Blog MiMi

今年最後の大物の差し入れを頂きました|頂けない人は環境の見直しを!

こんにちわ。

ブログMiMiです。

いやー、東京都心部は本当にいつもと比べると相変わらず人がいないですね。

築地市場近辺のように、年末年始に大いに買い物客で賑わうような場所でしたら別でしょうけど、東京都心部の住宅地などは本当に人が殆どいません。ご家族で実家に戻っているか、海外にでも出かけているんでしょう。

一戸建ての場合は、防犯とか大丈夫なのか心配になってきそうですから、都心の場合はそれなりの防犯設備のそろったタワーマンションの方がコストが安い割には安心感があるので良いかもしれません。

用事がありまして、いつものスーパー「マルエツ」に行ってみると、確かに普段よりも遥かに店内に入る人は少ないのですが、買い物かごを見ても一人一人が大量に食料品を買い込んでいる人ばかりですので、ついに明日になるとお正月が来るんだなーと思ってしまいますね。

マルエツとは、東京タワーズという58階建てのツインタワーマンションの一階部分にある結構大きめのスーパーです。普通にその辺を車で通っても、まずスーパーがあること自体わかりませんので、興味があり、お近くに行くことがあれば是非寄ってみてください。ただし、特別たいしたものはありません・・・。普通のスーパーです。

どう見てもそれは買い込みすぎだろう?と言った感じで震災時のような買い方をしている人もいらっしゃるのですが、そういった人ほど高齢者の方が多いので、喉に詰めらせて窒息死しないか?そんなに食べても大丈夫なのか?と余計な心配をしてしまいます。

高齢者の方からは怒られそうですが、70歳の方が普通に一人で二足歩行しているだけで、私個人的には凄いことだと思っています。結構、自分で動けなくる人も沢山出てくる年齢層ですから、それでも一人で元気に動いている人は、長期間にわたって適度な運動とか、ボケを防止するような何かをしてきたのかもしれませんね。

ご両親が近い将来、要介護者になってしまいそうな心配症の人は、70歳くらいになっても全く介護がない人たちを見て観察してみたり、直接、普段何をされているのか?等を話してみて健康の秘密を確認しても良いかもしれません。

 

 

私が大晦日にスーパー「マルエツ」に行った理由について

本日、私がわざわざいつものマルエツに出向いたのは、あるものを購入するためです。

そのあるものとは・・・、これがないと来年の正月が始まらないと私がいつも勝手に思っている「刺身醤油」のことです

この場合は、普通の醤油ではなくて、刺身醤油である事がとても重要なのですが、なぜ?、刺身醤油なんてスーパーでお刺身を買ったら付いてくるのに、わざわざそのような物を買いにく必要があったのか?と言えばですね・・・。

遂に今年最後の大物の差し入れを頂いたからなのです。

その差し入れの正体とは、マグロと寒ブリ、その他多数のお正月用の生鮮食料品や加工食品です。

まあ、正月だと捌ける人が皆さん出払ってしまっている、貰うと嬉しいのに自分で捌くことができない「アンコウ」の一本物ではなくて本当に大変助かりました。

この、マグロと寒ブリの差し入れというのは、市販用ではありませんから、サイズが本当に巨大です。これを全て食べようと思ったら本当に大変ですし、完食をした場合は、毎日運動をしていても正月明けには5キロくらい増大していそうな感じですね。

肝心のマグロと寒ブリをどうやって食べるかといえば、当然お刺身がメインになりますので、刺身醤油を新品で買ってきた訳なのですが、毎回年末の差し入れを頂いた際には、新品で刺身醤油を買っても最後の食べ終わるまで持つことはありませんから、一回で使い切りな感じで刺身醤油を買っています。

早い話が、ものすごい量のお刺身を食べることになると言う意味です。

まあ、マグロや寒ブリに関しては、正しく保存をしておけば、結構日持ちする食材なので、1週間、やり方次第では2週間位は普通に冷蔵庫で保存しておけるのですが、生ものですから、できるだけ早く食べたほうが良いのは間違いありません。

今回頂いた大量のお正月用の食材を見ると、ついに正月がくるなーと思いながら、どうやってこれを食べようかと結構悩んだりするものです。

毎回思うのですが、差し入れというものは本当にありがたく頂けて、美味しく頂けるものだと思います。

差し入れをいただいた場合は、合計で2回も頂けるが経験できる訳ですね。

唯一の心配といえば、既に書いていますが、寒ブリやマグロというのは、結構なカロリーがありますし、業務用ですから量も半端なく多い為、他の食材も合わせると、どうしても食べ過ぎてしまう傾向にある・・・と言いますか、食べないといけない状態になります。

こうなると、毎日適切な有酸素運動をしていても、どんどんウエスト辺りから不審な動きをしてくることになりますから、下手をすると、今後、体型を元に戻すのが結構大変になりますので、その辺りを常に注意しておかないといけません。

大量の差し入れを頂くと、ご飯とお汁もの以外は全く買う必要がない為、年末年始にやたら出費がかさむ食費もかなり助かりますので、年末年始は差し入れを頂いて節約する方針で決まりです。

