Blog MiMi

基本が大切なことを忘れると大変なことに・・・|メールが受信できない理由

こんにちわ。

ブログMiMiです。

最近は、暖かくなってきているのですけど、夜間は寒くなったりする日があるので体調には気をつけてください・・・。

このように、先日から散々とブログに書いてきました。

全く説得力がない話になって申し訳無いのですが、どうやら私の体調がすでに芳しくない状態になってしまったようです。

本日の朝起きて、ちょっとおかしいな?と気がつきましたが、土日くらいからちょっと頭がだるいかと思ったり、寝冷えをしているのでは?と感じていました。

ここ最近は、春の香りが心地よくて、普通に半袖で過ごせるくらいでしたから、風呂上がりにそのままの格好で寝てしまったり、薄着でうろついていた際に、そのまま深い眠りについてしまったことが原因のようです。

スポンサードリンク



ソファーに座ってNexus7を使っていたら、いつの間にやらそのまま寝てしまっていたりすることも多いですからね。

夏場だとそれでも良いのでしょうけど、今の季節であれば、一応軽めの布団位は羽織っておいたほいが方が良いようです。

ここのところ、夜寝るのが極端に遅くなってしまうことも多くて、それが原因で疲れも溜まりに溜まっていたようでした。

別に、あからさまに風邪を引いているとかではなくて、このまま放置していると風邪をひきそうな状態になる程度位の症状ですから、このまま体を冷やさずに普通の生活をしていたら、あとは自然に回復するのではないかとは思います。

この辺りも、普段の最低限の運動がもたらした基礎体力の結果だと思いますので、やはり、運動はきちんとやっておくべくだと思いました。

でも、その基本的な運動も、屋外を走る件については、最近はあまりやっていないので、そろそろやらないといけないとは思っています。

それでは、本日のブログですけど、先日から私宛にメールが届かなくなっていて、その件で皆さんに大変なご迷惑をお掛けしてしまった、大変お恥ずかしい内容のブログになります。

基本を忘れると、大変なことになるといったお話ですから、今後のご参考にして頂けると幸いです。

 

 

メールが送信できないとの連絡が多数

丁度、先週の後半位からでしょうか?、私宛にメールが送信できないといったご連絡が多数届くようになりました。

最初は、メールサーバのメンテナンス中か、何かしらの不具合だと思っていましたので、すぐに回復するだろうと思っていたのですが、時間を置いても、全く回復する傾向がありません。

おかしいな?と思いつつ、メールが送信できないとご連絡をいただいている方から、その際に表示されているエラーメッセージを送信いただいていたのですが、どうやら、メールアドレスが存在しないとか、間違っているといった類のエラーが出ているようです。

別に、メールアドレスの変更もしていませんし、いつも使っているメールアドレス宛なのに、突然送信できない訳ですから、完全にメールサーバ側のトラブルだと思っていたんですね。

実際にメールサーバ側のトラブルの場合は、こちらではすでに何もやることがなくなりますから、ひたすら待つしかありませんが、それでも長期間に置いて問題になることはありません。

判断が甘かった部分もあったのかもしれません。

 

メールのトラブルに気がつかない盲点

私宛にメールが送信できない症状が発生してから、実はしばらく全くそれに気がつかなかった訳なのですが、それについては明確な理由があります。

それが何かといえば、一つ目は、私の方からは問題なくメールが送信できていたといった点です。

そのため、自分が送信するメールは届いていますし、そのメールに対してお電話とか、普段からハングアウトで対応してくる人も沢山いますから、まさか、メールが届いていないとは思ってもいなかったのです。

まあ、自分から専用の端末で送信しているメールは何の問題もなく届いている訳ですから、普通は気がつきませんよね・・・。

最近は、メールに対してメールで返信してくる方ばかりではなくて、電話で対応したり、ハングアウトで対応してくる人も沢山います。

二つ目の要因としては、私からのメールを受信した人であっても、メールで一切対応してこない人も増えてきていますから、メールが送受信出来ないトラブルが発生した場合は、その不具合が分かりにくくなっている傾向にあるのではないでしょうか?

