Blog MiMi

このすばが好きな人ならこのファンよりも幻想収束の方がお勧め?

スポンサードリンク



元々は小説家になろうだったかな?、そこで有名なった「この素晴らしき世界へ祝福を!」って小説があって、それがアニメ化されて大ヒットして、映画化もされたんですけど、その後は、特にアニメ化3期の話もなく、劇場版の追加もなく、小説ではなく、アニメで見たいと思っている人も多く、そういった人たちが興味を持ったのが、「このファン」ってアプリでした。

このファンっていうのは、この素晴らしき世界へ祝福を!ファンタジックデイズの略のことで、簡単に言えば、このすばの世界観とかキャラクターを使った、ゲームなんですけど、見た目のグラフィックや、フルボイスの音声、サウンドなど、かなり凝っていて素晴らしい作品なんですけど、肝心のゲームが面白くなくて、原作キャラの扱いが酷いので、結構問題が出ています。

一応、私も、オリジナルのストーリーが見たいので、このファンをインストールしていて、やってはいるんですけど、兎に角作業をしているって感じで、面白くなく、このゲームがつまらないというか、ゲームですら無いという問題と、原作キャラの扱いが酷すぎるって問題をなんとか、運営が改善してくれるといいんですけど、グラフィックと音声だけは本当に完璧レベルです。

 

 

特に酷い扱いなのが、ダクネスで、多分、原作でダクネスのキャラクターに愛着があり、このファンを始めた人であれば、???、これ何?ってなると思うんですけど、攻撃が全く当たらないのは原作通りなんですが、だからといって防御力が極端に高いドMクルセイダーという訳ではなく、攻撃が当たらなくて、あっさりやられてしまう雑魚キャラ扱いで、本当に使えません。

めぐみんはダクネスよりかはマシですが、防御力が極端に低く、爆裂魔法を使っても、他のキャラクターの必殺技に毛が生えた程度のダメージしか与えることがが出来ず、その場で戦闘不能になるという部分だけは原作通りなんですけど、これではダクネスもめぐみんも役に立たないので、オリジナルのキャラとか原作では脇役だったキャラばかりを使わないといけません。

特にオリジナルのエーリカ、シエロ、メリッサ等は極端に強いキャラクターになっていて、大抵の人がこのキャラばかりを使っている感じで、アクアはそれなりに強いので使えますけど、カズマも限界突破MAXにしても弱くて、必殺のダブルドレインタッチをしても、殆どダメージを与えられず、このファンはエリスのコーナーでストーリーを見るためだけにイヤイヤやってます。

 

 

 

このすばが好きな人ならこのファンよりも幻想収束の方がお勧め?

グラフィックと音声だけは、このファンは圧倒的なので、オリジナルのストーリーとか、原作のストーリーをフルボイスで聞くためだけに、面倒でつまらない作業を定期的にやらされている感じなので、他にこのすばのアプリが無いかな?と思って、Google Playを見ていたら、なんか、とある魔術の禁書目録がアプリになっているようで、それのコラボが開催されていました。

正式名称は「とある魔術の禁書目録 幻影収束」という、タイトルらしく、御坂美琴やアクセラレータ等が出てくる、とある科学の超電磁砲もセットになったゲームのようで、これに今回はこのすばがコラボされていて、アクア、めぐみん、ゆんゆんがキャラクターとして登場しているようなので、気になってインストールしてみたんですけど、結構いい感じに再現されてました。

 

 

とりあえず、インストールすると、変なカードゲームみたいな練習画面を強制でやらされますが、それを我慢すると、普通にゲームが開始されて、初回のログインやクリア報酬などで、あっという間に100連分位の課金アイテムが配布されたのと、レベル1から初めて3日間ほどで、レベル60位まで勝手に上がっていき、更に100連分くらいの課金アイテムが溜まりそうです。

なので、今から、このすばに興味があって始める人でも、初回ユーザーであれば、なんとか合計で200連分くらいの課金アイテムを入手できますので、スマートフォンを付けっぱなしにして、オートで空いた時間に操作をしているだけで、ある程度までは勝手にレベルが上っていき、ガンガン課金アイテムが配布されていきますから、アクアとかめぐみんも入手できるとは思います。

 

 

 

 

このすばのゲームの中では現時点では一番マトモかもしれない?

基本的に「とある魔術の禁書目録 幻影収束」はこのすばのゲームではなく、禁書目録のゲームで、今回、このすばのコラボが開催されいるって感じなんですけど、ガチャでアクア、めぐみん、ゆんゆんの全てを引くことが出来ましたので、 試しにやってみた感想としては、このすばの原作キャラが出てくるゲームとしては、現時点では一番マトモなのかな?と感じました。

静止画だけで見れば、このファンが完璧に見えるんですけど、肝心のゲームや原作キャラの扱いが酷いなどの問題があり、ストーリーを見るためだけにやっているような状態なので、アクアとかめぐみんがアニメや原作と同等の活躍ができるゲームとしてなら、コラボ扱いのキャラとはいえ、「とある魔術の禁書目録 幻影収束」はやってみて損は無いのでは?という感じ。

