Blog MiMi

マリウポリでアゾフ連隊がロシア側に撤退開始?偏向報道が酷い

スポンサードリンク



最近では、ウクライナ関係のニュースが一気に少なくなって来ています。つい最近、ロシアがウクライナに武力侵攻を開始してから最大の激戦区であったマリウポリ市が完全に制圧された、いわゆる陥落されたと海外のメディアでは報道されていて、日本のメディアに何度も出てきていたアゾフ連隊の司令官も遂に降伏してしまい、尋問を受けている動画も公開されていました。

しかし、日本国内のメディアではこのアゾフ連隊の司令官が降伏してる動画、インタビューという名の尋問をロシア系メディアのジャーナリストから受けている動画は全く公開されていません。それどころか、マリウポリ市での軍事作戦が完了して、アゾフ連隊が撤退を開始してロシア側の施設にバスで移動しているといった報道をしているのを見て、流石に笑ってしまった。

created by Rinker
誠信書房
¥3,520 (2022/06/30 11:06:04時点 Amazon調べ-詳細)

これは酷いプロパガンダ偏向報道です。日本のメディアはこの戦争が始まってから、すべてのメディアがウクライナは強くてロシアは弱いって報道を繰り返しています。ロシア側の損害ばかりを大々的に報道して、ウクライナ軍が無敵の軍隊のような報道を繰り返していますが、ウクライナ軍、ウクライナ側の損害を報道しない理由はなにか?、考えるまでもなく答えは簡単です。

 

 

マリウポリでアゾフ連隊がロシア側に撤退開始?偏向報道が酷い。

これまで、日本のメディアに何度も出てきて、アゾフ連隊を日本に亡命させて欲しいとか、世界中に助けてほしいと訴えていたアゾフ連隊の司令官が降伏をしている動画を公開してしまったら、実はウクライナ軍の軍事作戦が終了して退却をしているのではなく、単純にロシア軍にウクライナ軍が負けてしまい、完全に降伏して捕虜になっていたってのがバレますからね。

そもそもですけど、日本のメディアでは、一部のアゾフ連隊とウクライナ軍は撤退を開始したけど、アゾフ連隊の司令官や将校等の最精鋭部隊は未だにアゾフスタル製鉄所の地下要塞に立てこもり、ロシア軍と戦っていると報道していた訳です。実はその頃にはアゾフ連隊の司令官を含めて全員が降伏をして、司令官クラスは捕虜になった後、特別に装甲車で輸送されてました。

今回のマリウポリの攻防戦ですが、日本の報道の通り、ウクライナ軍の軍事作戦が終了して、ロシア側に退避を開始したってのが正しいのであれば、第二次世界大戦で最大の激戦区と言われているスターリングラードの戦いで、ソ連軍に包囲されて最終的には降伏して、ソ連に連行されたナチス・ドイツも作戦終了で撤退を開始したって表現になるんですけど大丈夫かいな?

 

 

侵略者とは最後まで戦うと宣言していたアゾフ連隊が懐かしい?

マリウポリを防衛していたアゾフ連隊に関しては、ウクライナ最強の精鋭部隊と言われています。アゾフ連隊をネオナチとかテロリスト等と表現をしている人たちもいますが、事実かどうかはわからないので、そういった噂については一切考慮しません。あくまでマリウポリ市の攻防戦でロシア軍と戦ったアゾフ連隊の実績と結果について調べてから判断をしていきます。

ちなみに、アゾフ連隊の司令官は、この戦争が始まった頃から日本のメディアに何度も出てきていて、ウクライナに栄光あれ!と何時ものセリフを喋った後、侵略者のロシア軍とは最後まで徹底的に戦うとか、ロシア軍を壊滅させると宣言していたんですが、最終的には玉砕覚悟で戦った訳でもなく、降伏してそのまま捕虜になり、ロシアに連行されてしまったようです。

一番偉いアゾフ連隊の司令官は開戦初期の頃に、マリウポリ市長と一緒にキーウに逃げた?って噂話があるんですが、最初からキーウにいたのか、最初はマリウポリにいたのかはわかりません。マリウポリでロシア軍と戦っていたアゾフ連隊の司令官はアゾフ連隊のナンバー2のようですね。2000人以上が降伏したらしいのですが、なぜ?、最後まで戦わなかったのか?

