Blog MiMi

東京国税局職員が持続化給付金2億円を騙し取る?詐欺で逮捕?

スポンサードリンク



コロナウイルスが原因で売上が50%以下になった月があれば、個人で100万円、法人で200万円が給付された持続化給付金という制度が2020年6月頃から開始されていました。当時はコロナウイルスが蔓延し始めた頃で、売上が0円になってしまった事業者も続々と出ていて、そういった事業者を救済するための国の政策だった訳なので、これで助かったって人も沢山います。

最近では、この持続化給付金を不正に騙しった詐欺の罪で次々と逮捕者が出ており、つい先日では9億6000万円を家族で騙し取った詐欺師がインドネシアに逃亡しているとか?、本当に騙し取ろうとしていた金額は実は18億円だったとか?、色々とかなりの大掛かりの詐欺事件として連日報道されています。そして、今回は遂に東京国税局の現役職員が詐欺で逮捕されていました。

確か、既に東京国税局の職員?が持続化給付金を騙し取った罪で逮捕されているケースはあったような気がしますが、今回は東京国税局の職員が投資詐欺グループに関わり、仮想通貨に投資してコロナウイルスが原因で売上が激減したと申告をすれば、持続化給付金100万円を受け取れるセミナー等を行い、無知な大学生とか高校生を集めて、組織的な詐欺をやっていたとか?

本来は国民から税金を徴収する立場の現役の職員が詐欺グループのメンバーらしく、しかも2億円以上の持続化給付金を騙し取っているようなので、流石に東京国税局はこれで終了ですかね?

 

 

東京国税局職員が持続化給付金2億円を騙し取る?詐欺で逮捕?

現役の東京国税局の職員が詐欺グループの主要なメンバーで、他にも元投資会社社員、不動産会社勤務の女等も同時に逮捕されているようです。ただし、リーダー格の主犯の男はドバイに逃亡しているとのことで、騙し取った持続化給付金2億円以上のお金の大半をその主犯の男が持ち逃げしているらしく、先日9億6000万円を騙し取ってインドネシアに逃亡した男と似てますね。

今回の事件の問題点は、現役の東京国税局職員が2億円を超える詐欺に関わっており、しかも投資詐欺グループの主要なメンバーで国税局職員という重要な立場にも関わらず、確定申告書を偽造して税務署に提出をしていた点でしょうか?、流石に税金を徴収する立場の東京国税局が詐欺目的で使用する確定申告書の偽造を請け負ったら駄目でしょ?、なので凄い事件になってます。

そもそもですが、仮想通貨は投資はなく投機であり、コロナウイルスが原因で売上が激減した等とは全く関係ありませんし、持続化給付金が開始された2020年当時に限って言えば、仮想通貨は全体的にバク上げ傾向にあり、トレンドが完全に上げ相場ですから、よほど無謀なショートを連発していない限り損をする事はないのですが、何故?こんな申請が通ったのでしょうか?

 

 

持続化給付金開始の6月以降の確定申告書も認めた事が原因?

持続化給付金を騙し取った事件が沢山報道されていますが、実際には2020年以降、持続化給付金を騙し取ったとして連日、詐欺師が逮捕されています。今回の東京国税局の現役職員が詐欺で使用する確定申告書を偽造していた件をみても、持続化給付金が開始された2020年6月以降に新規で確定申告書をした人も申請対象にしたことが、より一層の大規模な詐欺事件に繋がってます。

最初は法人と個人事業主だけだったのに、フリーランスや雑所得の人も持続化給付金対象にしたり、こんなふざけたルールで運用すれば、詐欺事件が多発することくらい理解できないのか?、持続化給付金の申請内容が簡単すぎた事が原因だって報道されてますけど、それよりも確定申告を2020年4月15日までに行い、開業届を提出している法人、個人にしておけばよかったのに。

今回の事件で国税局職員が確定申告書を偽造していますが、これは2020年6月以降に新規で赤字で申告して、売上が50%以上減っている月があり、更には売上がマイナスで赤字になっているので、納税義務もなく持続化給付金100万円を頂きますって手法で持続化給付金を騙し取っているんですけど、前回の9億6000万円を騙し取った手法と同じで、新規の確定申告なんですよね。

 

 

持続化給付金を騙し取った人は2021年の確定申告は無申告?

