Blog MiMi

Adobe InDesign CS5の動作が怪しい|OSX 10.11 El Capitanの憂鬱

こんばんわ。

ブログMiMiです。

本日、夜から雨が降ってきたようで、いつもの基礎運動をしようと思って外に出た瞬間雨に濡れてしまいまいた・・・。

台風が来ている時のような状況下で、強風が常に吹いているとか激しい音がする大雨の時なら別なんですけど、多少の小降りの雨程度であれば、夜間の時間帯の場合は室内にいると外の様子がまったく分からないので、一度外に出てみないとなんとも言えない時が良くあります。

今回は、そんな感じで時間をずらして2回ほど外に出てみたのですが、やっぱり雨が降っていて、とてもでは無いですけどこれで7キロ前後走って外で運動するような環境ではありません。

最近はウインドブレーカーを着用するようになったとは言え、前回のように悪天候の中、無理をして風邪をひいてしまったら元もこうもありませんから、おとなしく引き返す事になったのでした・・・。

ただ、多少の雨でしたら雨用の衣類をまとって運動をすれば良いのかもしれませんけど、どうしても靴がずぶ濡れになりますし、走っていると途中からもの凄く体が熱くなりますから、雨の日はおとなしくするか、都内ではプール付きのマンションも普通にありますし、室内プールで運動をするかのどちらかなんでしょうかね?

スポンサードリンク



そんな感じで、毎日最低限の基礎運動をしないと落ち着かないのですし、明日も雨になりそうなのでなんとかならないのかな?と不安になっています。

 

 

相変わらず宇宙関係の話を日本のメディアは取り上げない?

NASAのニューホライズンズが地球から遥か彼方にある元惑星、冥王星に最接近をして、そこで鮮明な写真を撮影して地球に送信してきたのが数ヶ月前の話です。

本当、いつも不思議に思うんですけど、理屈ではわかっていても冥王星と地球の間で普通にデータ通信している事が未だに信じられないのですが、これって太陽系の外にボイジャーが飛んで行っていますけど、どこまでの距離で通信が出来るんでしょうかね?

江戸時代の人がこのニュースを見たら絶対信じないでしょうし、狐の祟りとか獣がとりついているのでお祓いをしないといけないとかといった感じで、大騒ぎをしそうな話題なんですけど、日本ではまったくと言っていいほど歴史的な宇宙系の話題が取り上げられていませんので、メディアも金にならないと判断しているのでしょう。

代わりに、例のごとくフェイスブックでDQNが2歳の子供にタバコを無理やり吸わせたといった、どうしょうもないニュースがトップで報道される状態ですから、そちらの方が冥王星の話題よりも圧倒的にアクセスが稼げるのでメディアとしてはお金になるんでしょうね。

もし、アメリカだったら拳銃で武装した警察が自宅に速攻で突入するくらいの悪質な虐待をこのDQN親がやっている訳ですから、日本の警察もそれくらいの覚悟で無抵抗で大人たちから虐待を受けている子供達を強い権限で常に守ってあげて欲しいものです。

そうしないと、ただでさえ、今の老人たちがいなくなるまで持てば良いといった政治をされているのに、将来の子供達まで悪質で酷い扱いを受けてしまうと、DQNが大量生産されることになり将来の日本の税収が大変な事になりますからね。

しかし、金にならないことはまったくしないのが日本の政治家であり、日本の大手メディアですから、もう少し自分たちのやっている業務にプライドを持って欲しいものです。

 

 

社長さんからの電話でGmailを友人も同じように使いたいらしい?

本日、いつもお世話になっている社長さんから連絡があり、こちらの会社のシステムや経営とか詐欺案件からの防衛とか、その他もろもろを私が管理したり対応したりしているのですけど、社長さんの友人の別の社長さんそれの一部を見て、自分もやって欲しいと言った相談を受けたそうなのです。

社長さん、いわゆる経営者のポジションにいる人ととても親しくなると、そういった人の友人には当然社長さんの肩書きの人が圧倒的に多いため一気に人脈が広がる事がありますから、できればそういった人たちと日頃から親しくしておくと、いろいろと便利な状況になる事が多いですからおすすめです。

ただし、当然相手に良いイメージを持っていただかないと一斉に悪いイメージが広がりますから、自分に自信がない人の場合は経営層主体のおつきあいはお勧めできません。

それで、相手の方が何をやって欲しいと言っているのかを確認したところ、どうやらGmailをWindows7で受信したいらしくて、別にそれなら簡単ですからやり方を一通り説明して分からなかったらまた連絡くださいといったふうに対応しておきました。

GmailをWindows7のメーラーで送受信する位なら、簡単だろう?と思われるかもしれませんが、年配の経営者の方はそういった業務にとても疎いとかアレルギー反応を示す方も多くて、今の若い人なら簡単であっても、年配の人では難しいことは普通にあります。

ただ、この話を聞いた時点で別に私が設定をしたのを見なくても、普通にネットにたくさん転がっている話ですし、今時Gmailを使っている人は沢山いますから、ちょっとおかしいとは思ったのですけど、社長さんの説明ではそのような感じだったので、ひとまずはこちらの対応で流しました。

その結果、当然、正しく動作しないといった連絡が後ほど入るわけなのですが・・・。一体どういったことなのでしょうか?

