Blog MiMi

突然会社のホームページが見れない困った相談|受けない前提の対応

こんばんわ。

ブログMiMiです。

本日は久々に午後7時頃に都内を走ってみたのですが、この時間帯は滅多に運動をしないので気がつかなかったのですけど、沢山同じような人がいたので驚きました。

いつもは、午前6時頃とか、午後10時以降とか、出来るだけ人がいない時間帯を選んで運動をしているのですが、午後7時位だと全然多いんですね・・・。

皇居の周辺を走っているときみたいに、運動しているのに大渋滞をしているような環境ではウロウロしたくもないですし、知っている人に会いたくもないのでなるべく暗い時間帯を選んで屋外で運動をしています。

私の地元では午後7時を過ぎて午後8時位になると外には人が全くいなくなりますし、駅前なんかも誰もいない状態なのですが、東京はそのような事がないので治安も保たれている感じです。

田舎の方が夜道は危険ですし、下半身を露出しているような変な人や、コンビニの前で屯しているような底辺のDQNも徘徊しているので色々とトラブルが多いのですが、24時間眠らない街である東京は流石にいつでも人がいるのが逆に良いのかもしれません。

スポンサードリンク



本当、田舎で夜間に運動をするとひき逃げには合いますし、DQNに襲撃されたりなど、ロクな事がないですから、そういった環境が嫌な人は24時間いつでも屋外で運動が出来る東京に引っ越しをされた方がよろしいかもしれません。

そんな感じで、ホームページの件で相談を受けましたので、今回はそちらについて書いてみたいと思います。

 

 

当然ホームページが繋がらなくなったので見て欲しい

いつものよくある問い合わせがあり、その内容としてはいきなり会社のホームページが見れなくなったので見て欲しいと言った連絡でした。

普通に考えれば分かりますが、私がこのような業務に対応する義務はありませんし、対応する必要もないのですが、連絡してきた人は何故私宛にこのような連絡をしてきたのでしょうか?

大体、自分の会社のホームページが突然見れなくなったのであれば、それを管理している内部の人間か外部の制作会社などに連絡をするのが当然の対応であり、私に連絡をされても困りますからね。

そこで、ホームページを管理している人に相談してくださいとお伝えしたのですが、それができない事情があるらしいのです・・・。

まあ、この時点でどのような状況なのかはすぐに察する事が出来ましたので、念のため、どのような状況なのかを確認してみると、ホームページが突然見れなくなったのと同時に、それを管理していたホームページ制作会社と連絡が一切とれなくなって困っているとのことです。

これまで何度もこのような相談を受けて対応してきていますが、よくあるトラブルのパターンですね。

確か、以前このような内容のブログを書いていたような気がしますので、それを見て連絡をされてきたのかもしれませんが、基本的にこのタイプの相談や依頼は余程親しい方の紹介以外は断るようにしていますし、受けない方が良い理由もあります。

実際に、これまでに似たような状況になった会社のホームページの対策を何度もやってきていますので、今回も恐らくそれと同じ状態だろうと思ったのですが、折角連絡をしてきてくれたのですから、適切なアドバイスくらいはしてあげたいので、念のために更に詳しく確認してみることにしました。

 

 

ホームページ制作会社と連絡が全く取れない

今回の相談内容としては、突然会社のホームページが見れなくなった事と、ホームページ制作会社と連絡が取れなくなった事が同時に発生しています。

一般的にホームページ制作会社というのは株式会社ですから、そのような法人形態の組織といきなり連絡が取れなくなっていて、電話もつながらないしメールをしても返信がない時点で普通はありえない状況なのですが、実際にそれが発生しているのであれば答えは一つしかありません。

ホームページ制作会社の代表者が夜逃げをして、行方不明になっているといった話です。

この類のホームページ制作会社というのは、社長以下社員は彼女とか愛人とか、奥さんとかといった感じで、身内やそれに近い状態で経営をしているような会社も多くて、経理などはどんぶり勘定が当たり前であり、法務といった認識などは全くない事もよくあります。

ですから、会社の代表者が逃げる際には、いっせいに皆さんそろって逃げるか、愛人だけはその場を去って他に移動するといった状態になる訳ですね。

毎月の管理費とか、いろいろな費用を請求されてそれを支払っているのに連絡がつかない状態らしいのですが、夜逃げしている人というのはそのような事などどうでも良いので、逃げた人を捕まえるのは後回しにして、先ずは見れなくなったホームページの復旧作業が先になります。

その為、最初にやるべき事は、どのような契約でホームページが制作されて管理されていたのか?、現状のドメインとかレンタルサーバなどの契約はどうなっているのか?、ホームページがどの世な仕組みで動いていたのか?などを早急に確認しないといけません。

この類の話は全く珍しい事ではなくて、普通によくある事ですから、私の場合は慣れている関係上、なるべく分かりやすくアドバイスをして対応終了する予定で話を進めます。

 

 

夜逃げをするような会社が制作に関わった事案は大変危険

お金を支払っているのに何もしていないとか、制作会社が逃げてしまってホームページは見れないし、メールは使えないし、どうなっているのか全く分からないといった連絡をしてくる方というのは、インターネットとかホームページの基本的な仕組みはもちろん、システム開発などにも関わった事はありません。

これがどういった人なのかと言えば、本業は得意でもインターネットとかデザイン、システムといった会社のホームページや宣伝活動に関わる問題は全くの素人であり、何も分かっておらずホームページ制作会社に言われるままに請求されてお金を払っていた人たちです。

