Blog MiMi

リップルが50円割だったので購入放置で36円に暴落で3万円の損害

今月の頭ころだったかな?、久々に仮想通貨のチャートを見ていたら、基軸のビットコインを筆頭に全てのアルトコインが大暴落をしていて、ネズミ講的仮想通貨のリップルを見たら50円割れしていたので、15万円分だけ購入して放置しておいたのですが、本日仮想通貨のチャートを見てみると、リップルが36円まで暴落していたので、3万円位の損害が出てしまいました。

調子に乗って100万円分とか購入していなくてよかったな?って感じなんですが、やはり仮想通貨はチャートに貼り付ける状態でないとあまり購入しない方が良いのでは?って感じになっていますし、これまでならリップルに関して言えば、ネズミ講的な新規を損させないと既存が儲からないってなんの価値もない電子データなんですけど、50円割れで必ず復活していました。

大体ですけど、リップルが50円割れをした際に適当に購入していると、2倍から4倍位の相場に跳ね上がるので、その時に売却すればラクラク利益が出るって相場だったんですけど、今回の仮想通貨の暴落ではかなり強いはずだったリップルの47円のサポートが割れてしまったようで、あっさりと41円位まで暴落していて、本日の朝には36円まで暴落をしていたようですね。

毎回なんですけど、仮想通貨の暴落とか暴騰って、必ず日本人が寝ている午前2時から午前8時位の間に発生することが多くて、私は空売りショートはまだやらないで損害を回復するまではロングで演る予定ですから、落ちると分かっていてもショートで利益を出せないので、これだけ下げトレンドが続いていると、利益を出せるシーンってのがかなり限定されてしまいます。

 

 

リップルが50円割だったので購入放置で36円に暴落で3万円の損害

これまでの仮想通貨の暴落とは若干チャートが異なっていて、ビットコインはやたら強い相場になっているんですけど、リップルとかのアルトコインは異常なほどの下落をしていて、ネムってやつは13円位になっていますし、リップルは36円まで落ちている中で、ビットコインだけが70万のラインで攻防が続いているので、これまでの仮想通貨の下げトレンドとは状況が違います。

なので、もしかしたらリップルは20円を割るくらいに暴落をするのかもしれませんが、放置しておけば120円くらいまでは回復するだろうって感じなので、別に36円に落ちても、20円まで暴落してもよいのですが、一旦損切りをして、状況次第でまた購入って感じで、あまり反発しないしネズミ講的な仮想通貨のリップルは購入したくないのですがもう暫くは我慢ですね。

以前、ガチホって言われている購入したら売らない方法で、チャート完全無視でリップルを購入して遊んでいたことがあったんですが、結局暴落した相場は戻ってくることもなく、今回と合わせたら10万円ちょっと位の損害が発生してしまっていて、その資金が親ネズミの資金源になっていると思うとイライラするので、リップルは損害回復するまでは要検討仮想通貨なのです。

スポンサードリンク



これまでだったら、リップルに関して言えば、50円を割った際には47円で相当強いサポートがありましたので、チャート無視で購入しておけば、その後はラクラク2倍から4倍位の相場になるって状況だったんですけど、今回の下落からは状況が変わっている感じなので、やはりチャートを確認しない状態で投機的な金融商品に手を出すのは止めたほうが良いってのも分かりました。

スポンサードリンク




 

 

リップルって長期保有ではなく短期で暴落時だけ購入が基本ですね

リップルとかネムとかこの辺りの仮想通貨って、ネットでは狂信的な宣伝活動をしている人たちが多くて、何かと将来性があるとか、絶対儲かる的な発言をしている人も多く、世界の銀行と提携しているとかGoogleが出資しているとか、革新的な技術であるとか、まあ、とにかく良い事だらけをフカシまくっているのが特徴なんですけど、どうみてもネズミ講の勧誘そのままです。

後は、どれだけ暴落してもガチホが基本とか訳のわからない洗脳をしている人も多いんですが、既存のリップルとかネムとかをホールドしている人がガチホしろっていうのは、簡単に言えば、自分が高値で売り抜けるまで、自分具が含み損を抜けて売り抜けるまではお前は絶対に売るなよコラーって話しているのと同じなので、そういった人は信用しないほうが良いと思います。

実際に何度かリップルを購入してみた感想では、2017年までの初期の頃でしたら、ホールドしていれば、親ネズミたちの仕込みや洗脳により、年末には爆発的な相場の上昇を作ることが出来て、高値で売り抜けてボロ儲けをした親ネズミが沢山いるのでしょうけど、その際に高値につられて絶対に儲かると思って飛びついた人たちは思いっきり大損をしている訳ですね。

 

 

仮想通貨の投機に手を出すならチャートの勉強をするのがお勧めです

正直、リップルが無くても生活に困ることはありませんし、膨大な電力を必要とする仮想通貨自体が正直必要なのか?、そんな状態ですから、これから仮想通貨に投機をする幸せな人がどれくらいいるのか分かりませんが、少なくともリップルを購入する際には大暴落をした際に購入をして短期的に暴騰した時点で売り抜けて次の暴落を待ったほうが良さそうな気がしています。

仮想通貨の技術自体、今は役に立たなくても、将来的に何かしらのメリットが発生するかもしれませんけど、だからといって、リップルに拘る必要もなく、ネットでやたらリップルを褒め称えている人たちがいるんですけど、そういった人たちは、新規のカモがリップルを高値で掴んで損をしないと自分たちが売り抜けできない位の含み損を抱えている可能性があると認識です。

ネット上でリップルをやたら褒め称えている連中の話はスルーしておいたほうが良いのですが、基本的に仮想通貨の投機に手を出す場合、チャートが読めないと必ず損をするって状況になっているようで、2017年までのようにホールドしていれば勝手に100倍、1000倍になってボロ儲けって状況にはならないので、チャートが分かるまでは1万円以下等でやったほうが無難です。

リップル自体が、殆ど値動きが無くて、暴落の一途をたどっているようで、いつか、突然瞬間的に爆発するタイプの投機商品であることは分かっていますので、メインで大量に購入してホールドしていると、暴落して損をする可能性のほうが高いと言えますので、仮想通貨やるならビットコインが基本で、暴落した際にはリップルを短期ホールドするのが良いって感じています。


誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。