、これらが積極的に宣伝してくるサービスや支払い方法は最初から危険視して選ばないほうが良いわけなのです。

 

 

クレジットカードの支払いは一括払いで支払えない買い物はしない

クレジットカードで何かのサービスやものを購入すること自体が、借金そのものですので、クレジットカード=借金カードってイメージを持っておく必要があるのですが、銀行やクレジットカード会社が長期に渡って多額の宣伝広告費を使って、そのイメージを払拭してきて、クレジットカードのイメージはもっと良いものに変わってきています。

ただ、クレジットカードが借金カードである事実は変わりませんので、確かに現金を持たずに高額な買い物ができますから安全でかさばらないって理由もあるんですけど、クレジットカードで何かを購入する際には一括払いで購入できるものやサービスのみを購入するべきであり、リボルビング払いや分割払いでないと支払えない買い物はNGです。

私の場合は、とある理由によりソニー損保の支払いのみは11回の分割で支払っていますが、これはクレジットカード会社の分割ではなくてソニー損保が行っている分割払いになりますから、金利手数料などは特に掛からず、若干保険料が値上がりするだけであり、それはゴールド免許割引の差額分と相殺されるくらいの金額なので無問題です。

リボルビング払いで支払えば自由な暮らしが待っていると勘違いしている人がいれば、リボルビング払いは一定額を超えてきて、自分のクレジットカード会社に対する借金の金額が分からなくなったり、麻痺してしまってドンドンリボルビング払いで支払い能力を超える買い物をしていると、永遠に金利のみを払う借金王になると思ってください。

クレジットカードでの支払いは一括払いのみで、それ以外支払い方法を選ばないようにしておき、そんな暇があれば普通に仕事を頑張って稼いでください。

よろしくお願いいたします。


誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。