スポンサードリンク




今回連絡をしてきた方も正にそれであり、自分の会社がやっている重要な部分を全く理解しておらず、全てホームページ制作会社に丸投げしていた訳ですから、さあ大変。

このように、夜逃げするようなホームページ制作会社というのはその技術力も大変低くて、素人に毛が生えた程度であり、当然システムの事なども全く理解していませんから、次から次から適当な事ばかり話してきていて、それが最初から夜逃げするまでずっと続いている訳です。

今回の相談の件で、依頼を受けてはいけない理由と、一体何が問題であるのかが直ぐに分かった人は、多分システム開発の上流工程に関わっている人であるとか、経営に関わっている人だと思いますが、依頼者もホームページ制作会社もどちらも素人であり、何をやっているのかも理解できていない組織で発生した問題です。

 

 

関係者の中で正しく仕様と現状を理解している人がいない

そのような問題というのは、当事者の誰もが正しく状況を理解していない状態ですから、ホームページに関しても正しく設計と実装がされているとはとても考えにくく、適当なフリーのソースコードをパクってそのまま改変して使っているとか、やってはいけないような事を平気でやっているのが普通なのです。

早い話が、もともとマトモに動いていないシステムやホームページが見れなくなった状態ですから、それをうまく復旧させる事が出来たとしても、最初から正しく動いていないものを正しく動くようにするには、最初から制作するよりも多大なるコストがかかるという事です。

更には、このような状況になる会社というのは、予算が殆どない事が多く、何でもかんでもサービスでお願いしますと言ってきたり、こちらが説明する事も正しく理解できない事が多い為、それを理解して頂くには多大なる時間を費やさないといけません。

その際のコストも請求に加算されるのですけど、当然そのような予算など用意できないでしょうし、何しろ自分たちが何をやっているのか正しく理解できていない訳ですから、それを理解する為の予算を用意するつもりもない方が多いのです。

親しい人なら採算度外視でやりますけど、そうで無い場合は関わるとメリットが全くない案件ですから、最初からお断り前提で対応する事になるのですが、できる限りのアドバイスは無料でさせていただいています。

 

 

SEOの依頼をして料金も払ってたけどどうなるのか?

まあ、今回のような話ではよくあるパターンとして、ホームページ制作会社に制作料金とは別にSEOと呼ばれている検索エンジン対策の料金も別途支払っていたのですけど、ホームページが見れなくなったので、それはどうなるのか?と質問されました。

この質問に対する答えは一つだけです。

元々、夜逃げをしたホームページ制作会社にそのような技術力などある訳がないので、適当な話をふっかけられてしまい、何もしていないのにお金を騙し取られていたようなものですから、今回ホームページ制作会社が夜逃げしたからといって、何ら問題が発生する事などありません。

有名な童話である裸の王様のように、元々ないものをあると言われていた状態を想像すると分かりやすいのですが、SEO対策をしていますと言っていたのは夜逃げをしたホームページ制作会社であり、その相手の話を丸呑みして信用していたのが相談してきた方です。

しかし、ホームページ制作会社が何をやっていたかと言えば、結局何もやっていないか、全く意味のない事をやっていただけですから、無いものをあると言われてお金を勝手に払っていただけですから心配する必要もありません。

大体ですね、ホームページに関しては普通に制作すれば、勝手にGoogleの検索エンジンで最初のページに表示されるのが普通ですし、能力の低いホームページ制作会社がどこかの本で見た内容をそのまま話しているだけですから、最初から信用してはいけなかったのですね。

 

 

20代の頃からお世話になった先輩の言葉を思い出す瞬間

以前のブログにも書きましたが、いろいろと20代の若い頃からお世話になっているのですけど、現在かなり儲かっているIT系と呼ばれている会社の役員をやっている先輩からいつも言われていた話としては、中小零細は相手にするな!といった話があります。

なぜ相手にしないほうが良いのかについては、今回のブログでも書いている内容そのままなのですが、相手にするメリットが全くなくて、デメリットを生むきっかけになるからです。

自分は中小零細でも全く問題なくて、仕事をする相手としてそのような相手を選ぶ事はしないようにといった、先輩の実体験によるアドバイスだったのですが、実際にそれを自分でやってみるとよく意味がわかるようになりますから、興味があればチャレンジしてみると良いですね。

自分は個人でも法人の代表でもどちらでも良いのですけど、取引をする仕事の相手としては巨大な組織を選んで対等以上にわたり合えば、会社として利益を残すとこが出来るといった話ですし、この考え方は間違っていません。

全く実績の無い相手からのアドバイスだったら無視をしたほうが良いのですけど、税金に困るほど儲かっている会社を経営している先輩からのアドバイスというのは、実務に沿ったものが多いですから、そういった人脈を広げておくと将来的にとても役に立つ事になります。

今回のような相談を受けて、真に受けてしまって真剣に対応していると、利益が出ないばかりか夜逃げをした会社の責任まで負わされるようになる可能性が高い訳ですから、最初からアドバイスをして対応を終了するといった解決方法が最も適切なのです。

唯一は、親しい人からの紹介とか、人間性の確認ができた相手からどうしてもお願いしますといった相談を受けた場合は例外的に処理をしていく感じです。

過去に何度も夜逃げをしたホームページ制作会社が放置をしたホームページを復活させていますが、まともに動いていないどころか内部はめちゃくちゃなのでそれは大変な作業になります・・・。

よろしくお願いします。


誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。