Blog MiMi

岸田総理!住民税非課税世帯に5万円を支給!1600万世帯もいるの?

先日、岸田総理が突然、国民に5万円を支給すると発表しましたが、その詳細が決まったらしく、やはり、前情報の通り、住民税非課税世帯に5万円を給付するとのことです。物価などが高騰しており、その対策で住民税非課税世帯に5万円を給付・・・。正直、コロナがはじまった頃に10万円が全ての国民、外国人に給付されましたが、その頃よりも景気は更に悪化しています。

しかし、岸田総理は住民税非課税世帯のみに5万円とのことです。岸田総理が日本の宝物と豪語していた、外国人留学生にも5万円を給付したいんでしょうかね?、ちなみに日本では世界で唯一、国費留学生制度というものがあり、これは外国人の留学生に対して、日本の大学に入学したら2000万円以上の現金をプレゼントするという、意味不明な制度になっています。

created by Rinker
¥3,190 (2024/06/23 10:10:09時点 Amazon調べ-詳細)

学費無料、日本への渡航費無料、海外に帰省する際の渡航費無料、住宅費、食費等全て無料。現在、岸田総理が行っている、ウクライナ人の避難民と似たような扱いになっています。その横で、日本人の大学生については、奨学金という名の自己破産が許されないローンで学費を提供して、40歳を過ぎても未だに返済できず、自殺する日本人も多数いるのに、酷い話ですよ。

 

 

岸田総理!住民税非課税世帯に5万円を支給!1600万世帯もいるの?

先日、岸田総理はアフリカには4兆を支援すると発表していて、日本では住民税非課税世帯に5万円・・・っていつもの外国人は日本の宝発表を行っていますが、ここで気になったのが、住民税非課税世帯に5万円を給付する予算が9000億円ってことです。単純計算で、日本国内に住民税非課税世帯は1600万世帯もいるってことですかね?、全部で5000万世帯位のはずなのですが?

だとすると、現在の日本って、住民税非課税世帯が3分の1位あり、残りの人達が税金を支払って、日本という国家を支えているってことになりますけど、これは相当やばい状態ですよね。日本の貧困化が凄まじい勢いで進行していて、このままだとアジアで最も貧しい国に成り下がるって言われているんですけど、住民税非課税世帯を支えている納税者には支援はありません。

唯一、納税者に支援があったのが10万円が1回と、アベノミクス2枚のみ・・・。住民税非課税世帯、更には母子家庭等には凄い給付金をばら撒いていて、飲食店には1日6万円の協力金までばらまき続けて、それで東京都はお金が無くなったって話を聞きましたけど、これから更に日本の貧困化が進むというか、岸田総理になってから、日本人は30%の資産を失っている状態です。

この総理、わざと円安にして、日本を切り売りしようとしているのか?、本当、無能極まりない男です。

 

 

住民税非課税世帯に5万円を給付しても全然足りないのでは?

住民税非課税世帯って大半が高齢者の年金暮らしの人って情報もありますけど、普通に生活していると住民税非課税世帯になることはなく、資産とか貯蓄を使ってあえて住民税非課税世帯になっているとか、個人事業主で赤字続きで、資産を食いつぶしながらなんとかやっているとかってレベルでないと、アルバイトとか正社員であれば、住民税非課税世帯になるのは難しいです。

あえて、住民税非課税世帯になってしまうと、5万円を仮に給付してもらっても、全然足りないのでは?しか思えません。なので、全ての日本人の世帯に20万円くらい配布して、更に追加で住民税非課税世帯に5万円を配布するくらいの対応をしないと、岸田内閣の無能無策が原因でロシアとの関係も極端に悪化、エネルギーの価格上昇、円の暴落、コロナのまん延、キリがない。

しかし、岸田総理は外国人には笑顔でお金をばらまき続けてますけど、日本人にはお金を渡したくないようで、本当に最悪の総理大臣ですよね。本来、総理大臣の器ではなく、せいぜい、地方のハローワークの受付担当が精一杯の能力しか無いのに、世襲貴族というだけで、岸田総理みたいなアホが総理大臣になれてしまう、日本のシステムが根本的に間違っているとしか思えない。

created by Rinker
講談社
¥1,333 (2024/06/23 10:10:09時点 Amazon調べ-詳細)

5万円の給付を決定しても、この総理は決定が遅く、一体、いつ入金されるのかも不明ですし、下手をしたら来年になるかもしれません。その頃には、生活苦で自殺する日本人が更に増えて、企業の倒産も増加、コロナの協力金、持続化給付金等で延命していた倒産寸前だった飲食店も次々と閉店、円相場も1ドル200円を超えて、日本はカオスの時代になっているかもですね。

よろしくお願いします。

コメントは受け付けていません。