Blog MiMi

Wolfenstein: The New Orderが50%オフ|残虐性の最高峰

スポンサードリンク



こんばんわ。

ブログMiMiです。

先日、「アサシンクリード4 ブラッドフラッグ」がAmazonでいつも金曜日にやっている一律50%割引ではなくて、セコイ感じで30%割引になっているのをお知らせしたのですが、本日は「Wolfenstein: The New Order」がなんと50%割引の3040円になっているようです。

個人的には、同じ3000円くらいの金額ですから、どちらか片方のみを購入する場合は、「アサシンクリード4 ブラックフラッグ」よりも「Wolfenstein: The New Order」の方がお勧めできますが、ブログで書いている通り重要な注意点がありますのでそちらを確認してください。

「Wolfenstein: The New Order」については「ウルフシュタイン」と読みます。

こちらはFPS系と呼ばれる、最近では当たり前になっているプレイヤー視点の3D映像で敵を銃撃していくゲームの元祖のような作品であり、流石に画面も今にしてみればチープですし、当時の敵は2Dで表示されていたのですけど、それでも画期的なシステムを取り入れた作品でした。

簡単に「Wolfenstein: The New Order」の内容をご説明すれば、ナチスドイツがあの第二次世界大戦で勝利してしまい、アメリカという国家も世界も崩壊してしまってホワイトハウスまでナチスの管理下でハーゲンクロイツが掲げられている始末。

その中で、ナチスの恐怖政治を打ち壊すために、レジスタンスとしてかつてのパルチザンのように強大なナチス相手に主人公たちが仲間を犠牲にしながら、徹底的に戦う内容の作品です。

公式動画だけを見ても、正直言ってナチスの旗が月に立てられていたり、ホワイトハウスにナチスの旗がかかっていたり、サッカーで審判が選手を銃撃したりなど、曲もいい感じですし、あいかわずこちらの会社の公式動画のセンスは凄まじいですね。

ナチスの科学者が異常な状態で描かれているのが、またなんとも言えません・・・。

 

 

 

当然ながら、ナチスの代表的存在であるアドフル・ヒトラーさんも映像で何度も出てきますが、この方はこれまでの歴史上の政治家の中で、最もゲーム作品に登場しているのではないか?と思えるくらい、沢山のゲームに特に有名な演説をしている際の映像が出てきますね。

本人は当然、終戦間際に自殺したので現在はすでにいらっしゃいませんし、実は自殺したのは影武者で生きていた説の通り、もし当時を生きていたとしても、すでに寿命で亡くなっているでしょうから、報道番組などでも勝手に映像を使いまくっている感じでしょうか?

報道番組にしろ過去の戦争に関わる政治家の映像を使いまくって利益を上げている場合は、その利益を現在も世界規模で見れば沢山いる戦争孤児の方が過ごしている施設などに売り上げの一部を寄付するなどすれば良いのでしょうけど、そんな話は聞いたことがありません。

個人的には寄付といえば、公にできない税金対策などであったり、偽善の押し売りのような某組織とか、詐欺まがいの組織ばかりなので、いかがわしいイメージしか持たなくなってしまいました。

 

 

Wolfenstein: The New OrderはStermで50%割引です

今回の「Wolfenstein: The New Order」ですが、Amazonではなくて、Sterm(スチーム)という海外のゲームを専門に扱っているサイトでのみ行われている割引キャンペーンです。

そもそもですが、Amazonでは「Wolfenstein: The New Order」のPC版は取り扱っていないようですので、こちらのStermのみで、独占的に通常価格であろうとも強制的に購入するしか方法がない感じなのですが、探せば他でも取り扱っている場所はあるのかもしれません。

スポンサードリンク




Stermとは、こちらのサイトで配信している専用ソフトウェアをPCにダウンロードして、サイトでFacebookのように会員登録を行ってから、初めて正式に利用できるようになりますので、必ず会員登録をしないといけないのですが、こちらは料金はかかりませんし、毎月の利用料金もかからずに完全に無料です。

Stermの専用ソフトをダウンロードした後の会員登録に必要なものはメールアドレスだけです。

あとは、気になるゲームをStermのサイト経由で購入すれば、殆ど自動で購入からインストールまでの手順が行われますので、何も難しくはないのですけど、海外のサイトでの購入になるため、購入にはクレジットカードが必要になりますのでご注意ください。

クレジットカードをお持ちでない方は、確かVISA系だったかな?、私は一度も使ったことがないのですけど、最近は多少の利用制限はつくのですけど、金額チャージ形式のクレジットカードもあるみたいですから、そちらを検討してみても良いでしょう。

ただし、このStermの公式サイトはデザインや遷移が大変分かりにくく、どこに何があるのかすら見にくい感じになっていますから、最初はかなり使いにくいかもしれません。

まあ、必要ないようなゲームが多すぎるのが原因なのかもしれませんから、右上にある名称で検索をして探すのがお勧めです。

 

Stemの公式サイトはこちらです。

http://store.steampowered.com/

 

 

Wolfenstein: The New Orderが好きな女性を見たことがない現実

今回、Stermで50%割引になっている「Wolfenstein: The New Order」については、とにかく残虐性が大変強い傾向の作品ですから、似たように敵を倒しまくるモンスターハンターシリーズのように女性や子供の方が好んで楽しむ類のゲームではありません。

まあ、18歳未満は購入禁止になっていますから、子供の方がやるようなゲームでもありませんし、仮に小学生の方で興味があり「Wolfenstein: The New Order」をやろうとしても途中で強くなってしまって辞めてしまうと思いますが、それくらいのリアルで残虐的な描写が当たり前のようにゲームの中に登場してきます。

人間以外にも、訳のわからないナチスの架空の最新兵器が沢山出てきますから、子供の視点で見ればそちらが大変恐怖を感じるようです。

これまで、モンスターハンターなどのように、「Wolfenstein: The New Order」が大好きです!といった女性を一度も見たことがありませんので、そういった女性がいるのであれば一度見てみたいものですが、好きな理由によってはあまり関わりたくないかもしれないです。

 

 

私のように、過去のウルフシュタイン作品をリアルタイムで全てやってきたような人であるのであれば、おそらく間違いなく購入したほうが良いとは思いますし、すでに購入しているでしょうけど、最近では普通になっているのCOOPのようなマルチプレイは一切なくて、完全にシングルプレイのみしかありませんが、こちらについてはウルフシュタインの伝統なようなこだわりでしょうか?

「Wolfenstein: The New Order」ですが、シングルプレイのみしか興味がなくて、ストーリーに拘っている人で、残虐的な描写に抵抗感がない人であれば、大変お勧めできる作品です。

今回の50%割引の3040円で購入できるセールは、11月10日までの短期間のセールのようですので、気になる方がいれば、完成度は大変高い作品ですから、なるべく早めに購入されることをお勧めいたします。

 

作品についての公式サイトはこちらです。

http://www.wolfenstein.com/ja/

 

よろしくお願いします。


誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。