Blog MiMi

Zaifから届いていたハガキの不在通知が期限切なので再配達依頼

こんばんわ。

ブログMiMiです。

 

先日の大手仮想通貨取引所のコインチェックがハッキングで600億円相当のネムって仮想通貨を盗まれた事件のニュースが連日のようにヤフーのトップページで報道されていますが、この前代未聞と言える規模の資産強奪事件としては、全然といっていいほど話題になっていませんし、最近の訳のわからない相撲のニュースとかは一体なんだったんだろうって感じになりますね。

コインチェックの事件が拡大するのか、このままミラクル的に収束をするのかはよく分かりませんが、今月から仮想通貨の取引を始めた人たちは、例外なく大損をしていると思いますし、正月明けのどう見ても仕手筋が仕込んだとしか思えないチャートの最高地点にいた人でリップルを400円で購入した人なら、現在は3分の1くらいに目ぼりしているでしょうから大変です。

私も今月の13日から仮想通貨の取引をネタで初めてみたものの250円と245円で購入した10万円分のリップルがその後に大暴落をしてしまい、現在はかろうじて40%前後の含み損になってしまっているのですが、これまでの仮想通貨のチャートや流れなどを見た感じでは、早々に損切りをしていたほうがどう見てもメリットがあるとしか思えないって判断になります。

そんな訳で、コインチェックはIDセルフィーって自撮り画像をネット経由で送付しないといけないので、利用しないことにして、ビットバンクとザイフって仮想通貨の取引所に登録の申込みをしておいたのですが、ビットバンクが相当早く申込みから7日後には利用できるようになり、それで大暴落前に参加することになったのはちょっと微妙な状態だといえます。

スポンサードリンク



 

 

Zaifから届いていたハガキの不在通知が期限切なので再配達依頼

ビットバンクと同時にザイフ(Zaif)って仮想通貨の取引所にも登録をしておいたのですが、全然ハガキが来ないな?と思って暫く待っていた所、大暴落で塩漬けになっている250円という高値で掴んだリップルの問題もあり、ザイフに登録の申請をしたのをすっかり忘れてしまっていたんですけど、ポストを確認すると不在通知が入っているのに気が付きました。

最近、不動産業者などのチラシがポストに投函されることが多くて、それらのチラシの間に挟まってポストの中に不在通知が投函されていたらしく、インターホンもならないので気が付かなかったんですけど日付は1月19日に届いていたようで、実はザイフってハガキが届くのが遅いって言われていますけど、そこ迄遅いわけではなくて、大凡で2週間位で届くようですね。

それで、不在通知が届いていたので郵便局へ連絡をして再配達依頼をしようと思っていつもの不在通知を確認した所、なんと預かり期限が先週の26日までになっており、残念ながら郵便局からザイフ宛に荷物は返却されてしまっているようで、これは困った?と思ってどうしようかとザイフの公式サイトを見てみると、お問合わせから再配達依頼ができるようですね。

スポンサードリンク




まあ、別に先に届いたビットバンクで高値の250円のリップルを購入してしまい、現在は完全に塩漬けにして様子を見ている状態ですから、今更ザイフを今すぐに利用したいって訳ではありませんので、ハガキはもう少し遅れても良いのですけど、ザイフの公式サイトにログインをして下の方にあるお問合わせのリンクを押せば、後はその他を選んで依頼が出来ました。

 

 

仮想通貨ってハガキで暗証番号を受け取らないと取引開始が出来ない?

これから仮想通貨の取引を始めようって人がどれくらいいるのか分かりませんけど、ビットコインとかリップルなどの取引は完全に投機になりますので、全額損をするとか、状況次第では1億円以上の利益になるとか、完全なギャンブルになることを理解した上で、ネット上のアフィリエイトブログなどの執拗な煽りに洗脳されて養分になって始めないことをお勧めします。

仮想通貨の取引を始めるのであれば、運転免許証等の顔写真付きの身分証明書が必要になりますので、簡単には取引が出来ない仕組みになっているのと、取引所から身分証明書の登録住所宛に認証コードが印刷されているハガキが書留で送付されてきますので、後はそれを郵便局の配達員から直接受け取って、サイトに認証コードを入力してやっと取引が開始できます。

ですから、急いで仮想通貨の取引を始めたいって思っても、直ぐには開始ができませんので、ビットバンクで7日間くらい、ザイフで15日間位の日数が必要になることを理解してから、申込んだほうがゆとりが持てますし、暴落を何度も繰り返しているFXとか株でありえないような値動きをしていますから、いつ始めてもあまり変わらないいった感じでしょうか?

 

 

仮想通貨って大暴落が多いので焦ってハガキを待つ必要はないですよ

とりあえず、現状ではザイフを使うかどうかは分かりませんが、ザイフからの不在通知がポストに投函されている場合、郵便局が保管している期限は7日間位しかありませんので、旅行に出かけているとか、ポストの中身をあまり見ないって人であれば、ついついハガキがは一体いつ届くんだ?ってなりかねませんが、その場合はポストを確認したほうが良いと思います。

本日、ザイフにはハガキの再送の依頼をお問合わせ画面からしておいたのですが、未だにその問い合わせに対する返事が全く来ていませんので、事務処理が大幅に遅れているのかもしれませんけど、別に焦る必要はありませんから、気長にハガキが届くか、何らかの苦情の通知が届くのか分かりませんけど、もう暫くお薄を見ながら待ってみることにしています。

仮想通貨で10万円が1億円になったとかって人もいますけど、それらは相当な初期の1円以下で売られていた頃から買い込んでいた人とか、レバレッジをかけて仮想通貨FXをやっているハイリスキーな人たちですから、今から仮想通貨を始める人は別に焦る必要はなくて、大暴落した時に纏めて全力買いして暫く放置を繰り返していくのが良いのではないか?と思っています。

よろしくお願いいたします。


誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。