Blog MiMi

Stermで旧正月セール開催を見ると中国市場を無視できない時代?

こんばんわ。

ブログMiMiです。

 

本日、仮想通貨が全体的に暴騰をしていて、先日のバレンタインデーにビットコインを購入していれば、97万円が116万円になっているって素晴らしい状況なんですけど、買っていない人には関係がありませんし、最近は凄まじい暴落気味だったので、購入を控えていた人も多いのかもしれませんが、仮想通貨の相場って毎回こんな感じで、相当変動が激しいです。

あと、Zaifってトークンが今日一日だけでいきなり4倍くらいになっているので、これもバレンタインデーに1000万円分購入していれば、今頃4000万円位の含み益になっていた訳ですから、今晩にでも日本円に交換するだけで、2日程度で3000万円の利益って普通ではありえないような状況になっているのを見ても分かる通り、仮想通貨は完全に投機になるでしょうね。

そんな訳で、現在はリップルが暴騰している?って雰囲気なんですけど、いまいち相場の上昇力が弱いので、125円位を天井にして、その後はまた一気に暴落してしまうのかもしれませんけど、できればこのまま翌朝までに150円位まで暴騰してから暴落をしてくれると、指値で150円売りで1月13日に250円で掴んでしまったリップルを程よく損切りできるので助かります。

 

 

Stermで旧正月セール開催を見ると中国市場を無視できない時代?

先程、偶然Stermの公式サイトを見てみたところ、どうやら旧正月セールで殆どのゲームやソフトウェアを大幅割引セールしている状態なのですが、この旧正月セールと聞いても、日本人の人はピンとこないというか、一体何の話ですか?ってなるのでしょうけど、これは中国の旧正月を記念して、アメリカの会社が運営しているStermで割引セールをするって状態です。

Stermはアメリカの会社が運営をしていますので、アメリカのハロウィンとかオータムとかサイバーマンデーとか、Stermで開催するセールはどれもアメリカの文化や風習に関わるイベントに合わせて行っているのですけど、旧正月セールってのは完全に中国の文化や風習を記念して行うイベントになるので、もうゲームの市場でも中国を無視できない時代なんでしょうね。

スポンサードリンク



日本の節分とかこどもの日とか、そういったイベントをStermがセール記念日に使うことはありませんし、私が初めてStermを使い始めた頃は、いつもアメリカのイベントをベースにしたセールばかりだったんですけど、いつのまにやら中国の旧正月を大々的に取り扱って、一斉にゲームやソフトウェアの割引セールを世界同時に行うって時代になってしまったですね。

これは、かつてはゲームは中国では不正コピーが蔓延していて、市場にはならないって感じだったんですけど、Stermで購入する場合はStermの総合ソフトウェアで購入したゲームを管理しますし、オンライン対戦などをする場合などでも不正コピー品では起動が出来ませんので、ゲームがオンライン販売になるにつれて、中国が重要な市場になってきた感じでしょうか?

スポンサードリンク




 

 

Stermの旧正月セールを見ても実は購入するゲームが既に無い気がする・・・

今回の旧正月セールで割引販売されているゲームを一通り見てみたんですけど、なんか?、いまいち購入するゲームがないような気がしますし、しいて言えば、古代エジプト観光が出来るアサシンクリード・オリジンくらいかな?って思うんですけど、割引率が33%でゴールドエディションを購入すると8000円位する価格帯なので、購入はもうしばらく先でしょうか?

他にはこれと言って魅力な作品もない感じですし、既に購入しているゲームも多いので、地球防衛軍4のDLCとか位かな?って感じなんですけど、居味がある人がいれば、確か明日か明後日くらいまででStermの旧正月セールが終了してしまいますので、早めに気になるゲームを格安で購入しても良いのかもしれませんが、やっぱりアサシンクリードオリジンでしょうね。

せっかく、ハイエンドビデオカードGTX1080Tiを購入しているんですけど、Stermの旧正月セールを見てもこれは欲しいってのがありませんし、今回の売上げランキング上位に表示されているスカイリムとかARK: Survival Evolvedとか、結構有名なタイトルも今回のセール対象で大幅な割引がされているんですが、どちらもクソゲーだったので即アンインストールしました。

 

 

絶滅動物満載ARK: Survival Evolvedも最初は本当に期待したんですけどね・・・

今回の旧正月セールで67%の割引がされていて2006円で購入することが出来るARK: Survival Evolvedなんですが、これが最初に公開されたときには、絶滅動物とか恐竜などが存在する世界でサバイバルを行うって画期的なゲームになっていて、グラフィックも大変綺麗で、魅力のある絶滅動物も沢山出てくるので本当に期待をしていたのですが、期待はずれでした。

何しろですね、グラフィックはキレイでクラフト等の要素も満載で、今は見ることが出来ないアンドリューサルクス等の絶滅動物が存在する時代で生き残りをかけて家を作ったり武器を作ったり、恐竜と戦ったりなど、グラフィックだけを見れば本当にこれは久々の大作だな?って思っていたんですけど、ゲーム自体はクソゲーとしか思えない位の酷い完成度だったのです。

早期アクセスって未完成のときからプログラムが最適化されていなくて、GTX1060等ではまともに動作しないくらいで、GTX1080Tiなら普通に動作するのかもしれませんが、あまりにクソゲーすぎて今更また再インストールしたいとは思いませんし、恐竜や絶滅動物の動きもきぐるみを着た人間みたいでリアルではないので、ちょっとがっかり感が強い感じでしょうか?

ARK: Survival Evolvedについて言えば、よくこんな未完成のクソゲーを堂々と販売するってある意味関心しますね。

Stermの旧正月セールは明日もやっているようなので、興味があるようでしたら色々と見てみると良いと思います。

よろしくお願いします。


仮想通貨を始めるなら→簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。