Blog MiMi

日本にはチップ文化がない?でも強制的に請求される飲食店

そうそう、アメリカにはチップ文化というものがあり、あらゆるサービスに対して事実上の強制的なチップを支払わないといけません。日本人の感覚だとびっくりしますけど、タクシーとかバスを利用した時ですら、白人圏では差別されることが多い日本人ですから、上から目線でチップを要求されることがありますし、ホテルなどでも枕元にチップを置かないと面倒になります。

チップ文化って日本人からすると、意味不明で、別に大したサービスも受けていないのに、何故?、料金の20%前後のチップを払わないといけないの?とか、そもそも無料の日本のサービスよりも質が悪いのに払いたくないって人が沢山いると思いますけど、日本の常識を海外に持ち込むのは良くないんですよね。トラブルの元になるので、現地の文化にあわせないといけません。

アメリカだと、寿司屋のおっさんが現地でお店を開業したら年収8000万円を超えてたとかって報道がされていたりしますけど、これ、売上なのか?、個人の年収なのかがいまいちよくわからないのですが、日本人の感覚だと、ボッタクリも良いところって感じでしょうか?、何しろ、寿司屋のバイトがチップ込みで時給8000円前後って話ですから。時給8000円って?

ちなみに、日本で時給8000円っていうと、接客業ではキャバクラとか風俗店、IT系では上流工程とか流行りのDXに関わるSAPコンサルとかの時給単価と同じレベルです。アメリカの高級寿司店とかって、相当なボッタクリ価格で営業をしているとか?、パフォーマンス的な演出を行い、ウエイターが高額なチップを受け取っているとか?、一度、現地で見てみたいですね。

日本の普通の飲食店で、ウエイター、ウエイトレスを時給8000円で求人募集したら、詐欺とか、やばい店とかってネットでバズって大炎上しそうです。

 

 

日本にはチップ文化がない?でも強制的に請求される飲食店。

いやー、飲食店で料理を注文したら当たり前のように20%のチップ強制って感覚に馴染める日本人は少ないでしょうね。態度も悪いし、日本人をバカにしたような態度で運転をしているタクシーに乗ってもチップを要求されるとか?、チップって、本来はサービスを受けた側が感謝の印で払うもので、最悪なサービスですら当然と要求される対価ではないはずなんですけどね。

そもそも、現地のアメリカ人も大半が貧困層であり、富裕層はほんの一部な訳で、アメリカの異常な物価高で更に強制的なチップ文化でチップの金額も上がっているってなると、末端の人たちはどうやって生活をしているんだろう?って疑問になります。日本人の感覚だと、チップ文化をやめて、会社が料金を値上げすればよいだけで、その分の賃金を払えばよいだけだと感じます。

値上げしたら客が来なくなるとかって感じなのかな?、ちなみに、日本ではチップ文化ってのはありませんが、特定の飲食店では普通に請求されています。テーブルに座ったらテーブルチャージ料金、料理を注文したらサービス料金等が加算されて、二人で中華料理を食べに行っただけで1万円位の金額を請求されました。しかも、そのお店はバーミヤンよりも不味かったのです。

座っただけでテーブルチャージ料金、料理を運んできただけでサービス料金を請求して、バーミヤンより不味い料理しか出てこないって早々にやばいです。

 

 

日本で強制的なチップを請求する飲食店には人が来なくなる?

普通に中華料理を食べただけで、テーブルチャージ料金、サービス料金を強制的に請求されたのには驚きましたが、多くの人が訪れる観光地だとそういった飲食店でも経営できるのかもしれませんね。何しろ、普段そんな店があったら、店員のオバちゃんが普通に料理を運んできて、水を持ってくるだけでサービス料金を請求って?、当然、二度と行くことはありませんので・・・。

飲食が目的ではない、キャバクラとかホストクラブなどでの異常なTAXにも問題があると思いますけど、これ系のお店は飲食が目的ではなく、お目当ての異性と話ができるなどが目的の高額なサービス業ですから、こういうTAX40%みたいな請求がまかり通っているのでしょうけど、普通の飲食店で、事実上のチップを強制的に請求されるのであれば、商売にならないですよね。

峠の飯屋はボッタクリで不味くても潰れないって話は有名ですが、別にそのお客さんが2度と来なくなるくらい不味い食事をぼったくり価格で提供しても、他の何も知らない新規のお客さんが次々とやってくる為、どれだけ不味い食事を提供しても潰れないって逸話です。ただし、最近ではネットやSNSが浸透して、あまりに酷い飲食店は淘汰される時代になってきてますけどね。

 

 

日本にチップ文化を持ち込もうとしている人たちは成功するの?

チップ文化の元締めみたいなアメリカでは、チップ文化を無くすことは銃規制をすることと同じレベルで不可能に近いと思います。どちらも過剰な状態になっていて、本来の目的をなくしてしまっていますけどね。アメリカの小学校では教師に銃を持たせて、もしものときに対応させようとしている州もあるって聞いて驚きました。教師が銃をもって子供を守れって?いやいや。

アメリカ以外の海外では、チップ文化がない国も多いのですが、ホテルに泊まる際に、ドアマン等にチップを渡すと、荷物を快く持ってくれますし、チェックアウトする際も、色々と手際よくやってくれますので、こういうのが本来のチップだと思うんですよね。銃もそうですけど、アサルトライフルを一般人が所有して、俺達は911を呼ばないみたいな看板を建てるとか?

created by Rinker
クラウンモデル(Crown Model)
¥4,407 (2024/06/22 11:38:03時点 Amazon調べ-詳細)

現在、日本国内にもチップ文化を持ち込もうとしている人たちがいるみたいですけど、絶対に受け入れられないと思います。日本ではアメリカよりも遥かに高いサービスを無料で受けるのが当たり前になっていますからね。アメリカよりも低賃金で質が高いサービスを提供するってのにも問題はあると思いますけど、日本では心付けって風習があるので、強制チップは無理でしょう。

ただ、アメリカに旅行に行くとか、移住するのであれば、日本の文化とか価値観を持ち込むのではなく、現地に合わせて生活をしないと現地での生活そのものができなくなります。一部の飲食店がボッタクリ価格でチップを強要しているとかではなく、アメリカ全体でチップ文化があり、それが拡大解釈されてしまっている現状でも、現地に合わせて生活をすることになりますね。

よろしくお願いいたします。

コメントは受け付けていません。