 

 

マリウポリを攻略したロシア軍の驚異の戦略に負けたアゾフ連隊。

キーウとかハリコフ等は、ロシア軍は撤退をしていてウクライナ軍が領土を取り戻しているのですが、これ、実際にはロシア軍が撤退しているだけで、ウクライナ軍が武力でロシア軍を壊滅させている訳ではないようです。しかし、マリウポリに関しては、ロシア軍は最初から本気で攻撃をしていたらしくて、戦車や装甲車、歩兵などを囮にしてマリウポリを侵攻したらしいです。

スポンサードリンク




局地的には当然ですが、ウクライナ軍が勝っている、いわゆるロシア軍の戦車や装甲車を破壊しているのも事実ですが、日本のメディアはこういった動画ばかりを報道しており、ウクライナ軍の損害については一切報道していません。なので、双方の損害を中立的に確認して、何が起こっているのかを確認する必要があります。確認するとウクライナ軍の損害が凄まじい訳です。

なので、他のキーウとかハリコフみたいに、待ち伏せしてロシア軍の装甲部隊に対して、大量のジャベリン等を使って攻撃をした場合、確かに戦車や装甲車、周囲にいる歩兵にダメージを与えることはできるのですが、それでアゾフ連隊の隠れている場所がロシア軍にバレてしまい、高火力の攻撃をされてしまい、アゾフ連隊の隠れる場所が市内から早々になくなってしまった。

 

 

マリウポリ攻防戦でのウクライナ軍の損害は5000人以上は確実?

当然ですが、ロシア軍側にも相当な損害が出ている訳です。そんなことはお構い無しで攻撃をしてくるロシア軍に対して、マリウポリ市内では防衛できなくなり、最終的に2000人以上のアゾフ連隊の兵士、ウクライナ海兵隊の兵士はアゾフスタル製鉄所の地下要塞に逃げ込み、ゲリラ的な攻撃をロシア軍に対して行っていたのが現実で、この時点でもう負けは確定でしたからね。

ウクライナ最強の精鋭部隊8000人以上で最新の武器で武装してマリウポリを防衛をしていたマリウポリ。まさか落ちるとは思っていなかったのか?、NATO等の司令官も降伏してロシア軍に逮捕されているといった情報が沢山出ています。ですが、調べた感じではNATOの司令官の動画、写真はフェイクばかりで、降伏した司令官みたいに本人が確実な動画は確認できていません。

今回、2000人以上が降伏して、4月の時点で1000人以上のウクライナ軍海兵隊が降伏をしているので、ウクライナ軍側の損害も最低でも5000人以上は犠牲になっている感じでしょうかね?、ロシア軍側の犠牲者の詳細はわかりませんけど、ロシア軍って特戦隊が後ろで見張っていて、無理やり戦わせるのも当たり前でしたし、今回も自軍を囮にしてマリウポリを攻略してます。

 

 

 

何故?日本のメディアはウクライナ軍の損害を報道しないのか?

こんなロシア軍みたいな軍隊が日本に攻撃をしてきたら、一体、日本人にどれだけの犠牲が出るのか?、日本のメディアではロシア軍の損害ばかりを大々的に報道していますが、なぜ?ウクライナ軍、ウクライナ側の損害を報道しないのか?、アゾフ連隊の司令官が捕虜になった動画を公開しないのか?、ウクライナ国内はガソリンが購入できない理由は?答えは一つですね。

日本のメディアでは、ロシア軍がウクライナの民間施設をミサイルで攻撃したとか、無差別攻撃をしているって報道を繰り返していますが、ウクライナ軍の損害、被害については全く報道していません。その結果、ウクライナ軍は士気が高くて無敵の軍隊、ロシア軍はポンコツで弱いってプロパガンダで情報弱者を洗脳しています。しかし、マリウポリはどうだったのか?

戦争を煽ったらメディアは儲かりますので、煽りまくっているんですけど、ここまで偏向報道、プロパガンダがひどすぎると、韓流スタープロパガンダとのときと同じで、逆効果になるってのを未だに理解していないようです。韓流スタープロパガンダのときは本当に酷かった訳ですが、その結果、大多数の日本人が韓国と聞いただけで拒絶する社会になってしまいました。

早く、こんな悲惨な戦争は終わらすべきなのですが、ゼレンスキー大統領はウクライナ側の損害を完全に無視した状態で、未だに徹底的にやるって主張しており、その為にウクライナに毎月8000億円支援しろと発言しています。第2の韓流プロパガンダになるのは時間の問題だと思われます。実際にはウクライナ軍の最前線の兵士の士気は最悪で、司令官は逃げている状態。

損害が出てようが無限の資源があるロシアが停戦をするつもりはないでしょうし、ウクライナ軍がロシア軍に勝てる要素もなく、早く、世界で唯一のロシア相手に対等の外交ができるアメリカが介入して停戦させないと、もうウクライナの損害が巨大になる一方で、ウクライナ軍の損害を無視したプロパガンダ報道も通用しなくなるというか、誰も興味を持たなくなるでしょうね。

よろしくお願いします。


誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。