普通に事業を営んでいれば、2020年1月に開業してコロナウイルスが原因で売上が出なくても、数年分の事業資金は溜め込んで事業を開始するのが普通で、新規開業者で売上がないのはコロナウイルスが関係しているかどうかもわからないのに、あらゆる人達を持続化給付金の対象にするとメチャクチャな給付範囲の拡大を行ったため、今回のような詐欺事件になった訳です。

スポンサードリンク




このように、小学生でも申請できて簡単に100万円を振り込んでくれるって情報だけがSNSやネット上で急速に広まり、事業者でもないのに持続化給付金を申請するアホが沢山出てきて、詐欺師や詐欺グループがこの持続化給付金に目をつけて、大々的にネットで勧誘して名義を貸せば100万円の大金が簡単にゲットできます!等の派手な宣伝を繰り返し、名義を集めていた感じ?

持続化給付金は私も申請して100万円を頂いていますが、普通に事業をしており、実は売上が下がっていなくてもそれを偽って申請していた場合、次の2020年度の確定申告の際に100万円を売上に計上して申告しないといけなくなり、結果的に税金が高くなり、国民健康保険や住民税も高くなるという・・・。本当に大赤字だったら納税額もこれまで通りって感じでしょうかね?

 

 

 

2025年位から税務署が本気で調べれば埋蔵金が出てきそう?

事業者でもないのに持続化給付金100万円を騙し取った人って2020年度の確定申告も大半がやってないんじゃないでしょうか?、多分、自分で確定申告をしたことがないし、持続化給付金が課税対象になるって事も知らず、普通に100万円をゲットして遊ぶぜ!ってノリで全部使い果たし、その後に税務署からのお尋ねが届き、無申告で課税されるって流れになるんでしょうかね?

税務署は直ぐにガサ入れとか調査は行わず、5年位経ってもなんの申告もない場合、無申告加算税、重加算税、延滞税等を上乗せして、5年くらい前の脱税とか申告漏れを指摘してきますし、こういったことも、事業者でもないのに100万円目当てで持続化給付金を騙し取った素人は知らないでしょうけど、2025年位から税務署が本気で対策をすれば、悲惨な状態になりそうです。

更に税務署からは課税されて、国からは詐欺を指摘されて100万円の返還を要求され、学生とか主婦だったら世帯からハズレて年金とか保険とかが別扱いになるとか・・・どうするんでしょうね?、今なら100万円を騙し取った人でも自ら厚生労働省に連絡をして100万円全額を返金すれば、刑事罰には問わないとか罰則金も請求しないらしいので、早めの返金がお勧めですね。

確定申告書って提出して終わりではなく、税務署が税務調査の対象にすれば徹底的に調べられますし、経費に関しても証票がなければまず、認められません。更に家賃とか駐車場等も全額経費には出来ませんし、自動車を購入しても減価償却の対象なので一括で経費計上もできず、持続化給付金100万円、その他の給付金全額が課税対象になるって考えたら早めの自首がお勧め。

 

 

運転免許証や銀行口座を提出しているのでもう逃げれない?

ただ、国から100万円を騙し取った記録は残りますし、国から騙し取ったお金って破産しても免責はされませんし、無申告で税務署から指摘されてしまった場合、架空の事業実態でなにもやっていない訳で、経費って何もないですから満額課税対象になりかねず、運転免許証等の顔写真付きの身分証明書も提出しているので、海外に逃亡するしかないって感じになります。

最近、大規模な持続化給付金詐欺の主犯が海外に逃亡するのがブームになっていますが、もう、海外に逃げるしかないのでそうしているのでしょう。2025年前後に持続化給付金を含めた、コロナウイルスの膨大な給付金を騙し取った人たちのところへ、税務署からのお尋ねが届くようになったら、なんか?ネットで久々の日本全体レベルの大きな祭りになりそうです。

created by Rinker
¥1,078 (2022/08/10 05:01:52時点 Amazon調べ-詳細)

これから、更に持続化給付金の詐欺事件の逮捕が広まると思いますが、その後の家賃支援給付金とか、事業復活支援金等は申請が事業復活支援金と比較すると簡単にはできなくなっているので、こういった後続のコロナウイルス給付金を申請しておらず、持続化給付金だけを申請して、更に2020年4月15日以降に新規で確定申告をしている人は真っ先に税務署に狙われそうです。

今回、東京国税局の職員が、投資詐欺グループの主要な構成員であり、更には国税局職員であれば、絶対にやってはいけない確定申告書を偽造して詐欺に加担しているので、もう、東京国税局の威信とか信用は地に落ちています。東京国税局が納税者とか国民から信用を取り戻したいのであれば、持続化給付金の不正申請者を徹底的に告発して信用を取り戻すしかないでしょうね。

よろしくお願いします。


誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。