Blog MiMi

WinWinと笑顔で発言する相手には要注意|怪しい話

こんばんわ。

ブログMiMiです。

 

本日、都内で外に出た人でしたら誰でも気がついたかと思いますが、全体的に霧に覆われて北京や上海並みに視界が悪くなっていて、何だかゲームの世界にいるような錯覚すら感じるくらいだったのですが、単なる霧なのかPM2.5などの化学物質なのか分かりませんが、天気予報では特に警告もでていません。

別に単なる濃霧や霧で空気が淀んでいるのであれば別に良いんですけど、これが中国から飛来してくる化学物質だった場合は、やはり気になりますので、その辺りをもっと具体的に天気予報アプリで表示して欲しいのですが、実際の所、単なる霧だったのでしょうかね?

ただし、天候は頗る良くて12月であれど、個人的な話ですけど半袖でも心地よいくらいですし、外も太陽の光りが心地よいので、お昼くらいにその辺を歩いてみると、結構な人たちが日向ぼっこをしているといいますか、特に用事もないのにボーッとしてそこらへんで座ってましたから平和そのものです。

 

 

またロシアに多額の上納金でも差し上げるつもり?

そんな訳で、都内全体が深い霧のような靄に包まれている不思議な状態だったんですけど、健康に害がないものであるなら良いとして、気になりながらも帰宅した後にネットのニュースを見ていたら、またバカ殿様・・・ではなくて、安倍晋三さんがネットのニュースで取り上げられていました・・・。

最近、安倍晋三の動画とかをネットで見た際には、志村けんさんが主演していたバカ殿様にしか見えないんですが、皆さんはどう見えているんでしょうか?

まあ、安倍晋三さんは現在においける特権階級の世襲議員様ですから、一般人とは生まれた時から階級が違うのかもしれませんけど、日本の政治家の中ではかなりまともな部類に入りますし、見た目やカリスマ性も他の政治家よりかは遥かに高いので、他の人が総理大臣になるよりかはマシと言った感じでしょうか?

ネットのニュースを見た感じでは、安倍晋三さんが今度はご自分がロシアに行って外交をするとか何とかで、その件が取り上げられていた感じなのですが、また多額の税金を使って、ご自分の利権や影響力の拡大をしたいのかもしれませんけど、毎回海外に多額のお金をばら撒くのはやめて頂いただきたいですね。

 

ロシアからもっと持って来いと言われたかな?

先日も、ロシアに対して3000億円以上のお金をプレゼントするみたいなイベントを企画したり、地元にプーチンさんを呼んで、自分の影響力を高めようとしたり、日本にとってあまりメリットがないことばかりをされているような気がするのですが、もっと金を持って来いとロシアに命令でもされたんでしょうか?

まあ、実際に私は内部資料を見た関係者ではないので、あくまでネットのニュースから伝わってくる報道の情報のみを見ての判断ですから、実は報道されていないだけで安倍晋三さんが神がかり的な能力でロシアから利益を引っ張り出しているのかもしれませんが、そんな話は現時点では全く聞かれないようです。

 

 

気になったのはWinWinという安倍晋三さんのお言葉

それで、一通りこの安倍晋三さんがロシアに行って、また沢山の税金を使って何かをします的な発言をしている件の報道の中で、個人的に特に気なったのは、安倍晋三さんがロシアとの現在の取引についてWinWinの関係にするために、ご自分がロシアに出向いて何かをすると主張している点です。

これ、メディアの新聞記者は単に安倍晋三さんの発言をそのまま書いているだけなのかもしれませんが、海外などでそれなりの事業展開をした経験がある人の場合、このようなWinWinと言った発言をする人については、特に警戒をしたほうが良い相手になりますので、それの何が問題なのかをご説明します。

普通の人は、あらゆる取引について、わざわざWinWin(ウィンウィン)なんて発言する必要がありませんが、この言葉の意味がわからない人がいたら、その名の通り取引を行う両方の相手が利益を得る状態になる取引にすることを意味することが多いため、今回も例外なくその扱いになるで良いかと思います。

安倍晋三が税金をばら撒いて何をやろうと、日本国民にメリットがあったことなどないような気がしますけど、その言動について、ご自分の今後の参考になるのであれば、一応少なからずは、安倍晋三の行動や発言にもメリットが生まれることになりますから、些細なことでも知識として知っておくと大変便利です。

 

 

WinWinの発言のどこが一体おかしいのか?