緊急の連絡の場合は、古典的な電話での連絡が最も有効なのは当たり前ですからね。

メールに対してメールで対応しない、電話に対して電話で対応しない、対応方法はその人によってことなるといった、環境の多様化が要因になり、特定のインフラがトラブルを起こしても、何とか連絡が取れる良い時代になったのですけど、それが原因で、発見が遅れることも普通にあるようです。

今回の私宛にメールが送信できないトラブルの要因はそれだけではなくて、根本的には私がとても単純なミスをしてしまっただけなのですが、そのことについては、すっかり忘れてしまっていたので、基本を忘れると大変なことになってしまいます。

自分でも信じられないくらいの、呆れるくらい馬鹿らしいミスをしてしまったのです。

 

 

メールが送信できなかった理由

私宛に、突然メールが送信できなくなってしまった理由としては、単純に私が勘違いしていたことが理由になります。

ですから、メールサーバの不具合でもなくて、単純に私の勘違いですし、その勘違いの理由があまりにもお恥ずかしいものになります。

実はですね、先週のメールが送信できなくなる少し前位に、負荷分散を考えてサーバの契約変更をしていまして、そのサーバが変更になったことをすっかり忘れてしまい、その為に、DNSの設定を正しく行っていなかったことが原因です。

DNSというのは、ドメインとウェブサーバ、メールサーバを紐ずけるような仕組みのことで、この仕組みがないと、現在のインターネットの仕組み自体が成り立たないといった基本的な設定になります。

一般的には、サーバの契約変更をすると、ウェブサーバの変更に合わせて、メールサーバも全て変更になるのですが、私はレンタルサーバーが用意しているメールサーバは信用できないし、利便性が悪いので一切使っていません。

スポンサードリンク




私の場合は、Google Appsという、Googleのドメイン管理のサービスを契約していまして、メールサーバに関してもGoogleのメールサーバを使っています。

サーバを契約する際には、純粋にウェブサーバとかDBサーバしか使わないほうが、何かにつけて便利です。

 

 

GoogleAppsはとても便利

Google Appsはメール機能だけ使うにしても大変便利ですので、もし使われていない方がいれば、使われた方が良いかと思います。

料金にしても、年間1ユーザ単位で6000円ちょっと位ですから、経費で落とすのであれば、費用対効果を考えると、別にそれほど高価なサービスでもありません。

統合型ウェブアプリケーションですから、ワードとかエクセルのようなウェブツールが使えていろいろと便利なのですけど、別に大規模な組織で活動している訳でもありませんから、私が使っているのはメール機能だけです。

Googleは全く信用できないと言っている人もいますけど、その辺の訳のわからない日本の会社よりも遥かに信用できますし、インフラ面でもとても安定もしていますので、特に心配はいりません。

それ以上の安心感を求めるのであれば、ご自分でメールサーバを稼働させるしかなくなるのですが、運用にかかるコストやセキュリティなどの対策などを考えると、相当な大企業でない限りは難しい話です。

大企業であっても、簡単に管理者であれば、メールの内容を閲覧できてしまいますから、あまり意味がありません。

情報漏洩事件とかは、メディアで公開されていないだけで、大企業でも頻繁に起こっていますからね。

 

 

サーバを契約変更したらメールが受信できなくなる理由

基本的な話として、ブログを構成している「ドメイン」と「各種サーバ」と呼ばれるものが、全く別なものであることはご存知でしょうか?

