Blog MiMi

都内で花見中に雨が降ってきましたがブルーシートで防衛|とても頭が痛いです

こんばんわ。

ブログMiMiです。

本日も、健康状態が思わしくありません。

大雨の影響だと思いますが、咳喘息、呼吸困難といった、突然の呼吸器系の急性喘息のような症状は、日々よくなってきているのですが、頭がおかしい感じです。

車以外で遠くに出かける際には、基本的には、折り畳みの傘ではなく、携帯用の雨合羽はできるだけ持っておいたほうが良いです。

折りたたみ傘でいいのでは?と思う人もいるかもしれません。

しかし、傘など持っていても、大雨になると、瞬間で破壊されてしまいますので、まったく意味がないことが多いのです。

私は、今まで傘を広げた瞬間に何本の傘を、東京のビル風とかで破壊されてきたかわかったものではありません。それくらい風は強いです。

それに、最近の携帯用雨合羽は結構優秀で、畳んだ時にはとても小さくて、広げるときちんとした雨から体を守ってくれる状態になります。

携帯用雨合羽を羽織ったら、デザインがダサくて恥ずかしいといった人もいますが、デザイン性の高いものは、結構かさばりますし、値段も高いですから、割に合わないと思います。

ただし、一度広げてしまった携帯用の雨合羽というのは、元の形状に畳むことはたいへん難しいため、使い捨ての安いものでも構わないでしょう。

要は、直接大雨に濡れないようにさえしておけば、後々の病院代であるとか、電子機器の破損の修理代であるとかを考えると、物凄く安くつきます。

雨に濡れた携帯電話、スマートフォン、タブレット、ノートパソコンの修理はものすごく高い特別料金が請求されることが殆どです。

あと、私の頭が最近おかしいというのは、別に私が知的障害者というわけではありません。

一般的には、偏頭痛??と呼ばれるような、極度の頭痛のもっと酷い感じになってしまっていますが、偏頭痛ではないとのこと・・・。

よくわからないので、ファラオの呪いとかといった感じで、話をすると、自称霊能力者等が、詐欺まがいの勧誘をしてくれるかな?といった期待も少しはしています、どの自称霊能力者もレベルが低すぎて、話をしていても面白くもないです。

海外を拠点にしている、一流のプロ詐欺師のような自称霊能力者がいれば、見てみたいものです。

それはさておき、本当にとても頭が痛く、地球が爆発するのではないか?と感じるくらい、どうにかなってしまいそうな感じなのです。

ただ、これも以前と比べたら、もうほとんどこの症状が発生することもありませんから、その確率もかなり下がってきていますし、今回のようにごくまれに発生しても、短時間で収まるようになってくれていますので、一安心といったところでしょうか?

一般的な常識の痛さを超えるような頭痛というのは、病院でドクターに診察してもらうと、それ用の滅多に見ないような薬を処方してくれますので、素人考えで、バファリン等は絶対に使わないようにして下さい。

そういった、特別な頭痛用の薬がきちんとありますし、専門医の診察を受けておいたほうが良いに決まっていますので、ご注意ください。

また、ある程度の知識があれば、今の私のように、あえて何もしないといった対処方法もあります。

確か、ハリーポッターの主役の方も、このようなとても痛くなる頭痛を持病として持っていたと記憶しています。

まあ、私の場合は、どうせ原因不明なので、ほっておけばそのうち治るでしょう。

 

そういえば、またレッドビーシュリンプが一匹死亡していました

最近は、この話題がやたら続いてしまうのですが、モスラタイプの個体が死亡していました。

また、ミクロソリウムにへばりついていて、再度確認したら死んでいた感じです。

他の個体はいたって元気で、抱卵している個体も複数いますので、更に様子見ですね。

水槽の中の苔が気になるので、自動で制御している照明の時間を減らす予定です。

 

都内のお花見はそろそろクライマックスですのでお急ぎを!

