Blog MiMi

The Room Three|神秘的な知恵の輪体験ができるお勧めアプリ

こんばんわ。

ブログMiMiです。

ここ最近は寒くなっても天候自体は良い感じなので、なるべく外に出る様にしているのですが、午後8時以降の時間帯になると人が本当少なくなっていますね。

夜間の時間帯の人が少ないだけではなくて、車も以前よりもかなり少なくなっている様な気がするのですけど、流石は東京といいますか普通にポルシェ程度なら普通にその辺を走ってますしフェラーリなども走っているのを見ると、儲かっている人はやっぱり多いんでしょうね。

私の地元であれば、午後8時を過ぎると人は全然いませんし、フェラーリなどは皆無ですし、軽トラすら走っていないくらいですから、田舎の生活をしていると世間から取り残されるといいますか、夜中は山賊が出る様な地方ですから、やっぱり若い人は東京に出てきたほうがよいのでしょう。

本当に山賊が出るの?と疑ってくる人もいるかもしれませんが、今の時代でも私の地元は夜間になると山賊が出る事があり、金銭を強奪される事件も結構多くて、弟の同級生などもその被害にあったりしていますが、ここでいう山賊というのは集団で襲いかかってくるDQNの事です。

東京ではその様なDQNは殆どいませんし、夜中に女性一人が運動をしていても安心できる様な場所が多いのですが、田舎の場合は女性は一人で歩いていると誘拐されるし、その他の人はDQNに集団で襲われて金品を強奪されるしで、夜になると出歩かない様に指導しているご家庭も多いのです。

武装して10人前後で夜中に弱そうな相手を集団で襲っている時点で山賊と何が違うのか?といった感じですから、DQN=山賊でも間違いではありません。

 

 

寒くて人がいないのかイオンの値引きが早い?

そんな感じで、いつもの通り一人で歩いてイオンに行ってみたのですが、店内についてみるとあまり人がいない割には、惣菜コーナーが既に半額で品切れ寸前になっていますから、最近は寒いからなのかイオンも惣菜の値引きをかなり早めている様な気がします。

産廃業者がココイチのカツなどを横流ししていた悪質な事件が最近報道されていますけど、イオンの場合はその様なことはありませんから、イオンの食品で問題がある場合は、主に中国産であろう原材料であるとか、加工している環境に問題がある場合くらいです。

イオンを批判している人は沢山いますけど、あからさまに産廃品を横流ししているような訳の分からない激安スーパーよりかは遥かにマシですから、その点はまだまだ安心ですが、イオンのPB商品ってオリジナルの半額程度くらいなので、やたら価格が安いのですが、品質的には大丈夫なんでしょうかね?

まあ、半額惣菜自体は趣味で購入している様なものですから、別に積極性を持って食べる必要もありませんし、売り切れていたらそれでも良いだけの話なのですが、午後8時前には既に半額にしている様な感じなので、狙っている人は暫くは早めに店舗に行ったほうが良いかもしれません。

運動をしている人も以前より少なくなっている様な感じですから、最近、東京で午後8時を過ぎると屋外では人があまりいなくなっているのはやたら寒いからなんでしょうか?

 

 

神秘的な知恵の輪アプリの最新作が遂にリリース

外に人がいないということは、室内に人が沢山増えているということですから、皆さん暖かい室内にこもって色々と普段の生活をされているのでしょうけど、寒い外でも暖かい室内でも他に何もすることがないときにお勧めなのが知恵の輪のような神秘的なアプリになります。

その神秘的なアプリの名前は「The Room Three」と言いまして、その名の通り「部屋」という意味で、三作目なのでスリーが後ろについてます。

 

内容的には、理由はよく分からないけどいきなり密室的な部屋に閉じ込められていて、その部屋の中にある家具やアイテムを触りながら、部屋の扉を開けて外に脱出する様なアプリであり、見た目のグラフィックもとても綺麗で、サウンドや効果音も独特的で神秘的に作られています。

現時点ではandroid版とiPhone版の両方がリリースされているので、スマートフォンやタブレットをお持ちの方であれば、どなたでもインストールして楽しむことが出来ますから、知恵の輪を沢山購入したと思えばとてもお得でリズーナブルに楽しめるアプリです。

正直言って、このアプリは年齢層に関係なく、どなたにでもお勧めできますので、ちょっと空き時間がある様な人や、布団の中に入ったけど寒くて寝れないので、何か時間つぶしをしておきたいような人にもお勧めできます。

操作方法も簡単で、知恵の輪をスマートフォンの画面を触りながら直感的に外していく様な感じですから、説明書なども皆無でOKといった流れです。

こちらの最新作である待ちに待った3作目がどうやらリリースされているらしくて、GooglePlayを見ていたら偶然発見しまいた。

 

 