 

 

差し入れで確認できる人間関係と信頼できる人

年末年始のやたらお金が沢山かかる時期に、高価な差し入れをそんなに沢山貰って羨ましいとか、どうやったら差し入れを貰えるの?と思っている方もいるかもしれませんが、役にたつ差し入れを頂く方法はとても簡単です。

ただし、差し入れというのは基本的に相手の方にお願いして頂くものではなくて、相手の方が勝手に持ってきてくれるものを差し入れと言います。

ですから、差し入れが欲しいので明日に何か美味しいものをください!と言ったお願いをして何かを殆ど強制的に貰う行為は、差し入れとは異なりますのでご注意ください。

子供の頃に誰もが一度は見たり聞いたりしたであろう昔話・・・。

年末の頃、笠作りの職人の男性が笠を街に売りに行ったのは良いのですが、沢山売れ残ってしまって自宅に帰っている際に、大雪の中、お地蔵さんが寒そうに並んでいたので、売れ残った笠を被せてあげて雪がしのげる状態にしてあげました。

そうすると、大晦日に笠を被せてあげたお地蔵さんが、たくさんの野菜や魚を自宅に持ってきてくれたお話があるのですが、こちらをご存知でしょうか?

これがまさに差し入れの原点と言える状態です。

一般的にこのような状態であれば、周囲の方々から差し入れを頂ける状態ですから、普段から差し入れを全く頂いた事がない人の場合は、普段から困っている人や、別にそれほど困っていなくても、その人に何かをしてあげると、その人が大変助かるような行為を全くしていないのではないでしょうか?

もし、周囲の困っている人たちが困っていて、相談にに乗ってあげたり、何かをして喜ぶことを沢山してあげているのに、全く誰からも差し入れを頂けない場合は、一度、人間関係を見直した方が良いかもしれません。

恐らくは、無意識のうちに、必ずご自身のみが一方的に損をする環境が自然と構築されているはずです。

早い話が、ろくな人材に囲まれていない生活をしてしまっている可能性があるということですし、地方の方であればなおさらそうなります。

大晦日のお地蔵さんの昔話でもそうですが、日本人というのは困っている時に何かをしてもらったり、困ってなくても何かをしてもらうことにより、大幅に状態が良い方向に改善したような場合は、必ず一定以上の信頼関係というものが発生します。

その信頼関係が継続してより発展していくことにより、更に次の段階に進んで行くことになるのですが、信頼関係が最初から構築されない環境にいると、いくら周囲の人のために何かをしようと思って行動していても、実際には全て周囲から利用されてしまうだけで終わってしまって何も残らなかったことになりかねません。

この状況をわかりやすく言えば、ブラック企業でサービス残業を死ぬまでやっているような状態を、プライベートでも永遠に繰り返している状態ですね。

また、その状態の異常さに気がつく頃には、大抵が完全に手遅れになっている状況ですから、今どうなっているのかをご自分で理解できないとか、分からない場合は、なるべく早い段階で分かる相手に相談するのが一番です。

差し入れ一つにしても、全くそのような物が頂けない人というのは、必ず理由があるからそうなっている訳です。

その際には、ご自身に原因があって差し入れが頂けないのか、周囲に問題があって差し入れが頂けないのかを正確に判断しないといけません。同じ差し入れが貰えない状況でも、意味が全く異なりますからね。

まあ、特定の外国人に囲まれた生活をしていると、この限りではありませんが、日本国内で日本人に囲まれて、年末年始に差し入れが全く頂けない人というのは、必ずそうなっている原因があります。

普通の人であれば、差し入れをもらったり、逆に差し入れをお渡ししたりしながら、日々を過ごしていくのが日本人の良いところです。

ロクでもない人材に囲まれて過ごしている場合は、できる限り早めに縁を切った方が、余計なトラブルにも巻き込まれずに、今後の生き方をより良いものにできると思います。

既に有り余る差し入れを頂いている方は、すべてをご自分で食べるか、最初から食べれないのを把握していて、周囲のお世話になった方にお裾分けをするのが普通ですから、やはり、全く差し入れがもらえない方は、ちょっと考えたほうが良いですね。

差し入れ一つでも、その人の人間関係や人間性がよく分かりますので、連休中にご近所などのお邪魔することがあれば、そのあたりも参考にしてみると良いかもしれません。

 

 

昨日半額で購入した海老のてんぷらを食べてしまいました。

昨日イオンで105円で購入した残っていたどん兵衛と、海老のてんぷら2本は、本日のお昼頃に食べてしまいました。

そのため、年越しそばが手元にありません。

天然の味ばかり食べているといくら美味しくても、流石に飽きてくるので、口直しをしないといけませんから、どん兵衛のような科学の味も食べたほうが良い場合もあります。

そうなると結果的に、どんどんカロリーを過剰摂取するようになってしまうんですが、致し方ありません。

とりあえず、今現在ですが、年越し蕎麦と海老のてんぷらがなくなってしまったので、本日も午後9時頃にイオンに出向いて、今年最後の半額の買い物をする予定です。

それではよろしくお願いいたします。

スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。