Blog MiMi

Windowsのキーボードが2万円以上で驚き?ROG STRIX FLARE

こんばんわ。

ブログMiMiです。

 

昨日の30日の夕方か夜くらいに仮想通貨ビットコインのチャートを見ながらブログを書いていたんですけど、今のかち上げのチャートなら、これまでのビットコインのチャートを見ていると多分落ちるだろうな?、思ってそう書いたところ、朝起きたら予定通り相場が急落していて、また今日のお昼くらいに向けて回復はしていますが、落ちる予想は殆ど当たるようになりました。

まだまだトレードは勉強中ですし、現時点では実績も無いのでチャートをある程度見ることが出来る様になったことについても、なんとも言えないのですが、毎回落ちる時のチャートを見た予想は当たってきているので、後は昇竜拳のように急激に暴騰する時とか、少しずつでも良いので相場が回復していく際のチャートを判断できるように勉強していくのが楽しみなのです。

そんな訳で、現時点では仮想通貨ビットコインやリップルの相場が上がるのか下がるのかはなんとも言えないタイミングなので、もうしばらくはヨコヨコが続くかな?って感じなんですけど、最近使っているアップルのキーボードがそろそろ寿命を迎えたのか、キーがかなり削れてきていますし、脚ゴムがすり減ってきているので、新しいキーボード購入を検討しています。

 

 

Windowsのキーボードが2万円以上で驚き?ROG STRIX FLARE

長年アップルのキーボードを使ってきているんですけど、以前のPowerPCG5Quadについてきていた白くて大きなキーボードは良かったんですが、最近のMACに付属されている薄いアルミニウム製のキーボード以外は既に廃盤になっていて、以前まとめ買いしていた在庫も既になくなってしまったので、今からだと以前の大きな白っぽいアップルのキーボードの購入は出来ません。

まあ、中古なら探せばあるのかもしれませんが、人が使った中古キーボードを使うのはあれですし、アップルもデザイン重視なのか?、今の薄いアルミニウム製のキーボードはコンパクトで邪魔にならとは言え、長時間文字を打つ人からすれば爪が痛くてしょうがないですし、キーボードも直ぐにプラスチックの文字部分が削れてしまう都合上、個人的にはイマイチなのです。

スポンサードリンク



それで、アップルのキーボードは価格が10000円位と大変な高額に設定されていて、文字を大量に入力するのには向いてないのでは?と思って、Windowsのキーボードなら安くて性能が良いのがあるのかもしれないと、いつものASUSのキーボードを公式サイトで見た見たら、何とASUSのキーボードは定価が25000円位していてアマゾンでも20500円位だったので驚きました。

 

 

ROG STRIX FLAREの購入を検討しているのですがビデオカード並に高い

ASUSって台湾のメーカーの製品はソフトウェアとかドライバーの完成度は最悪で、毎回Windowsがアップデートする際には原因不明のトラブルを出したり、そもそもまともにソフトウェアが動かないとか余計な機能がてんこ盛りなので結局全てアンインストールして使っていないのですが、ASUSのハードウェアはデザインが大変良くて性能も良いので毎回購入しています。

ASUSが販売しているキーボードだったらデザインも性能も良いだろうとのことで、ROG STRIX FLAREを確認してみたんですけど、キータッチの音が金属的な青軸とキータッチの音がサイレント的な赤軸の2種類が用意されていて、どちらも定価は25000円位でGTX1060ってビデオカード位の価格になっているのでキーボードってこんなに高いの?と大変驚いています。

個人的にはテンキーは使わないのでテンキーなしが良いのですが、ASUSのテンキーなしというか、テンキー部分が取外し可能なCLAYMOREってキーボードはデザインがダサいので、出来たら使いたくないってのがありますし、最近流行りのLEDがかなり眩しい仕様になっていますが、ROG STRIX FLAREはデザインもシンプルですからテンキーがあってもまあ良いかなと・・・。

