Blog MiMi

仮想通貨ビットコインの億り人が将来破産すると感じた理由

こんばんわ。

ブログMiMiです。

 

何でも、日本でも最大規模の仮想現実ビットコインやアルトコインの取引をしている、仮想通貨の取引所であるコインチェックがハッカーからハッキング被害に遭ってしまい、前代未聞の600億円規模の盗難被害に遭遇してしまったようで、それで事件が発生をした深夜から経営者や顧問弁護士がメディアの前で吊し上げにあって相当叩かれてしまう事態になっていました。

これ、仮想通貨でもビットコインではなくて、似たようなアルトコインのネムっていう仮想通貨が盗難被害に遭ってしまったようで、短時間で600億円前後のお金をインターネット経由で簡単に盗むって・・・、これ事態が日本の歴史上でも過去最大級の被害金額ではないか?と思いますし、これだとあの有名な3億円強奪事件の金額が可愛くなってしまう位ですね。

まあ、3億円強奪事件のときは今とは紙幣価値がぜんぜん違うことから、実際には3億円以上の価値があるんでしょうけど、流石に600億円相当の窃盗事件ってのは過去に例がありませんし、今後の日本だけではなくて世界的な強奪事件としても、歴史に名を残しそうな位の大事件なのですが、メディアの報道の内容とか記者会見の質問のレベルの低さに唖然としています。

 

 

仮想通貨ビットコインの億り人が将来破産すると感じた理由

それで、仮想通貨に投機をしている人達が、今回のコインチェックの600億円相当の仮想通貨ネムの強奪事件で相当荒れている感じで、渋谷にあるコインチェック本社まで2億円返せとか叫んだり、メディアの取材を受けているニュースを見ていると、ああ、これ、仮想通貨で億り人になった人たちって、殆どが将来破産するか、全財産なくすような状態だなと感じました。

メディアの取材とか報道もおかしいというか全然正しくありませんし、2億円返せとか、投機に対するリスク意識がまったくないとしか思えませんし、投機というのは取引所が経営破綻したり、計画倒産して投機しているお金をだまし取ったりなど、それらも全て含めたリスクを前提に行うものであり、だから上手く行けばお金が100倍とか1000倍になる訳です。

スポンサードリンク



コインチェックに対して、元本を返せとか、含み益を返せとか、規約でコインチェックに問題があって仮想通貨が無くなっても保証しないって明記していますし、銀行が破綻しても1000万円までしか保証してくれないってことも知らないのか?、先物取引でもそうですけど、取引所が破綻して全額無くなる・・・これも普通なので、全てが自己責任の世界なんですよね。

自分がマグレで儲かっている時は散々コインチェックのシステムを使ってきて、それに関しては当然と言った感覚で、もしかしたらコインチェックが倒産するかもしれない、盗まれた600億円相当のネムの損害が発生して、自分がコインチェックにあずけている投機資産がなくなるかもしれない?、でもそれは許せいないってのは投機と貯金を勘違いしている感じです。

 

 

宝くじで一発当てた人と仮想通貨で当てた億り人は似ている?

多分、多くの人がそう感じているのでは?、って思えるんですけど、宝くじで一発当てて6億円から10億円位の資産を一気に作った人とと、仮想通貨に投機をしていて、マグレで似たような億単位の資産を作った人って大変良く似ていて、本当に一発屋っていうか、たまたま大金を掴んだのは良いのですが、その後にすべての財産をなくしてしまうって気がしますよね。

スポンサードリンク




場違いな資産を偶然、必然的に持ってしまった人って、感覚が狂ってしまって、ネットでも凄い上目線で仮想通貨で億単位の資産を作ったって発言をしている人が大変多いんですけど、10億あっても100億あっても、才能がない人がそのような巨額の資産を手にした場合、結構な確率で不幸な結果になることが多いですから、あまり勘違いをしないほうが良いと思いました。

これ、ビジネスでもそうなんですけど、成功した時は自分の実力であり、失敗したり都合が悪くなったら他人のせい、クライアントのせい、取引先のせい、って感じで、他人のせいにしている人って短期間的には事業で成功して億単位の資産を作っても、その後にそれ以上の失敗をしてしまって行方不明になったり、自殺したりしている人って結構多い世界です。

コインチェックに全く責任がないとは言えませんけど、投機の世界は取引所が倒産したり経営破綻しても、それらも全て含めて自己責任になりますから、それを全てコインチェックのせいにして怒鳴り込んだり、ネットで元本だけでなくて、含み益も含めて賠償しろとかって必要以上に誹謗中傷したりしているようでは、まあ、多分先はないだろうな?って感じですね。

 

 

コインチェックの記者会見ってメディア相手にやる必要ある?

深夜の11時30くらいからネットの動画放送でコインチェックの代表取締役社長と取締役、後は顧問弁護士の女性が記者会見をしていたので、一応全部見ていたんですけど、記者の質問のレベルが低すぎることや、煽りの質問が大変多くて、こんなレベルの低い人材が報道機関の記者をやっているんだったら、日本のメディアが信用できないって言われても仕方ないですね。

そもそも、状況が分かっていない600億円前後の仮想通貨が盗難にあったって前代未聞の被害が発生している状況について、それを会社として説明するって姿勢は間違っていないと思いますし、回答できないことも多いわけですから、声が小さくて聞こえないって訳のわからない苦情を付けていた記者もいましたけど、自分の声のほうが小さいだろうって感じでした。

日本人って投機マネーを銀行の定期預金か何かと勘違いしている人て相当いそうですし、確かにコインチェックにも責任はありますけど、投機の世界ではそのコインチェックの責任すら自己責任になるのが当たり前ですから、それが分かっていない人が一時的に1億や10億の資産を手にしても、殆どの人が将来的には破産するか行方不明になりそうだって市場だと感じました。

何が言いたいかと言えば、仮想通貨の市場は現時点では勘違いしている人が圧倒的に多いと思われるので、後発の人でもやり方次第では相当な資産を構築できるのでは?って話で、何しろ今月だけでも大暴落が何度も発生しているので、仮想通貨を開始する時期とやり方を間違えなければ、多分、今から仮想通貨を始めても、1億円や10億円位いけるのはないでしょうか?

まあ、私は今月の13日から仮想通貨の取引を開始して250円と245円でリップルを10万円分購入したら・・・、あっと言う間に大暴落をしてしまい、損切りをしないとどうなるのか?って放置していたら現時点で50%位の含み損になってしまっているので、どうしようかな?って感じなんですけど、これも自己責任ですし、取引所が倒産しても自己責任だと思っています。

よろしくお願いいたします。


仮想通貨を始めるなら→簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

誰にも言えない悩み相談なら→ 【電話占いヴェルニ】会員&募集

スポンサードリンク







コメントは受け付けていません。