Blog MiMi

通報をして25万円を稼ぐ方法の秘密|簡単なのにできない人が多い謎

こんばんわ。

ブログMiMiです。

本日も先日と同じく昼間はそれなりに暖かかったのですけど、午後6時を過ぎると一気に寒くなってきていて、午後10時になると半袖で外を出歩くのは大変危険な状態になっている様です。

実際に、午後9時頃から2時間ほど屋外で運動をしていたのですが、半袖で外をうろついている人は一人もいませんから、普通に冬になっているのかもしれませんね。

残念な事に、なんだか喉は痛いし鼻水は止まらないし、目もおかしい感じですから、どう考えても少し風邪の初期症状が発動してるっぽい感じがするので、今日はなるべく早めに休んでいた方が良いかもしれませんけど、まあいつもの事ですからどうなることやらです。

 

 

最近はAdSenseの売り上げが結構落ちている気がします・・・

私の場合は、GoogleのAdSenseを始めてからまだ一年も経過していませんので、今月の11月分の過去のデータというものを全く持っていません。

過去のデータがあれば11月後半であれば売り上げが上がるとか、売り上げが下がるとか、過去のデータを基にして色々と参考にしたりする事もできるのですけど、過去のデータが全くない訳ですから、11月後半以降に売り上げが下がっている理由とか原因がよく分からないのですね。

スポンサードリンク



別にAdSenseの売り上げが下がる事に関しては副産物として利用してる訳ですからどうでも良いかもしれませんけど、なぜ?そうなるかを知っておかないと今後に色々と転用ができませんし、学ぶべき事も無くなりますから、データが蓄積された来年以降は状況が色々と分かってくるのではないでしょうか?

管理画面を見て大幅な赤字表示が毎日されていると、少々凹んでしまいそうになりますけど、開始して1年目で車が購入できるくらいの売り上げになっているのを見ると、やはりGoogleのAdSenseをやらない理由はあまり見当たらないのが正直なところですね。

富裕層の人たちにこの何もしなくてもある程度のお金が入ってくる話をすると必ず、くだらん話をするなと怒られますので、AdSenseに関しては一般の金銭感覚の人にしか進めないのは何度もブログでご説明している通りですし、一般の人であれば相当強力なセカンド収入になる方も多いのではないかと思います。

 

 

本気でやればAdSenseだけで虎ノ門ヒルズに住めるのかな?

多分、これまでの知識と経験を使って本気でシステムを組んでAdSenseをやれば、虎ノ門ヒルズレジデンスの一番安い部屋ならAdSenseだけで住める様になるかもしれませんけど、虎ノ門ヒルズレジデンスの場合は一番安い部屋が毎月75万円の家賃で一番下の低層階の部屋が37階ですから、貧富の差が激しい東京を再認識しているところです。

まあ、それはなんとかのタヌキの皮算用といった感じですから、とりあえず私のようなAdSenseの初心者がAdSenseを始めて1年目で、既に車が買えるくらいのお金が口座に振り込まれているのは事実ですから間違いありませんので、興味があればどんどんやってみるのが良いのではないでしょうか?

私は高いところは正直言って体調不良になるのでダメですし、以前の28階の品川駅が見える某物件の部屋、44階の浜離宮が見える某物件の部屋でもベランダに出るとフラついて死にそうになっていたくらいですし、ベランダに出るのもダメでした・・・。

でも、やっぱり一番安い部屋が毎月75万円の家賃設定の物件というのは、私の感覚から言えばおかしい様な気がしますけど、ラトゥール代官山になると最低でも100万円クラスですから更に高額なので、世の中ちょっと貧富の差が激しいのでは?といった感じになりそうです。

そんな訳で、本日はお金を稼ぐ話について以前相談された事を書いてみたいと思いますが、こちらはAdSense同様に一定水準の社会人でしたら誰でも簡単に稼ぐ事ができるので、特定の条件を満たしている人であればどんどんやってみるのも良いかもしれません。

 

 

違法コピーされているソフトウェアを通報してお金を稼ぐ話

今回の話ですけど、どうやって誰でも簡単にお金を稼ぐ事ができるのかといえば、やる事はものすごく簡単であり、単に違法行為をしている法人や通報するだけでそれなりのお金がもらえるといった賞金稼ぎの様な仕組みになっています。

本当に簡単ですから誰でもできそうな気がするのですが、この誰でもできると言っても最低限度の一般常識や社会的なポジションは必ず必要になりますので、その辺でシンナーを吸っているDQNでも簡単にできると言った話ではありませんし、そう言った層は最初から眼中にもありません。

では、何をどうやって通報してお金を稼ぐのかといえば、違法コピーされているソフトウェアを使っている会社をBSAという団体に通報して、そこでBSAが定める条件を満たしている通報だった場合は、BSAから報奨金をいただけるといった仕組みになっています。

私の感覚から言えば、本当に簡単に誰でもできるのですが、一般常識がない人であればBSA側の趣旨や約款などが全く理解できませんから、そう言った人は誰でもできる業務であっても、その人では無理だという事になります。

 

 

BSAとBSEの違いは普通の人であれば分からないのでしょう

多分、BSAと書くとなんの事か意味がわからずに結構な勘違いする人がいるかと思いますけど、BSAというのは違法ソフトウェアを取り締まる活動をしている団体であり、吉野家などで世間を騒がせたBSE(狂牛病)の事ではありませんのでご注意ください。