しかし、もう10年以上、アップルのキーボードしか使ってきていなかったので、Windowsのキーボードは全く知らなかったんですけど、アップルのキーボードが10000円位でぼったくりでは?って思っていたら、実はWindowsのキーボードの方が20000円以上で高かったって落ちになっていて、もちろん価格が安いのもありますけど、ある程度のしっかりした製品が必要です。

スポンサードリンク




 

 

ロジクールのPRO G-PKB-001はテンキーなしで価格も10000円くらいですね

今回、新しくキーボードを購入しようと思って、ASUSの公式サイトを見てみたら公開されていたゲーミングキーボードってタイプのROG STRIX FLAREはフルサイズのテンキー付きで25000円位の定価になっていて、ビデオカードと同じくらいの価格なので驚いているんですけど、他にもアマゾンで調べてみたらロジクールからPRO G-PKB-001ってのが発売されています。

マウスだけは毎回ロジクールの製品を購入していますので、PRO G-PKB-001ってテンキーがないシンプルなデザインのキーボードもそれなりの品質であることは見ればすぐに分かるんですが、価格が10000円位になっており、こちらも個人的にはかなり高額なキーボードでは?って感じですから、Windows用のキーボードなら安いってイメージは間違っていましたね。

ゲーミングって名称がついた製品が最近は流行っているのか?、Windowsの周辺機器ではゲーミングビデオカードとか、ゲーミングディスプレイとか、ゲーミングマザーボードとか色々とありますけど、ゲームを全くしなくてもゲーミングって名称があるハードウェアは性能が高く設定されていることが多くて、若干というかかなり価格は高くなりますが、優良製品が多いです。

まあ、現在のアップルのキーボードは正直言って耐久性が問題があるのと、デザインを薄くしすぎて正直言ってハードな文字打ちには全く向いていない、ユーザー層がより多い、ライトにネット検索などでパソコンを使う人向けかな?って感じの製品になっていますから、ハードにキーボードを使い込む人からすれば、Windows用のゲーミングキーボードの方が良い気がします。

 

 

赤軸タイプのROG STRIX FLAREをアマゾンで20500円位で購入するか検討中

正直、Windowsのキーボードは価格が安くて性能が高いものが多いのかな?って思っていたんですが、ゲーミングってついているASUSのキーボードROG STRIX FLAREは定価が25000円以上と大変お高くなっていて、ちょっと即決で購入するには考えてしまいそうな価格帯になっていて、テンキーがないロジクールのキーボードは価格が半額の10000円位になっていますね。

テンキーって全く使わないので、デスクは180㎝ありますからスペース的にはテンキー付きでも全く問題は無いのですが、使わないキーは要らないですから、テンキーなしのロジクールの PRO G-PKB-001もデザインもシンプルで耐久性も高そうなのでいいかな?って思っているんですが、やはりASUSのキーボードROG STRIX FLAREのデザインも捨てがたくちょっと悩みますね。

他にも色々なメーカーからキーボードは沢山発売されていて2000円位の格安キーボードから、ASUSのROG STRIX FLAREのように25000円位のキーボードまで沢山種類があるみたいなんですけど、キーボードって一度購入したらかなり長期間使うパソコン用のデバイスで、正直以前購入したビデオカードGTX1080Tiの方が先に使わなくなるでしょうから25000円でも良いか?

キーボードには青軸とか赤軸って表記が書かれていることも多いのですが、これはキーボードの色を示しているのはなくて、キーボードのボタンを取り外した際に出てくるプラスチックのパーツの色のことを示していて、赤色だったらタイピングの音も静かで打ちやすく、青色だったらカチカチと金属音的なタイプ音がするので、文字入力が多い人なら赤軸の方がお薦めです。

いつも使っているアップルのアルミニウムキーボードがぼろぼろになってきたのと、USBタイプの英語キーボードが廃盤になっているので、WindowsのゲーミングキーボードROG STRIX FLAREとPRO G-PKB-001のどちらかを購入するか検討をしていますが、多分ASUSのROG STRIX FLAREを購入しそうな気はしていますけど、Windowsのキーボードは安くないですね。

よろしくお願いいたいます。


仮想通貨を始めるなら→簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。