それでは、本題に入りますが、WinWinといった発言の一体どこがおかしいのか?、といった話になった場合、経験のない人があればどこもおかしくないと思うかもしれませんが、このWinWinといった言葉を誰が発言したのかが重要になり、今回は安倍晋三さんが発言したことになっています。

まあ、実際、日本の報道機関はあまり信用が出来ないので事実と異なる場合が多いですから、話半分くらいに聞いておいたほうが良いのですけど、安倍晋三さん自身が今回のロシアとの一連のやりとりについてWinWinと発言している場合は、それ自体に重大な問題があります。

なぜなら、あらゆる事象に対して、当事者同士が何かしらの取引をする場合、当然ですが両者ともにメリットがある取引でなければそのような取引をする必要性が全くないのは当然ですし、どちらか一方にしかメリットがなく、もう片方のみにデメリットが発生する取引を世間では詐欺と呼んでいます。

 

 

プレイステーション4の購入で考える

例えば、怪しげなお店でプレイステーション4を買う場合、ぼったくり価格の10万円を支払ってプレイステーション4を購入して、自宅に持ち帰って開封をしてみたら、中にはハズレと書かれた紙切れしかない場合、売り手は儲かっても買い手は大損をするだけなので、当然黙っているはずはありません。

その後は怒って警察に駆け込んだり、裁判に訴えてやるとお店に怒鳴り込んで行くことになるわけですから、取引が行われた後にどちらかのみが大損をしていて、どちらかのみがぼろ儲けをしている状態ですから、その後に損をした側が大声を出すことになるのが殆どです。

逆に、ヨドバシカメラでプレイステーション4を買う場合は定価から5%割引で購入できて、割引ポイントまでついて4万円で購入できたとしたら、売り手も少なからず儲けがありますし、買い手も大満足で余ったお金でソフトや他の電化製品を買うかもしれませんから、両者とも満足状態になります。

WinWinとは何かしらの取引をする場合は、それ自体が当たり前の話ですから、わざわざ当事者がそのような発言をする必要性などないと言った話です。

 

 

当事者がWinWinと発言する場合は関連異状

今回のニュースで流れていた安倍晋三さんのWinWinと言った発言ですが、それが事実であれば、取引を行った当事者として当たり前である両者がメリットが出ている状態になっていないことを本人が自覚をしているから其のような発言をしていることになりますから、まともな取引をやっていないことになります。

取引を行った当事者のどちらかのみが大損をしている状態でなければ、わざわざ当たり前の結果であるWinWinと言った言葉を強調して発言する必要性も全くない訳ですから、既にこれまでの取引が破綻しているか、取り返しのつかない状態になっている事を実はアピールしている感じでしょうか?

通常においては、海外において何かしら新規事業立ち上げをする場合、当然現地の有力者や企業たちと共同作業をしていくことになるのですが、WinWinと言った発言をしてくるのは、現地の親切な良い人を装った犯罪者たちがよく使う言葉であり、当たり前の両者が得をする事をやたら強調してくる点です。

既にご説明している通り、取引では当たり前である両者が得をする結果を最初からやたら強調してきている時点で、何かがおかしい訳ですね。

 

 

WinWinと笑顔で発言する相手には要注意

海外の親切で良い人を装った犯罪者の場合、最初に接触をした時点でWinWinと言った言葉を使うことがやたら多いため、そのような相手であれば、その時点で疑ってかかったほうが良い訳ですし、早めに一線を引いておき、できれば関わりを持たない流れに持って行ったほうが良いのを覚えておくと大変便利です。

海外で大損をしたり何かしらの犯罪に巻き込まれてしまってからでは、その回復に多大なるコストが必要になる上に、殆どの場合、原状回復すらできないままその事案が終わってしまったり、最悪は自分自身が犯罪者として扱われることもありますので、日本人の感覚が世界の感覚と思ってはいけません。

ただ、今回の安倍晋三さんの場合は、どう見ても一方的にお金を騙し取られた被害者側の代表者としか思えないのですが、それでWinWinと言った言葉を強調しているのであれば、大損をしたけど何とか損を取り戻そうとしている投資で失敗した状態の人のような感覚でそう言っているのかもしれませんね。

 

 

騙された側がWinWinと発言することなない?

通常は一方的に損をした側の人間が、自分を騙した相手に対してWinWinと言った言葉を使うことはありませんので、同じWinWinと言った言葉であっても、その意味が異なってくるのかもしれませんが、特権階級である安倍晋三さんは一般人の感覚ではありませんので、その辺りの違いなのかもしれませんね。

そもそも、総理大臣だからそれに該当しないと主張する人がいそうですけど、政治家であるなら税金を使って相手と取引をこなう際に、少なくとも一方的に損をしないのが基本ですし、普通の商取引であってもその辺りは全く同じですから、損をした人に対する例外処理というものはありません。

とにかく、実務において笑顔で親切そうにWinWinと囁いてくる相手には注意しておいて損はありませんし、大抵は詐欺師か犯罪者の類ですし、海外では人を騙すのが当たり前の世界なので、日本人の感覚を世界の感覚だと思わないほうが良いのですが、日本の国会議員はそうではない人が殆どなのかもしれません。

よろしくお願いします。

コメントは受け付けていません。