スポンサードリンク




実際に、BSAに通報をして稼いだ報奨金の金額の平均額はBSAの自主発表では何と25万円前後だそうです・・・。

通報するだけで25万円くらいのお金を頂けるのでしたら、毎日でも通報したい位ですけど、多分これが出来るのは1回のみの様な気がしますので、そちらについてご説明します。

また、誰にでもできる本当に簡単な業務なのですが、ある一定の条件を満たしていない人であれば、実現できない理由もわかるかと思います。

 

 

通報するだけで25万円も稼げるなら毎日でも通報したい人たち

一般的に25万円を稼ごうと思ったら普通の人では楽をして簡単に稼げる金額ではありませんので、それなりに仕事を頑張らないといけませんし、私の地元でしたら20代で月収25万円であっても高額所得者の富裕層扱いになりますので、決して安い金額ではないはずです。

私が20代前半の頃にそれ位の待遇を地方で受けていたのですが、それでもかなり所得が高いと私よりも年配の周囲の人たちから言われていたのを思い出しました・・・。

そのような貴重な25万円を通報するだけで稼げるのであれば、毎月1回通報して25万円を稼いで、後は好きな事をして過ごせば良いと思う人もいるかもしれませんが、その様な事は実際には実現する事は出来ませんから、事業所得扱いではなくて雑収入扱いの売り上げとして考えておかないと大変危険です。

では、なぜその様な通報ができないのでしょうか?

こちらについては、考えればすぐに分かりますけど、ソフトウェアを違法にコピーをして利用して位いる企業や組織をBSAに通報するわけなのですが、確かにその業務は簡単であっても、違法なソフトウェアを使っている企業や組織を一体どうやって見つけるのでしょうか?

単に、あの会社は違法ソフトウェアを使っている可能性があるといった、個人的主観や妄想では当然BSAは相手にしてくれませんし、BSAが定めている通報の基準に準じた通報内容でないと最初から取り合ってくれる訳もないのですが、それが分からない人が想像以上に多いんですね。

通報したら単純にお金を頂けるといった自分の都合の良い部分だけを勝手に解釈している様では、社会では誰も相手にしてくれないという事です。

例えば、BSAはボランティア団体ではありませんから、その報奨金は外部から仕入れているお金ですし、通報した際のその報奨金はどういった流れで発生しているのかを考えればすぐに分かる話ですね。

これが、社会人として一般常識がある事と、ある程度のポジションについている仕事ができる事が必須になる理由ですから、コンビニ前でたむろしている底辺のDQNでは逆立ちをして日本一周をしようと実現する事は出来ないのです。

 

 

違法ソフトウェアを通報できるタイミングが一回だけしかない理由

では、違法ソフトウェアを使っている企業や組織をBSAに通報して、報酬の25万円を頂けるタイミングが一回しかない理由とは何なのでしょうか?

そちらについてもとても簡単で、企業が組織ぐるみで違法ソフトウェアを使っている状況を把握できるのは、その企業の内部にいる人間だけであり、そう言った人は大抵が正社員のポジションで雇われている人になります。

現時点で正社員として働いる人でしたらよく分かると思いますけど、自分が属している企業が組織ぐるみで違法なソフトウェアを使っているのを仮に知っていても、それを違法ソフトウェアを使っている企業を告発する様な団体に通報してしまったらどうなるでしょうか?

当然、その会社にはもういられませんし、その会社が高額な損害賠償を請求されてしまって倒産でもしたら、どのみちその会社にいる事は出来ません。

労働基準法があるから、正社員は守られていると勘違いしている人は政治家くらいであり、違法ソフトウェアを組織的に使っている様な会社には労働基準法など全く存在などしていませんし、大抵はそう言った会社は経営者の強力なワンマン経営で成り立っていますので、どうにもならないのです。

まあ、会社が倒産したら失業保険が数ヶ月間いただけるくらいであり、クビになった場合は自己退職扱いを強要されて失業保険は3ヶ月間は頂けません。

現実問題として、そう言った企業の内部告発をしたら、ワンマン経営者が激怒してお前はクビだ!で全てが終わりますから、その会社に依存している正社員の人は、例え違法であっても、それを通報すれば25万円が頂ける事を知っていても、簡単に通報ができない訳であり、皆さん自分の生活が一番大切ですから出来ないのです。

 

 

違法行為を通報できるタイミングとは正社員が退職をする時のみ

そうなると、通報できるタイミングは1回のみと言った話の答えがよく分かると思いますけど、その通報できるタイミングとはすなわちその会社を退職する時であり、完全に退職をした後ではダメですから、退職を決めて残りの1ヶ月間の間にその通報のために必要な処理を適切にしないといけないのです。

これが、簡単であっても実は通報ができるのは1回しかないという事であり、通報に関しても受ける側のBSAが定めた規約に沿った意味を理解できるくらいの社会常識が必要になりますから、その教養がない人であれば、簡単な通報すらする事ができないという事になります。

この類の話は以前何度も相談をされていますので、次回はそちらについて書いてみたいと思います。

よろしくお願いします。


仮想通貨を始めるなら→簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。