Blog MiMi

行きつけの眼科が突然閉院してしまって今後の治療に困ったその後

こんばんわ。

ブログMiMiです。

 

今年の春頃だったかな?、いや昨年頃からだったような記憶なんですが、目がおかしくて天気が良い日に屋外に出ると残像のようなモノがたくさん視界に入り、目を開けていられない状態になることが多くなったので、もしかして怪しげな病気になっているのか?と思って、眼科に行くことにしたのですが、そこで結構深刻な状態と判明します。

なんでも、目の使いすぎによる角膜に傷がついてしまっていることや、重度のドライアイになってしまっていて、それで目に負担がかかりすぎている状態なので、これから治療をしていきましょうって話で眼科のドクターから診察を受けて治療をしていたところなんですが、眼科の診察は2ヶ月に1回とか1ヶ月に1回で良いのでまさかの状態に・・・。

何と、処方されていた目薬がなくなったので眼科に定期診断に行ってみると、眼科のエントランスに張り紙が貼られていて、なんでも病院で構造上の欠陥が見つかったので急遽閉院することになりましたので、患者様には新しい場所で眼科が再開したらご連絡いたしますから、ご迷惑をおかけいたしますがお待ち下さいって内容だったのです。

 

 

行きつけの眼科が突然閉院してしまって今後の治療に困った話

突然、治療をしていた眼科が閉院していることに驚いたのですが、ここって構造上の欠陥なんか特になくて、眼科としては問題ない施設だったとは思うんですが、張り紙にそう書かれていたので、新しい場所でドクターが眼科を再開させる事を待っているんですが、未だに再開しましたって連絡が来ませんし、ホームページも以前のままです・・・。

あれからずっと連絡を待っていて、目の治療と診察をドクターにお願いしたいんですが、ドクターは一体何処に行ってしまったのか?、全く消息が分かりませんし、既存の患者様に新しい病院のテナントが決まり次第、ご連絡しますって連絡からもう半年くらい経過しているんですが、何の連絡も音沙汰もありませんから正直結構困っています。

スポンサードリンク



病院で建物の構造上の欠陥とありましたけど、察するにして金銭的な資金ショートが発生してしまって、ドクターが逃げてしまっているのでは?と思わざる負えない部分も多々ありますので、早く新しいテナントで眼科を再開して結構高そうな設備も揃っていましたので、角膜の傷やドライアイの治療をしていただきたいと常に思っている所です。

 

 

ホームページが放置されているので確認してみるとドメイン更新

突然閉院した眼科のホームページは今でも見れますし、院長の顔写真も掲載されているので、放置されていてドメインが切れたら消滅するのかな?と思って確認をしてみると、ドメインは眼科が閉院した後に更新されているので、別に完全に放置されているのではなくて、本当に何かしらの理由があり一時閉鎖している可能性もあるわけですね。

院長は今頃、あれだけの設備投資をしているのでそれなりの負債もあったでしょうから、資金繰りであちこちを駆け回っているのか、海外のカジノでバカンスをしているのかよく分かりませんけど、私はいつまでこのままの状態で待っていればよいのかよく分かりませんし、もうそろそろ別の眼科に乗り換えたほうが良いのかもしれません。

この眼科がいきなり閉院理由については、オカルト的な話になって申し訳ないのですが、10年以上前から必ずどのようなテナントが出店しても閉店するって有名な場所になっていて、駅のすぐ近くで利便性が良い場所にあるにも関わらず、何故かこのテナントを借りた事業者はすぐに閉店してしまうって曰く付きの物件だったわけなのです。

 

 

どのような業者がはいっても必ず潰れるテナントの不思議

これって、私の地元でも曰く付きの有名な場所がありますし、恐らくは日本中で似たよ

スポンサードリンク



うな環境の場所があるのではないかと思いますが、何故か立地条件が良い場所なのに、その場所にテナントが入ると数ヶ月か半年くらい、長く持っても1年以内にテナントから業者が撤退して、事実上の潰れるって状態になる有名な場所が結構あるんですよね。

それで、その場所のすぐ近くの物件やテナントではそのようなことはなくて、普通に繁盛して5年、10年と営業しているお店や病院等が沢山ありますので、立地が悪いとかマーケティングの問題ではないと思いますけど、何故か、その場所だけ必ず頻繁にテナントが入れ替わり、どれだけ儲かっている業者であっても撤退するって話ですね。

完全にオカルト的な話なんですけど、立地条件は悪くないのに、何故かそのテナントにはいった業者は潰れてしまう、経営者が行方不明になってしまう、経営者の華族に不幸が訪れるってツタンカーメン呪いのような嘘のような話があり、この現象を正しく説明できる人ってどれ位いるのか分かりませんが、本当に不思議な話になりますね。

 

 

ちなみにツタンカーメンの呪いは全てデタラメなホラ話です

今回の閉院してしまった眼科にかかわらず、日本国内には立地条件は最高の条件なのに何故かどのような業者がはいってもすぐに潰れてしまうってテナントや立地がありますが、ツタンカーメンの呪いについては完全なホラ話であり、ツタンカーメン呪いでお金儲けを企んだメディアや詐欺師などがノストラダムスの大予言と同じく流布した話です。

ツタンカーメンのマスクに関わる人が次々死んでいったって話ですけど、一体ツタンカーメンの発掘にどれ位の人が関わっていたのか?、その中から偶然交通事故や病気で亡くなる人がいるのは別におかしなことではありませんし、寿命で死んでしまった人だっているわけなので、別に正体不明のツタンカーメンの呪いでも何でもない話ですね。

それを、今のようなネットがない時代はテレビや新聞などが嘘を正しいと一般の人に吹き込んで洗脳していた時代ですから、ツタンカーメンの呪いに関わる番組や雑誌などは数字が高くとれますので、ノストラダムスの大予言と同じく、それで金儲けをしたい人が好き勝手にほら話を垂れ流していただけの話であり、今では誰も信用しない話です。

 

 

取り敢えず院長は病院が再開したら連絡をして欲しいです

流石に行きつけの眼科が閉院してから半年くらい経過していますので、そろそろ眼科を再開していただかないと、私の傷ついてしまった角膜の回復やドライアイの回復に支障が出ますし、おかげさまで最近は車の運転が全くできない状態になっているというよりも、自主的に運転をしなくなったので早く目の病気の回復をしていきたいと思っています。

ドクターは女性の方で丁寧に対応をしてくれますので、都合が良かったんですけど、出来れば年内に再開していただいたいですし、出来ないのであればその理由を教えてほしいですし、出来ないことを公式サイトで告知して頂きたいのですが、取り敢えず年内一杯は様子を見ながら、院長が別の場所で眼科を再開するのを待つことにしましょうか?

立地条件が最高なのに、何故か誰がテナントにはいっても閉店してしまう謎のテナントについて、誰か詳しく説明してくれる人がいれば良いのですが、その付近の他のテナントは全く問題なく営業できているので、家賃の問題とか人の流れとかではないでしょうし、やっぱりこれはムーって雑誌に取材していただくのがよろしいのかもしれませんね。

マーケティング的には大変興味がある話なんですが、具体的の証明出来る内容で説明してくれる人がいれば助かりますね。

よろしくお願いいたします。


誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。