 

 

Gmailが使いたいのではなくて会社のドメインで使いたい話

相談をしてきた社長さんから、私の説明した通りに設定しようとしてもまったく思ったように動作しないであるとか、そもそもGmailが送信できないといった連絡がありましたので、SMTPとかサーバの設定でも間違えているのかな?と思っていたのですが、詳しく聞いているとちょっと状況が違うようです。

スポンサードリンク




どうやら、Windows7でGmailを受信したいという本当の意味は、Windows7のLiveMailでGmailを送受信するのではなくて、会社のドメインを使ってGmailの機能を使いつつWindows7を使ってメールを送受信したいことが分かりました・・・。

いや、流石にWindows7でGmailを受信したいので設定を教えて欲しいといった相談では、そこまで私も妄想を広げることが出来なかったのですが、早い話が会社のドメインでAndroid携帯にログインしたいとか、Windows7でもそのアドレスを使いたいとか、早い話がGoogleAppsの設定をして欲しいと言った意味だったようです。

 

 

GoogleAppsへの変更や設定は実は大変難しいのです

GoogleAppsについては、法人用の業務で使う場合は要件の分析が必要ですから簡単ではありませんので、その設定をしたい社長さんの会社の組織形態や規模、現在までのドメインやサーバの管理の履歴、予算であったり今後したいこと、メーリングリストや管理者の設定など、やることが本当に沢山あります。

GoogleAppsは無料ではありませんから、組織の規模や用途によって個別に費用も発生するため、そちらを説明させていただいて、後日どうするか判断して頂くことにしました。

まさか、GoogleAppsの話であるとは思いもしなかったのですけど、このような話を聞いて安易に簡単だから出来ます!といった素人まがいの対応をしていると、相手が法人で経営権を有する相手の場合は、設定だけではなくて実業にも深く関わらないといけなくなること多い為、想像以上に面倒な状態になることもある為、注意しましょう。

個人レベルとか趣味でやっている話とは似ているようで全然違いますから、システム開発の上流工程の実務経験者でないと、絶対にやってはいけない業務の一つです。

 

 

Adobe InDesign CS5の動作がおかしくて困っています

社長さんの対応で結構な時間を使ってしまったのですけど、現在かなり多忙な状態になっていて、某大企業とか法律事務所からどんどん面倒で納期が迫っている相談や依頼が来ている状態です。

普段からなるべく仕事をしないようにしているのですけど、それならこんな状態になっていませんから、なんか対応を間違ったのかもしれませんね。

それで、今週中に終わらせないといけない業務が沢山あるのですけど、時間が勿体無いので本当にブログを書くのすら暫く止めたほうが良いのではないか?と思えるような状態なのですね。

しかし、契約した以上はやらないといけませんから、なんとか頑張っているのですけど、どうやらそれを妨害してくる新しい強敵が姿を見せつつあるようです。

その強敵というのが、AdobeのInDesignCS5の事であり、私は好んでこのソフトウェアを使って殆ど全ての書類を制作するのですけど、以前は問題なかったのに、なんだか突然動作がおかしくて全然作業が進まないような状態になっているのです。

どのような状態になっているのかと言えば、突然組版をしている文字が全て消えてしまって、作業が止まってしまうとか、文字入力ができなくなるといった障害が発生しています。

 

 

このおかしな原因が何かと言えば思い当たるのはただ一つ

最近、OSXのバージョンを最新版にアップデートしましたので、快適なOS X 10.11 El Capitanをメインに使うようになったのですが、間違いなくこの最新のOSXがAdobeのInDesignCS5の文字が消えたりする原因だと思うのです。

Photoshopとかだったら別にまったく問題なくて快適に動作してくれていたのですが、毎度のことですけど、印刷用の組版系の文字を扱うソフトウェアはなんらかの不具合が発生するのは、OS9よりも前にQuarkxpressとかPageMakerを使っていた15年以上前の頃からまったく変わっていません。

知らない人も多いかもしれませんけど、今から15年以上も前の時代というのは、業界最強の組版ソフトウェアがQuarkxpress3.3だった時代ですから、あれからもう15年以上も経過しているのか?、と昔を懐かしく思ってしまう今日この頃です。

当時はAdobeのInDesignの前身であるPageMakerを使っている人は殆どいなくて、たまに使っている人を見るとちょっとおかしい人?といったイメージがありましたし、出力する際にエラー出まくりで制作されているデータも問題だらけでおかしいしで、相当苦労した覚えがあります。

これがAdobeのInDesignもCS6でしたら多分Adobeがアップデートをしてくれるのでしょう・・・。

しかし、私は全てのバージョンのCSソフトウェアを保有しているのですけど、メインではCS5製品を使っている為、CS5の場合は多分今後もスルーされること間違いありませんから、どうしたものかと困っています。

 

 

InDesignの不具合をなんとかしないと毎日徹夜かな?

今週中に納品しないと大変なことになる依頼ばかりですし、InDesignで制作していると文字が消えてイライラするし、間違ってましたは通用しない書類ばかりですから、頭を抱えてしまっているのですが、急いで以前のOSXのバージョンを外部SSDにでもインストールしてから、徹夜で作業をしたほうが良いのかな?といった感じです。

パソコンのOSを最新にすると最近では動作が速くなったりして快適になる事が多いのですが、文書制作系のソフトウェアでは文字に関わる致命的なトラブルが発生するケースもありますから、事前に外部起動できる安定したバージョンのOSを常に用意しておくことを強くお勧めいたします。

この事をすっかり忘れていました・・・。今からSSDにOSXの10.9でもインストールしようかな?

当時は150万円くらいした最速マックであるFXと言うマックがあり、それよりも前のクラシックマックから使ってきているので既に20年以上前からのアップルユーザーなんですけど、アップル製品は毎回こんな感じですから手強いと言えます。

よろしくお願いします。


誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。