元々は月島の岸田屋さんの待ち時間様に購入

ここ最近は、さっぱり通っていないのですが、煮込みで有名な月島の岸田屋さんというお店があり、そちらのお店に行くと店の前で2時間前後待つのは当たり前であり、その間あまりに暇でやることがないので困っていたところ、こちらのTheRoomのことを知って待ち時間の間に利用していました。

月島の岸田屋さんの待ち時間はうまくタイミングが合えばすぐに入れるのですが、タイミングが合わなければ2時間以上の待ち時間は当たり前の世界ですから、その間何もすることなくじっと待っているのは結構きついものがありましたので、TheRoomのような知恵の輪アプリは最適だったのです。

TheRoomの1作目、2作目をそれぞれセールの際に100円位で購入したのですが、両方とも岸田屋さんの待ち時間の際にクリアしてしまったくらいですから、一体いくらの時間を待ち時間に使ったのか分からない位トータルでお店の前で待っていたことになるのが凄いところです。

東京の人気店になると、2時間待ちは当然ですから、これに耐えれない人はそう言ったお店には行かないほうが無難です。

こんな感じで、他にやることもないけど、やりたいこともできない際には、お手元のスマートフォンやタブレットを使って、TheRoomという知恵の輪の様な神秘的なお手軽アプリを使って時間を有意義に使うと良いですし、基本無料課金アプリの様な高齢者仕様の単純アプリでもないのでやりがいもあります。

よくある基本無料の課金アプリの場合、本当に単に画面を永遠に触るだけの繰り返しですから、やればやるほど頭が悪くなりそうなのですけど、TheRoomの場合は、頭を使って知恵の輪を解く様な感じですから、頭の体操にもなります。

 

 

唯一の欠点は英語版しかないということです

一見して、あまり欠点がない様に思える優良なTheRoomなんですけど、実はこれって英語版しかなくて、アプリを起動してからエンディングまでに出てくる文字列全て英語になりますので、簡単な英語すら抵抗がある方の場合は結構それで挫折してしまい兼ねない状況になります。

ただし、私でも理解できるくらいの簡単な英語しか出ていませんので、中学校を卒業している人であればまったく問題ありませんので、それに該当していない人以外は恐らく問題はありません。

確か、一番最初に起動した際にはユーザー新規設定があるのですけど、その際にスマートフォンの文字入力を英語入力にしておかないと、正しく文字が入力できずにユーザーが設定できないような仕様になっていたかと思うのですが、TheRoomの問題点はその位でしょうか?

後は、別に英語がわからなくても、知恵の輪の様に画面をクリクリ回しながら、図形の形が合う部分をひねったり差し込んだりしていけば良いだけです。

ジャーン!といった感じの神秘的な効果音がしてみているだけでも何だか心地よくなりますので、外で利用する際にはヘッドフォンを持参してくことを強くお勧めいたします。

 

 

日本語版も最近リリースされた様なのですが・・・

今回、最新作のTheRoomThreeがリリースされているのを確認した際に、以前のTheRoomの一作目がGooglePlayからなくなっていたので、何事かと思って確認したところ、どうやら最近、日本語版が新しくリリースされた都合上、日本語端末からは英語版は購入できなくなっている様です。

日本語が追加されただけで、また同じアプリを購入しないといけないの?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、今回のケースは別の会社から別のアプリとしてリリースされている様なので、名称が同じアプリであり既に英語版を持っていても、再度日本語版を買いなさいとなっているのですね。

正直って、この様なGooglePlayの仕様や商売手法には疑問視が出てきますけど、現状その様な仕組みになっているので仕方がありません。

まあ、それほど高額なものではありませんし、最新作のTheRoomThreeでしたら600円ですけど、旧作のTheRoomでしたら100円か200円程度でしょうから、そくらいの金額なら別に再度購入しても問題はないかとは思いますが、今更日本語を出されても・・・といった感じです。

 

 

日本語版が欲しければまた買いなさい商法は健在

今回のTheRoomの1作目の日本語版が出ると、英語版が購入できなくなり、再度日本語版を購入しないといけなくなるのを見ていると、今後、TheRoomThreeも日本語版が出てしまい、英語版が購入できなくなるかもしれませんから、英語版が好きな人は早めに購入しておいても良いかもしれません。

日本語版のTheRoomの商品説明のところを見ると、今後の続編の日本語版もセールスする様なことが書かれていますので、時間は暫く掛かるかもしれませんが、恐らく日本語版が登場してから、英語版が消えていき、日本語が欲しければもう一度買いなさい!といった感じになりそうです。

殆どの人にお勧めが出来ますので、暇な時間を効率良く使えるオフライン用の買い切りアプリであるTheRoomThreeは価格も600円ですしお勧めなのですが、頭を使った知恵の輪のようなアプリは受け付けない様な人や、英語を見ただけでアレルギにーなる様な人はやめておいたほうが良いかもしれません。

暇なのにそこの場所から動くこともできず、やりたくても何もできない様な場合にはまさに最適なアプリですから、是非是非チャレンジしてみてください。

よろしくお願いします。

スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。