 

スポンサードリンク




 

個人的にはとある魔術の禁書目録も原作、アニメとも見ているんですけど、こちらはアニメ途中から訳がわからなくなってきてしまい、そろそろ原作も終わりそうな雰囲気ですから、そういった世界観とかキャラクターとかが出てくるゲームとして、結構貴重な存在かな?と思いますけど、ガチャの演出とか、インターフェイス等は、低コストで作られている感じはありますね。

原作では御坂美琴と黒子の絡みが面白いのと、とある魔術の禁書目録の初春とこのすばのゆんゆんの声優さんが同じなので、コラボのオリジナルストーリーを見ていたら、ゆんゆんと初春が同時に出てくるシーンが有って、佐天さんが、二人が声が似ていると何度も言っているので、このストーリーは笑えました。

 

 

 

 

アクアのゴッドレクイエムが強いしめぐみんの爆裂魔法も大活躍?

このファンでは、アクアもそうなんですけど、めぐみんの爆裂魔法も相当弱くて、全く使えなかったんですが、こちらでは、アクアの必殺技はゴッドブローではなく、ゴッドレクイエムになっていて、兎に角演出がかっこよくて、原作通りで、攻撃力も強く、一撃で敵を倒してしまうくらい強いですし、相手がボスでも大ダメージを与えて、移動不能にするので面白いです。

めぐみんの爆裂魔法も、原作やアニメに沿った、エクスプロージョンって感じの演出になっていて、ザコ敵なら一撃で全滅出来るくらい強く、このファンと違って、普通に原作のめぐみんだ!ってのが素直な感想なので、このすばの原作ファンは、こういったのを求めている訳で、なんで、こんな当たり前の事が、このファン、その他では出来ないのか?、理解に苦しみますね。

アクアとかめぐみんのレベルとかも関係するのでしょうけど、アクアのゴッドレクイエムはアニメや劇場版のアクアのモーションと比較しても完成度が高く、赤属性の敵なら大ダメージを与えることが出来てボス相手でも本当に強いですし、モーションを見ても、かなりの予算をかけてこのすばを、とある魔術の禁書目録の世界の中で再現しようとする姿勢が素晴らしい。

 

 

無課金で、始めたばかりですけど、アクアは星5、めぐみんも星5、ゆんゆんも星5にすることが出来ましたが、流石にこれ以上の星6に関しては、課金をするか、長期間のプレイで限界突破のアイテムを大量に集めないと難しいので、ここで限界突破は終了ですけど、レベル上げにかなりの時間が必要になるようで、アクアとめぐみんがどこまで強くなるのかが結構楽しみです。

ゆんゆんに関しては、バトルキャラっていう、戦闘できるタイプではなく、支援キャラ、いわゆる装備品みたいな扱いなので、操作することは出来ませんけど、めぐみんに装備していたら、ゆんゆんが戦闘中に、色々と喋ってくるので、このすばのキャラクターがとある魔術の禁書目録の世界で戦っている感じで、ある意味、新鮮にこのすばを楽しむことが出来る感じですね。

 

 

攻撃が当たらないクルセイダー・ダクネスは後半で出るらしい?

後、カズマとダクネスはどうしたの?って思うかもしれませんが、カズマは支援キャラとして既に配布されていて、更にコラボ後半でバトルキャラとしてガチャで出るようですし、ダクネスに関しても、このすばコラボ後半でガチャで出る可能性が極めて高いので、後半用のガチャでカズマとダクネスが出れば、現在溜まっている課金アイテムで、なんとか入手できそうです。

これにダクネスが揃うと、このすばの主要キャラクターだけで、このゲームを遊べるようになるので、ダクネス早く来てほしいのと、このゲームのアクアとめぐみんを見る限り、このファンみたいな、全く使えない雑魚キャラみたいな扱いでダクネスが来るとは思えませんが、攻撃が全く当たらないけど、防御力が極端に高いドMのクルセイダーの再現性に期待したいですね。

ダクネスが不良に絡まれているところを助けに来た、ジャッチメントですの!で有名な黒子に、その刀を見せてほしいと言われて、銃刀法違反で連行されるダクネスが笑えました。

 

 

アニメ原作のゲームに多いんですけど、原作のファンが求めているものを全く理解しておらず、とりあえず原作をお金のために事務的に読んで、それで全てをわかったつもりになり、何を勘違いしたのか、自分たちの価値観を押し売りする・・・、これで失敗した小説やアニメ原作のゲームはこれまでに相当数存在しているのですが、歴史は繰り返されるんでしょうかね?

だから、コラボ扱いとはいえ、この「とある魔術の禁書目録 幻影収束」がこのすばを一番マトモに再現しているのでは?となってしまう訳です。個人的には、エリスもバトルキャラとして登場してくれるとかなり憂いしんですけど、でるとしても、多分、支援キャラの方だと思いますので、なんとか、いい感じでエリスも活躍させてくれるとこのすばファンとしては嬉しい。

 

よろしくお願い致します。


誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。