桜の花びらが結構散り始めており、早咲きした桜の個体は、既に葉っぱが生い茂っている状態になっているため、お花見を楽しめる時間は、今週末くらいが最後になるのではないでしょうか?

まだ、お花見をしていない人で、桜を見ながらまったりした時間を過ごしたい方はご注意下さい。

明日か、明後日のいずれかには、お花見に行っておいたほうが良いです。

本日は、友人とお花見に行く約束だったので、都内の某公園に行ってきました。

友人からは、この天候で本当にお花見をしても大丈夫なの?といった問い合わせが来たのですが、既に桜の花びらが飛び散っているのを知っていましたので、できれば本日しようよといった流れになりました。

天候だけ見れば、快晴であっても、実はそれくらい風がとても強い一日だったのです。試しに髪の毛をおろしてみたら、スーパーサイヤ人のような髪型になってしまったくらいです。

予想通り、平日で天候が晴れなんだけど、お花見としては最悪に近いくらい悪い日であるといったコンディション、更には風がとても強かったので、あまり人はいませんでした。

まあ、事前に私が見回りをした時には、ある程度の人は、ブルーシートをしいて、無理やりといった感じで、楽しくお花見をしていました。

それで、桜がまだたくさん残っている場所を選んで、ブルーシートをしいて、お花見を始めたのですが、やはり風が強いので、ブルーシートが飛んでいきそうになります。

四方をバッグや靴で固定して、何とかブルーシートが飛んでいかないようにしてから、お花見の開始です。

やはり、まだ桜が残っている場所ですから、私達が場所どりをする前には、それなりの人がいたようなのですが、ちょうど私達がそこに行ったときには、みなさん後片付けをしていたところでした。

そのため、周囲にはほとんど人はいませんので、とてもラッキーです。

ただ、独自のムードを作りつつ、本格的なワインセットを持ち込んで、お花見を楽しんでいた人たちもいましたので、みなさん結構本格的に楽しんでいるようです。

ちなみに、今回の私たちのお食事会(お花見)のメニューは、江戸前の寿司がメインで、飲み物はビールやワインになります。

あとは、定番のから揚げ等のおかずや、私の大好きなモンブラン等のデザートも適当に持ち込みました。

やっぱり、綺麗なピンク色をした桜をしたから見上げながら外で食べるお食事は良いものですね。まさに気分爽快です。

そんな感じで、しばらく友人とお寿司をつまみながら、お食事会を楽しんでいると、途中でかなり天候が怪しくなってきており、ポツポツと雨が降ってきているのが分かります。

食品の下に敷いていた新聞紙に雨のあとがついてきて、そのあたりが円状に濡れてきているのがわかります。

もちろん、無償でいただいている新品の朝日新聞を持ち込んでいますので、ここでも朝日新聞は大活躍なのです。

並べている食料品や飲み物の下に、新聞紙を厚めに敷いていれば、万が一食品や飲み物をひっくり返した時でも、問題なくお花見を続けることができますので、とても安心なのです。

最後には、新聞紙で丸めて燃えるごみは分別すればなおよろしいです。

そろそろやばいんじゃない?と言いながら、大丈夫だろうといった感じで、天候は無視して桜を見ながらお酒を飲みつつお寿司を食べてまったりしていたのですが、それは突然やってきました。

いきなり、大粒の雨が降り始めてきましたので、流石にこれはやばいだろうと思い、急いでお寿司をたいらげてから、その場をかたずけて、撤収をした次第です。

私たちが、この場所に陣取る際に、一斉に撤退していたお花見をしていた人達は、iPhone等のスマートフォンでみなさん天気予報などを見ていたのでしょう。

相変わらず、天気予報などは一切気にしない私ですから、不慮の悪天候にはとにかく弱いといった問題は付きまとうようです。

 

ブルーシートは万能であっても見た目がヤバい?