簡単にご説明すると、「ドメイン」というのはブログやサイトのアドレスの事で、このブログで言えば「htt://blog.meidomimi.com」の「blog.meidomimi.com」がドメインと呼ばれる部分になります。

 

まあ、厳密に言えば、「.」が付いている時点で、本当はサブドメインなのですが、そのあたりはあまり気にしなくても大丈夫です。

ちなみに、ブログの本体であるワードプレスのすべてのデータが格納されているのはウェブサーバ部分になります。

FireFoxなどのブラウザでドメイン名を打ち込んだら、そのドメインで運営しているブログが検索結果として表示されると思います。

しかし、最近はGoogle等の検索エンジンから、検索ワードを打ち込んで、その検索結果から気になるブログやサイトを訪問することが殆どですので、ドメイン名を直接指定してブログを探す人はあまりいなくなりました。

10年前でしたら、ドメイン名で探す人は沢山いたんですけどね・・・。

今回私が変更したのは、ブログ本体が格納されている「ウェブサーバ」になりますから、それが変更になった場合は、ドメインに設定されている「ネームサーバ」を変更しないといけません。

「ネームサーバ」というのは、そのドメインをブラウザで指定した場合、どこのウェブサーバに飛んでいけば良いのかを紐づける仕組みの事です。

既にご説明した通り、私はサーバ会社のメールサーバは一切使いませんので、契約変更をした際に、ネームサーバを新しい会社のアドレスに全て書き換えたのですが、その後に、その新しい会社のサーバで、DNSレーコードの書き換えをするのをやっていなかっただけの話です。

すっかりと、サーバの契約変更をしたのを忘れていまして、ほんの些細なDNSレコードを書き換える事を忘れてしまっていたので、メールの送信はできるけど、受信が全くできない状態になっていただけの話です。

サーバの契約変更した事をすっかり忘れてしまって、てっきり、メールサーバ側の不具合だと思っていたので、なんとも、基本的で、お恥ずかしい話になります。

普通は、こんなトラブルはすぐに気がつくのでしょうけど、疲れていたのか知りませんが、契約変更したことを忘れていたのが問題だった訳です。

 

 

DNSを書き換えないとGoogleAppsの設定はどうなる?

ドメインの管理会社はそのままで、サーバ系のサービスのみを変更した場合、そちらのサーバ系の会社の管理画面でDNSレーコードの編集をしないと、メールが受信できない訳ですが、そのままだとGoogleAppsの設定はどうなるのかと言えば、メールの設定箇所が、勝手に0の状態に戻されていました。

これだと、メールが送信できても受信できないはずです。

まだ、ボケてしまう年齢ではないはずなのですが、本当にお恥ずかしい・・・・。

ですから、GoogleApps側のメール設定が0になってしまっていますから、こちらも再度設定し直しておき、24時間位すると、普通にメールの送受信ができるようになって、今回の障害対応は完了になります。

※以下設定をMX(メールの事)にてDNSレコードに追加していなかっただけの話です。

10    ASPMX.L.GOOGLE.COM.
20    ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM.
20    ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM.
30    ASPMX2.GOOGLEMAIL.COM.
30    ASPMX3.GOOGLEMAIL.COM.
30    ASPMX4.GOOGLEMAIL.COM.
30    ASPMX5.GOOGLEMAIL.COM.

メールが送信できなくてご迷惑をおかけしたお客様や、エラーメッセージをご連絡いただいたお客様は、ご協力ありがとうございました。

よくよく考えれば、GoogleAppsのメールサーバが簡単に停止するわけないんですよね・・・・。

その稼働率は、世界最高峰ですから99.9999%位だったかな?

サーバの契約変更をした事を思い出したので、その後は、既に書いた通り、速攻でこの問題を解決しておきましたが、なぜ?、契約変更をしたのをすっかり忘れていたのかは宇宙の謎にしておいてください。

トラブルの発生日時は数日間で、原因がわかって解決にかかった時間はたったの2分以内です。

今回は、本当に基本的な事をうっかり忘れていると、大変な問題に発展して、多くの人たちにご迷惑をかけてしまうといったお話でした。

よろしくお願いします。


誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。