今回も、天候に不安はあったのですが、いつもの調子で雨合羽は持っていませんでした。

しかし、ブルーシートという万能かつ最強の雨を防ぐ道具は沢山ありましたので、それを羽織って一目散に走っていきました。

雨を防ぐといった目的では、ブルーシートはまさにそれを完璧にこなしてくれた訳なのですが・・・・。

ただ、このブルーシートというのは、価格の割に、とても高性能ですから、いたるところで役に立つことが多いのですが、欠点として、見た目がとても貧しそうで怪しすぎるため、使い方によっては周囲の視線がものすごく痛い場合があります。

ですから、一部の方以外を除き、普通は花見とか花火を見る時の、人が汚れない為のござの代わりに位しか使われていません。

ござ以外で、ブルーシートを使っている一部の方というのは、ご存じのとおりホームレスの人たちのことです。

東京都内は、ホームレスの人が物凄く沢山いて、将来はこうなっていはいけないといった反面教師の役割をしてくれることもあります。

ただ、基本的にホームレスという行為は、公共の場所を違法に占有している訳ですから、厳密にいえば悪いことをしていることになります。

しかし、現実問題として、そういった人達を排除するのはとても難しいため、この問題はどこの自治体も頭を抱えているのでないでしょうか?

ですから、ブルーシート=ホームレスといった良くないイメージがついてることも普通にありますが、ござとして使っている場合のみは、そういった偏見も持たれることはありません。

 

雨の中、ブルーシートとともに走る

そういった良くない印象しかないブルーシートをまとって走ってる不審人物がいるわけですから、下手をしたら、ホームレスかなんかと間違えられそうな雰囲気です。

雨を防ぐようにまとっている訳ですから、はたから見れば、ブルーシートが走っているくらいにしか見えませんからね。

不幸中の幸いとしては、本日は確かに晴れていたのですが、とても風が強いため、殆どお花見をしたいといった人がおらず、周囲には人があまりいなかったといった点です。

みなさんは、もしも突然大雨になってもこうならないように、普段から携帯用の雨合羽をお持ちになることをお勧めいたします。

最近の携帯用雨合羽は本当に小さいので、一般的なバッグをお持ちであれば、その中に突っ込んでおけば邪魔にもなりません。

私の後輩のように、若い女性の方で、ブルーシートを羽織って一緒に走って欲しい!といった変わった思考を持っている方もいるかもしれませんが、普通の人はそういった人はあまりいないと思います。

もし、一度やってみたい!といった女性の方がいれば、ぜひやってみて下さい。

涼宮ハルヒの憂鬱といったアニメのように、「緑色の宇宙人に襲われるーー!」と叫びながらやると効果的かもしれませんが、見た目が涼宮ハルヒのように可愛くないと、周囲から凄い視線で見られる場合もありますので、ご注意を。

また、齢を取った富裕層でない人が、それをやったらとても虚しくなるだけですので、若いうちから、稼げるような環境と人脈を作っておいたほうが良いです。

もしもの時の安心感は、携帯用の雨合羽ですね。

あと、もしもの時に、バッグを覆うようなスーパーの袋などもあれば便利ですが、そういったビニール製の袋は、お出かけする際にはほとんど持っているはずです。

スーパーで食品や飲み物などの買い物をした際に、袋の中が食品のソースやにおいなどで汚れないように、小分けのビニールで食品は保護しておいたほうが良いです。

イオンなどでは一枚3円から5円の請求が行われるレジ袋も、未だに無料なスーパーは沢山ありますから、、無料で雨からバッグや電子機器を守れると思えば、とてもお得です。

 

まだ、若干呼吸が苦しく、喘息のような咳をしていますが、頭痛は落ち着いているため、もうしばらく控えめにしていれば、何とかなりそうです。

本日は、急な悪天候には雨合羽が便利!といったお話でした。

よろしくお願いいたします。


誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集




コメントは受け付けていません。